フォト
無料ブログはココログ

« 今年の十大ニュース。 | トップページ | Man on the Silver Mountain(それ違う »

2016年12月26日 (月)

パンがなければ、ケーキを以下略

 なんだよ、今年最後のミッション終わったかと思ってたら、国会閉会直後に今度はハワイかよ!(誰だよ!
 勘弁してよ、以前の出張の代休もまだ消化してないよ。
 しかも大自然の見どころ満載ハワイ島じゃなくて、オアフ島ですか。真珠湾以外見るところあるんかい(そこに行くんだろ)。

 あたしにとって、「リメンバー『パールハーバー』」は、マイケル・ベイに対する一生抜きがたい不信と嫌悪を意味するフレーズですが。あんな映画しか観てない島国のあんちゃんたちが、カンペキ洗脳されてるのもわかる。
 と言っても「トラ! トラ! トラ!」じゃ、いや道頓堀関係ない、もう何の映画かわかんなくなっちゃったんだろうなあ。アルフレッド・べスター作品の映画化じゃないからね。って「ゴーレム^100」じゃなくて。「虎よ、虎よ!」だよ。(誰もわからんネタを無駄に振るのが楽しみなんでしょ?)
 
 今年の十大ニュース、「十個ないやんけ!」というトラップに誰も引っかかってくれなかった、というか検索エンジン以外、生身の人ほとんど誰も読んでいないんだろうなあと思いつつ、大事なものを忘れていたことに気が付きました。「真4F」(3DS)も2016年2月リリースだったんですよ、と公式ツイートが記憶を呼び覚ましてくれた。開発チーム違うとはいえアトラスもの。P5の評判が良くて、上からべったり塗りつぶされちゃいましたけど、真4Fもなかなかの出来栄えでした。あたしは二周ばかり楽しませていただきましたよ。

 年末年始遊ぶゲームねえなあ(いや、やり掛けのあるだろ、たくさん!)、何すっぺと思い、PS4のリリース作品をつらつら眺めていたら、目に留まってしまったのがDQスピンオフ作品群。正確にはそれらの「体験版」。以下ヒーローズ、ビルダーズ、ヒーローズIIはDQH、DQB、DQH2と表記させていただく。
 ちなみに、取り敢えずPS4にダウンロードしてあるFFホストの体験版は、がきんちょが森の中で鳥(だったかな?)を追いかけるほうはやってみたが、ホストクラブのほうは手もつけていない。

 「堀井さん、三年おきくらいにDQ新作作ってくれないと、あたし死んじゃう!」、「(Xが)オンラインじゃ遊べないじゃない、あたしを殺す気!」と文句を言っていた淡路 恵子さんも(DQXも結局プレイされたのかな)、別段そのせいではないでしょうが他界されましたが(合掌)、あたしはIX、いやさVIIIあたりから、堀井節は「正直もういいか」と思っていた口です。
 もちろん3DS版リメイクは一通りプレイしておりますが、余計なコンテンツが追加されているのはまったく気にならないとしても、「どれも過去いっぺんやってるしなあ」と考えると大して楽しめるはずもないのでした。オリジナルを知らない人向けなんだから文句言っても仕方ない。

 DQH2体験版(Vita)から手をつけてみて、「なにこれ無双じゃん!」と思って作品概要を調べてみると、スクエニ曰く「無双ではない」そうだ。これのどこが「無双」と違うんだよ。つっても不肖あたくし、「無双」をプレイしたことなど、もちろんただの一度もないのだが。ヌーブにも優しい「かんたん設定」あるから、あたしのようなおっさんでもサクサク進めるという甘言にまんまと乗ってしまい、体験版のラストまで誘導されてしまいました。買いたい。

 DQB体験版(PS4)を次に開いてみて、「なにこれマイクラじゃん!」と思って作品概要を調べてみると、スクエニ曰く「マイクラではない」そうだ。これのどこが「マイクラ」と違うんだよ。つっても不肖あたくし、「マイクラ」をプレイしたことなど、もちろんただの一度もないのだが。「ガキもジジイも安心設計」だから、あたしのようなおっさんでもサクサク進めるという甘言にまんまと乗ってしまい、体験版のラストまで誘導されてしまいました。買いたい。

