フォト
無料ブログはココログ

Mass Effect: Andromeda

2017年8月24日 (木)

Very well, Dallas. We are history.

 ME:A開発活動の終了(MPのみ継続)については、すでに告知されていた。
 
https://www.masseffect.com/news/mass-effect-andromeda-update-from-the-studio
 
 もはやこの場末のブログでさえネタにするに値しないと切り捨てた話題であった。ところが、ツイートで教えてもらった下のリンクの記事を読み、しばらく忘れていた憎しみがまたこみあげてきました。
 
http://www.pcgamer.com/amp/eas-patrick-soderlund-thinks-mass-effect-andromeda-criticism-was-a-little-unfair/
 
 PC Gamerが引用しているGamereactor UKの記事によれば、EAのEVP(上級副社)のおっさんが、次のように語っている。
 
1.ME:Aについて、お前らちょっと色々悪口言い過ぎ。まあ、たしかに「もうちょっとなんとかなったんじゃないかなあ」という点はあるかもしれないけど、本日たった今買えば「グレート」なゲームであることに変わりはない。
 
⇒ わざわざ事前に予約までして、リリース直後に正座してプレイした人たちのことはどうでもよい。釣った魚に餌はいらん。
 
 つうか、本日たった今買ったところで、オリジナルのバグとかテクニカル・イシューズが減って、フェイシャルが多少ましになって、あと何が変わったんだっけ?
 
2.これだけ大きなファンベースがあり、EAとついでにBioWareに多大な貢献をもたらしたMEフランチャイズに、金輪際戻らないなんてことがどうしてあるだろうか。
 
⇒いい加減年だとはいえ、この牝牛からはまだ搾乳(milking)できるはず!
 とはいえAnthemの動向次第。あれがうまくいったら、何言ったか忘れたふりしよう。
 あれが思わしくなかったら、ツートップの一角がJade Empireじゃ弱すぎるし、新IP立ち上げようとするたびにライターだの、スタッフだの続々辞めて行っちゃうし、MEを倉庫から引っ張り出すしかないだろう。
 
 むしろAnthemがうまく行かなかったら、BioWareは、あのなんとかいうねえちゃんの新スタジオ(Motive?)に吸収合併されるんちゃうの? 
 
 PC Gamerの記者は、「しかし、全銀河規模の殺戮を阻止するため戦ったその後に、一体なにを取り上げるというのだろう?」とまっとうな疑問を投げかけている。
 
 ところがあたしは、答えはすでにME:Aが出していた気がする。リーパーズ襲来後の銀河再建・復興テーマで十分だったのではなかったか。
 
 その場合、唯一の問題が、あの信号機エンディングだ。あれをどうコンプロマイズするのか、頭割れるほど考えるべきだった。あるいは信号機エンディングの選択分岐を図々しくサクッと無視して、「赤」の場合でやりまーす、と宣言したほうが、誰も知らない新銀河で、わけのわからん種族と、よくわからない目的地を争って小競り合いを繰り返すより、ずっとましだったはずだ。
 
 もちろん、開発スタッフが同じであれば、テクニカル・イシューズも、フェイシャルの問題も、ME:Aと同じように発現したかもしれない。そうであっても、EVPのおっさんが上で言っているとおり、「そんなもんは時間かければなんとかなっぺ」だ。
 そして、コンバット回りは、手を入れるべきところもあまりないだろう。
 
 問題は,(オープンワールド風味の良し悪しは別にして)シャビーなプロット、絵に描いたようなお遣いクエスト、おざなりな敵役、誰だったかよく覚えていないNPC、それどころか、いまいちとらえどころのないクルーたちのほうにあった。
 
 リーパーズ襲来後、銀河復興の線でケーシーがやり直すというなら、一口乗った。そうでなければ、また「フレッシュでエキサイティングな環境」がどうたらいうなら、ただ単にME:Aの轍を踏む可能性のほうが高い。
 
 表題は、"The Hunt for Red October"(1990、忘れた、○)の知る人ぞ知る名セリフ。
 YouTubeで探すと、長さは4分とちと長いけど、状況がわかるのでこれがよいかもしれない。
 
 https://www.youtube.com/watch?v=O33FK3xWFRU 
 
 かくいうあたしは、この映画を公開直後に新宿でダチと一緒に観た。とはいえ夕方からふたりで遊びまわった後に深夜興行の映画館に突入し、おそらく途中で居眠りしていたので、その時は良さがいまいちわからなかった。のちにレンタルで観直したときに改めて感動し、レーザーディスク(笑)まで買ってしまった。
 
 映画館ではところどころ寝ていたので、このセリフの字幕がどうだったか覚えていない。試しにネットで調べてみると、「ちょっとニュアンス違うんじゃねえの?」みたいな訳が出てくる。
 "very well"は作中でしつこく繰り返されるように、「結構」、「了解」、「承知」程度の意味だ。"Dallas"は、作中で"Big-D"と呼ばれる、US海軍のロサンゼルス級攻撃型原子力潜水艦「ダラス」。
 問題は、もちろん、"We are history."の部分で、「あとはよろしく!」とか、「任せた!」とか、なんだか知らんが島国の連中は、やたらポジティヴな表現にしたがるみたいだ。
 
 主人公ライアンは、元マリーン、現CIAアナリスト。後の作品では、とある事件の結果、US大統領に就任する。作中演じているアレック・ボールドウィンも今では大統領役で有名だ、つってもドナルドだけど。
 
 ベルリンの壁崩壊前の1984年。露の新型ミサイル原潜「赤い十月」は、ムルマンスク近辺から大西洋に出航後、不審な挙動を繰り返す。「赤い十月」艦長の意図が「亡命」にあると推理したライアンは、国家安全保障補佐官の極秘特命により、付近の海域に展開中の空母「エンタープライズ」から、US海軍で唯一「赤い十月」の追尾に成功している「ダラス」に乗り移り、「赤い十月」艦長とのコンタクトを図ることになる。
 一方、新型原潜の亡命意図に気がついた露側も、北大西洋に全海軍力を投入して「赤い十月」の撃沈を試みる。東西双方の海軍力が北大西洋に密集し、たったひとつの小さな過ちでさえ、第三次世界大戦を引き起こしかねない一触即発の危機が訪れていた。
 
 上の映像の1:10あたりからの部分。荒天の中、「ダラス」との接触がかなわない輸送ヘリのパイロットは、燃料不足のため間もなく空母への帰投が必要になると通告する。ライアンが「予備の燃料があるだろう」と質すと、パイロットは「戦時以外は使用禁止だ」と答える。
「今、ダラスに接触しなければ、その戦争がはじまるんだ!」
 そう叫ぶライアンを見つめるパイロットの視線が語るのは・・・。
 
