フォト
無料ブログはココログ

« ピーポーは、「人民」ではなく「皆の衆」。 | トップページ | 【ME:A】ティーンエイジ・ブルース »

2017年4月18日 (火)

【ME:A】タ!

 今週末、リアルでローヤリティ・ミッション(島国世間では社畜ミッションともいう)のため、また外地に飛ばなくてはいけなくなり、ME:A一周クリアも来週以降までお預け。というか、五月の連休までお預けくさい。
 
 完遂率(現在)76%。残り少ない限られた時間だけでも、突き進めるところまでがむしゃらに進もうと、意を決して帰宅したところ、Originがまた得意のだらだらしたインストールをはじめやがった。
 もはやこれまで。開き直ってME:Aのブログを書くことにする。
 
 セリフがシャビーだシャビーだ文句ばかり言ってますけど、少なくとも(開発予算をかけているはずの)ローヤリティ・ミッションくらいは記事に書こうと思っていました。プレイした順番で素直に行くつもりだったので、これまでコーラ、リーアムときて、次はヴェトラの番だった。あとバクくん(ヴァール)、爺さん(ドラック)、クロミ(アサリ)。
 ところが、ここにきて重大な事実が発覚した。予定を変更してアサリ/クロミ編です。べ、べつに好きになり始めたんぢゃないんだからねっ!
 
(以下、表面的なネタバレあり。お得なグリッチ情報もあり)
 
 個人的印象では、六つの中で一番あっち行け、こっち来い、あれやれ、これ持って行け、言われた気がします。CRPG主人公パシリ説。だから一番最後までグズッていたのかもしれない。
 

050
 中でも一番「ふざけんな」が、これ。

 すでに踏破したヴォールトにまた潜れちうやつです。この時点で80時間以上(現時点ですでに100時間以上)プレイしてんのに、また手戻りかよ!

052
 あげく、グリッチあるし。

053
 おま、こんなとこで、ひとりでなにしとん?

054
 ぢゃなくて、ミッション・チェーンの一個前のやつが消えてへんがね。

 あやうく絶望時の士気チェックに失敗しそうになりました。
 ここで止まるかあっ?! ミッション・ストッピング・バグかあっ?!
 新ゲーミング・マイリグを買ったことも、すべて無駄になったかあっ?!
 
 "Steady, steady." 落ち着け、落ち着け自分。最終的には、ネットでアメちゃんたちの怒りの声を辿っていって、ようやく解決策に結び付いた。「回廊は、反時計回りに進め」です。

051
 見覚えあるかなー。左上が入口方面。

055
 おま、こんなとこで、ひとりでなにしとん?

056
 反時計回りに来ると、正常終了。

 ほとんど活用していないプリマガイドを紐解いてみると、そこにも「時計回りで進め」と書いてある。実際には「反時計回り」に進まないとアサリとの会話がキックせず(フラグがたたない)、結果的にコンプしていない扱いとなってしまう。そのくせ、どちらの道も進めてしまう。なんつー、プアな実装なのだ。
 ここの不具合がミッション失敗にまで結びつくのかどうか不明ですが、設計者の意図どおりにやるに越したことはないと思った。
 
(お得なグリッチ情報はここまで)
 
 あとはミッション・チェーンの最終局面。興ざめなネタバレはやめときます。
 プレイした方ならすでに十分お怒りだと思いますので、「やつ」、別のアサリの話もバッサリ省略しましょう。タ!
 一言だけ言うなら、このアサリ・アサリの関係って、DAOのレリアナ・マジョレーン(発音忘れた(笑))コンビの関係なんすよね。そしてあちらほど感動を呼ばない。なぜそうなのか。お気づきのとおり、クライマックスに結び付けるための「仕込みが足りない」のですね。このミッションだけではなく、ミッション全般について言えることかもしれない。
 これ、まじめに考えていくと長くなりそうなんで、別記事で書いてみたい。

007
「クロミどこ行った?」
「さあねえ。また、いちゃいけないところじゃないの?」

008
 つうか、来ちゃいけないところに来ちゃいました。

009
 やたらと予算かけてまんがな。 

010  
 クロミを本名で呼ぶアサリ登場。

011
 そのアサリとの間で、死の徒競走がはじまるらしい。

014
 敵を排除して、仕掛けを見つけ、先につながる道を切り開く。

013_3
 おおきに、ライダーはん。先いかしてもらいますわあ。ほなごめんやす。

 えげつないキャラには、やはり京都弁が似合う。ネイティヴじゃないんで、フォニー京都弁だけど。 

 昔、プレイしていたMMO/MOに新作レイドが来た。前提クエストがいくつかあって、どこのパーティーでもよいからそれぞれ一定回数クリアすれば、レイドの門が開く。一番難関だった前提クエストの最後の一回を、あたしたちのパーティーが必死の思いでクリアした。
 その直後、見越していたようにレイドチーム(マックス12キャラ)を編成していたライヴァル・ギルドが、へとへとに疲れているあたしたちの目の前を、まさにこんな感じで先に行きやがったのを思い出した。
「ご苦労さん、ご苦労さん、ほんじゃ、新作レイド一番のりー、お先にー!」
 正直、苦笑いするしかなかった。(なんか、どっかのアニメの一場面みたいで「素敵」とさえ思った(笑))