 でもでも、これでも腐っても血液型A型。シリーズ最初のDQHを後回しにして、続編のDQH2から先にプレイするなど、この融通性に乏しい、物事はひとつづつ順番に片付けないと先に進めないシリアル思考、あいまいな男はダメ、白黒はっきりカタをつけてよ(そこ関係ない)、なあたしの血が許さない。と思ってDQH体験版(PS4)もプレイした。おお続編にはあったフィールドがなかったのね、前作の成功に味をしめて続編は拡張設定、よくあるパターンです。Diabloですか。買いたい。
 
 DQH2以外はだいぶお安くなっているので、ずいぶん以前の作品かと思ったら、リリースからまだ二年経ってない。これはまとめ買いだろう、メリー・クリスマス、と思ったのですが、問題はプラットフォームである。

 DQHはPS3/PS4なんで後者一択で悩まない。DQH2はPS3/PS4/Vitaとあるが、体験版をVitaで寝っころがってやっても特に問題なかったんでそれかな。同じく三プラットフォームあるDQBが悩みましたね。これもPS4で体験版やっちまったんですが、やはり大画面で細部まで見渡せると相当快適な気がする。おっさんの衰えはじめた視力では、Vitaの(初期型でも新型でも)小さな画面ではちょっと怖い。これはPS4にしてしまおう。
 
 で、PSNで三つとも購入し、それぞれダウンロードを始めたわけですが、自宅の無線LANがいまいちプアなせいもあるのか、DQH2(Vita)の時間がかかりまくり。仕方がないので早めにダウンロード終わった他の二作品(PS4)でもいじっておこうと思ったのですが、なんといずれも体験版からのセーヴデーター引き継ぎってできないんですね。どっちも結構長時間プレイしたぞ・・・。

 ショックのあまり、体験版からデーターを引き継げる仕様がどこかにあるのではないかと公式HPを探しまわっていると、それは発見できなかったが、なんとDQH2には他の二作品をプレイした人だけに特典が用意されていることがわかった。
 どうせしょぼくれた特典なのはわかっていても、知ってしまうと欲しくなるのが人情じゃあござんせんかい。ほらみろ、融通のきかないA型とか言って、シリアル思考のほうがやっぱ得するじゃないか!(誰に言ってるの?)

 説明書きを読めば、DQHはセーヴファイルが一個あれば事足りる。いきなりプレイをスタートして(すでに体験版で冒頭部分は知っている)最初のセーヴポイントまで猛ダッシュしてセーヴ。特典ゲット。
 難物はDQB。PS4同志ならDQHと同じ手が使えるようだが、PS4/Vitaとプラットフォーム違いなので、DQBのストーリーモードを、オンライン環境のある場所(フリーなんとか島)まで進めなければならないようだ。

 しかしどこまでプレイを進めても、一向にそのフリーなんとかには行きつかない。心配になって調べると、到着する条件は「ストーリーモード第一章をクリアすること」だそうだ。その意味するところは、最初に訪れる街の復興をコンプしなければならない。

 茫然としてコントローラーを取り落した。それってものすごく先のお話ではないですか・・・。クリアだけなら短時間で可能であることが後からわかりましたが、いたいけな新参者のあたしには、何かの修行のような辛さに思われた。
 とはいえ、一旦始めたことの方針変更とかありえない融通のきかない血。必死にDQB第一章をクリアまで進め、無事フリーなんとかに到着して速攻セーヴ。DQH2でわずか数時間プレイしかもたない性能であることが後に判明する、たった一個の武器をようやくゲットすることができたのだった。

 DQBストーリーモードにはトロフィーに関連する「チャレンジ」なる項目があり、そのコンプには短時間クリアが求められる。最低限の条件だけ満足して進めることが必須なので、本来一周じっくりプレイした人が二周目に挑むものであることは間違いないが、その存在を知ってしまった以上、第二章は一周目からやって観たくなるのが人情ってもんじゃねえですかい。
 