 「誰だ、このキ印載せたのは?」しかないじゃないですか。
 
 あとはご覧の通りで、「ダラス」に接触したヘリから、ワイヤーで吊り下げられたライアンは、潜水艦橋への移乗に幾度か失敗した後、自らワイヤーのフックを外し、氷点下の海中に飛び降りる。
 表題は、その直後のパイロットの台詞だから、(あたしに似合わない)穏当な訳にすると、こんな感じではないか。
 
「了解、ダラス。こちらはお役御免だ」
 
 ニュアンスは、「あとやることない」とか、「もう帰っていいよな」とか、「これでせいせいした」とか、全然前向きなものじゃない。少なくとも、このシークエンスを全部観たうえで、「任せた!」とか「よろしく!」とか、そんなポジティヴなセリフは出てこないだろう。
 
 ME:Aの開発終了宣言に対して発するなら、例えばこうでしょうか。
 
「はい、撤収、撤収」

2017年8月 4日 (金)

【ME:A】Leave Me Alone (Just stop doggin' me aroung: M.Jackson)

 下のネタの英文探すときかな、どっかのサイトで読んだんですけど、島国語さっぱりわかんないガイジンのガキ・・・、えーとお子ちゃまが島国小学校に通ってまっさきに覚えちゃう言葉が、「きもい」と「うるさい」なんだそうです。ホントのガキの話ですから、「むかつく」はまだ登場してないんでしょうね。

 まあ、そこで「きもい」って英語でなんていうのー?みたいなネタに行っちゃうわけで、ガキですから"Disgusting!"なわけなく(むしろあたしなんかは大人なので「朝貢新聞がきもい」というときはこっちを使うべき)、"Creepy!"も「きもおた」ならわかるけど他はちょっと違うし、"Gross!"は、むしろ「さいてー!」だし、"Yucky!"とか"Yuck!"は間投詞だし、オノマトペ(擬音語)ぽいので反則くさいし、匂い、味、色、光景などが「おえっ!」とか「うわっ!」とかいうときでしょ。

 とまあ、いまいち納得できる答えは書いていなかった。書いてるのがガイジンで、「きもい」の本当の意味がわかっていないせいもあるかもしれない。ま、"cool"はどう訳してもクールじゃないのと一緒ですね。

 どうして島国語できないガイジンのお子ちゃまが島国小学校に通っているかというと、これってそっち業界では教師の労働がブラック化している一因ともなっている、相当へヴィーな話題なんで、こんな場でするのはやめておきましょう。

 随分昔に、(記憶では島国に住む)アメリカンのおっさんが、オーストラリアかどっかに親戚を訪ね、まだ学校行く前の小さな姪っ子を連れて散歩することになったときの話を読んだ。年端もいかない女の子が「(あれが)欲しい」と「(それは)いや」と、あともいっこ忘れちゃったけど(文脈上「ありがとう」ではないはず、「プリーズ」だったかもしれない)、たった三フレーズだけで、世間を渡っていけることを知って、おっさんが心底驚愕する話です。だから、ガキの話してんじゃないから。女が(もしかしたら男も)全部そうだと言ってるわけだから。

 最初のネタが、「恐怖」(キモイ)とか「不快」(キモイ、ウルサイ)、「怒り」(ウルサイに、やがてムカツクも入ってくるだろう)という、ヒトの基本的感情に関連しているのに対し、後のネタは「欲望」、(求めるものがほとんど食べ物・飲み物だから)「飢餓・飽食」とかに関連してくるんですね。前者が自己防衛的で、後者が生命維持的。両者の年齢を考えると、まず生きるための意志ありきで、次に外敵から身を守る術を身に着けるという物語。「欲しい」が単純な衝動なのに対し、「キモイ」や「ウルサイ」は文脈というかその「場」、さらにはすでに「文化」までしょっていることになります(「怒り」も当然そう)。

 ここまで↓に書くことの前フリです。自己弁護とも言います。

 人様のツイートって古いものから知らないうちに消えちゃう(読み込めなくなっちゃう)んですね、知らなかった、ってお前どんだけリテラシー低いんだよ、つう話ですけど。
 世界には、10億フォロワーとかいらっしゃる方もおわしますので、当たり前っちゃ当たり前なんでしょう。

 今までほとんど読むだけ、ものぐさすぎてさっぱり発信しない自分のツイートが消えている節もないから心配する必要もなかった。ところが、ここにきて(自分にとっては)ちょっと深刻な問題が起きてきた。

 フォロワー数えるほどのツイートで、今取り敢えず欠かさずやろうと思っていることはふたつあって、ひとつは10月発売予定の「メガテンDSJ」公式から、「悪魔全書」のアクマ紹介ツイートが来るたびに、しょーもない駄洒落をひねり出すというやつ。(アトラスから送られてくる)ツイートがほおっておくと「消えてまう!」と心配したほうがこっち。

 ちょっと考えて見ればおわかりのとおり、サクッと駄洒落が浮かぶものなどほとんどなく、毎日、二、三アクマ分が送られてくるので、ひとつに引っかかってうんうん唸っているうちに、どんどん次が来るという、「わんこそば地獄」状態(いや、あれは食い終わってからしかこねえだろう)。何にも思いつかずにとりあえず後まわしにしたもの数知れず。
 この後回しにした公式のツイートが「あれ? 消えてしまっている!」と恐怖したのでした。どうやら消えてはいないらしいけど、もはや過去分を探すのが超大変になってきた。さすがにアトラスも、公式サイトに「悪魔全書」を一覧として載せることにしたらしい。
 
 もうひとつは、さらにひたすらしょーもないやつ。ME:Aの轟沈を目の当たりにして、とうとうBioWareに愛想を尽かしてしまった(元)亡者として、送られてくるME:A関係ツイート(ほとんどがBioWare発)にネガティヴィティ全開のコメントを基本一行だけで返すというやつ。
 こちらの方の心配は、一言コメントのヴァリエーションがさすがに枯渇してきたということ。よって気がつかないうちに過去用いたものと「被る」危険が出てきました。
 被ってしまったら芸人の名折れ(誰がだ)。メモ代わりにまとめておこうと思い立った。

 まあ、ぐだぐだ説明するよりお見せした方が早い。本来はリツイートしたオリジナルのツイートを載せればよいのでしょうが、こんなしょーもないことでブログ容量を使うのもあほくさい。一部を除き、基本テキストだけとします。また、島国語訳はツイートにはつけていなかったのですが、ここでは入れておきましょう。( )内は島国時間の日付。

@gamespot Mass Effect: Andromeda reportedly not getting Single-Player DLC(7/2)

Who cares?   知らんがね。

@pcgamer BioWare's Dragon Age team is currently "hiring a lot of people", according to its creative director. (7/2)

Again, so what?   これも、だから何?

