フォト
無料ブログはココログ

« 【ME:A】ティーンエイジ・ブルース | トップページ | 【ME:A】(一周目?)終了。 »

2017年4月26日 (水)

【ME:A】大家族かよ!

 バクくん、ぢゃないジャールのローヤリティー・ミッション。
 
 クロミちゃんの忠実な子分(自称ナイト)であり、経済的庇護者でもあり、専用空飛ぶ絨毯でもあり、かつ切っても切れない仲(Confidant)でもあるバクくん。父母を含めた家族は、総勢16バク。
 ジャールとの類似点は、実は大家族という、そこだけ。ジャールがナスビに似てるとかいうのはこじつけ。
 かつ、この記事を書くためME:Aの映像を見直したが、内容がやけにシリアスすぎるのでバクくんの「ゾナ」言葉も封印。
 
 旧マシンは、大事な場面に限ってフリーズした。その場合撮影動画は終末処理ができず、読めないファイルとなる。その都度、撮り直しを余儀なくされるが、いつもそうしていたわけではない。よってミッション・チェーンの最初のほう、ジャールの家族(妹)に関する、わりと重要な伏線となる場面の映像などが見つからない。撮り直しに行く元気もないので割愛させていただきます。ネタバレにならなくて済むから、という言い訳。
 
 ロウカーは、アンドロメダ固有種族であるアンガラの中にあって、極端なゼノフォビア(異種族嫌い)の武装一派。そのリーダーは、侵略者である異種族ケットに対する果てしない憎しみを抱き、イニシャチヴの種族たちも一切信用していない。

099
 アンガラのソウルフル・リーダーにして、稀代の科学者であるモシャエ。

 民からは、ほとんど「聖母」に近いカリスマティックな扱いを受けている。大家族の維持が「善」であるアンガラにあって一生独身を貫き、その身をレムナント文明の解明に捧げる覚悟とのこと。
 
 つうか、これ4月2日だから、パッチ前の映像ですね。アンガラはよくわからないけど、ヒューマン(およびアサリ)の造形があまりにひどすぎます。今思えばこんなだったんですね(この場面が今直ってましになっている保証はないけど)。
 
097
 皆を平等に扱うだと? クローガンさえそう扱えない貴様らが、何を言う。
 
 ロウカーのリーダーであるアクソールは、元々はモシャエから教えを受ける生徒だった。ケットに拉致され、奴隷として強制労働を余儀なくされ、一握りの仲間とともに脱走に成功した頃には、顔だけではなく、心にも醜く深い傷を負っていた。
 
 その後アクソールは、ネクサス種族に対して直接的な闘争を仕掛けてくるなど、もはや交渉による妥協の余地はなくなっていく。 

204
 ヒューマン・コロニーも襲撃を受ける。

100
 パスファインダーとジャールに、アクソールからの脅迫映像が届く。 

101
 物事をわきまえない愚かなジャールに、家名を継ぐ資格はない。

102
 このゴミクソ、まぢむかつくな。

 これはパッチ後。マシンは古いままだが、それでも顔は相当まともになっている。

103
 ヴェシャワー、「自分のクソが大好きな奴」だから仕方ない。

104
 だが、直接俺に仕掛けるほどバカでもない。

 こちらを罠にはめようとしているのだ。警戒を怠るな。

105
 結局、一番「弱い」ところを攻めてきた。

 ジャールの家族、母親と兄弟姉妹だ。

106
 俺の弟妹三名が、アクソールに言いくるめられ、ロウカーと行動を共にしている。

 だが、ジャールひとりでは、救い出すことができない。 

108
 いいから、いつ、どこに行けばいいかだけ言え。

110
 ハヴァールの「フォージ」なる場所に、シャトルで向かう。

 クロミ編ほどではないが、シネマトにはお金かかってます。

111
 本来は観光スポットらしいが、人っ子・・・、アンガラひとりいない。

112
 わけじゃない。

113
 派手にやりすぎ。

114
 何度も書きますが、コンバットはやけに面白い。

 このアソルトライフルは誘導弾仕様なんで、狙いは適当でも当たってしまう。
 Very Easy難易度にはトゥー・マッチな武装。

116
 病みつきになると。

117
 手放せなくなってしまいます。

118
 橋はまだある。

119
 ?!

120
 今はもうない。

121
 スナイパー・ライフルも重宝。

122
 大威力のライフルなら、腰溜めでも可。

126
 撃ってきてるの弟でしょ。

128
 話の流れ的に。つうか、声でわかるんだ!

129
 ラソール! やめるんだ!