015
 容量節約と、ネタバレを 避ける意味もあって端折り倒してます。

 ほんとは、相当広いレヴェル(マップ)です。

016 
 よくも、うちの傭兵はんたち、一人残らずいわしてくれはりましたわねえ。て、うそどすえ。

 京都弁のアサリ(誰がだよ)は、やたら金持ちらしく、続々と新手が来る。

017  
 Very Easy難易度なんで、でかいの何体来ても一緒。瞬殺。

018
 手下どんだけおんねんな?!

019
 京都弁、いきなり走り出した!

020
 まて、ごらあーーー!

021
 なんて無茶な!

 クロミも走り出した!

022
 先行する京都だが、年齢差が大きい! んー、二百歳くらい上?(未調査)

023
 京都西陣、着物の裾が引っ掛かった!

024
 クロミ、なんだか知らんが、ブツをゲット!

027
 でかい揺れがきた!

026
 京都、絶体絶命!

028  
 あーっ、これって、あれだろ?!

  "Indiana Jones and the Last Crusade"か!(1989、忘れた、○)

029
 助けておくれやす! 

030
 あ!

031_2
 たまたまが転がっていく!

032  
 映画と違うのは、スコットじゃなくて、クロミがジョーンズ博士の役ってところだ。

 つうことで、結末はうやむやにして、ミッション終了。(そないせっしょーなあ(笑)

035
 テンペストに帰還すると、またしても、先生抜きでクラス会がはじまっているようだ。

 緩い。この緩さは「ゆとり教育」ぢゃないな。

039
 好き勝手してきたけど、これからは家族の一員だよ!

057
  やっと気がついたか、小娘。

 小娘・・・、まあ爺さんははるかに年上か。 

038
 んじゃ、さっそく、うちの部屋の片づけ手伝う人?!

040
 みなさん、アホを相手にしたら損をすると、てんでに立ち去っていく。

041
 アンガラじゃ、今日は安息日だゾな。

 なぜ「バクくん」か、まだ説明してないけどな。

042
 俺がいるよ。ずっと、お前だけのために。

 うそ?!

043
 ぎゃー!

 抱きつかれるだけなら何度もあったが、キスは(画像は自主検閲)。
 
 さあ、中の人、ここで長考にはいりました。
 あー、あれかあ、さっきの会話。あれが「キー」だったのか!
 
034
 VIを通じてコクってたのか!

033
 バカだから、こっち押しちゃってたのか?!

 これ、やばいんちゃいますの?
 ロマンスって排他ちゃうの?
 意中の人コーラの元を訪ねても手がかりなし。
 究極のパワーをさく裂させた。
 その名も「チャイ!」
 ここからやり直し、ホームルームも無事解散して、ここは事なきを得た。(狼狽えていたので映像は取り逃した)
 あとはコーラがどうなるんだろうか。
 そろそろ夜も更けたし、ここまでにして風呂入って寝ようとは思ったのですが・・・。
 しくじっていた場合、プレイ時間100時間をやり直す気力はない。
 薄目でプリマガイドを覗いてしまいました。
 結果は、プロットを先に進めて見ないと「わからない」。
 必死に進めた。(メイン・プロットの話なので、ここでは省略します)
 

045
 んー。

046
 きゃ!

049_2
 "Steady-"(笑)

044
 ありがと。

 ニヤニヤ。

047
 きた!

048
 なんとかなってるみたい?

 上の「チャイ!」にしたしくじりに、すぐに気がつかなかった場合、どれだけ恐ろしいことになっていたかと考えると・・・。

 どうどすやろ。

 

« ピーポーは、「人民」ではなく「皆の衆」。 | トップページ | 【ME:A】ティーンエイジ・ブルース »

Mass Effect: Andromeda」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2179693/70301645

この記事へのトラックバック一覧です: 【ME:A】タ!:

« ピーポーは、「人民」ではなく「皆の衆」。 | トップページ | 【ME:A】ティーンエイジ・ブルース »