フォト
無料ブログはココログ

« Come on, Big N. Fly! (カモーン、ビッグN、フライ!) | トップページ | GIって発行部数全米4位ですって、知ってた? »

2016年12月11日 (日)

【ME:A】マック・ウォルタース、同じことを何度も言う。

 GIのマック・ウォルタース・インタヴュー。スカイプなんで聴きづらいかと思ったが、まあまあクリアに聴き取れるんですね。
 
http://www.gameinformer.com/b/podcasts/archive/2016/12/09/answering-mass-effect-andromedas-lingering-questions.aspx
 
 
 ところが、内容は・・・。40分も時間があるのに、ほとんど周知のことばかり。目新しいのは、ライダー(主人公)の年齢がニ十歳代(mid 20's)くらいかなあ。それだって、以前の作品に比べて"youthful"なトーンになると言っていたから、予想はつきましたよね。
 
 それにしても、"you know"が多すぎる。100回以上言ってないか。
 "lingering questions"って、普通に考えれば、「長時間にわたる質疑」ですけど、「だらだら、ぐずぐず、ためらいながらの質疑」という意味かと思っちゃいました。
 
 驚いたのは、BioWareのDAIとの比較を尋ねる質問が圧倒的に多かったこと。ファンの質問を選んでいるのは当然GIですから、その方針のせいだったのかもしれません。
 
 あたしが、ME:AをDAIとばかり比べているのは、実は一種の「ジョーク」だったんですけど(以前のゲームのこと、いつまで言ってんの?!的な)、あちらのファンも、超シリアスに同じ質問してんですね?
 マップ(レヴェル)はDAIより広いですか? DAIのようにマップの切り替えに時間がかかりますか? DAIのコントロール(コントローラー仕様に引きずられたマウス・キーボードの使いにくさ)は改善されますか? DAIみたいに、取って付けたような薄味のクエストとか、やめてもらえませんか? 
 
 主人公の年齢以外ですと、来年春に出版されるというME:Aのプリクエル小説、"Nexus Uprising"に関する話題が多少新しいかもしれません。 
 でも、これだって言ってることは、今まで出ている情報から大方予想できていたことですからねえ。"Uprising"、「暴動」は誰が、どんな理由で起こすのか、その結果、アンドロメダ移住計画にどのような影響を及ぼすのか。
 これまでの情報(GIの特集ページにだいたい載っている)を勘案すれば、薄々わかってしまうと思います。
 
  あとは、ウォルタースが大学生時代に「オデッセイ」("Odyssey")を何度か読み直した、というのが新事実かなあ。でもあれは「放浪と帰還」の物語ですしね。シェークスピアの「テンペスト」("The Tempest")だって遭難と救出のお話ですし、「ハイペリオン」(Hyperion)はギリシャ(グリース)神話の天体運行の神という意味でしかなさそうだし。(「オデッセイ」に登場するハイペリオンは、ヘリオス(太陽の神)のことでもあったそうだ)
 
 やっぱ、ME:Aのモデルは、「大航海時代」、新大陸発見と開拓時代、USなら西漸運動ということになるんではないのかな。結局、あちらではそのネタが一番売れるんでしょうし。USで売れなかったら、売り上げテンミリオンなんて逆立ちしてもゼッタイ行きませんし。
 映画"Avatar"にはしないと語っていましたが、「ポカホンタス」にはなるんじゃないんですかねえ?
 ちなみに、ウォルタースはあくまでオリジナルの"Star Wars"ファンであるようです。"Star Trek"(TVシリーズのほう)の話題にはピクリとも反応しなかったので、ホッとしました。MEがあんなんされたら、あたしは泣きます。いまだにあれの何が面白いのかわからんし、サイファイですらないと思ってますんで。

« Come on, Big N. Fly! (カモーン、ビッグN、フライ!) | トップページ | GIって発行部数全米4位ですって、知ってた? »

Mass Effect: Andromeda」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

マップの大きさの話でNOMADが200km/h以上で走るから、広さはだいたい想像つくだろう?サイエンスだよサイエンス、とか言ってましたけど、リアルにサイエンスにしたら端まで何時間もかかるマップになっちゃうんですけど、どういうつもりなんだろう…

ワシは一つの星をいくつかのエリアに分けてシームレスに行き来できるようにするんじゃないかと予想しています。同じ星でもエリアによってハザードだったり生態系だったり辺りの様子が一変する(WoWっぽい)。だから昼夜の概念がない(言っていたような気が)のかなと。一周できる完全なオープンなのかなあ、そこは分かりません。その方がいいのかどうかも含めて

 DAIとの比較の文脈でしたね。競馬(サラブレッド)で最終コーナーからの疾走(襲足、ギャロップ)が時速60キロ。もってせいぜい数十秒。通常時(速足、トロット)は時速12キロ程度。ヒトのジョグと変わらない。駆足(キャンター)でマラソンランナー並みの時速20キロ。
 ノーマッドがレーシングカー並みのスピード(時速200キロ)で走るんだったら、ジョークで予想したとおりウエスタン・アプローチなにそれ的な「わけわからんくらいものすごく広い」マップになりますよね。サイエンスちゅうか、小学生の算数の世界なんすけど。オープンワールドはできたら素晴らしいけど、ハンドリングできんでしょう・・・。でも、昔のパリダカ・ラリー程度の疾走感はあると嬉しいですね。

 ウォルタースの出自(大学の専攻とか)が気になるのは、そういうところなんです。しかも上の話は地球と同じサイズ、同じ重力、かつ地形も「地球型」の惑星が前提。棲んでいるのも、結局脊髄動物。(海中・水中での活動もあるかもなんで、注意深く「羊膜類」とは言わんでおきます)
 アンドロメダの惑星群も、地球と同じようにプレートテクニクス(マントル活動)が支配しているんでしょうか? 雪原、沙漠、荒野、高山、森林、密林、草原、湿原、河川、海洋(島嶼、港湾)。DAIやTESならファンタジー世界の定番地形で済むんですけど、これサイファイですから。Civilizationのランダマイズ生成の地球と同じじゃ情けないです。
 
 ま、結局はアクションゲームですから「脊髄動物じゃないと戦えないだろ、だったら主人公ハナ(Hanar)にするか?!」とか言うんでしょうね。「人類の新しい棲み処を探す」んだから、「惑星は『地球型』じゃねえと困るんだよ!」とか言うのでしょう。もちろん三部作もそうだったから、それでいいけど、だったら「サイエンス」とかいうのお願いだからやめて。 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2179693/68792351

この記事へのトラックバック一覧です: 【ME:A】マック・ウォルタース、同じことを何度も言う。:

« Come on, Big N. Fly! (カモーン、ビッグN、フライ!) | トップページ | GIって発行部数全米4位ですって、知ってた? »