@masseffect Which Combat Profile is your go to during a fight? (7/5)

Never mind.   ほっとけ。

@bioware Tune in tomorrow at 10am PT to find out what's in @masseffect's Patch 1.09. (7/5)

No can do.   やなこった。

@bioware  Find out what's new in @masseffect Multiplayer in Patch 1.09(7/7)

No way!   いやっ!

@masseffect Breach hostile terrain with APEX in Firebase Magma. Jump into the fray for a chance to unlock the new Batarian Scrapper.(7/7)

No way, no how!!   なにがなんでもいやっ!

@masseffect Are you just waking up from cryo? Get the lowdown on combat and gameplay before you set off in Andromeda(7/9)

Why now?   なんで今さら?

@masseffect What are your favorite moments in Mass Effect: Andromeda? Share your screenshots and tag them with #masseffectandromeda!(7/12)

Hardly any.   まずない。

@bioware What's better than one cosplayer? Four of them. Meet Drack, Jaal, Peebee, and Ryder(7/13)

Dejlpkzuwaapiug

No cosplayers at all.   ゼロ、コスプレイヤー。

@masseffect How are those jokes coming, SAM? (7/13)

How were those stupid scinarios coming, Mac?   あのアホみたいなシナリオどうやって思いついたの、マック?

@masseffect Set a trap for the enemy in an abandoned kett facility. Join the fight with APEX in Firebase Vertigo this weekend. (7/14)

The enemy is within the gate, already.   敵は身中にあり。

@masseffect Fight for a new home in a dangerous galaxy. The Mass Effect: Andromeda Trial is now available on all platforms! (7/14)

Why so serious?   なんでそんな必死?

@bioware Make games with us. We're hiring. (7/14)

Hell no!   やだよ!

@masseffect Who did your Ryder romance? (7/16)

Stay out of my business!   口出ししないで!

@masseffect Last chance to jump into Firebase Vertigo with APEX this weekend. Grab your friends and join the fight! (7/16)

Not for me, sir.   遠慮しときます。

@masseffect In 2819 you woke up in Andromeda. What does your Ryder look like? (7/17)

With a tired face.   「疲れた顔」で。
 
@Aaryn Flynn Thank to you everyone for an unbelievable 17 years! (7/19)
 
Not caring, here.   気にもしない。        
 
@bioware Welcome back, @CaseyDHudson (7/19)

About time.  待ってました。
 
@masseffect The Pathfinder is ready to embark on her next adventure. Get your Sara Ryder Limited Edition Lithograph now!(7/20)

Dfhpeykumaaaum1  

Who, did you say?   え、誰って?
 
@bioware Hey #SDCC, here's how you can catch up with us this weekend.(7/20)
 
Yeah, whatever.   へえ、知らんけど。
 
@bioware July 20th, 1969. The first of many giant leaps.(7/20)

Dfl9lntwsaabdrt

Sorry, but it's American's.   でも、それアメリカのだから。

@masseffect Enemies are attacking Firebase Nimbus. Can you survive until extraction? Grab your friends and join the fight in APEX Multiplayer. (7/21)

Not my circus.   関わりのねえこって。

@masseffect What do you get when you mix an asari and an elcor? (7/21)

An Asari character with almost no facial animations.   フェイシャル・アニメのほとんどないアサリ。

@masseffect Test your mettle against outlaws on Firebase Nimbus. Last chance to grab your friends and join the fight. (7/24)
 
Spare me.   あたしはいいや。
 
@bioware We teamed up with @corn_maze to help you get lost this summer. (7/24)
 
Dfhn5gfxuaqqbcp
 
Don't bother. We've been lost in Andromeda already.     無駄なことを。こっちアンドロメダですでに迷ってるんだけど。 

@masseffect Who did you assist on the Archon's flagship?(7/25)

Dfmkv1vxcaymqet

Did it matter, anyway?   これって、どのみち意味あったっけ?

@bioware ICYMI, gather around for the tale of Corsa the Jackal, an animated short from @DragonAge (7/26)

This is the stupidest story I've ever heard! Also, extremely boring.   今まで聞いたお話の中で一番バカバカしいわ! しかも、とってもつまらないし。

Are you new to the Andromeda Initiative? Visit the Tips Hub to learn about Combat Profiles, exploration, and more. (7/26)
 
Stop bothering me!   もう、構わないでくれ!

Following a lead to Omega, Tiran Kandros is one step closer to uncovering the Andromeda Initiative's biggest secret.

Dfxupoau0aet_1k

That's enough! もうええちゅうねん!

@masseffect What was your favorite Loyalty Mission?(8/1)

Dgfcyrtxoaa9m8c

Aaryn Flynn's. But mission failed!   アラン・フリンのやつ。でも、失敗しちゃったけど!

@bioware We've made some minor changes to @masseffect multiplayer with update 1.10. (8/1)

Suit yourself.   好きにしてろ。

@bioware Tomorrow the Batarian Vanguard joins the fray. Catch us at 10am PT. (8/3)

Why so persistent?   なんでそんなしつこいの? 

Let the Pathfinder find his way onto your desk. We're giving away two signed Scott Ryder action figures from @Todd_McFarlane. RT to enter. (8/3)

Dgpx8_tumaew2fz

No room! No room!   満員! 満員!

Head out on a daring salvage heist with APEX, but don't let the enemy get too close. Jump in for a chance to fight as the Batarian Vanguard! (8/4)

Leave me alone. ほっといてくれ。

@bioware Hey @NASA, we heard you’re hiring. We know somebody who's qualified.(8/4)

Dguvzzuiaa613p

2017年7月19日 (水)

帝国の逆襲か、新しい希望か。

 週末、FFXII/TZAを口半開きでプレイし続けてました。プロット・シナリオを、こんなにも"Star Wars"シリーズ(エピソード4-6及び1くらいまで)からパクってることについては、以前は気がつかなかった。つうか、ぶっちゃけると「まんま」です。

 オリジナルのPS2版(2006)は、旬を過ぎてからだけど、わざわざ液晶画面(ブラウン管TVはもう壊れてた)にアップストリーム・コンヴァーターで繋いでプレイした。それでも画面は相当しょぼかった。そのせいか、アルティマニア全部買ってる事実はあるのに、内容の記憶が断片的にしかない。もしかすると、一度も最後までプレイしなかった疑惑さえ湧き上がる。
 今回、PS4でプレイすると(フェイシャルは普通の意味でも「どうかなあ」と思うけど)、さすがに画面がしょぼいということはないので、それが理由でやる気が失せることはない。ただし、ダラダラしたコンバットに辟易した記憶があって、それは今回もあまり変わらない。長時間プレイしていると、寝落ちの危険がある。「せっかちな人は倍速・4倍速にできまーす」というのは、「改良」ではなくて開発の敗北ではないのか。

