フォト
無料ブログはココログ

« 【ME:A】22とは? | トップページ | 主人公の「発見」 »

2016年11月26日 (土)

大人の塗り絵?

 あの、北の沙漠の名前(the Hissing Wastes)が思い出せなかったので、超久しぶりにDragon Age Wikiを覗いてみた。
 そっちの問題は解決したが、ふと見ると、Dragon Age Comicsの話題が?
 10月のユーザー・ブログなので、ずっと見逃していたことになる。
 Mass Effectのコミックスのネタと同時に公開されているのに・・・。
 やっぱ、ニュースは原典にあたらんといかんですね。
 
http://dragonage.wikia.com/wiki/User_blog:Evamitchelle/New_Dragon_Age_Comic_Series
 
元となるIGN記事はこちら。
 
http://www.ign.com/articles/2016/10/03/nycc-2016-dark-horse-will-release-new-mass-effect-dragon-age-comics-in-2017
 
・2017年4月に、Mass Effect:Discoveryが登場!
 (物語はマック・ウォルタース他BioWareライター衆)
 
・2017年5月に、Dragon Age: Knight Errantが登場! (物語はあたしの知らないコミック作家)
 
 そして、Mass Effect Adult Coloring Bookが、2017年3月1日発売。
 (Andromeda Art Book はご承知のとおり、例の「3月21日」発売)
 さらに、Dragon Age Adult Coloring Bookは、2017年2月8日発売。
 
 アダルト・カラリング・ブックって、なんだろう? 大人の塗り絵?
 大人が塗り絵するの?
 
 でも、IGN記事についているMEのそれの表紙絵は、まったくそのように見える。
 そんなのが流行ってるのか、あっちでは!
 
 さっそくAmazon.comで検索してみますと、出てくるわ、出てくるわ。アマゾン自身も販売している。ゲームのものなどより、抽象的な絵柄のものが多く、あるいは木の葉とか花とかちょうちょとか、どうぶつのものが多い。
 
 先生、これはどういうことでしょうか?
 そこではっと気がついた。これは「癒し」に使うものだろうと。
 やはり21世紀の西欧社会は、クリスチャニティ社会は、「病んでいる」、「膿んでいる」のか。
 こんなのが「癒し」として人気になっているなんて・・・。
 
 Wikipedia(en)で調べてみると、"a form of adult therapy"、セラピー用途であり、2010年代に入ってから人気を博しているとのこと。「瞑想」の代用になるとも。
 
 西欧人が「瞑想」することは難しい。それについて、最近読んだロラン・バルトの「表徴の帝国」(ちくま文庫)に記述があった。島国語の「主語」に関する話題であり、エクリチュール(表現体)という概念で有名なバルトの文章(元は仏語)であるので、ちょっと入り組んでるが引用してみる。
 
(引用はじめ)
 ここで問題なのは、フランス語が思い抱かないものを思い抱く、ということであるため、さらに根源的な話になるが、主語をもたず同時に属詞をもたず、しかも他動詞である動詞、たとえば、認識する主体をもたず同時に認識される客体をもたない認識の行為、これをどうすれば西洋人は想像することができるのであろうか。しかし中国の禅(チャン)、日本の禅の起源たる、ヒンズー教のディヤーナーを前にしたときの西洋人に要請されるのは、その想像力なのである。ディヤーナーに主体と神とを導入しない限り、ディヤーナーを<瞑想(メディタシヨン)>という言葉ではっきりと翻訳することなどできはしない。主体と神とを追っぱらうがいい。またぞろ、それらは舞い戻ってくる。西洋語の上に打ちまたがって。
(引用終わり)
 
 訳注によれば、仏語のメディタシヨン(英語ではメディテーション、meditation)とは、もともとラテン語の「反省する」に由来するとのことで、必ず対象と主体がある。「瞑想」はもちろん「反省」ではない(ことくらい島国人なら知っているはずだが)。他で調べてみると、メディタシヨンは、仏教でいう「内観」に近いとのことである。
 
 MEやDAのコミックが出たら目をつぶって買ってしまう(でも後から文句は言う)、いくら筋金入りのBioWare亡者(「信者」は崇拝する対象に文句を言わない。また文句をいうやつを生かしておかない)のあたしでも、ちょっとこれは引く。
 
 自分が「病んでいない」というつもりはないが(現代に生活して、どこかしら心か体(または両方)が病んでいなければ、最初からアダルトとは言えない)、病んでいる他人を想像するのがイヤ。一心不乱に(それこそが「瞑想」なんですけど)、表紙のサマラ(そういえば、彼女こそ作中で「瞑想」を日課としていたキャラクター)の絵とかをクレヨンで塗っている人の姿を想像するのがとてもイヤ。
 
 第一、ゲームをプレイすること自体が「癒し」じゃないのか?!

 よって、これには触らんで、そっとしときます。

« 【ME:A】22とは? | トップページ | 主人公の「発見」 »

Dragon Age Inquisition」カテゴリの記事

Mass Effect: Andromeda」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2179693/68593044

この記事へのトラックバック一覧です: 大人の塗り絵?:

« 【ME:A】22とは? | トップページ | 主人公の「発見」 »