フォト
無料ブログはココログ

« 【ME:A】タ! | トップページ | 【ME:A】大家族かよ! »

2017年4月20日 (木)

【ME:A】ティーンエイジ・ブルース

 ヴェトラのローヤリティ・ミッション。
 
 ヴェトラについては、いまだにどんな人物なのか、とらえどころがなくわかりません。そう思わせるように意図して造形しているのか、キャラ立ってないだけなのかもわからない。
 かなりグレイなお仕事に才能を発揮する姉に対して、いかにもティーネイジャーらしい「正義感」に溢れた妹。
 
 そういえばテューリアンは、ME3のエピソードで感じたように、家父長制度みたいな文化様式なんですかね。姉妹の長幼の序、「姉」と「妹」の区別があるんですね。残念ながら英語自体にその区別を明確にする言葉がないんですけど。

058
 ヴェトラの妹であるシドからの通信。奴隷商人らしき連中が潜んでいる場所を発見したと。

 許せないと。パスファインダーが叩き潰してくれと。

059
 あたしも一緒に行っていいよね?

 答えは決まってんでしょ。

060
 あー、はいはい。悪い連中と、ガンと、学芸員と、爆弾と、クローガン・ビールには近づくな、でしょ。

 以前にも書いた記憶がありますが、MEシリーズやDAシリーズのローヤリティ・ ミッション(パーソナル・クエスト)って、家族(部族含む)・恋人関係が圧倒的に多いんですよね。それから、師匠・弟子、友人・仲間。すなわちメロドラマ。
 当たり前っちゃ当たり前で、なにもヴィデオ・ゲームに高い「文学性」を求めるつもりもないんですが、安易っちゃ安易。そうする必要のないお話にさえ、無理やり絡めてくる感がある。
 DA2のフェンリスなんかは変化球で、主人と奴隷の関係のお話だったけど、そこにも妹を絡めてきちゃってました。
  例外はかなり限られていて、ぱっと思いつくのはDAOのシェール(アイデンティティ探し)とか特異なケース。上の範疇だけど、素敵だったのはME3のジャック(ME2生きのびていればね)。 

061_2  
 シドには、既に会っている可能性が高いですね。

 ネクサスのオペレーションで通信傍受要員として勤務中。

062
 立ち寄ってみると、またしても別件の悪党どもの通信を傍受したと知らせてくれる。

 声以外で、ティーネイジャーとわかる手がかりあるんかな?
 とさかの色とか? うりぼう(イノシシのガキんちょ)みたいに、カラリングが違うとか?
 これも別のミッションのはじまりなのだが、そっちは後回しにする。 

 ところが、何の気なしにもう一度話かけてみると・・・。

063
 ヒューマンの パスファインダー?! あたしシド、ヴェトラの妹!

 いやーん、本人なの? 信じらんない、写メとらないと!

 話作ってませんからね。ひとつの映像ファイルを、今連続して観てるんだから。
 なんだろう、このアホな実装・・・。つくづく興ざめだ。

065
 例の「出口なし」バグに見舞われた低重力の小惑星。

066_2
 古いマシンのグラボは、こういう処理に悲鳴をあげてたなあ。

067_2
 例の「私の彼は左利き」状態で困り果ててたときだなあ。

 シドはすでに現場に到着している。来るなと言われても来てしまう。お約束。

068_2
 敵の配置を、シドがシステム・ハックしたカメラで事前に知る。

 さらに、シドが敵のシステムを操作して、かく乱する。
 面白いんだけど、これどっかのゲームでもあったよなあ。思い出せないけど。Alpha Protocol?(笑)

069
 左利き、あまりにやりにくいんで、ピストルに持ち替えたけど一緒。

070
 ここでは、重装甲メカ・ハイドラの機能を停止させたんだっけ。

072
 すべてうまく行ってると思ったら、きっと何かを見落としている。

071  
 シドが敵に捕まってしまった!

074
 アジト最奥部。

075
 シドを盾にして待ち構える、敵のボス。

076
 ふざけた真似したら、どうなるかわかってるな?

 手にしているのは手りゅう弾。

078
 その娘、まだ子供だろ? 離してやれ。

079
 このガキがあたいのシステムをハックしたんだ。しかも背だってでかいだろ!

 これ、インクルーシヴィティ的にいいんすか?
 ヴァーチカリー(ハイト)チャレンジド(身長が不自由な人、別名ちび)のことバカにしてますよね? 

080
 さっさと銃を置くんだよ!

 まー、どうなるか皆さんの読み筋どおりなんで飛ばしますね。

081
 もう右利きに戻っているので、怖いものなし。

082
 Very Easyの良くないところは、敵ボスがいつのまにか死んでるところ。

084_2
 カダラの連中にかまうなとあれだけ・・・。

085
 善人にだって間違いはある。ここは俺に免じて許してやれよ。

 姉さんならやって良くて、あたしはダメなわけ?(んー、ティーネイジャー)

086
 好きでやってんじゃないのよ! 何が起きたか見たでしょ。面白くもないし、遊びでもないの。

 でも、もうわかった。あたしでもできるもん!

087
 姉さんのわからず屋! ネクサスに帰る!(んー、以下同文)

088
 きついっすねえ。大丈夫?

 少し考える時間を頂戴。でも拉致された人たちも解放できたし、礼を言う。

 テンペストに帰還。

090_2
 シドはまるで懲りてない。まだ後先考えずに、人助けに精を出しているようだ。

 次にネクサスに立ち寄った際に、声をかけてみますかねえ。

089
 挨拶さえしない。一言も口をきいてくれなくなっちゃいました。

 ぢゃなくて、忘れずにセリフ入れとけよ・・・。
 
 だいぶ経ってから、上に書いた別のミッションをクリア。

091
 このときは、シドもだいぶ喋るようになったんですが。

096
 パスファインダーが、事件をうやむやにすることを選択してしまった。

 「大人はさ、ずるいくらいがちょうどいいんだ」(by 加持さん@エヴァ)

093
 嫌味な期待を込めて、またシドに会いに行く。

095
 今度は、口をきいてくれないどころか、そっぽを向かれてしまいました。

 ぢゃなくて、忘れずにセリフ入れとけよ・・・。 
 しょっぱい実装やなあ。

« 【ME:A】タ! | トップページ | 【ME:A】大家族かよ! »

Mass Effect: Andromeda」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2179693/70321952

この記事へのトラックバック一覧です: 【ME:A】ティーンエイジ・ブルース:

« 【ME:A】タ! | トップページ | 【ME:A】大家族かよ! »

ウェブページ

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31