フォト
無料ブログはココログ

« 99.5% | トップページ | さあ今日は、久しぶりににこにこするぞ。 »

2017年3月14日 (火)

97点。

 「ME:Aはライヴァルの『ゴースト・レコン』(まだやっとんのかい)の78点に勝ったのかなー」と思い、metacriticのゲーム・スコアを覗くのが楽しみな日課になっています。
 
 まあ、最悪オブシディアンの「アルファ・プロトコル」(72点、2010)には勝つでしょー。つかセガ・アメリカに金輪際愛想つかされた、あれに勝たないと困る。ちなみに、BioWareのメタクリ歴代最高得点は、Mass Effect 2(X360、2010)の96点。DLCなどスコアに「おまけディスカウント」食らってるものを除いた最低得点は、Dragon Age II(X360、2011)の79点。
 
 なお、あたしは弱小サイトの寝言もミソもなんとかも一緒くたにされた「平均」スコアにはほとんど重きを置いていないし、ユーザーの「平均」スコアは一切無視します。だってそいつらプレイしてない奴多いから。
 やはり、業界内のステータスも確立し、そこにのぼり詰め、家族・パートナーとの生活もかかっている、下手うって路頭に迷うわけにはいかない、編集長、デスク、同僚の「ちょ、おま、ほんとにその評価でいいんだな?」とチェック(懐柔?恫喝?)もはいる、「大人」のレヴュアーのものしか読まないし、信頼しない。
 
 例えば映画なんかのレヴュー・スコアに臨むときと、あたしの態度は大きく違います。「映画」を観ないでスコアつけるやつは(よっぽど政治的な意味合いでもなければ)あまりいない。劇場に足を運ばないとしても、たかだか2時間。やっぱBD/DVDかオンデマンドで観てから点数つけるでしょ。あとヴィデオ・ゲームに比べると桁違いにポピュラーなメディアなので、投票母数も大きいですからね。
 とはいえ、imdbにしろtomatoにしろ、ネットで投票する以上、傾向は「スキュー・トゥー・オタク」、オタク票で多少偏っているのは否めないけど、ゲームなんかと比べると希釈度は全然違う。
 
 映画のレヴューも(時間がないことを主因に)大手のものしか読まないが、奴ら日常的に同業者との横の連携取ってます。意見集約・意思決定の世界でいう「デルファイ方式」ではないが、その語り合いの中で、とがった評価はトーンダウンしてコンサヴァになる場合が多い。映画はもちろん業界試写会がある世界なので、むしろ業界人の意見の交換は推奨されている。
 一方、ヴィデオゲームのレヴュアーは、パブリッシャーといちいち守秘義務契約を結んでいるはず。こっそり同業者と連絡とっていることはあるかもしれないが、あからさまにはやってはいけないしきたりのはずだ。その点でもスコアをほぼ一斉に公開する大手と違い、それらを眺めてから後出しジャンケンやってる零細サイトの信憑は低い。
 
 デルファイ方式にも使いどころの向き不向きがあるし(政治家が政策を決めるのには役立つだろうが、科学的な発明は無理)、コンサヴァだからよい、などというつもりはなく、「僕の考えたさいきょーのゲーム」の「僕」みたいな、中二病が書いたようなエキセントリックなものが「イヤ」と言っているだけだ。エキセントリックな映画をエキセントリックな文章で表現する必然性は必ずしもないのだし、「僕」たちのレヴューの文章が(英文だが)そもそも稚拙で、教養もなく、イラつくものが多い。
 
 連続ものの「ドラマ」だと話は違って、全エピソード何十時間もお付き合いしてからスコアをつける人のほうが稀でしょう。映画以上に、オタク票で大きく左右されるから、割引して参照しないといけないと思っている。
 