 結果。手戻り、勘違い・見当違いなどで、じっくりプレイしたときと変わらない(リアルの)時間を費し、そのくせゲーム内時間のタイマーに追われて膨大なストレスを溜める羽目に・・・。
 畑に植える小麦がどこにも見つからねえんだよっ! それがねえと、病人に食わせるパンもできねえんだよっ!
 このままでは、病院の患者が皆死んでしまう!(それはないけど、短時間クリアは無理だな)
 結局、攻略本を至急取り寄せることになってしまった。

 つうことで、挫折と絶望とストレスに満ちた、充実した年末年始を過ごせそうな気がします。

« 今年の十大ニュース。 | トップページ | Man on the Silver Mountain(それ違う »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

V様スクエニにすごい献金してる(笑
私も年末年始にやるゲームがありません。さすがのSWTORも5.0がきて
「Not like this.」。駄目になった男に見切りをつけることにしました…。
ひまつぶしで始めたESO日本語版がまあそこそこ面白いのであと1か月くらいはそれで遊んで、そのあとは旦那が半額セールで買ったダクソ3をぼちぼちやろうかなあな感じでございます。
DQは7あたりからまったくやってないんですけど、XIはホストゲーよりは遊べそうなので買ってもいいかなあ。あ、その前にME:Aがくるかしら!?

 「これじゃない」がどうして英語?
 スクエニというか、一銭も差し上げたくなかった、シブサワコウにまでお布施しちゃってますけどね。体験版でコーエーツクモのでかいロゴを見ながら、三秒くらい悩みました。姉もちょっとキライ。
 ダクソ(笑)。略すと最悪な名前になっちゃいますね。それだとコーエーツクモは、コーモ(やめなさいっ!)

 淡路さんの代わりというわけではないが、あたしもXIはみてみたい。堀井さんが何歳になっても、真顔で「ぱふぱふする?」とか「ぼくは悪いスライムぢゃないよ!」とか書いてるのを冷めた目で確認したい。

ドラゴンクエスト ビルダーズ?
プロテインを捜し求めて飲んで、がんがんトレーニングして、むきむきマッチョになる、わけじゃないんですよね…。

マイクラはやったことありますが、DQBとは似て非なるものですね。
確かに採取やアクションなどの基本部分は似てますが、向かう方向が全く違うんじゃないかな。

マイクラは、「XXをしなさい」というものが提供されないんですよ。
続けるも止めるも、マイペースでOK。
ひたすら掘ってダンジョン探検するもよし、自分のこだわりの建物を目指して建てるもよし、動物のブリーダーになるのもよし、とにかくプレーヤー次第で自由。
ゲームの中で自分で考え、自分で判断して、自分に合った楽しみを発見できた時が楽しいんですけどねぇ。

ん~、今度の年末年始は10年ぶりくらいにゲーム無しで、読書に励んでみようかと思ってましたが。

 似ているじゃなくて、DQBがコンセプトをパクったんでしょうね。
 それこそ「フリーなんとか」は、行動を何一つ指図されないヴァージョンですから。
 DQBも有名ブランドつきじゃなければ、もちろん手は出さなかったでしょう。ストーリーのほうは無理に作りこみすぎてるきらいはあって、もうちょいルーズでよかったんじゃないかと思いますけど。
 
 「何をするのも自由」の時点で「ゲーム」じゃなく、レゴとおんなじクラフティングだから興味わかないし。Fallout4のDLCも影響受けまくってるようですけど、手をつけてもいない。 
 「何でも自由」であるべき、と主張している時点で立派なイデオロギー(アイデオロジー)ですから、時流にあってんでしょうね。でもそれが、まず自分たちの思考や行動の「自由」を束縛する。次に自分の「自由」を実現するために、他者の自由を束縛しようとする。
 正直、マイクラみたいなのを見たとき、「ああ、自由主義者好きそうなの来たな」と思って最初から三舎を避け、敬して遠ざけました。それ以前に、あれ絵づらが汚いし。(自由主義では、バービーもブスになる自由を要求する!) 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2179693/68997657

この記事へのトラックバック一覧です: パンがなければ、ケーキを以下略:

« 今年の十大ニュース。 | トップページ | Man on the Silver Mountain(それ違う »