フォト
無料ブログはココログ

« 二級じゃダメなんですか?(P5矢口高雄先生編) | トップページ | 二色じゃダメなんですか?(P5モルガナ編) »

2016年10月18日 (火)

二言じゃダメなんですか?(P5エスカルゴ編)

  ゲームは一日一パレスなら、とっくに二周目エンディング・リーチのはずだったのに、リアル・コミュ多すぎ・・。
 そして来週には定期試験ならぬ、出張が待ち構えている。やばい、日数が足りない?!
 
 でも、間にあった間にあった。「悪魔」コープマックスアウト(二周目)。
 これで、念願の九股のおろちが実現する・・・、はず。
 表題は、大宅が元相棒の潔白を証明すると誓う際の「二言はない!」から。このセリフが出たとき救われたような気がしました。表題悩まなくて済むと(笑)。
 
 P5記事「二番じゃダメ」シリーズも、一周目のエンディングまで行っておしまいのつもりだったので、それまでにゴールインしない人はネタあっても記事なしの予定だった。
 
 やっぱ、たとえひとつでも見逃せませんよねえ。最後の最後で、「怪盗はララ」。「ララは怪盗というより怪獣」。素晴らしい。一周目に見れなかったのが悔しい(笑)。
 
 大宅に関して言えば、他のノンパーティー女子の中でも、なんかプレゼント要求多すぎないか? 
 やたら「コープ進行なし」の回が多い気がします。
 相性占い効果なしのときもあったし、お参りはイヴェント関係以外では一度もしていない。
 
 一方でもらえたものは、銀座九兵衛(それは言ってないから)の湯飲みのみ。
 英語版が楽しみなのは(ところでPS4島国版で動きますよね?)、セリフの翻訳もありますけど、それは(P4Gの英語版を覗く限り)どっちかってとストレイトフォワードな表現のはず。
 
 きつそうなものには、まず品物の名前がありますね。「プレゼント」なんてどうすんだろう。「KGB49ベスト」ってそのままはないだろー。プーチンか。「うみゃあ棒」はなにか違うものになっちゃうんだろうし。「宇治抹茶プリン」も省略はいりそう。なにしろ、英文だと文字列の長さがはまりそうにない気がするし。
 「書籍」の名前もやばいですよね。見事な「省略の美」を期待しています(笑)。
 
 それと、言葉遊びがはまりそうにないのが「映画」の題名の語呂合わせ。「ダークバイト・ハイジング」って、洒落の意味さえいまいちわからんし。ブラックなバイトでこき使われてハイジンになっちゃうてこと? 「オレ・ミゼラブル」に至っては、元ネタを生かしてこの意味のまま英語にするアイデアが思いつきません。
 他人事ながらご苦労さんです(笑)。 
 
 さらには、授業中の「クイズ」、またはTVの「クイズ」。島国ローカルなネタ多いじゃないですか。しかも島国の法律がらみとか、島国の雑学王でなければわからんはずのものもある。
 数学関係はユニヴァーサルだからほぼセーフとして、英語の意味を尋ねるものなんて、ネイティヴにとってはそもそもクイズにならない場合があるでしょう。"cats and dogs"は知らないわけないでしょうし。そっくり別のものと入れ替えちゃうんだろうか。
 
 最後に、これは言語翻訳上の問題でも、ローカリティの問題でもなく、エシカリー、ポリティカリーにコレクト(倫理的・政治的に正しい)かどうかに関するものですが、エスカルゴさんなどのドラッグ・クイーン(クロスドレッサー)関係、インクルーシヴィティ絡みのネタ。ユリとかバラ絡みは今回少なかった気がするけど、多少の含意はありましたし。どうやってごまかすのか、ごまかさずにストレートで(じゃないけど、本来の意味からして)勝負するのか。
 
 ところで、ペルソナ・シリーズのジャーナリスト登場は、考えてみれば久々ですね。
 少し期待していた、七十すぎの「認知」に難のあるエロじじいではなかったけど。
 開発期間の長いゲームなんで、そうそう新しいネタを織り込むこともできなかったんでしょうけどね。
 
 ただし、ドナルドのセクハラ問題については、しっかり冒頭の禿のシーンで使われてましたねー。(いや、それこそリアルタイムの時系列から見ておかしいだろ)
 あちらのプレイヤーからしたら、「この島国の連中は、なにを他愛もないレヴェルの話で騒いでるんだ」と思っちゃうんでしょうか? 
 こっちは、オレンジヘアーのセクハラ暴言脱税親父が、熱核ミサイルのスイッチ持つかもしれんねんぞ、って?
 ボブ・ディランのノーベル冗談賞、じゃない文学賞よか、よっぽどシュールです。
 

« 二級じゃダメなんですか?(P5矢口高雄先生編) | トップページ | 二色じゃダメなんですか?(P5モルガナ編) »

ゲーム」カテゴリの記事

ペルソナ5」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2179693/67857790

この記事へのトラックバック一覧です: 二言じゃダメなんですか?(P5エスカルゴ編):

« 二級じゃダメなんですか?(P5矢口高雄先生編) | トップページ | 二色じゃダメなんですか?(P5モルガナ編) »