 BGなどのインフィニティ・エンジン・ゲームで用いられた簡易AIの発想をパクリ、今度はMLがDAOでパクり返したのではないかと思われる、簡易AI(ではなく実際にはシークエンシャル)ガンビット(ギャンビット)さえ、せっかくのプレイ効率化の仕掛けなんだから、もうちょい工夫してほしいと思った。(「余談だが」と、書き始めたらとてつもなく長くなったので、別記事にとばす)

 とにかく、"Star Wars"をここまでパクってしまっているのは一体どうなんだろー、スクエニ減退期を象徴する作品というのにもやはり理由があったのかなー、と思ってしまった。

 だいたいのオタクは、Star Warsシリーズの中ではカーシュナーのエピソード5を推す。最初、その手の議論には「なわけないだろう、やっぱルーカスのオリジナル、エピソード4だろう、低予算で画像しょぼいけど」と反感を抱いていた。だいたい「暗い」トーンの作品が名作だ、名作とは「笑わない」中身のものだというバイアスがかかってるんだよ。それもクリスチャニティー的罪悪感の発現なんだよ、挫折があるから青年は成長するという、某国営放送的「青年の主張」なんだよ。
 そうやって喧嘩腰で見直してみて、まー、やっぱカーシュナーは上手いねとさくっと宗旨替えした。10秒以上続く場面がほとんどない、ものすごいテンポを維持していながら破たんしていないとか、監督の職人芸については今までも色々書いた。でもシナリオもいいんです。スター・デストロイヤー同志のニアミス・シーンなんて、あまりに素晴らしすぎて、意表をつきすぎていて、「やられた!」と今でも思ってる。

 そして任務失敗の都度、ベイダー卿の手で次々と処刑されていく帝国艦隊の提督や艦長たち。信賞必罰、どんどんリプレイスされていく。まるでアメリカンの大企業か、誰かの大統領の政権か。もっとも、米軍ちうのは昔から信賞必罰の組織なんですけどね。某都知事が、本と言えばそれしか読んでいないらしい「失敗の本質」によれば。
 最後のシーンもいいですねえ。ルークたちを逃がしてしまって、当然自分も処刑されるだろうと、卿の様子を窺って待ち構えている(最後の)提督の観念した顔。(彼も、エピソード6でスーパー・スター・デストロイヤーとともに宇宙の塵となって果てますが)

 まあ、そういうことです。BioWareのアラン(フリン、BioWareモントリオール・スタジオGM兼BioWare副社長)が職を辞した。
 ME3リリース後に「一身上の都合」で同社を退職していた、元クリエイティヴ・ディレクター(最後にはエグゼクティヴ・プロデューサーまで出世したかも)のケーシー(ハドソン)がアランのリプレイスとして約三年ぶりに復帰した。(アランは副社長でもあったようなので、それも引き継いだとなると、ケーシーは退職時より格上として復帰したことになる。

 アランは同社勤続17年。ME:Aの業績不振・大赤字の責任をとった、あるいはME:Aの評判が悪くて「人前に出るのが、もうやんなっちゃった」という以外に理由がないでしょう。むろん、外からはわからない。
 ケーシーも退職したときは勤続10年以上であった。開発中だったME3のエンディング・リーク問題と、それに伴い改変された「信号機エンディング」への「自称ファン」どもの囂囂たる非難を受け、責任をとった、または「やってられるか」と匙投げた、あるいは「自家用機飛ばしているほうがずっと楽しい」と思ったか、それはわからない。

 FFでもDA/MEでも、あたしを含めた部外者たちは、作品の出来が悪いのは「プロット・シナリオが悪い」からだと、一番わかりやすいところを責める。きまってライター衆を責めます。あー、FFのあの、シナリオに口出すキャラクター・デザイナーはあたしも許さないけど。
 でもライターなんて、マネジメント上ではぜんぜん下層なんですよね。単なる一デザイン部門。リード・デザイナーのしもべ。
 やっぱ、ディザスターの責任とるのはトップなんですねー。

 さてケーシーは、果たしてMEのサルベージのため復帰したのでしょうか? クオリアンのアークとか難破船になってるし。いや、それよりも何よりもフランチャイズ全体のサルベージが必要だけど。
 それとも、退職前には自分でお膳立てまでしていたという「Anthemやらせろよ」と、ベイダー卿ぢゃなくてEAマーケにねじ込んだのでしょうか。
 そして、スタジオGMということは、Anthemのみならず、DAシリーズにも責任を負うということでしょうか?
 SWTORは、たしかオースティン・スタジオが担当なんで、モントリオールとは独立したマネジメントがあったんでしたっけ?
 SWTORごめん! DAには新しい希望がもてそうだわ!

***
(After choking Captain Needa to death)
Apology accepted, Captain Needa.

You have failed me for the last time, Admiral! Captain Piett?
Yes my lord?
Make ready to land our troops beyond their energy field, and deploy the fleet, so that nothing gets off the system.
(Beside Piett, Admiral Ozzel falls over dead.)
You are in command now…, Admiral Piett.
Thank you, Lord Vader.

Yes, Admiral?
Our ships have sighted the Millennium Falcon, Lord. But it has entered an asteroid field and we cannot risk…
Asteroids do not concern me, Admiral! I want the ship, not excuses!

----- The Empire Strikes Back (1980)

2017年7月 7日 (金)

【ME:A】戦慄のパッチ1.09

 もうここまで来ると、怒りを通り越して、哀れも通り越して、失笑してしまうしかない。

109facial

 まさかとは思ったが、やはり連中、ME:Aが轟沈したのはフェイシャル(普通の意味で)のせいだと思い込んでいるらしい。

 これまでの経緯を勘案すると、奴らそのくらいバカだとしてもまるで不思議はない。とはいえ、「物語・シナリオ」とか「オープンワールド」そのものとか、本当の理由は他にあると知りながらも、時すでに遅し。プロットを含めたグランド・デザイン部分はもはや取り返しがつかないのだから、アニメーター何人かいれば対応できるフェイシャルだけ直して、「やってますぅー、今やってますぅー」と、態度悪いJKのバイトみたいに上っ面だけ取り繕っているのかもしれない。

 これがスパニッシュだったら、こんなフェイシャルまで許されちゃうからよかったのに。

「ジーザスのお顔がおサルの顔に」

http://rocketnews24.com/2012/08/23/242799/

 ところで、この話に登場する「善意」の八十歳のばばあには、クリスチャンでないあたしですら、タリバンやISが古代の貴重な遺跡や工芸品を片っ端から叩き壊すことが報じられても何一つ感じないあたしですら、純粋な殺意を感じる。
 要は違いは、タリバンやISは「わざと狙って」やっているのに対し、ばばあは「善意」でやった、というところだろう。そしてこのばばあは間違いなく(タリバンやISの連中がイスラームの天国に行くことを確信しているのと全く同様に)、このことによって「あたしゃ死んだら天国行きが確定、しかもジーザスに近いS席確定」とか思ってるのだ。
 あたしの怒りが収まらないのは、この手の「善意」のばばあ(じじい)は、島国にだって腐るほど生息しているということも理由のひとつだ。全部一斉に死んでほしい。さすればこの島国も、もうちっとは住みやすくなるだろうと信じている。

