フォト
無料ブログはココログ

« The Grasshopper Lies Heavy | トップページ | Fujiyama、Geisha、Harakiri »

2016年12月30日 (金)

Origami Unicorn

 なんだよ、もう一回選挙に出たらぜったい勝てたって言ったのが、そんなに悪いかよ!
 あんなオレンジヘアーの阿呆に負けたのは、どこのどいつだよ?! ああ、おれにも負けたあいつか。
 八年かけてやったこと、全部ひっくり返されちゃうよー。でも三選禁止だからなあ。悔しいなあ。 (誰だよ! って今回はインパクト薄いなあ。
 
 あのロシアのタフガイ気取りの野郎なんて、自分で大統領任期を延長しようとしてるじゃねえか。島国のあれだって、党規約を勝手に変更して任期延長狙ってるし、大陸のあれに至っては、終身主席やるつもりじゃないのか。マオの再来のつもりか。ずるいなあ、きたねえなあ、うらやましいなあ。でも、こちとら議会でぼろ負けだから、憲法修正なんてゼッタイできなかったしなあ。 
 まあでも、なんだか知らんけど、スピーチ一発かましただけでノーベル平和賞もろたし、島国のあれ騙くらかして、ヒロシマ訪問のお返しにオアフ島訪問させたし、そういうのだけは、どう頑張ってもひっくり返されることはないから、我慢するかあ。
 
 あんまり早く大統領になっちまったもんだから、五十五歳で引退かあ。働き盛りなのに、講演会だけで生活するのも暇だなあ、これ以上金溜めてもしかたないし、ミシェルも娘たちも相手してくれんだろうし、やってられんなあ。ルーズベルトみたいに、任期中に派手な戦争おっぱじめとけば、三期も許されたのになあ、悔しいなあ。
 
 いやいや、ヒロシマの折り鶴ではありませんよ。もちろん「高い城の男」に登場する一角獣のほうです。そしてご存じ、映画「ブレードランナー」に引っ掛けた楽屋落ちでもありますね。まあ、折り紙もまた、やっぱり半島オリジナルだそうですけど。(スキヤキもそうだっけ?)
 
 スキヤキ・ソング、個人的には恥ずかしく、ほんとうにやめてほしかった。しかも物語設定は1962年なのに、あの歌がビルボード・トップになったのって1963年ではないの?(調べると欧州で1962年にヒットして、それからUSに上陸したんだそうだ。歴史改変ものですから、多少の誤差や変動は許されるということかな) 
 
 島国の陽音階(五音音階)って、それをインプリンティング(刷り込み)されているあたしらには、何の変哲もなく聴こえるんでしょうけど、当時まったく知らなかったあちらの人たちには、きっと斬新だったんでしょうね。ちょうどあたしらがかつて、流行し始めた琉球音階をエキゾチックと感じたようなものかしら。
 
 ドラマのほうは、やっぱあれなんですね。メインストリーム(主流)のヴィデオゲームとおんなじで、「フロント・ヘヴィー」(って巨乳のことぢゃないよ)。エピソード1(ゲーム劈頭)であらゆる手札(予算の大部分を投じたコンテンツ)を放出する手法。しょっぱなで視聴者(プレイヤー)を食いつかせないと、もちろんその後は全く観なく(プレイしなく)なるわけですから、正しいっちゃ正しいんだけど、その分、エピソード2以降が目に見えて薄くなってくる。
 
 本作もご多聞にもれず、ふつうのサスペンス風味メロドラマになってくるんでしょうね。
 TVドラマではないAmazonオリジナル作品とはいえ、やはり複数シーズン続けることを念頭に置いて制作しているのでしょうから、予算制約上、コンテンツはできるだけ薄く長く引き伸ばすという作戦にならざるを得ないのでしょう。 
 
 原作サイファイのような怪しげな雰囲気もなく(むしろ大島国帝国の登場する場面だけが不気味なくらいエキゾチック)、それこそノンケの方にも受けるように、誰もが空想する普通の「レジスタンス(抵抗活動)もの」になってしまった。そこがちょいと残念。
 
 先の大戦中、ナチス占領下仏国に住んでいたフレンチが、地下レジスタンス活動で大活躍したみたいな印象を受けている人は多いと思います。ちなみに、このドラマもその影響を受けているのですが、あれはヴィシー傀儡政権下でなーんにもしなかったフレンチが、あんまり恥ずかしいから、後からばらまいた捏造コンテンツですね。本当にレジスタンス活動にいそしんでいたのはごくわずかで、ナチスの占領は、実際なんの影響も受けていない。
 
 ヴィシー政権なんぞは、ユダヤ人狩りにだって協力してんですからね。
 もちろん、少数の自由フランス軍が、英(加豪などコモンウェルス含む)、米、ポーランド軍とともに、ノルマンディー上陸作戦に参加した事実はありますけど、それも亡命政府のドゴールが、勝ち馬に乗って戦後のわけ前、具体的にはインドシナ植民地での復権を主張したかったから。
 むしろナチス占領下のロシア他旧ソヴィエト領内のパルチザン活動のほうが、ずっと占領者を苦しめることになりました。
 戦勝国だといってデカイつらしてるのは、なにも大陸国(こっちも捏造ですが)だけではないのです。
 
 さあて、そろそろ年越し飲み歩き会の二日酔いから醒めてきましたので、エピソード3の続きでも見ますか。(て、観たのまだそんだけ?!
 

« The Grasshopper Lies Heavy | トップページ | Fujiyama、Geisha、Harakiri »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2179693/69035425

この記事へのトラックバック一覧です: Origami Unicorn:

« The Grasshopper Lies Heavy | トップページ | Fujiyama、Geisha、Harakiri »