132
 感動の兄弟姉妹再会。

 その暇も惜しみ、ロウカーの不正義を説くジャールとスコット。

133
 アクソールは、イニシャチヴの爆弾を盗んだ。

 弟ラソールは、ロウカーのやり方に懐疑的だった。
 アクソールはこの場を吹き飛ばし、異種族の仕業にしようと画策している。

134_2
 銃声。

136_2
 妹テヴィーントは、感化された度合いが一番深かったようだ。

137
 俺は大丈夫だ。アクソールの思い通りにさせるな。

138
 爆弾解除のくだりはとばしまして。

139
 ようやく自らの過ちに気づいた妹。

 ラソールは運よく生きている。そう聞いた妹は、家に帰りたいと訴える。
 逡巡する、もうひとりの弟バランジ。
 
140_2
 ほおっておけ。志挫けた者に用はない。

142
 異種族が我らの世界を滅ぼすさまを、ただ傍観している臆病者も同じだ。

144
 子供たちをかどわかし、自分たちの家族と戦わせる。胸くそ悪いぜ。

146
 俺は民の代弁者だ。ヘリアスに貴様らの居場所はない!

155
 ライダー、よせ、挑発に乗るな!

147
 撃てば俺は殉教者だ。さあ、やるがいい。

148
 俺が友と交わした約束を、お前のせいで守れないかもしれんぞ。

149  
 ライダーは、いくつもの惑星を生存可能にした。敬愛なるモシャイを救い出した!

152
 戯言はやめろ! 貴様こそ真の敵かもしらんな、裏切り者!

 ライダー、撃つな。
 モシャイはライダーを信頼している。アクソール、お前こそ民にとって危険な存在になり果てた。立ち去るがいい。

154
 それとも、貴様を殺し、レジスタンスが裏切り者であることを曝すほうが良いのかもしれん。

 恒例により、オチはスキップして・・・(えー)

 つうか、結局、分岐の結果は全部観る羽目になっちゃったんですけどね・・・。
 プレイ当時は、あまりにおざなりな展開に飽きてしまって、口半開きで眺めていたのです。
 そのため、!マークのところ、意図せぬ反応をしてしまった。
 今回わざわざなぞったのも、感動のセリフを見落としてなかったかどうかチェックするためだったのですが・・・。やっぱないな。

 それはともかく、いよいよ本題に(ここからかよ!)

 ジャールとの間の親密さが増してくると・・・。
 
156
 彼の生家に招かれることに。

158
 ジャール!

157
 うちのかあちゃんだゾナ。

 (ここからは許されるだろう)

 家族も紹介するゾナ。

159
 みんな、スコットが来てくれたゾナ!

160
 客人を連れてきたっぺな。

 お帰りだっぺ。

161
 ここで皆と一緒に育ったゾナ。妹、いとこ、弟、それから・・・

 オリジナルのクロミのセリフじゃないが、「紛らわしい一家」だなあ。

162
 ここにいると落ち着くゾナ。

 大家族かよ!

163
 そしてここが、自分の部屋ゾナ。
 
 ウサギ小屋かよ! 

164
 昔、セガかどっかが売ってましたね・・・。ホーム・プラネタリウム(ウサギ小屋仕様)。 

 つうか、これサラちゃん用のシーンかな?

 島国だって、昔の田舎はこんなもんじゃないくらい大家族だったんですけど。

 どーしても白人というかあっちの連中が描くと、エイジアとかアラブとか、子だくさんが「善」とされていたあたりを、薄ら汚いど田舎として蔑視してるようにしか感じられないんですけどね。どう言い訳したって実際そうだろうし。
 「島国のウサギ小屋」はおフランスの欧州大臣だったクソ女のご発言でした。「黄色いアリ」ともほざいてた。そのときから島国の状況はあんまり変わらないけど、もうすぐ人口も減るし、若い子たちはもっとずっと働き場に近い、広い所に住めることになる。うらやましい。

 ま、「トーホグでよかったね!」とかほざいたゴミクソの発想も、そのクソ女と似たようなもんでしょう。皆で言い返してやればいいのにね。
 
 またバカにされた。西日本死ね。

« 【ME:A】ティーンエイジ・ブルース | トップページ | 【ME:A】(一周目?)終了。 »

Mass Effect: Andromeda」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2179693/70388249

この記事へのトラックバック一覧です: 【ME:A】大家族かよ!:

« 【ME:A】ティーンエイジ・ブルース | トップページ | 【ME:A】(一周目?)終了。 »

ウェブページ

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31