 インクルーシヴィティのような、ゲームの本質となんの関係もないところばかり騒ぐのは大概にしとけ、もういい加減にしてくれと言ってもやめないB社に対しても、なんの同情もしない。そういう余計なことは、本題を文句言われないように仕上げてからやるべきなことは子供でも分かるはずだ。このばばあと同じだろう。 

 東芝、読売(G)、BioWare。

 ここは仲良く、「いっぺん死んでみる?」 

2017年7月 3日 (月)

ブリザードが憎い。

 さーて、新しいスマホがヌルヌルサクサク動くことだし、ME:Aのストライクチームのアプリでも入れっかなあ。
 え、なんで?!
 なんで今更。つうかここ一週間くらい本編立ち上げてもいないぢゃん。
 そうなんよね。ストライク・チームは六つともマックス成長してしまい、もらえる報酬のブツもかぶり倒しなんで、モチヴェーションあるわけない。
 そもそも二周目なんて、あの理不尽な選択で犠牲となってしまった、たったひとりの登場人物を救うためにはじめたようなもの。
 そんなことだけなら、DLCとか続編とか来ることがわかってから再開しても構わないしなあ。 
 いや、来ねえから。どっちも影も形もねえから。
 
 DiabloIIIが憎い。ブリザードが憎い。

 ME:Aのせいでマイリグも更新してしまっていたので、battle.netとか面倒臭いからインストールもせずに放置していた。
 なにやらまたエキスパンションDLCが出たとかいう、メールが来た。

 本作のリリースって2012年5月(以下断らなければPC版)ですよ、旦那。
 大型エキスパンションの"Reaper of souls"が2014年3月リリース。
 その前後にも小さな拡張を繰り返していましたが、とうとう今回、2017年6月に第二のエキスパンション・パック、"Necromancer"が出たそうな。

 前作リリースが2000年6月で、本作の開発は2001年から開始されたという。10年以上もかけて開発しとったんかい!などという声をよそに、リリース当初から爆発的なセールスを重ね、上述のような継続的な拡張方針のおかげもあって、2015年時点のセールスは30ミリオンを超えていた。
 この調子でいくと、10年以上かけて開発したタイトルが、リリースから10年持ちこたえることもあながち夢ではない。

 本作のマルチプレイ以外のコンテンツは各キャラクター・クラスごとにひととおりこなしたし、もういい加減いい歳だし(Diabloオリジナルから数えて20年・・・)、口半開きでクリッククリックはもういいかなあ、と思っているあたしですら、15USD程度とお安いお値段のエキスパンションなんで、お布施と思って買ってしまうのだろう。

 このシリーズにもブリちゃんにも、なんら思い入れはなく、オリジナルではじめてブッチャーに遭遇したとき以上の衝撃には、その後まったく出会ってないと言ってもよく、オークションで儲けるつもりなどさらさらなく(というか閉鎖されちゃったし)、シナリオに至ってはちょっと気の利いた高校生が書いたようなレヴェルだ。個人的な贔屓目が一切ないにも関わらず、やっぱこれだけ長くアクティヴなままであり続けるのは偉業だと感じてしまう。

 それにつけても(廃版になったオヤツの話はしていない)
 開発に三年かけたにも関わらず、リリース後わずか一か月ももたずに華と散り、DLCなにそれ、続編なにそれ、あっというまに表舞台から消え去ってしまい、もはや話題にするのはゲーム界の○日新聞か日刊○ンダイ、人の不幸をニコニコしながら報じるKotakuしかいなくなってしまった某タイトルと、一体何が違うのだろうか。
 こうなってくると、あらゆる有名タイトルに憎しみと嫉妬を感じざるを得ない。いやロックスターの話はするな。するんじゃねーっ!

 ともかく、あのストライク・チームのアプリをインストールすることは金輪際ないだろう。そんなことよりも、どういうわけかはじめてしまった「幻想水滸伝」が、間もなくクライマックス。プレイ時間は30時間もいかないくらい。昔のゲームは短くて良いなあ。
 今週末あたりには、ファミ通総選挙の中間発表にランクインしていた「幻想水滸伝2」にとりかかることができそう。Vita(PSP)版なんで、急な出張が入っても安心。

2017年7月 2日 (日)

【DA4】もの言えば

 PC Gamerの記事。
 
http://www.pcgamer.com/biowares-dragon-age-team-is-currently-hiring-a-lot-of-people-says-creative-director/
 
 MLがポッドキャストで、「DAチーム、今めっちゃ人雇ってますわ」とのたまったそうな。
 
 わー、なんだろー、"Dragon Age Tactics"かなー。"Dragon Age Heroes"のRTS版かなー。題して"Age of Dragons"(まんまやん)。
 それとも、あちみたいにこっちもシューターにしちゃうのかなー、"Dragon Age Horizon Z(略)"。
 あ、わかった。"Dwent Card Game"だ。
 んまあ、"Anthem"に人手持っていかれたのかどうなのか知りませんけど、今から雇うってんだから、やっぱ2020年3月リリース説あたりが固いんぢゃないですかね。
 
 しかし、この記事のキモ、ツボはそこではない。MLが"Jade Empire 2"について触れている部分だ。
 ML自身がBioWareライター時代(マジ)、鼻水たらしながら(マジ)シナリオ書いていた、血と汗と涙の凡作"Jade Empire"の続編のことだ。
 過去からずっとその企画については議論の俎上に乗っていたそうです。"Dragon Age 2"関連の開発(エキスパンションのことか)を優先するため、先送りになったんだそうだ。
 
 しかし、テン・ミリオンなんて絶対狙えないと思われるこんなRPGタイトルの話題をわざわざ引っ張り出してきたのはなぜなのか。
 ひとつには、ご本人にはやり遂げた感、達成感があったのかどうか知りませんけど、端的にノスタルジア。ただ思考を弄んでいるだけで、結局(常識的に考えても)現実にはならない。
 もしそうでないのであれば、つまり実現させようとしているのであれば、これは由々しき事態と考えた方が良いかもしれない。
 
 "Anthem"が成功するかどうかは知りませんが、少なくともあれはRPGとは呼ばないでしょう。"Titanfall"と共食い(カニバリズム)になるのかならないのかも、よくわかりませんけど。
 
