フォト
無料ブログはココログ

« 【ME:A】大家族かよ! | トップページ | 【ME:A】九郎判官(クローガン)贔屓 »

2017年5月 1日 (月)

【ME:A】(一周目?)終了。

 一周目というか、二周目はないかもしれません・・・。二周目がないときは、わざわざ一周目とは言わないですね・・・。
 (以下、ほんのりネタバレあり)
 
 プレイ時間120時間弱、エピローグ込みで完遂率は98%。
 かったるい繰り返し系タスク関連でいくつか未達のものがあるものの、この感じではミッションで見逃したものはまずないかと。(訂正:少なくともひとつありました。またタスクも、チェーンになってるらしきものが、少なくともひとつ未見)。
 いやあ、エンディングもちょっとどうなんだろうか。どこかのレヴューに「あほくさいヒット映画みたい」と書いてありましたが、まんまそのまま「あれ」ではないか。
 クライマックスで唯一ほめるところがあるとしたら、サラちゃんが絡んでくるところくらい。
 
 どうせ途中の選択なんて、エンディングになんの関係もないだろう、と軽い気持ちでいたためもあり、たった一つだけ選択をミスってしまったものがあったようだ(NPCの生死にかかわるらしい)。
 二周目でやり直すとすればそこだけ。あとは、できるだけちゃらけた会話になるように選択してきたので、シリアスなセリフでやってみるか、くらい。

166
 まあ、こちらの選択は、うまく行ってたようなんですがね。

167
 最近は、野郎も脱毛してないともてないみたいですね。桐谷さんが言ってました。

 ところが、空き時間が結構あるはずの連休を前にしてさえ、サラで二周目に進む気が起きそうにない。万が一、DLC(超期待薄)が来るならその前か、次作が来る前(果たしてあるのか?)にやり直そうかなあ、と思う程度。
 
 旧マシン(グラボ)ではフリーズ問題がひどくて、マイリグの新調まで余儀なくされてしまった。結果的にはストレスをさほど感じずにプレイできたので、まあいいか。パッチでフェイシャル(普通の意味で)が全編まともになったらしいのは、本当にありがたい。当初の顔のままでは、プレイし続ける気がどこかで潰えたと思う(その場合、マイリグの新調もなかったかもしれない)。

171_2
 サラちゃんの顔がまともになってなければ、二周目の議論さえ最初からしない。

 UI関係では、新規アイテムを示す(!)マークが本来消えるべきときに最後まで消えなかったり、消すためにリストを全部あたらなければならないという多大な努力を強いられたり、達成済みタスクを調べ直すのが異常に面倒だったり、もう選ぶスキルがないクルーのスキルポイントが積みあがっていったり、目的地を示すマークが、わざとミスディレクションを誘ってるのかと思うくらい変なところに出たりと、なんだか意味がわからない作りが、相当寛容なはずのあたしの我慢の限界線を刺激し続けてくれました。
 
 キャビンのミニチュア・モデルのうち、まだ拾ってないものがどれか確認することが、なぜあれほど大変なのだろうか。

165
 プリマガイド読んでも、さっぱり謎が解けません。

 それぞれの武器などに対して10段階あるスケマトの表示が、どうしてそれぞれまるで違うもののように全部ずらっと並んで出てくるのだろうか。DB構造がそうだからなんつうことはわかってる。工夫のしようがなかったのかと言っているのだ。(その点ではBethesdaも一切改良しようとしない態度は同じだ。ObsidianがNew Vegasで何とかしようと工夫していたが、Fallout4には結局反映されなかった)
 
 ミッションの作りにしても、物語があるステージを超えないと次に進まないつくりの場合、"ON HOLD"、「しばらく待て」という表示が出る。最初は、プレイヤーを無駄にうろつかせることを避ける親切な仕掛けなんだなと思ったが、そのうち、だんだんミッションがそればっかりになっていって、そこでも工夫のしようがなかったのかとがっかりすることになる。開発者のプロット・チャートをそのまま見せられているみたいで、興ざめしないほうが無理。
 ミッション自体もシャビーなものばかり、セリフもおざなりなものばかりというのは、あちらのレヴューに書いてあったとおりで、期待することはやめていたから、ダメージは少ない。

170_2
 ウォルタースは、もう偉くなっちゃってライターではない。

 ルークやシェリーなど馴染みの名前もあるが、かなり入れ替わっているようだ。

169
 この取引は、とうのはじまりからうさん臭かったんだよ!

 このセリフ、ご存じ"Fallout: New Vegas"の「不朽のオープニング」へのオマージュのつもりでしょうか。
 「このゲームは、とうのはじまりからイカサマだったんだよ!」
 "The game was rigged from the start!"
 
 むしろ、あたしなんかは、こう言って差し上げたい。
 
 「このゲームは、とうのはじまりから期待外れだったんだよ!」
 
 アチーヴメント関係は、本来開くべきもの含めて、まるで開いていないし、スペシャル・チームのオンラインはしょっちゅう落ちるし、「なにやってんの!」と怒っても仕方ないくらい、スキルがプアという舞台裏が透けて見えてしまう。

172_2
 セカンド・ウェーヴ、「第二波」と名乗る連中。

 パスファインダーたちはクライオから最初に覚醒される「第一波」。十分な人数が居住可能な惑星を探すために必要な最小要員。そうした惑星を発見した後に覚醒される連中。わざとなのかどうなのか、英語の訛りがどぎつい三人を選んでいる。白人たちが入植した新大陸に、後からやってきた移民の連中を連想させてしまうのは、果たしていいのか。

 長子は、親も子育てに不慣れであり、かつ危ない病原菌などに無防備のままさらされる(死んでしまう場合さえある)。二人目以降は、長子が身をもって実験台になってくれるから、その点でかなりお得。この場面、まず最初にそういうことを思い出した。
 第一波の連中は、(外敵も内乱もあったし)結構死んでしまっている。そういう先達の苦労を第二波がやがて忘れて、むしろ第一波を疎んじ始める。次回作には、そんな陰翳のある物語とか絡めたらいいんじゃない?とか思った。

 でもすぐあとに気づいた。これって、シェパード三部作(第一波)と、アンドロメダ(第二波)の、それぞれの開発者のアナロジーになってしまっているのではないか? もちろん、第二波は第一波の偉業を超えることはできないという意味だ。 
 
174
 五隻目のアーク? そんな話ありましたっけ?

 クオリアン、エルコア、ドレル、ヴォラス、ハナー? 次回作に出すつもりなのか?

 「僕の大好きなヴォーチャは出ますか?」

 今大事な話してんだ。クソガキはだーってろ。
 しかし、これは姑息というか、ご都合主義というか・・・。開発費圧縮のためなのか。

 まあ、「次回作」なんつうものがあるのかどうか、あたしにはわかりませんけどね・・・。
 これ、売れたのかな?

« 【ME:A】大家族かよ! | トップページ | 【ME:A】九郎判官(クローガン)贔屓 »

Mass Effect: Andromeda」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2179693/70427743

この記事へのトラックバック一覧です: 【ME:A】(一周目?)終了。:

« 【ME:A】大家族かよ! | トップページ | 【ME:A】九郎判官(クローガン)贔屓 »

ウェブページ

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31