フォト
無料ブログはココログ

« パンがなければ、ケーキを以下略 | トップページ | The Grasshopper Lies Heavy »

2016年12月27日 (火)

Man on the Silver Mountain(それ違う

 ロニー・ジェイムス・ディオの「銀嶺の覇者」じゃない、フィリップ・K・ディック原作の「高い城の男」(The Man in the High Castle)。
 
 Netflixにはまっている職場の人から、「ブラックリスト」なる洋ドラを薦められた。
 きっとあたしの趣味に合うだろうというので検索してみると、残念ながらAmazonでは第一話のみ無料。Netflixまで課金するのはないわあ。
 
 「ま、一話観てみて気に入ったら、例によってAmazon.comから英語版BD/DVDを全シーズンまとめ買いしちまいましょうかね」と一応礼儀正しくお返ししたが(外面はめっちゃいい血液型A型の本領発揮)、悪いが鑑賞する時間はしばらくきっとない(内面は180度まるで違うのも以下同文)。
 
 だが、その「ブラックリスト」なるものをチェックする過程で、Amazonオリジナル・コンテンツである「高い城の男」が、ようやく今頃配信開始されていることを知った。連日無駄なメール送ってくるんだったら、そういう大事なこと伝えてこいや、Amazon(島国)! 過去メールをチェックしてみると、24日にもプライム映画のメールが来ていたが、「高い城の男」はない。何を考えてるんだろう。マーケはどいつもこいつもバカの集まり? やっぱブードゥーと大差ないのか。
 
 だいたい、この作品があちら(US)で配信されているからこそ、Netflixなどではなく、Amazonプライムに課金したのだ。どんだけ待たせてくれんだと思っていた、というのも嘘で、だいぶ前からすっかり忘れていた。
 
 まあ、定額課金で対象書籍読み放題とか謳っていたUnlimitedも、サーヴィス開始早々に講談社ともめまくって、同社の全作品をサクッとひっこめたAmazonのことだから、この作品だって無料(プライム)からいつ引っ込めるかわかったもんではない。例えば、ガルパンのTVシリーズがそうだったのも記憶に新しい。
 
 どだいAmazonプライムは、昼間っから暇してる主婦相手のコンテンツ中心であるし、フィリップ・K・ディックなんてサイファイ作家の名前を知ってる主婦がそこら中にごろごろしているはずもなく、「高い城の男」なんて誰も観ないうちに終わっちゃうかもしれませんしね。
 
 告知こそ届かなかったが、年末年始期間に引っかかっているので、シーズン1(10本プラスおまけ1本かな)をフルで鑑賞することができそうです。
 
 さっそく、この時のために手に入れていたFire TVで、「高い城の男」を・・・。
 
 あ、いかん!
 Gyao!で「あにトレ!XX」の全話無料配信やってる。期間限定がそろそろ終わっちゃう。観なくちゃ!
 うーん、やっぱいいわあ。トレーニング目的で(嘘をつけ!)。ついでに「あにトレ!EX」も無料配信してくんないかなあ、って全話レンタルでも400円程度かあ。Tポイントで払っちゃおうかあ。(だめだこりゃ)
 
 ちうか、CATV観ながら、FireTVで洋ドラ観ながら、PS4プレイしながら、ネット閲覧し(ブログ書き)ながら、だとハイエンド液晶パネルが一枚足らんことに気がついた。前から欲しかったDELLのハイエンド27インチも、これから購入したのでは年末配送に間に合わない。さらに加えて不用意に買ってしまうと、ME:Aのあれがあれになったりしてショックで立ち直れなくなりそうなんで、ここは慎重を期すのが吉。ME:Aが本当に来春来れば、の話だが。
 
 よって、「同時にやりながら」のどれか一つを諦めなならん。
 「Kindleのちっちゃい画面で観る」だと、せっかくの洋ドラがちょっともったいないしねえ。
 「ゲームはVitaで遊ぶ」だと、視点に高低差・遠近差が生まれちまうのでダメ。液晶画面は同じ高さで横に四枚並んでいないと、「同時にやりながら」は実現しませんね。
 いっそネット閲覧とブログなどのためにやっすいノーパン、ちゃうわ「ノーパソ購入」という手もあるのでしょうが、現有デスクトップPCのグラボ等スペックがME:Aのあれにあれだったりすると、大出費となるので、不用意な衝動買いは控えるのが吉。ME:Aが本当に来春来れば、の話だが。
 
 そんなことあれこれ考えている時間さえ惜しい。「あにトレ!」観終わったら、「高い城の男」を一からじっくり鑑賞することにいたしましょう。つても、すでに画面では「あにトレ!」ニ周目ループに入ってますけど・・・。
 
 しばらく音信不通になります。ヴァニティ、アウト。
 

« パンがなければ、ケーキを以下略 | トップページ | The Grasshopper Lies Heavy »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

高城さん(おい)は日本語字幕入ったんですね。そもそも設定がそそるのか、評判はいいみたいですね。原語だと頭に入ってこなかったので見直したいです。

ほんとね、PCゲーマーには準備期間が必要だから、ME:A情報早く欲しいところです。まあ、おそらくBF1と同程度かなと予想はしておりますが。4Kは諦めていますので1080にするか1070にするか、それが問題だ…

それでは、良いお年をお迎えください(高飛びの準備をしながら

 お気をつけてー。ひと様よりはかなり海外に行ってるはずなんですが、赤道越えたこと一度もないんですよねー。シンガポールがギリかな。北半球ヲタク。
 旅立ちの前は、寝袋、固形燃料などのキャンプ資材、ポーション、毒消しそうなどの準備しっかり忘れずに(誰がモブてんこもりの銀嶺・山野で野宿じゃ?!

 来年のME:Aの話題ばかりしてると鬼が笑う、じゃなくて、そのせいでまぢ延期になりそうなんで、自重しときます(言霊か。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2179693/69012744

この記事へのトラックバック一覧です: Man on the Silver Mountain(それ違う:

« パンがなければ、ケーキを以下略 | トップページ | The Grasshopper Lies Heavy »