 やはり、もうひとつのRPGタイトルであったMEのあの惨状に影響されているとしか思えない。「MEは死んだ」。EA的にはあのタイトルは"written off"、もはや価値のないものとして帳簿上消された(滅却された)扱いなのではないだろうか。
 ちなみに、ME:AにはシングルプレイヤーDLCは「ない」。え、なんで今頃言うの? もう知ってたよね?
 
https://www.gamespot.com/articles/mass-effect-andromeda-not-getting-single-player-dl/1100-6451345/
 
 喩えるなら、って喩えが良くないけど、ツー・カー・エントリーのF1チームのドライヴァーがひとり欠けたので、三人目のテスト・ドライヴァーが引っ張り出されたという感じでしょうか。テスト・ドライヴァーはレースに出ることなんて最初から期待されていない立場だ。"Jade Empire"はその三人目。
 
 あるいは、MLとしては、ライターとして携わったJEについてはOBづらしてものが言える(なんだかんだで、DAIの中にも、JEぽい場面っていくつかあるのですよ)。DAでは現実に親分のひとりなのでものが言える。
 一方でMEについては、もの言えば唇(略
 SWTOR(略
 
 なんとかして! 口に出せるタイトルがどんどん減っていっちゃう!
 あー、あとSONIC(笑)
 

2017年6月26日 (月)

発煙銃持ったどこかのバカが

 なんだよー、また選挙かよー、都議会ってなんだよ、そんなの知らねえよー。比例ぢゃねえのかよー。国政選の比例で決めちまえよー。
 だいたい誰が出てんだよー、て一切興味ないから調べる気も起きないけど。
 
 まあ、「橋本カンナ」ちゃん書いとけばいいか。
 
(いや、正しく漢字で書かないとダメでしょ、つか、自分の区から出てない人に入れても意味ないでしょ、それよか、あの娘十八歳で投票できまーすってポスターに選ばれてんだから、その年齢で立候補できんのかっちゅう話だわこれ)
 
 んじゃ、「藤井そうた」君(労基法上では少年の深夜労働がどうのとか、くだらないメディアが年齢ネタで記事数せこく稼いでんだから、その時点でわかれよ、って書いている時点で本日対局の勝敗知りません。あー、あと今どこにお住まいか知りませんが、立候補に居住実態要るんだった(正しくは選挙権のある人のみ))
 
 んーと、「アンジェラ・メイ」ちゃん?(年齢知ってて書いてるだろ、それ以前に週プレ見てないやつ誰も知らんて。なに国籍? 島国人だよ、お前差別してんじゃねえぞ)
 
 しょうがねえなあ、年金財政上もできるだけ速やかにこの世からいなくなって欲しい、f**kb**kを占有して超くだらないクソ長いコメント垂れ流して、若者のf**kb**k離れ(笑)を加速している団塊の世代の連中向けに「築地豊洲」さんとか? 花柳界の人みたいでおしゃれでしょ(逆にひとつも面白くないからいいんだろうが)
 
 バカ高い住民税ぼったくられてるこっちとしては、ちっとは面白い見世物にしてもらわんと困るんだよねー。
 
 選挙は選挙でも、こちら、「ファミ通」の総選挙。
 いや、結婚宣言関係ねえから。そんなこと言ってると、アホに発煙筒焚かれるから。
 RPG総選挙だから。
 
 すでにもうツイートでひとしきりネタにしてしまったので、マップ使いまわし感、今更感、出がらし感、徘徊老人感出まくっていますが、ネタもないので流用。
 
https://www.famitsu.com/news/201706/23136243.html
 
 ここのところ、洋ゲー(PS4版)以外では「イースVIII」(PS4版)くらいしか進めていないので、Vita版と異なるところを知るために、電撃とファミ通を毎週買ってんすよ。その攻略については電撃の別冊だけで間に合ったんだけど、ファミ通が何週にもわたってジャンル別ヴィデオゲーム総選挙をやっていたのです。
 
 「あー、はいはい、アドヴェンチャーの一位が『Sゲート』ねえ、若者あれすっきやねえ、あたしTVアニメしか知らんけど、もったりした展開にいらいらしてしまって、最後まで観れんかったわあ」とか、
 「シミュレーションの一位が『サクラ大戦』かよ! PSP版あるけどぜんぜんやってねえよ!」とか、アホみたいにひとりで盛り上がってました。
 で、満を持してのRPG。
 
 んまあ、中間発表とはいえ、このラインナップを見ていると、悲しみが止まらない。
 いや、TW3が一位ぢゃねえよ、だったらキングダムハーツが二位かよ?! 
 ただの五十音順だよ。
 ファルコムが影も形もないのはともかく、カナダのB社なんてどこにもいない(笑)。やっぱ創業者ムジカが島国を思いっきり軽んじていたから、今頃バチがあたってるな。
 
 NieRもそうっぽいけど、FFなんてあきらかに組織票くさいし(でも、初期作はともかく、「XII」と「XIII」が抜けているのが鼻水を誘います)。DQも、堀井さんがスランプに見舞われていた時代のことを、ファンはよくご存じだ。
 メガテンもパワー不足なのかあ。逆にペルソナは三号車、四号車、五号車ランクインとか、今年のル・マンの某島国ワークス見習ってほしいな。
 んまあ、ツイートでも言われましたが、おっさんがこのリストにたじろいでしまう(キングダムハーツのこともテイルズのことも言ってない!)のは、マシンも含めた世代(ジェネレーション)の違いによるのでしょうね。今更ウィズもウルティマも何それ?って感じなんでしょう。
 
・ウィッチャー3 ワイルドハント
・キングダム ハーツ
・グランディア
・クロノ・トリガー
・幻想水滸伝2
・The Elder Scrolls V: Skyrim(ザ エルダースクロールズ V: スカイリム)
・スーパーマリオRPG
・ゼノギアス
・ゼノブレイド
・テイルズ オブ エターニア
・テイルズ オブ グレイセス エフ
・ドラゴンクエスト
・ドラゴンクエストIII そして伝説へ…
・ドラゴンクエストIV 導かれし者たち
・ドラゴンクエストV 天空の花嫁
・ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君
・NieR:Automata(ニーア オートマタ)
・NieR Replicant(ニーア レプリカント)
・ファイナルファンタジーIV
・ファイナルファンタジーV
・ファイナルファンタジーVI
・ファイナルファンタジーVII
・ファイナルファンタジーVIII
・ファイナルファンタジーIX
・ファイナルファンタジーX
・ファイナルファンタジーXV
・ペルソナ3
・ペルソナ4 ザ・ゴールデン
・ペルソナ5
・MOTHER2 ギーグの逆襲
 
****
 
We all came out to Montreux
On the Lake Geneva shoreline
To make records with a mobile
We didn't have much time
Frank Zappa and Mothers
Were at the best place around
But some stupid with a flare gun
Burned the place to the ground
 
     Smoke on the Water, Deep Purple
 
 

2017年6月25日 (日)

フェイシャル元年?