 (小説のレヴューに関しては、これまた違う態度で臨むのだが、詳しく書くと長くなるので割愛する。一言で言えば、Amazonレヴューでもで散見される、筒井先生の言うところの「同人ゴロ」、自分のほうが書き手・翻訳者として優れていると勝手に思い込んで(実際書いたり訳したりしてないのが多いだろうが)、世間で評判のいい著者への激しい嫉妬だけに衝き動かされた輩の、怨嗟と呪詛と嘲りに満ちたものを排除する。他は長いのも短いのも結構読んでますよ)
 
 よってゲームでも映画・ドラマでも、参照するものは、どうしてもコンサヴァな評価が中心になるのは否めないが、しょせん100点満点の(他タイトルとの序列を考えた)相対評価方式だ。
 どちらかといえば、自分の予想値との乖離(の大小)について、それが小さい場合に「そうでしょそうでしょ」、大きい場合に「え、なんで?」という心構えで読み始めるのが実情。
 
 スコアとか、レヴューとか、点数とかいうと、すぐ舞い上がったり、狼狽えたり、目くじらたてたりするバカが多いので(島国に限らない)、お断りというか前置きが長くなりました。
 
 先日は、NieRが90点の高得点(今見たら89点)を叩き出しているのを発見し、PS4ファンボーイ向けサイトの果てしないお手盛りを一切無視しても、メジャーサイトも高く評価しているんだあ、と驚いたところでした。プレイしたい和製ゲーのリストに追加済み。
 
 昨日も、ME:Aどんなんかなあー、と覗いてみたら、90以上のサイトの「平均」で「ゼルダ」が97点!
 しかもしかも、GameSpotが100点、IGNが100点、Game Informerも事前に情報をてんこ盛りでいただいて機嫌がよかったのか100点。三大サイトがフルマーク。
 
 あかん、Switch買わな!(お前が舞い上がって、狼狽えてどうする!)
 あわててAmazonのサイトにとんだら、転売屋さんたちがぞろりと並んで「こんにちわー!」
 誰かこいつらニュークで丸ごと吹き飛ばせ。北朝のあれに依頼しろ。報酬はあれ専用Switch特別仕様、「ゼルダ」つき。
 
 いやむしろおかげで衝動買いに急ブレーキがかかった。いかんいかん、この期に及んでビッグNのマシンまで買ってしまったら、間違いなく人生終わる。破綻する。
 んー、ま、WiiUと違って、Switchにはここしばらく「ゼルダ」しか遊ぶものがないだろうから、多少のダメージ・コントロールは効くかなあ。
 ともかく、マシンの次のロット再入荷、「ゼルダ」のほとぼりが一通り醒めるまで待ってもバチは当たるまい。
 
 さあ、あちらのビッグNファンボーイのお友達は、まだ桜も咲いていないというのに「今年のGOTYは決まり!」と、もう気が早い。
 一方、アメリカン・カウボーイのあんちゃんたちは、「牛のうんち! 聖なるうんち! てめえら、うるせえ、うんこ! 六連発ファンファイアでなぎ倒してやるぜ、今年のGOTYはRDR2で決まりだぜ!」と、まだ出てもいない愛国者用ゲームが一押しのようだ。まー、ファンボーイの僕たちってば、微笑ましいですねー。RDR2完成のあかつきには、Rockstarがルーチンの大量レイオフするに決まってるのにねえ。
 個人的には(プレイもしていないうちからわかるのかと言われればそれまでだが、オスカーも、日本アカデミーも、GOTYも、コンテンツ内容と受賞は一切関係ないです)、おそらく暮れに出るだろうRDR2ががぜん有利だと思いますけどねえ。ペイトリオッツのアメリカになったんだしー。アメリカ・ファースト!
 
 てことで、困ったねBioWare/EA(笑)。GOTYエディッションで儲けることできないねー。
 

« 99.5% | トップページ | さあ今日は、久しぶりににこにこするぞ。 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2179693/69917723

この記事へのトラックバック一覧です: 97点。:

« 99.5% | トップページ | さあ今日は、久しぶりににこにこするぞ。 »

ウェブページ

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31