フォト
無料ブログはココログ

« 【ME:A】起伏に富んだ地形、平坦な会話。 | トップページ | 【ME:A】本日の一言。 »

2017年4月 2日 (日)

【ME:A】起伏に富んだ地形、平坦な会話。(2)

 操作を間違ってマルチプレイに飛び込んでしまった。ぼーっと突っ立ってても勝てるNarrativeモードしか知らないので、ばっつんばっつん弾丸をくらい、がっつんがっつん牙と爪をもらい、うかうかしてるうちに落下死して、チームも全滅してしまいましたが、いや面白い。
 マシンパワー的にも、そこまでヘクシングでもない。PS4とかとクロス・プラットフォームなんでしょうから、あたしのグラボでも快適さにはあまり影響ないようです。
 あやしげな 繁体字の名前のついたクローガンとチームでしたが、パシフィック・リム的には盛り上がっているんですかねー。
 
 ただし、あたしは島国を除く世界中からフラゲされた分を取り返すため、今日もNarrativeシングルプレイに邁進する。
 
 前回記事には、まだ続きがあったのです。ところが最後のほうの写真で、本来ツッコミのセリフをしゃべってるコーラが映っているべきところに某アサリが見切れてる。その顔を見てたら無性に腹が立ってきたので、そこで切った。
 あたしのグラボが表現力不足なのか、それとも最後に「ポリッシュ」したのか、オフィシャル・トレイラーのふざけんなくらいとんでもない不細工顔からは幾分ましになっていますが、今度はセリフに腹が立つ(笑)。
 

7718
 できれば避けたかった、出会いのシーン。

 トレイラーの「不愉快な不細工」から、「ただの不細工」になっていてちょっと安心。 

7719
 「早くパスファインダーやれよ」

 ・・・、間違ったふりして撃ったらまずいだろうか。

7723
 トレイラーにもありました。底の見えない竪坑。

7720
 一回目、意味が分からず見逃したびっくり・マーク。

 アサリに先を越されたのがあまりに悔しく、わざわざリロードしてやり直した。

7721
 てめえ、何先に飛び降りようとしてんだよ!

 こいつ、ひとりでヘラヘラ笑ってやがるのまでわかる。
 フェイシャル・アニメーションうまくいってるぢゃん!(そうゆうとこだけかよ) 

7722
 パスファインダーは・・・。

7731
 こっちやねん!

7724
 あ!

 ザマアミロ(笑) 

7728
 待てこら!

7729
 このシークエンス。

7730
 紙芝居だと、最低8枚必ず必要。

7726
 ちょ、みんな・・・。

7727
 まぢ?

7725
 ま、何事もないから、サイファイ。

7733
 スキャニングはわりと面白い。

 ただし徒労に終わる場面も多い。

7734
「お前、ホラー映画あんまり観たことないだろ?」

 二手に分かれて、自分だけ別ルートを行くというアサリに、このセリフ。
 これもシャビーだなあ。

 せめて「映画じゃ、一人はぐれた方が必ずおっかない目に遭うぞ」くらい言ってほしかった。
 と言っても、このあとアサリがどうなるか、ストーリーを追うのが本題ではない。

 テンペストに帰還してからも。

7735
 あー、はいはい、自己紹介? 君の事よく知りたい?
 そんでもって、こいつ何が望みかって決めつけるんでしょ?

 RPGのお約束ネタも、こいつが言うと腹が立つ(笑)。

7738
「そうねえ、ハイティアナの田舎にある山小屋で、素朴だけど愛すべき両親のもとに生まれ、ぐうぐう・・・」

 殴っていいかな?

7739
「お前みたいに、のらりくらりと答えをはぐらかされたのは初めてだ」

7740
「やった!一等賞!」

 何が面白いのか、だれか教えていただけませんでしょうか?

 だんだん、本当に不愉快になってきたので、ローヤリティ・ミッションの取り掛かりまでずうっととばします。
 とある惑星で、アサリの望みのものを手に入れたあと、ネクサスの自室まで来るようにと誘われる。

 コーラとのエッ・・・、あっちもまだ進んでいないのにいいのか、スコット?

7705
 「据え膳食わぬは何とやら」ってアサリ汁は関係ない。

 怖いもの見たさもあって、言われるままにやってまいりました。

7706
 ちょ、まぢ怖い!

7707_2
 ちょっと、あんたいったい何を期待してたんだよ?

 ギャラクティック・3P?
 ギャラクティック・3Pのピーピー・パーティー?

 ただのレムナントVIだった。おまけにスコットもひとついただくことになった。  

 テンペストに戻ってから、もう噂は船内に広まっている。 

7697
「ピービーと? まぢ?」

7698
「気に入るのと、あれとはちが・・・」

7699
「ま、わたしには関係ないけど。大事なものなくしたりしないでよ」

 うわーん、ロマンスとまったのかなああ。

 ミランダみたいに、ブーツのつま先で向こう脛でも手ひどく蹴っていただければ、お怒りなことが身に染みてわかるのにい。
 ジャックみたいに、いきなり後ろから首絞められて、頸動脈にかみつかれたら嫌でもわかるのにい。
 リアラみたいに、全身バイオティック・オーラのツンツン・モードに入ってくれれば、すぐわかるのにい。

 コーラてば、人間ができすぎだよお。
 そのぶん、せっかくの噂話も盛り上がらないというわけですかね。

 つうか、上記五人(ニアサリ含む)、全員バイオティックかあ。
 やっぱ、女は怖い、ぢゃない、バイオティックは怖い。  

« 【ME:A】起伏に富んだ地形、平坦な会話。 | トップページ | 【ME:A】本日の一言。 »

Mass Effect: Andromeda」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2179693/70129448

この記事へのトラックバック一覧です: 【ME:A】起伏に富んだ地形、平坦な会話。(2):

« 【ME:A】起伏に富んだ地形、平坦な会話。 | トップページ | 【ME:A】本日の一言。 »