 
 どブサイクぢゃねえか とあなたが言ったから 2017年はフェイシャル元年
  ----- ばにてい
 
 いや、普通の意味で。
 
 身の上に耐え難いほどの不幸が訪れた人は、少なくとも一時期(長くて死ぬまで)周囲のことなんてどうでもよくなるのです。そのような不幸を体験した人は、誰でもご存知ではないでしょうか。
 ダメージがどれだけひどいか、一番わかりやすい目安は、周囲のことのみならず、先(将来)のことにも一切興味がなくなることです。世の中のニュースは、当人にとってまるで意味のないものになります。限りなくレッドに近いイエロー、危険信号だと思います。
 
 ところが残念なことに、そのような不幸に見舞われた人のことを、周囲はほおっておきません。似たような(でも結局どこかの他所様の)不幸を経験した本人もその知り合いも、得意げに仲間扱いしてくる。赤の他人からは「同情」というタグのついたネタとして扱われる。周囲から腫物に触るように扱われるならまだしも、気を使っているつもりの人たちから遠巻きにされているだけで、(要はめったに見れない面白い見世物扱いなわけですから)本人のダメージも累積していく。
 
 役者さんって、ほんと大変ですよね。自分のプライヴェイトな人生までも、惨たらしいことに高い品質の演技を要求されてしまう。 
 フェイシャルがあれだった某AAAタイトルに、見事に裏切られたあたしのメンタルヘルスは、せいぜいイエローの点滅(注意して進め)程度のステイタスだったと思われるものの、いそいそと早めに帰宅してプレイしたくなるゲームもここのところなく、出張のない週末になると、やはり馴染みのお店で呑んだくれることが多くなった。
 といっても、生まれ育ちからくる趣味の良さが邪魔になり、そこらへんのこ汚い居酒屋などで管を巻いているわけにもいかない。繁華街の少し奥まったところにある、上品なショット・バーを想像してもらえばよい。あー、いや九課のパズが出入りするような、あんな怪しいところではありません。
 
 芸能ニュースには基本興味ないのですが、例の歌舞伎俳優の奥方様の病状が、ネットニュースサイトであそこまで連日トップに取り上げられると、記事のタイトルだけでも目に入ってしまいます。どうしても事情を把握してしまう。
 バーテンダーの女性は昼も忙しくしていて、記者会見を観ていなかったそうだ。観たかと問われ、そもそも興味ないから観ていないと答えたら、彼女のスマホの動画で一緒に(強制的に!)観せられることになってしまった。
 
 取り敢えず言われるままに冒頭二、三分だけ観て、思わず出た一言が「役者って、こんなときまで大変だよなあ」でした。カメラ回ってますからね。自覚がなくても、尺を考え、流れを考え、演技しているでしょう。
 どこかに本当のプライヴェイト空間(時間)があればよいのでしょうが、ああいうお仕事ですから、まず百パーセントのプライヴェイトはありえない。因果な商売だと思います。
 
 それからバーテンダーの彼女と、「死」について、「命」について、ひとしきり話をした。野郎どもに比べて女性たちのほうが、なんら専門的な知識を仕入れていなくとも、はるかに哲学的な発想をしている(できる)ことを、最近本当に実感している。
 
 哲学の話は、もともと専門知識などなくとも、世間の常識(規範とか制度とかいう意味ではなく、コモンセンスのこと)がわかっていて、あとはロジックだけ成立していれば事足りるはずです(むしろ問いを見つける「センス」が、幼稚な議論を避けるためにも必要なのだそうだ)。ところが、なぜか女性は「ロジック」の生き物ではない、と言われることが多い。この食い違いはなぜだろうと考えてみると、意外と答えは簡単ではないかと思った。
 
 野郎の場合は(嗜みとしてかどうか知らないけど)何かしらの専門知識を仕入れていることが多くて、かつ、それらを吹聴したがる傾向がある。(バーテンダーだけに?)思考に「雑味」が多すぎるとか(こうやって自分もやらかしてる)。また野郎は何かを問われると、いきなり何らかの「立場」に立ってしまって、とりあえずの答えを出したがることが多いと思われる。それはもう色のついた「思想」(アイデオロジー)になっちゃう。
 
 もちろん、性別だけが理由で決まるわけでもなく(それだけで決まると言ってるとしたら、それは「思想」)、そういう傾向があるのではないかというお話です。あたしだって、頭の固いばばあとは、クソじじいに対するのと同様に口を利く気もおきない。一方、 ほぼ百パーセントバカしかいない男子であっても、ぽやんぽやんしているような若者こそ、意表をついた直撃弾を撃ってきたりするんで、不意打ちされることもある。
 
 本題がどこかに行ってしまった。ああ、あれだ、IGNでもGameSpot(下リンク)でも報じていたように、「マーヴェル対カプコン」のチュン・リーのフェイシャル(普通の意味で)、また揉めているとか(笑)。
 
https://www.gamespot.com/articles/marvel-vs-capcom-infinite-devs-on-preserving-depth/1100-6451133/
 
13_chun03
 私たれある? 別人ある!
 
 囂々たる非難を受け、ゲームのデザイナーが速攻で修正を約束している。これはもう、まるでア・バオア・クーから強引に脱出を図ったキシリアのザンジバル(映画版)のように、集中砲火を浴びて大轟沈してしまった、反面教師ME:Aの教訓によるものだとしか思えない。
 
 なお、上の画像を検索するにあたり、世界中のチュン・リーのコスプレイヤーの画像を目にしてしまったことにも触れざるを得ない。
 これまでは、どこぞの「ツクヨミ」のコスプレ(とは到底呼べない、むしろディアブロIIIのグロテスクと同じくらいグロテスクな物体)が、あたしの殺意感じたナンバーワンだった。
 
 結構、それとタイはってそうなのがネット上にうようよしている。なにしろ、よせばいいのにエイジアンがチュン・リーやるからなお一層たちが悪い。ブサイクなエイジアンが白人キャラのコスプレやっても、ここまで怒りを呼ばないというレヴェルのものも数限りなくあるようだ。
 
 いやいや、格ゲーには一オングストロームも興味ない、言うてはりますやん。
 ひとたび不幸を背負ってしまったら、誰かが似たような不幸に見舞われた話が持ち上がると、都度かならず連想され、引用され、参照されちまうのです。
 今後、この手のフェイシャル問題とくれば、もうこの先ずっとME:Aが参照されることで決まり。それが言いたかったの。
 
 不幸な人は、誰もそっとしておいてくれないの。「同情」という「好奇」と「侮蔑」の視線にさらされ続け、それがまた不幸として累積し、無限増幅していくの。
 その無限ループを断ち切る方法は、実はあります。でも教えてあげない。なぜなら、例えばあたしがそうやって人に教えを垂れることが、また「同情」の一種でもあるから。
 

2017年6月 7日 (水)

【ME:A】パッチ1.08

 あたしに何かを期待されても困ります♪
 ME:Aパッチ1.08がひっそりとリリース♪
 下はGameSpotの記事♪
 数行読んだだけで、それ以上読む気をなくしました♪
 どうぞご自由にご覧下さい♪
 
https://www.gamespot.com/articles/mass-effect-andromeda-patch-108-out-now-heres-what/1100-6450606/
 
 追加)つうても、ストライク・チームをたまにいぢる以外、近頃とんと開けていないME:Aを開けてみたら、1.07のままだった♪
 300人しかプレイしていない島国は、抜けにされたのかしら♪

2017年5月22日 (月)

【ME:A】ではなく、DA2過去記事に逃避した。

 週末ME:Aはほとんど触らず、インクイジターとそりの合わないDA:Iキャスのように、ずっと不貞腐れて飲んだくれていました・・・。
 ここでも、本来はピ、クロミ(アサリ)とそりの合わないME:Aレクシのように、ネクサスの酒場でずっと飲んだくれていた、というべきなんでしょう。ところがこのふたつのエピソード、インパクトがあまりに違いすぎます・・・。

 今週いっぱい出張であるにも関わらず、その前にME:Aを先に進めようという気があまりおきなかった。二周目サラちゃんはアンガラの母(教授様)を救出したところ。オープン・ワールドのゴミタスクをあらかた無視して、クリティカル・パスとローヤリティ―・ミッションを進めていけば、50時間くらいで終わるはずなのに。ノーマッド逝かず。ノーマッドの逝かざる奈何すべき。

 ヴァリック先生が登場したDAコミック新作、"Knight Errant"の第一巻を読んでみました。きっとこの後もあまり面白い話は期待できないんだろうなという感じでした。ところが、おかげでカークウォールが懐かしくなってしまい、老後の愉しみが減ってしまうのでやっちゃいかんと思いつつも、自分のDA2の過去記事を読んでしまった。と言っても、我ながら驚くほどの数があるのでアクトⅠの途中まで。
 ME2過去記事を読むのは、さすがに思い留まりました。ME:Aと比べてしまうと、たぶん取り返しのつかない気持ちになってしまうから。

 DA2は後に島国語版も発売され、自分もPS3版をプレイしました(DLCもフル・カヴァーされていたと記憶します)。リリース当時にあちらで散々批判されていた「マップ使い回し」、「モブの波状湧き」、「コンソール・ユーザー向けのUIと操作」などは、もちろん紙芝居記事では捨象されているから気にならない。残念ながら、2011年リリースから5年以上経過していることから、キャラクターのモデリングはさすがに時代を感じさせる。もう一度プレイしたくなる気は起きなかった。

 キャラクターたちのセリフの「密度」というのでしょうか、「濃度」というのでしょうか(一緒やん)。ME:Aのシャビーなセリフ群とはあまりに違い過ぎていて、改めて驚愕しました。
 別段DA2のほうがたくさん喋っているわけではないのです。むしろ、ME:Aのほうが無駄口が多い(ふざけているという意味ではなく、冗長だったり、自明なことを改めて喋っているという意味)。VOにはBioWareの場合ワード・バジェット(語数予算)の縛りもあり、(録音ファイルの)時間的長さの制約もあるでしょうから、大演説なんてそうそう打てるはずもない。ME:Aはそういう貴重なリソースまで、「ねえ、どうしてアンドロメダに来たの? 以前はどこで何やってたの?」という、どっかのカレッジの新入生歓迎会みたいな定型の質問で浪費してしまい、かつ心に残るような中身もない。

 余談、つうか今更言っても遅いとはいえ、この六百年かけて別銀河に移住する計画。それに参加する動機づけについては、パパ・ライダーおよび道づれの双子はともかく、他の連中に至っては個人的に全く納得できないのです。犯罪者、生活破綻者、あるいは迫害からの逃亡者以外は、「なわけあるかい!」と思ってしまうんです(リーパーズ襲来の件は一部の上層部しか知らないはず)。プリマス・ロックに降り立ったメイフラワー号のピルグリム(ピューリタン)たちとは、まるで事情が違うと思います。
 そういうところで書き手サイドが見事に思考停止しているのも、気になってしまう。
 それで言えば、(ジェノフェイジに苦しんでいたクローガンはともかく)漂泊の民クオリアンたちこそ、動機づけが成立するのかもしれない。ME2エンディング時点で、ゲスとの決着はついていませんでしたから。
 クオリアンDLCはもう来ないのだろうけど・・・。クオリアンだけに、アークはジャンクの寄せ集めで造っちゃったもんだから、敢え無く銀河のはざまに消えちゃったのか。
 余談終わり。

 事実、またしても不覚にも鼻水が出るくらい感動してしまったDA2のいくつかのセリフ群は、文字にすればたった一行か二行です。例えば「マジストレイツ・オーダーズ」(裁判官のおっさんとエルフの娘が出てくるやつ)なんて、必須でもなんでもないセカンダリー・クエストであるうえに、全体の会話数は非常に限られているし、所要時間も短い。にもかかわらず、登場人物それぞれのセリフに「見せ場」、「聞かせ処」があるし、コンパニオンひとりひとりに同じ場面で異なるセリフが用意されているし、もちろん選択と分岐もあります。選択によっては、後日しばらく経ってから判明する予期せぬアウトカム(帰結)まで用意されている。

 さらには、「そこら辺のNPC」(この場合はシティ・ガードのでぶ)にまで、見せ場がある(内容は選択によって分岐する)。この点こそが、あたしがかつてBioWareゲームを褒め称えていた点なんですよね。それはもちろん、BGの時代からそうだったし、MEにも一部あったものの、やはりDAが一番濃密であった。DA:Oのオリジン・ストーリーって、実はその塊が6つあるということですから。
 
 そういったシナリオは、やはり誰でもが書けるものではない、ということをME:Aは証明してしまったのでしょうか。
 こうなったら冗談ではなく、スクエニみたいに古いタイトル(FF7?)引っ張り出して、「リメイク」と称してあまり元手をかけずにお化粧してぼったくればいいのではないか。
 あーちがうか、FF12? なんかリメイクがいっぱいあり過ぎてどれがどれやら・・・。

 でも、BGリメイクやってもしっかり落球して、こけたりして・・・。
 やっぱシェパ三部作HD化くらいでお茶を濁そう。
 あ、Obsidianが(いつものとおり)MEの続編を安くやってもいいとか?
 そんな暇ないでしょ。というか、お願いだからやめて。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー