フォト
無料ブログはココログ

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

2016年10月31日 (月)

二休じゃダメなんですか?(P5"Rivers in the Desert"編)

 申し訳なーい。
 プレイはまーたく進んでいなーい。
 よって、確認が必要と言っていた残り記事もアップできなーい。
 タイトルは「二度じゃダメ」と「ニ周じゃダメ」なんすけど。
 今週もまた別のミッションで飛び立ちます。強制進行、自由行動なし。
 このままでは「週休二日」どころか、全休になってしまいそう・・・。
 いやいや、出張中の空き時間にやってた「ゼノブレイド」の続きが気になってたとか、アニメ「ステラのまほう」が気になってたとか、そんなことはないですっ。"Skyrim"のスペシャルなんとか(なんで今頃?)をダウンロードして、過去セーヴで試してみるのにやたら時間がかかったとか、ないです!
 
 お茶を濁します。
 決して、代打として使うつもりなどない、二刀流のエース兼スラッガーで相手ベンチを威嚇したという、どっかの知恵ものの監督を気取って出し惜しみしているのではない。 
 むしろ、1988年、昭和最後のオールスターゲーム、第三戦は史上初のドーム球場(水道橋のチーズケーキみたいなあれ)で開催され、延長12回裏、先頭の正田が三塁打、広沢は四球を選び、無死一・三塁のセ・リーグ逆転サヨナラのチャンスに、ベンチを振り返ってみれば、次打者ピッチャー中山の代打に送ることができるのが、同じピッチャーの水野君(ここまでのシーズン打率.174)しか残っておらず、愕然としちゃった某監督に近い。
 
 (以下蛇足)ところが水野もまた「子供の頃からエースで四番」。全パのリリーフエース牛島のフォークを待つ振りをして(もちろん伝家の宝刀であるフォークは、バッティング練習も大してしていない、ピッチャー専業の自分には決して打てないと見切っていた)、バッテリーが裏をかいたつもりのストレートを狙い打ちし、見事センターへの犠牲フライを打ち上げたという、絵に描いたような「結果オーライ」。(蛇足終わり)
 
 この曲も、アニヴァーサリー版のおまけには入っていない。
 作中で歌詞入りで聴けるのは、おそらくエンドバトルくらいですか? 
 (禿バトルでも鳴ってた気がしますが、あんなのわざわざチェックする気はありません)
 
 わざわざ訳する必要もないくらいストレイトフォワードな歌詞で、かつ、さっぱり好きな曲でもございませんが、他にネタもなく、致し方なし。
 だいたい、普通にプレイしていれば一度か二度くらいしか耳にしない曲。
 確かにボスバトル中ですと流れている時間は長いでしょうが、そもそも聴いてる場合じゃない(笑)。
 
 取り敢えず作中曲はYouTubeのイリーガルなアップロード版で聴きながら歌詞をチェックしてますが、いつ削除されるやもしらず。オリジナルサントラCD、はよ出せやっ!
 
 この曲、"Rivers in the Desert"という題名らしいですよ、奥さん。
 なんすかね、イメージ的には「焼け石に水も三年」的な?
 乾ききった東京沙漠にも、心細いくらいの水の流れが一筋あれば、いつしか何本もの河にまで広がる。
 
 そんなことすかね。
 またいつものとおり、"a heartbeat for a demon"とか、コンピューター用語なのか、なんなのか意味わからんものをぶちこんできてはりますんで、そこらは辻褄合うように適当に。
 しいていうなら「こいつ死んだんちゃうか?」と思われないように、無理やりにでも穴埋めの記事を書くことこそが、「ハートビート」なんすけどね。(なに、うまくまとめてんだよ)
 
***  
 
今でなければ いつだというの
だから 覚悟を決めなくちゃ
今度こそ 私がやる番
儚い蜃気楼なのか 任務を果たすチャンスなのか?
 
乾いた大地に一筋の川
虚ろな頭に響く笑い声
鼓動一回の隙が悪魔の付け目
奇妙な土地のオアシス
 
私が均衡をもたらす やつらを探せ 猶予はない 
すぐにやらねば 私の命は尽きてしまう
支配に逆らう一撃で 全き暗黒のヴィションから抜け出すの
なぜできるかなんて訊かないで でも今ならやつらを打ち倒せる
そして新しいスタートのとき ためらっている暇なんてない
 
乾いた大地に一筋の川
虚ろな頭に響く笑い声
新しい始まりの希望が 私たちの足元を焦がすとき それを掴まなくちゃ
鼓動一回の隙が悪魔の付け目
奇妙な土地のオアシス
どうしてここにいるか忘れないで 新しい世界を創るため
沙漠に幾筋もの河の流れを創るため
 
私の心は焦熱のかまど
どう決着をつければいいの 私の葛藤の世界に?
それなくして 何を支えに進めというの?
貪欲と憤怒のボスどもから 奪われたものを取り返せ
なぜできるかなんて訊かないで でも今ならやつらを打ち倒せる
新しいスタートのとき それはどんどん近づいてきてるの
 
乾いた大地に一筋の川
虚ろな頭に響く笑い声
新しい始まりの希望が 私たちの足元を焦がすとき それを掴まなくちゃ
鼓動一回の隙が悪魔の付け目
奇妙な土地のオアシス
どうしてここにいるか忘れないで 新しい世界を創るため
沙漠に幾筋もの河の流れを創るため
 
一滴の冷たい雫さえ あればいい
怒りと賤しさから 頭を解き放ってくれる
心洗い清める場所 ずいぶん長く見つけられなかった
 
乾いた大地に幾筋もの川
虚ろな頭に響く笑い声
新しい始まりの希望が 私たちの足元を焦がすとき それを掴まなくちゃ
鼓動一回の隙が悪魔の付け目
奇妙な土地のオアシス
どうしてここにいるか忘れないで 新しい世界を創るため
沙漠に幾筋もの河の流れを創るため
 
***
It's now, or it's never
And I've got to make my decision
This time, it could be my moment
Is this a mirage, or a chance to fulfill my mission?

A river in a dry land
the laughters in a lost head
A heartbeat for a demon
Oasis in a strange land

I'm giving the balance, better find them, on the razor's edge now
Real quick, or my life is over
One strike disobeying them, I'm out of his real dark vision
Don't ask why I'm ready, but I'm ready to strike them down now
And just at a new start, there's no time for indecision

A river in a dry land
the laughters in a lost head
When the hope of new beginnings burns our feet, now we need it
A heartbeat for a demon
Oasis in a strange land
Remind us what we're here for: Creating new life
Creating rivers in the desert

My heart is a furnace
How to settle it, my world of conflict?
Once it goes, what keeps me going?
Take back what I lost to the bosses of greed and fury
Don't ask why I'm ready, but I'm ready to take them down now
That time for a new start, it's constantly drawing nearer

A river in a dry land
the laughters in a lost head
When the hope of new beginnings burns our feet, now we need it
A heartbeat for a demon
Oasis in a strange land
Remind us what we're here for: Creating new life
Creating rivers in the desert

When a cool drop of water's all I need
Gotta clear my head of anger and greed
A place to refresh
Heart of mine, can't I find some time in...

Rivers in a dry land
the laughters in a lost head
When the hope of new beginnings burns our feet, now we need it
A heartbeat for a demon
Oasis in a strange land
Remind us what we're here for: Creating new life
Creating rivers in the desert

2016年10月24日 (月)

二一じゃダメなんですか?(P5みなとみらい直通編)

 全スポットコンプがなぜか開いていませんが(波動拳の話はするな)、お土産はコンプだ!(たぶん・・・、見落としなければ)
 
 でも、またしてもヒヤっとしました。
 
 ざーっと取った順番にいうと、まず一周目でわかっていたもの中心に、荻窪(ラーメンどんぶり、リュージ)、井の頭(スワンボート、なぜか元組員のおっさん)、上野(彫刻レプリカ、おイナリ)、銀座(湯飲み、九兵衛とは断っていないけど、大宅)、池袋(プラネタシール、おイナリ)、神保町(王将、一二三)、浅草・アメ横かな?(熊手、春)。
 
 ニ周目で必死にチェックしたものが、神宮(破魔矢、おイナリ)、渋谷(チョコファウンテン、杏ちゃん)、原宿(りせちーポスター、杏ちゃん)、月島(もんじゃヘラ、春)、台場(ペナント、貞代)、秋葉(フィギュア、双葉)、浅草・仲見世(Tシャツ、双葉)、浅草・スカイツリー(ミニチュア・タワー、占い師)、水道橋(ジャビットくんとは言ってないけど、真)。
 なんか見落としてるかもしれません。特に、浅草がトリッキーすぎる。キングのガキと行ったときには何もなかった。それと人によっては何度かデートしないと、お土産の場所に行ってくれないことがある(占い師がそうかな)。 
 頭にきたので、他の人は毎回何かしらプレゼントを差し上げたのだが、彼女だけ最後のほうのプレゼントは「なし」(もう好感度は関係ないし、渡せるものが枯渇したという説もある)。
 
 そしてショックだったのが、真のふたつめ。横浜元町・中華街。
 これもトリッキーで、本編で訪れることがない唯一のスポットですね。
 さらに、デートに誘うと、なぜか「今日はちょっと・・・」とすげないお返事が続く。
 んー。水道橋でジャビットくん(それは言ってないから)もらうのは良くて、横浜がダメ。 
 なんでだろう。
 答えは遠いから。日曜日じゃないといけないから。
 ねえ、みなとみらい線に乗ろうよ! もう直通あんねんで。(そいつが「みなとみらい21線」、シリーズ最悪のこじつけとなった表題の由来だ。ちなみにあたしは鉄屋でもなんでもない、つうか「鉄道以外全部(だいたい)オタク」だ。ウィキでわざわざ調べたのだ)
 
 駅探でチェック。
 今の高校って何時あがり? 部活あるから15:30くらいか。
 15:30青山一丁目から渋谷まで約4分。
 東急東横線+みなとみらい線で元町・中華街まで30分ちょい。
 16:30には余裕で到着してますよ。
 まさか、通ぶって関内とか石川町から行こうとしてるの?
 それはそれで、「大人の横浜コース」ですけど。
 石川町だって、新橋経由(銀座線だ)で、あと東海道本線・京浜東北線乗り継いで、16:30には着く。関内はちょい手前だからだいたい一緒。結構歩くけど、道中面白いかも。
 
 いずれにしろ、夕食をとって、茶でも飲んで帰宅して、十分間に合いませんか。
 なに、もしかして食べ放題でも数軒ハシゴしようとしてるとか?!
 真は意外にも大食漢という隠し設定?
 
 日曜オンリー縛りに気がついたのが12月6日の火曜日。危ないんですけど。自由行動の日曜日があと一回のみ。ワンチャンスしかない。
 真がポップしなかったりしたら、最悪一週間前まで遡って再チャレンジか・・・。
 
 これは確認せねばならないと、いてもたってもいられなくなり、数日間を何もせず過ごす。
 目が覚める、起きる、ベッドで寝るの連続。モルガナの批判も無視無視。
 途中、真と屋上で語り合う夢を見た・・・。って好感度アップもう要らない(笑)。
 ようやく12月11日。真に会いに行く。
 普段行かないような刺激的な場所がいい?
 ちゃっかり方向音痴属性つけてますね。なんか、あざといなあ、書き手。
 
 食べたいものは生春巻き。それって中華? ヴェトナム料理ちゃいますか?
 って、シナリオ・ライターもちゃんと知っていた(笑)。
 無事、シュウマイクッションをゲット。お返しがバイクフィギュア(笑)。
 世紀末覇者パイセン、めちゃ喜んでるし?!
 
 よく考えたらこの周回、真本命だったのだ。あーよかった。
 では12月6日まで巻き戻してじっくりとプレイし直そう。
 こんなことやってるから、いつまでもニ周目が終わらないのだ。
 

二重じゃダメなんですか?(P5つまみ細工編)

 P5関連の記事で、同じ表題は意地でも使うまい。そう心に決めておりましたが、さくっと無視。
 
 だってそういうアイテムだから。
 
 もうすぐ出張も迫っているので、ニ周目もさくっと事務的にクリアしときたい。
 つっても時間的にかなり無理な状況に追い込まれたので、ニ周目クリアの前に、最低限あれだけは達成しておこうと心に決めた。
 
 あの双子との決着だけは欠かせない。満を持して、全員水着でメメントスにGO!
 いや・・・、せっかくの晴れの舞台なんで、水着がいいかなあと。
 浴衣姿がDLCにあったらそれでもよかったんですよ!
 
 杏ちゃんが、裾をはだけて「ガチだかんね、アギドラオン!」、「キレたからね、大炎上!」とか、たまらん!
 真なんて、振袖が邪魔なもんだから襷を回して、裾を帯に巻き込んで、さらし姿で「鉄拳制裁」?
 そして春は、いつものブリティッシュ・ティーパーティーでなくて、名前にちなんで新春の野点(のだて)などいかがでしょうか。上品に毛氈(フェルト)を敷いて、朱傘でも立てて。
 それがないから、水着で我慢したってことですから。(浴衣と晴着を混同してますけど)
 
 まあ、メメントス・ミッションは普通にやってればコンプしますよね。しかもこっちはチートくさくファームして今やレヴェル95ですから、シャドウからすれば惨たらしいくらいミスマッチ。
 
 問題は双子。これもこちとらレヴェル90超えてるんだから、ゲーム・デザイン上は勝てるはずですよね。「波動拳」の入力とかさせられたら殺すけど。
 
 と思って、水着女子三名を前に出し、彼女たちにはAIで好き勝手に動いてもらって、主人公はちんたら楽して王様ゲーム・プレイと決め込んだんですが・・・。
 開始早々に危機的状況を迎えたので、急いでAIオフ(笑)。
 続いて、魔法じゃ話になんないことに気がつき、それまで(常時AIプレイだったもんで)ほとんど活用したことのなかった「東郷システム」を駆使して、順次控えのメンツと交代していく。
 結果、メンツは全員、野郎と猫になりました・・・。
 だって、マハタルカジャ、マハスクンダ、そしてマハスクカジャ。この三つがどうしても入り用になってしまったから。
 
 本当は、杏ちゃん得意の「コンセントレイト」からの「大炎上」とか(これの火力、半端ないす)、派手にどっかんどっかんやってみたかったのだが、やたら吹雪ばかり撃たれて、とてもそんなチャンスはもらえそうになかった。
 主人公は、スキルも全部開いたヨシツネさん(米寿、88歳で入って、出てきたら卒寿、90歳)で基本なんとかなりました。
 それもこれも、すべて刈り取るもののチートくさいファームのおかげです。休みを半日つぶしたかいがありました。
 
 でも、プレイ中にヒヤリとしたことが。
 最後までSPが切れるようなことはなかったのですが、切れたって平気だもんねー、と思っていた。材料が残っている限り、必ず貞代に特製カレーを作ってもらっていたから。
 SP補充用になんぼでもあんねん!
 安心するためにアイテム欄を見たら、表示されません。コーヒーも一個だけ作ってもらってたようで、それ出るのに。あとニンジンは出るのにトマトが出えへん。
 あれ? もしや洗脳時とか混乱時に、敵に向かって投げちゃった?
 いやあ、少なくともカレーは、20以上あったよ?
 あれら、バトル中は使えないんですってね・・・。
 そうゆーの、早く言ってよー。
 
 いやでも、バトル中にコーヒーは吞めても、みなでカレーが食えないのはわかる。食器がいるから。インディアンじゃないんだから素手はない。
 トマトは立ちながら、戦いながらでも食えるだろー。むしろニンジン丸かじりのほうができない子いるんじゃないのか?(いいえ、トマトがダメな子も意外と多いらしいです。ピーマンなら味がイヤってのはわかるんだけど。トマトがダメな理由をきいてみると、信じられないことに、あの中身のぐにぐにがイヤなんだそうだ。そうそう、あと最近はトマトが異常に高いですよね、奥さん。あれはいったいなんざましょ。一個300円とかアホ抜かせ!ですわ。 小泉進次郎に誰か言っといて!)
 
 きっと説明読まないあたしが悪いんだろう。事なきを得たから結果オーライ。
 
 双子の恥ずかしいヒミツとか、ついにパン●ラでもあるのかと思ったが、なんかニ周目限定コンテンツなのに、もうとっくに知ってる話されてもなあ。
 いまいちだよなあ。
 でもふたりのお尻からのアングルで萌えてるのとか、いるんだろうなあ。あたしはなーんにも感じないけどなあ。合体したらずっとそのアングルで観ていたいけど!
 
 いただいた「しおり」はともかく、「時短のなんとか」も、この期に及んでもう要らないんだけど・・・。
 あー、そうか。チートくさいファームをしない人は、三周目でそれを着用するという算段なわけですね・・・。
 やっぱ三周やったほうが、ストレスも感じず、実りある休日ライフを送れたかもしれないのか。
 今の時点で、ニ周通算のプレイ時間は240時間。一周目130時間とほぼ変わらないプレイ時間まで接近してまいりました。
 あとはもう、あの忌まわしい波動砲を鍛えるだけか。(あんた結局やらんでしょ、つか波動拳な、古代君じゃないんだから)
 

2016年10月23日 (日)

二割じゃダメなんですか?(P5ファーム編)

 勝手に賞を送り付けておいて、ボブ・ディランがガン無視したらキレまくるとかすごい。やはり複雑怪奇な欧州情勢、このくらい尖ってないと小国は馬鹿にされて終わるっちゅうことですか。
 やつがシカトしてるってことは「大量殺りく兵器で儲けたゼニはいらない」というメッセージじゃないんですかね? 考えればわかりそうなんですけど。
 
 P5のほうは、ニ周目ようやくカジノ編を通過し、永田町に向かったところ。
 といっても、滞っていたのはインフルエンザ注意報関係のため。
 刈り取るものファームって、もっと簡単なのかと思っていましたが、結構面倒だった・・・。休日の丸半日を費やしてしまった。
 
 インフルにかかってるのって、直感的に20%くらいの確率じゃないでしょうか。最初は、やつが倒すと落とすアイテムを数えていれば、何体倒したかわかるだろうと思っていたが、そのうち落とさなくなるぽい。よってちゃんと数えていません(笑)。レヴェル55で入って93で抜けてるから、ざっくり逆算すると10体プラスアルファくらいでしょうか。つまり50回はチャレンジしたってことですかね・・・。もう疲れて寝落ちしそうだったんでそこでやめました。
 
 こういうファームをゲームでやるのは久しぶりです。刈り取るものを刈り取るとか、一つも笑えない。辛い、単調でただ辛いだけ。それもこれもお金が惜しいから。
 こんなことなら、三周やったほうが楽でよかったんじゃないか。そんな気もします。
 あと、余計な野郎が勝手についてきて勝手にレヴェルアップしやがんの。それがいやでしょうがなかったが、最初に殺して棺桶状態のまま運ぶなんてことは無理なんで、見て見ぬふりするしかなかった。12月にもチャンスがある? 色々手詰まりになるのが怖くて、それまで待てなかったのです。
 
 ようやくペルソナ・コンプに目鼻がつきそうになったところで、カジノに突入。
 あの野郎が真を気遣うふりをするという、何度観ても腹立つシーンなどを経て、ようやく最後のパレスに突入可能となった。
 残念なことに、その時点で刑死者コープがまだマックスしていない(その他、女帝も未達)。だからあのおっさんからだけ、主人公生存確認のチャットが来ない。一周目もニ周目も見れなかった。別にいいけど。たったそれだけのために三周はしない・・・、と思うけど。
 
 むしろ、永田町に突入したら当然開くと思っていた、全スポット開放のトロフィーが、バグがあるらしくて開かないぽいですね。
 噂ではディスニーランドのせいですか? ほんまディスニーって、リアルもヴァーチャルも、ろくでもないことしてくれはりますね。
 それがバグだったとしたら、修正って結構辛いものがあるんじゃないですか。「(シナリオ進行で最後に開く)永田町突入前のファイルを用意してください」とか、どっか一か所だけ開いていない状態を保っておいてくださいとか、ユーザー側に無茶な要求がないことを祈ります。
 「三周目プレイしてください」とかだったら、US版の到着を待ってそっちでやります(笑)。
 
 トロフィーよりも難しいんじゃないかと思って、こっそり狙っていた各地のお土産集めも、それを知ってやる気がそがれました。
 バグとはいえ、スポットコンプになってないのに、お土産コンプってどうなんだよ。
 というか、部屋に飾るお土産のデザインが、どれもこれもいまいちすぎます(笑)。 
 あの埃っぽい(油臭そうな床の)部屋に、チョコファウンテンはないわ。一瞬だけ飾ってみて、リアルだったらどうなるかを想像してみたら気持ち悪くなって、そっこーで彫刻(のレプリカ)と取り換えました。そっちも「ない」っちゃないけどね。

2016年10月22日 (土)

二親じゃダメなんですか?(P5モンペ編)

「怪盗団も狙うなら極東の島国じゃなくて、もっとビッグでグローバルなトコにしなさいよ。」
「そうねェ・・・、それこそベガスのカジノタウンとか・・・」

 英語教師、ナイスなつっこみですねえ。まったくその通りなんですけど。つっても「邪悪」のレヴェルがワールドワイドではまるで違いますけど。 

 「塔」のコープ、ようやくマックス。これは「二挺じゃダメ」にするんだろうか、とずっと思ってたんですが、マックスアウトしてみて考えを変えました。
 あのガキ・・・、キングのネタ自体は、モンスター・ペアレントもののクリシエ、面白くないので、今回は登場人物の親に関する話題にします。

 「親なし症候群」(Parental Abandonment)は、有名な「TVトロウプ」(TV Tropes)、TVドラマの物語に頻出する「お約束」の一種です。物語の主人公をはじめ、登場人物たちの実に多くが、両親の両方または片方をなんらかの理由で欠いていると言われます(両親が健在であって、単に精神的に、あるいは物理的に距離があるだけであれば、「親の無関心」(Parental Neglect)に分類されるようですが)。 

 古典的な物語を中心に、主人公が親を欠いていること自体がプロットを駆動する、物語になくてはならない要因の場合(例えば「シンデレラ」、「小公女」、「母を尋ねて三千里」、「ハリー・ポッター」など)、プロットに必須ではないが、主人公が精神的な支柱を欠いていること(家父長制などの社会制度が生んだ一種の悪しき一般化、先入観ではあります)がインプライされている場合(例えば「オズの魔法使い」(育ての親は叔父と叔母夫妻)、「ネヴァーエンディング・ストーリー」(父子家庭))もありますが、そうでない限り、(そしてラノベ、コミック、アニメ、ゲームなどの物語の場合)理由はごく単純な場合が多い。

 つまり親は「邪魔」なんですね。話がもたもたする。怪盗団が出動する際に、いちいち親に断るなんて馬鹿みたいですし。門限や活動日の制限があったりすると(P5のようにうまく使うならともかく)そんなヒーロー・ヒロインいらんわ、となっちゃうわけで(「女子ーズ」か)。
 ですから、たとえ両親が健在だという設定であっても、「両親は仕事で海外にいる」、「親元を離れて都会で一人暮らし」なんてのが、ラノベやコミックの世界ではもはや定番、実例なんて、誰でもぞろぞろと思いつくことでしょう。 

 妙に記憶に残っているのがアニメ「スラムダンク」(申し訳ないがコミックは読んだことがない)。登場人物の高校生たちの親は、全編にわたり見事なまでに登場しないのです。そもそも物語に必要ないんで、それでよい。ところがただ一か所だけ、主人公の父親がごく短いシーンで描かれるところがあります。「あー、やっちまったな」と思った。あそこで「父親の絵」は、端的にいらない。上手の手から水が漏れたというか、あの一か所は本当に余計だった。どうしてあんなことになっちゃったのか、ほぼほぼ完ぺきな物語だったのに、作り手に魔が差したのかなあ、と思っちゃったわけです。

 ただし、この「親は邪魔」という傾向も、社会が変わればまた変わってくるのかもしれない。

 例えば、親が出ない理由のうち上で書こうとしてやめたものに「おかんは何でも知っている」があります。昭和の時代には、親や親戚の眼を逃れて悪さするってのは結構難しかった。「おかん」はずかずかと子供の部屋に入ってきましたから。今や子供には要塞のような部屋が与えられ、やろうと思えば餓死せずひきこもれちゃうわけで、まったく疎遠な関係のまま生きることはできなくもない。
 逆に、ある世代の親子は「友達感覚」だなんて一時期呼ばれていましたが、また別の意味で親との関係が密接になっていく傾向もありそうです。

 ペルソナ・シリーズが他のRPGと大きく異なるのは、ペルソナ自体が表す「心理学」的なフレーヴァーもそうなんですが、こうした「家族」とか、「都市」とか、そういった社会的な「関係」の移ろい、「社会学」的な味わいを意図的にぶち込んでくるところにあると思っています。(もちろん「学校」、「裁判」、「監獄」などの「制度」も、交通・通信に代表される「テクノロジー」も、「ポルノ」、「クライム」、「インクルーシビティ」、「フェミニズム」も、「オカルト」まで含めた「儀礼」や「宗教」についても、「社会学」の重要な要素です)
 特に「都市」については、P3の地方都市からはじまり、P4の境界集落(シャッター街)に移って、P5のメガロポリスで極めてしまった感もあるので、また別な記事で考察してみたいんですが、「二番じゃダメ」のタイトルが思いつかん・・・。

 まったく、上述の英語教師ではないが、(周辺部分を含めれば)世界最大の都市まで舞台にしちゃったわけだから、P6をどうしていくのかなんて、他人事ながら難しそうですよね・・・。

 前置きが長くなりましたが、ペルソナ順に挙げていきましょう。P5の登場人物は、驚くほどこのトロウプに当てはまることがお分かりになると思う。
(なお、愚者のペルソナは「鼻」ではなくて主人公のものと考えるのが正しいと思いますので、下のリストはそれに従っています)

 二周プレイしたんで間違いはないと思ってますが、勘違いありましたらご指摘願います。

0:愚者  (主人公)両親健在だが疎遠 ☆
1:魔術師 -(人外)
2:女教皇 両親死別 ☆
3:女帝   両親死別(父親は作中で) ☆ 
4:皇帝   母親は死別(父親は不明?) ☆
5:法王  不明(両親と死別した娘の保護者) ☆
6:恋愛  両親健在だが疎遠 
7:戦車  母親は健在 ☆
8:正義  母親死別、父親は健在だが疎遠 ☆
9:隠者  母親死別(父親は不明) ☆
10:運命 不明だが、いずれにしろ疎遠 ★
11:剛毅 -(人外) 
12:刑死者 不明(孤児であった男子の保護者) ★
13:死神 不明 
14:節制 不明 
15:悪魔 不明 
16:塔   母親は健在だが疎遠 ★
17:星   父親は病床、母親は健在だが疎遠 ★
18:月   不明 
19:太陽  不明 
20:審判  両親死別 ☆

 後半は成人した「おとな」が続きますので、両親は話題にすら出ない者が多い。それ自体は「健全」なことなんでしょうけど、中には「節制」のように「親戚中から電話がかかってきて面倒」のように、古い家族制度に苛まれているものもいます。「運命」のようにおそろしく古い村落制度に縛られていた者もいる。
 
 パーティーメンバー(基本は高校生、またはその年ごろ)だけ見ると、驚くべきことに、両親揃って一緒に生活している者はいない。 親と日常密接な関係にあるのも、どうやら「戦車」くらいしかいない。
 プレイしながら薄々は感じていたのですが、あえて書き出してみると愕然としますね。
 しかも、両親またはいずれかを欠いた者たち、あるいは孤児を引き取った者たちのほとんどすべての「家族関係」が、メインプロットまたはコープのプロットに関係している。上のリストにはメインは☆、コープは★で示しました。「恋愛」以外、全部に印がつくことになりますが、これでよろしいんじゃないかと思います。
 
 ここまで並べると、さすがに「安易」と感じるのが普通なんでしょうけど、P5のプロットは、あまりそう感じない。それは、あたし自体がコミック、ラノベの「親なし症候群」に慣れてしまったせいなのか、はたまた書き手、作り手の見せ方が多彩で上手なのか、それとも、もはや(少なくとも島国では)そういう家族関係の社会が普通に許容されていて違和感を感じないのか。たぶん、答えはそれら理由のミックスなんでしょうけどね。
 

2016年10月21日 (金)

二色じゃダメなんですか?(P5モルガナ編)

 リアル・コミュのせいもありますが、イケ好かない・メンズが登場しやがって、少しの空き時間でもプレイを進めておこうとする元気が減退している。二周目カジノ編の途中。

 禿(眼鏡)とか、禿(校長)とか、禿(冴さんとこの部長)とか、出てきたらそっこーで早回ししておりますが、あの野郎の登場シーンはパーティーのメンツや冴さんもいる場面なので、早回しできない。あ奴だけスキップできんのか。P5にPC版があったら、誰か「最初からいなかった」ことにするModでも作ってください、つうかきっと作ってくれただろう。

 まあ、そんなことも言っていられないので、巨大芋虫とかゴキちゃんとかゲジゲジとか、すごいいやなものを目をつぶって吞み込む感じで、進めるしかない。

 ちなみに、あたしは二周目だといってもセリフはまず飛ばしません。
 つうか声優がついているところは、二度目でもじっくり聴いています。悪党どもも飛ばさない。ただし上述の禿どもを除く。池田さんごめん。

 よって二周目のプレイ時間ももう80時間を超えている(一周目130時間ちょい)。
 まるで早くなってない! つうかよく考えると省略できるところなんて、ベルベット・ルームの合体で悩む必要がなくなった以外、あまりないんですわ。

 セリフを飛ばさないだけではなく、恋愛マックスなのに、杏ちゃんの映画のお誘いを断らないとか、イベントも観てしまう・・・。
 もちろん試験前の勉強会はさぼり倒します。定期試験前日に釣り三昧・・・。そんなんで成績一位とか、きっとろくな大学生になりませんねえ・・・。
 カレー作ってる貞代(恋愛マックス)の目の前で闇医者(恋愛マックスリーチ)を口説く、じゃない、往診を受けるというのもありました。将来は鬼畜な女衒野郎ですね・・・。 
 ペルソナ・シリーズ、特にP3以降の主人公(P3F除く)については、将来ヒモとして十分やっていけると思っちゃいますよね。これは作り手の願望が反映しているのかもしれない・・・。

 この記事の前に、流れ上先に書かなければならないことがいくつかあったんですが、二周目で内容を再確認しなければならない点があり、イケ好かない野郎のせいでプレイも滞りがちなんで、先に書いちゃおう。

 今回も「なんで気が付かなかったんだ、自分!」という懺悔編。

 たしかP5のテーマ曲か挿入歌の記事で「モルガナだけ『赤』が使われていない」と書いた。 厳密には「舌」が赤っぽい色ですが、それは違うとする。

 アニヴァーサリー版のおまけについてきたアートブックで確認していくと、そもそもそのアートブックの装丁・仕様自体が「赤と黒」を基調にしたものなんですが、各キャラクターの設定画(制服姿と怪盗コスチュームの立ち絵)も、ことさら「真紅」(または「深紅」)が強調された色使いとなっています。杏ちゃんのように怪盗姿は赤一色、制服も赤タイツでバリバリに強調されているキャラクターから、竜司のようにアクセント(Tシャツのプリントやマフラー)で赤が使われている者もいる。

 でもじっくり眺めていたら、制服姿ではおイナリだけはそうではない。よく考えたらシュージンの制服自体が赤と黒のデザイン(ボタンが「赤」ってのは印象的ですが、アートブックについているデザイナー・インタヴューによれば、もちろん意図的だそうです)だったんで、それは考慮から外しとかなければならないのであった。
 怪盗姿に限定すると、真のコスは黒一色で眼だけが赤。その他のキャラクターは、コスチュームのどこかに赤が使われている。モルガナだけが口腔内のみ赤身で、あとは黒に黄色のマフラーで、眼だけが綺麗な「ブルー」・・・。

 そこまでディテクトしていて、気づけよ自分! 
 げに恐ろしきは思考停止ですねえ。そこで、さくっと止まってたなあ。
 だって、もうそれだけで、ベルベット・ルーム由来と言っているようなもんじゃないですか!(ベルベットは生地のことを指すので、それ自体に色の含意はありませんが、ペルソナ・シリーズでは青い人(人ではないけど)たちの居場所となっている)

 モルガナは、作中では「黒猫」と呼ばれていたはずですが、光の反射のせいか毛はブルーっぽく見えますしね。そうそう、設定によれば「肉球あり」だそうですが、どっかで見せましたっけ?
 モルガナカーもヘッドライトは当然ブルー。材料ありまくり。

 「ワガハイはニンゲンである」、「アン殿が理想の女性、早くニンゲンに戻って付き合いたい」、「あのメメントス内らしき悪夢」など、盛んにミスディレクション撃ちまくっていたのも、あとから思えばわかりやすくバレバレだったんだ。
 (ところで、主人公がアン殿とできちゃってることがモルガナに判明するシーンでは、「けっ!」みたいに吐き捨ててどっかに行っちゃいました。少し受けた(笑))  

 ああん? イケ好かないメンズはどうかって? 
 文脈考えて聞けよ。

2016年10月18日 (火)

二言じゃダメなんですか?(P5エスカルゴ編)

  ゲームは一日一パレスなら、とっくに二周目エンディング・リーチのはずだったのに、リアル・コミュ多すぎ・・。
 そして来週には定期試験ならぬ、出張が待ち構えている。やばい、日数が足りない?!
 
 でも、間にあった間にあった。「悪魔」コープマックスアウト(二周目)。
 これで、念願の九股のおろちが実現する・・・、はず。
 表題は、大宅が元相棒の潔白を証明すると誓う際の「二言はない!」から。このセリフが出たとき救われたような気がしました。表題悩まなくて済むと(笑)。
 
 P5記事「二番じゃダメ」シリーズも、一周目のエンディングまで行っておしまいのつもりだったので、それまでにゴールインしない人はネタあっても記事なしの予定だった。
 
 やっぱ、たとえひとつでも見逃せませんよねえ。最後の最後で、「怪盗はララ」。「ララは怪盗というより怪獣」。素晴らしい。一周目に見れなかったのが悔しい(笑)。
 
 大宅に関して言えば、他のノンパーティー女子の中でも、なんかプレゼント要求多すぎないか? 
 やたら「コープ進行なし」の回が多い気がします。
 相性占い効果なしのときもあったし、お参りはイヴェント関係以外では一度もしていない。
 
 一方でもらえたものは、銀座九兵衛(それは言ってないから)の湯飲みのみ。
 英語版が楽しみなのは(ところでPS4島国版で動きますよね?)、セリフの翻訳もありますけど、それは(P4Gの英語版を覗く限り)どっちかってとストレイトフォワードな表現のはず。
 
 きつそうなものには、まず品物の名前がありますね。「プレゼント」なんてどうすんだろう。「KGB49ベスト」ってそのままはないだろー。プーチンか。「うみゃあ棒」はなにか違うものになっちゃうんだろうし。「宇治抹茶プリン」も省略はいりそう。なにしろ、英文だと文字列の長さがはまりそうにない気がするし。
 「書籍」の名前もやばいですよね。見事な「省略の美」を期待しています(笑)。
 
 それと、言葉遊びがはまりそうにないのが「映画」の題名の語呂合わせ。「ダークバイト・ハイジング」って、洒落の意味さえいまいちわからんし。ブラックなバイトでこき使われてハイジンになっちゃうてこと? 「オレ・ミゼラブル」に至っては、元ネタを生かしてこの意味のまま英語にするアイデアが思いつきません。
 他人事ながらご苦労さんです(笑)。 
 
 さらには、授業中の「クイズ」、またはTVの「クイズ」。島国ローカルなネタ多いじゃないですか。しかも島国の法律がらみとか、島国の雑学王でなければわからんはずのものもある。
 数学関係はユニヴァーサルだからほぼセーフとして、英語の意味を尋ねるものなんて、ネイティヴにとってはそもそもクイズにならない場合があるでしょう。"cats and dogs"は知らないわけないでしょうし。そっくり別のものと入れ替えちゃうんだろうか。
 
 最後に、これは言語翻訳上の問題でも、ローカリティの問題でもなく、エシカリー、ポリティカリーにコレクト(倫理的・政治的に正しい)かどうかに関するものですが、エスカルゴさんなどのドラッグ・クイーン(クロスドレッサー)関係、インクルーシヴィティ絡みのネタ。ユリとかバラ絡みは今回少なかった気がするけど、多少の含意はありましたし。どうやってごまかすのか、ごまかさずにストレートで(じゃないけど、本来の意味からして)勝負するのか。
 
 ところで、ペルソナ・シリーズのジャーナリスト登場は、考えてみれば久々ですね。
 少し期待していた、七十すぎの「認知」に難のあるエロじじいではなかったけど。
 開発期間の長いゲームなんで、そうそう新しいネタを織り込むこともできなかったんでしょうけどね。
 
 ただし、ドナルドのセクハラ問題については、しっかり冒頭の禿のシーンで使われてましたねー。(いや、それこそリアルタイムの時系列から見ておかしいだろ)
 あちらのプレイヤーからしたら、「この島国の連中は、なにを他愛もないレヴェルの話で騒いでるんだ」と思っちゃうんでしょうか? 
 こっちは、オレンジヘアーのセクハラ暴言脱税親父が、熱核ミサイルのスイッチ持つかもしれんねんぞ、って?
 ボブ・ディランのノーベル冗談賞、じゃない文学賞よか、よっぽどシュールです。
 

2016年10月16日 (日)

二級じゃダメなんですか?(P5矢口高雄先生編)

 あの釣り堀、電車の窓から見下ろすことはあっても、(釣りの趣味はないんで)行ったことってないんですよ。四谷の弁慶橋の貸しボートと同様、「なんでこんな都会の真ん中に?」つう代表的スポットですが。
 貸し船も釣り堀も、場所は元の江戸城外濠ですね。トウキョウだって、ロンドンやパリに負けないくらい、河と水の街なんすけどねー。
 
 ところが、豊富な河川網の多くには首都高が上にかぶさってしまって、河だ水だ言われないと気がつかないことになってしまってます。あれ役人のせいにされてますけど、臭いから全部蓋をしろと言ったのは当時の住民たちだという説もあります。「大衆」の要求っちゅうやつでしょうか。
 
 個人的には、スカイツリーの展望台から見下ろす河川網がお勧めです。特に夜。ネットにも山ほどゴージャスな写真が出ているでしょうが、やはりご自分の眼で見るのとは感動が違います。騙されたと思っていっぺん足を運んでみてください。
 
 話を戻すと、その釣りでキレそうになりました・・・。二周目です。
 
 人間パラメーター・マックスで始めたとはいえ、根っからの貧乏性で、本だのゲームだの、ほんとにコンプがはまるのかと不安になり、できるだけ余計なことはするまい、と心がけている。パレスは必要最小日数でクリア(Easy難易度ですからどうとでもなる)、メメントスに潜る回数もできるだけ減らして、ミッション四つくらい溜まらないとやらないなどとしている。
 
 メインプロットと直接関係ないトロフィーは、最小負荷(ゲーム内日数という意味)で済ませようと思っていた。
 もちろん、PS4のトロフィー管理はセーヴファイル管理とは別ですから、過去の適当なセーヴファイルを引っ張り出して、トロフィー狙い専用でプレイする手もありますよね。個人的にはほとんどやらないけど、やっていれば下に書くような苦労はいらなかったかもしれない。
 
 バッティングセンターは、二回目の入店で夢のホームラン&猛打賞ゲット。(まだ新宿がスポットになる前のため)あの指南本は使わず、ただ読むだけの意味しかなくなった。センターにはそれ以降通ってません。これはまあ良い。
 
 問題は釣りです。バッティングは運と技術(とリセット・リロードを繰り返す根気)さえあれば、一回目コンプもできるのかもしれない、つうかあたしが二回目でできたんだから、条件は何も変わらないはずなんで、できるでしょう。
 
 釣りもテクだけなら、ほんとはそうなのかもしれないが、なにしろ専用の餌を手に入れるだけで一回かかる。
 釣り竿については、一周目で一回行ったきりのとき交換した(釣り堀で貸してくれる以外で)一番安いやつをゲットしており、それが手元にあったので、周回を跨げるようだ。餌は違うぽい。
 
 二周目の一回目は釣りポイント集めに徹して、試行錯誤(別名リセット・リロード)を繰り返し、豪雨の夜に行くのがポイントもらい易いということがわかった。釣り竿も大事なのかと思って二回目(雨の日だがやつはいなかった)のポイントで良いものに変えた。
 三回目はゲリラ豪雨の夜で、やはりやつが登場。
 
 ヌシ様がチート的に強烈なタフネスを有しているのは、何度もリロード・リセットを繰り返したのでよくわかりました。それについては、延々とリロードを繰り返すことで活路が見い出せた。
 あいつ、餌に食いつくまで他の魚より間合いがあるじゃないですか。カイティングできちゃいますよね。ここで言っているのは餌の投入と引き上げを繰り返して、手元に寄せることですが、もちろん気まぐれな奴なんで、相当な根気は必要とします。
 
 とはいえ、二番目に良い釣り竿(表題の「二級」はその「二級品」の意味)では非力なのか、何度も何度も(リロードしても)取り逃がす羽目になり、これは釣り竿を変えないといけないのかと思い立った。三回目に集めたポイントで最高級の釣り竿をゲット。
 
 四回目。やつが現れた夜に、今度こそ最後の挑戦と心に誓い、真剣勝負を挑む三平(誰?)。
 前述のとおり、お堀の手前三分の一、欲を言えば四分の一くらいまで引き寄せれば、そして運が良ければ勝ち目はある(実際に結果がそうでした)。リアルの丸一晩かけてわかった戦法です(笑)。 
 
 だがそれも、やつ(ヌシね)と三平(だから誰だよ)と、一対一の場合の話。
 あたしの失敗は、最高級の釣り竿と、特製餌だけ持って、勝てると思ったこと。
 
 あの餌、他の魚が食いまんねんで!
 それはないだろう。特製の餌を、どうしてちっちゃーい金魚みたいなやつが食っちゃうのよ。絶対おなか壊すでしょ!
 最初にそれやられたときは、思わず愕然として、釣り竿ならぬコントローラーを取り落としました。
 そうか、周囲の雑魚(つっても十分大型のもいる)をあらかじめ排除せなかんのか!
 
 ところが、手元に残っているそれ以外の餌は、中型用ふたつと、小型用ななつ(ただでもらえるやつ)。
 やつの初期位置は何度リロードしてもあまり変わらない。周りには様々なサイズのおちゃかなが、わざとらしくうようよ。
 絶望時の士気チェック、失敗・・・。
 
 釣り堀に通うの四回目なんで、これで十分「手数」をかけているはず。これ以上は無駄で、もう釣りにかまけている場合ではないのではないか。その影響で最後にあのゲーセンのガキ・・・、キングのコープのコンプができないとか我慢できない(いや、あいつ昼の部だから夜は関係ない)。じゃあ、読書とゲームの日数が不足とかなったら目も当てられない。
 
 まず、付近にいる小型をできるだけ釣り上げる。中型も餌の数だけ排除。
 大型には手が出ないが、やつらの動きは遅く、しかも図体がでかいだけあって、視界野も狭い。ヌシの動き以外に目を配らなければならないのが面倒だが、ちっちゃいやつのゲリラ的動きに比べればなんとかなる。
 
 それ以降、餌を投げては引き上げ、ヌシがそっぽ向いて遠くに行っちゃったらリセット・リロードし、投げては引き上げ、リセット・リロード・・・。(結局大型魚に餌を取られたことはなかった)
 とうとう、あり得ないくらい近づいてきたやつの鼻づらに餌を落とし、ほとんど瞬殺! トロフィー開放、チャリン!
 
 その時初めて知った。最高級の釣り竿と二級品の差は、耐久ポイントたった一回の違い!
 意味ない! あたしの投入・引き上げを繰り返すカイティング戦法にとって、耐久力一個分の差はほとんど意味がない!
 
 さらに言えば、カイティング技術さえ極めれば、特製餌としょっぱい釣り竿(と運)だけで、なんとかなっちゃったのかも? 最小必要回数は、実は二回?!
 
 そんなに無駄な「手数」を気にするなら、トロフィーもらえたんだから、また古いファイルをリロードして、ゲーム内では何もなかったことにすればいいじゃん?
 それができたらこんな苦労はしない。筋金入りの貧乏性なもんで。

2016年10月15日 (土)

二夜じゃダメなんですか?(P5メメントス編)

 ゲームは、一日一パレス。
 
 二周目開始時に、そう心に誓ったのですが、とたんにしょーもないリアル・コミュが発生して一晩で吹き飛び、挫折した。今ようやく三パレス目終了。
 
 リリースからちょうど一か月。最近、ここまで集中的にプレイしたゲームはありません。
 わけあって、PS2時代のヴィデオゲームは、ほとんどリアルタイムでプレイしていないあたしは、P3、P4ともにP3P、P4Gではじめてプレイしたわけで、ペルソナ・シリーズをオリジナルでプレイするのはP2以来。リリース直後となると最初のペルソナ以来となる。
 
 「二番じゃダメ」表題シリーズも、絶望的に辛くなってまいりました。ストックは底をつき、あと数回分でおしまい。しかもほとんどが、エンドバトル(および二周目プレイ)関係のネタバレありでございます。
 「二夜じゃダメ」は既出の「二晩じゃダメ」とどこが違うねんとつっこまれると困るのですが、それを言ったら、オリジナルのあれだって、人口に膾炙してしまった「二番じゃダメなんですか?」ではなく、正しくは「二位じゃダメなんですか?」ですからね(言い訳になってねえよ)。 
 
 ラストのメメントスは、クリスマス・イヴたった一晩だけ解放される。クリスチャニティに喧嘩売ってるつもりなのだとしても、 おそらく通じない。そんなことよりも、恋愛マックスの相手をとっかえひっかえ選んで、つまみ食いさせないように、イヴの夜を過ごすLI(ロマンス相手)選びのタイミングを、エンドバトルの直後に(ファイルセーヴのチャンスを与えないまま)ぶちこんだつうほうが真相でしょう。
 
 そんな殺生なあ(いや、ラヴロマンスではなく、一夜限りのダンジョンのほう)、心の準備もなにもなく、一発こっきりの勝負で突入するのかあ。いくら師走でもせわしないなあ、と思っていた。 
 メメントスから切れ目なくラスト・ダンジョンに突入となるので、たった一晩だけ解放されるしか手がなかった、というのは後からわかったこと。渋谷があの状況で、「うわ、大変だな。ほんじゃ今夜はここらへんで、風呂入って寝よう。またあしたー、サラダバー」とか言って、京王線とかJRとか田園都市線とか乗って家に帰っちゃいけません。
 (そういえば、どうして主人公は三軒茶屋から渋谷まで東急線で行って、そこで銀座線に乗り換えるんでしたっけ? 田園都市線(半蔵門線)で一発じゃないの?)
 
 それと同時に、コープ関係もここで打ち止めになるって寸法ですね。
 
 手元のP3P、P4Gの攻略本を紐解くと、それぞれ翌年一月末、翌年二月中頃がコミュ締め切りとなっており、P5もそんな感じかなあと想定していたのですが、今回はずっと早い。
 それがわかっていればコープ集めの対処もできたが仕方ない。
 逆に言うと、前二作ほど、コミュ(コープ)集めが複雑で込み入ってるわけでもありません。シナリオ自動進行のコープが多いのは楽。
 
 メメントス最深部については「パズルがおもろいなあ」くらいの印象しかないですけど、やはりここでようやく触れることができる、触れるべきなのは「八つの大罪」についてですね。
 
 あたしは、冒頭から「大罪」の処理の仕方に大変興味があってメモしていたのですが、問題は七つなのか八つなのか予想することでした。トロフィーの欄を数えて、おそらく「八つ」だろうと思っていた。ところが、そうなるとどうしても「怠惰」が余ってしまう気がしました。
 「色欲」、「虚飾」、「暴食」、「憤怒」、「強欲」、「嫉妬」、「傲慢」。コンテンツ的には「嫉妬」が苦しい気がするのですが、まだまし。「怠惰」はハマらないなあと。(当初、古い「大罪」版で「怠惰」のことを「憂鬱」と考えていたのですが、それでも同じこと)
 
 DAシリーズのディーモンは「悪徳」(vice)が具現化したもの(逆に「美徳」(virtue)が具現化するとスピリットと呼ばれる)という設定で、緩く「大罪」をリファーしているのはご存じの方も多いでしょう。
 序列は低いほうから、Rage(憤怒)、Hunger(飢餓)、Desire(欲望、我欲)、Sloth(怠惰)、Pride(傲慢)となっていて、だいたいP5の「大罪」パレスの後半とマッチしている。なお、Envy(嫉妬)はDAIまで登場しない。
 DAOでは、この序列に従って、その名もスロス(Sloth)、「怠惰」のディーモンが登場してきましたけど、まさかねえと思っていた。「怠惰」を表象化した「敵」って難しいですよね。それこそDAのスロスみたいに、「にいちゃん、もう闘うの面倒だからやめっぺ、勝ったって大した意味ないじゃん」となってしまうのは目に見えている。
 
 そうしたら、「怠惰」なのは「大衆」だ、ときやがったわけですね。P5のネタバレは、判明してから「あらかじめ気づけよ自分!」と思うものが多いのですが、これなんかまさにそうです。
 
 口半開きでマウス・クリック(ボタン・マッシュ)繰り返しとけば済むような一本道ゲームとか、ホストクラブのドラマみたいな、記憶に残す価値もない、しょーもないセリフしか吐かないゲームとかならともかく、トリックスターを題材にして、いくつものプロット上の仕掛けに凝りまくったRPGゲーム。時間に追われてあせってプレイしてはいけないってことなんでしょうね。むしろ「改心」が必要なのは、「思考停止」(=怠惰)の罪を犯していたあたしだったか(笑)。つっても「大罪」というよりは、いわれのない「不安」が理由なんですけど。
 
 ベルベット・ルーム、そして渋谷結界については次以降の記事で。

2016年10月14日 (金)

二面じゃダメなんですか?(P5"Masquerade"編)

 これでP5は四曲目ですかね。この曲もアニヴァーサリー版CDには、オルガン・リードのインストルメンタルしか収録されていません。
 オルガン大好きなんで、その曲も百回聴いてますけど。
 歌入り版は、ゲーム内の「ルブラン」(夜)でお聴きになっているものですが、オフィシャル・サントラCDのため取っておいて、またさらにぼったくるつもりだろうが、なんでもいいから早く出せ。 
 おっと、正式な題名は"Beneath the Mask "だった。あたしゃずっと"Masquerade"だと思っていた・・・。"Behind the Mask"というと、これは往年のYellow Magic Orchestraの、て長くなるからやめよう。
 
 またしてもネイティヴ衆とあたしの「歌詞の曖昧な点」は同じようです。
 以前の曲でもそうでしたが、滑舌が悪く、聴きづらいところ、ネイティヴ衆も「エイやっ」と、てきとーな言葉で埋めているだけのようだ。突然まるで意味が通じないところがある。
 この曲も、意味が通じないところが少なくとも一、ニか所出てきているので、(仮置きされた)英語は無視して意味が通じるようにした(* で示しておく)。
 
 歌詞自体は単純明快。
 よくよく考えると「ペルソナ」シリーズで、「仮面」=疑似アイデンティティを正面から取り上げたっていう作品は「初」なんですね。「ペルソナ」自体の原義は、ご承知のとおり演劇で用いる「仮面」ですから、これは意外でした。
 「ペルソナ」が人間の外的側面を示すというのは、心理学者ユングの考案した概念ですが(内面は男性的・女性的側面で区別してアニマ・アニムス)、ゲームのペルソナは、むしろ同じユングが考案した「元型」(アーキタイプ)の発想に近い。
 
 アトラスの作詞者は、やっぱここでも"a shape shifter"とオタク用語をぶちこんできてはりますけど、これは説明不要でしょうか。「妖怪変化」いうときの変化(へんげ)ってそういう意味でしょう。DAのモリガンですね。DnDの"shifter"はドルイドのプレステジクラスだったことがある(DnD3.x)。
 出会った相手そのものに化けるのは、「ドッペルゲンガー」ちう化けものですね。これもシフターの一種でしょうけど、英語ですと「ダブル」。ドッペルゲンガー(ダブル)に出会った者はほどなく死ぬ、と言われてます。
 
***
 
今までどこにいたの
ずっと探していた
夜ひとりで耐えるなんて無理だから
糸口はなく
兆しもなく
手がかりさえない
本当に問うべきなのはこれ
私は今までどこにいたの?
 
私の姿は変幻自在
マスカレイドを気取って
顔も心も仮面の下
ご想像は お気に召すまま 
私の姿は変幻自在
他のなんだと思うの
私の仮面に手をかけないで
闇を暴かないで
 
静寂の瞬間
隠し立てるものもなく
鏡の前に立つ
そこで見つけたものは
虚ろなガラス
映し出すのは酸鼻な真実
人に言われるよりなお辛い
あの仮面がほしい
 
私の姿は変幻自在
マスカレイドを気取って
顔も心も仮面の下
ご想像は お気に召すまま 
私の姿は変幻自在
骨の髄までがんじがらめ
私の仮面に手をかけないで
それは隠れ家
 
教えることはできない
どうすれば私が見えるかなんて
骨でできた檻と一緒
中には何もない
私を解き放ってくれるの
回りの壁を焼き崩して
手段があるのかしら
抜け出すための
 
私の姿は変幻自在
マスカレイドを気取って
顔も心も仮面の下
ご想像は お気に召すまま 
私の姿は変幻自在
お見せする顔は元からない
私の仮面に手をかけないで
それは隠れ蓑
 
***
 
Where have you been
Been searching all along
Can't face it while alone at night
Without the clue
Without a sign
Without grasping neck*
The real question to be asked:
Where have I been?

I'm a shape shifter
I pose masquerade
Hiding both face and mind
All free for you to draw
I'm a shape shifter;
What else should I be?
Please don't take off my mask
Reveal in dark

Moments of calm
Nothing left to be found
A mirror right in front of me
That's where I found
An empty glass
Reflecting acid truth
It's only worse than to be told
I need that mask

I'm a shape shifter
I pose masquerade
Hiding both face and mind
All free for you to draw
I'm a shape shifter
Chained down to my core
Please don't take off my mask
My place to hide

I can't tell you
How to see me
Just a cage of bones
There's nothing inside
Will it polish me*
Burning down the walls
Is there a way
For me to break

I'm a shape shifter
I pose masquerade
Hiding both face and mind
All free for you to draw
I'm a shape shifter
Have no face to show
Please don't take off my mask
My disguise
 

2016年10月11日 (火)

二律じゃダメなんですか?(P5双子編)

 N・T・B・R
 E・A・A・E
 
 最低一周クリア、いま二周目中が前提のコンテンツです。
 さて、これまで記事二つは手なりで流してきましたが、ここは根性いれないと。
 
 もーっ、ロマンスないの?!
 惚れた。惚れました。
 いやいや。カロリーヌでもジュスティーヌでもないよ。
 ラヴェンツァやばい。
 ほんとに、ロマンスないの?!
 マリイにはあったじゃん! 
 
 主人公と一緒にルームに入るときの立ち居振る舞いさえもが、優雅つか、かわいいつか、ほんま、もーたまらんのですよー。
 二周目以降、ルーム前ラヴェンツァ常駐をオプションで選べないのかなあ。
 それじゃ物語が破たんする? 知るか。もうネタわかっとんねん!  
 あのイケ好かないメンズの壁紙売るくらいなら、彼女のを売って! 倍の値段で買う!(それこそネタバレじゃん)
 
 なに? お前、「ロリーはダメ」とか言ってなかったか?
 言ってません。メガネっ娘とAカップ未満にはイミューン(まるで興味なし)とは言ったけど。
 だいたい青い人たちに「ロリー」とかあんのか? 年齢とかあんのか?(なんで逆ギレ?)
 うぇーん、エンディング近くのごく短い期間しか登場しないなんて、そんな殺生なあ。
 (ただのパツキン好きか?)
 
 ちなみに、巷ではカロリーヌ・ジュスティーヌにぞっこんな輩が増加しているようですが、あたしはないなあ。やっぱ結果論だけど、両極に寄りすぎていて、ちょっと人間離れしちゃってる(つか人間ちゃうし)。
 あと、二周目になってからの双子の理不尽な強さに腹が立つ。とりあえず初戦はレヴェル14あたりで挑んで、わずか3ターンでノックアウト。
 あたしゃ「はよクリアしないと」と思って、時間に追われ、ペルソナ登録は一周目90%であきらめたんですよね。いやいや、必要だろう、まともに戦うには最上級のペルソナたちが。うーん、悔しい! 出張が憎い!
 あわてて、買うつもりなかったペルソナDLも三つ買ってしまった。時間を金で買ったつもりになってたが、これらも役に立たねえなあ。やっぱエンディング近くまで回せっちうことか。
 
 OXYMORONで、撞着語法。矛盾する二つの言葉を重ねることですね。「無知の知」、「小さな巨人」、「不規則なパターン」、「耳を聾するばかりの静寂」など。「優しい悪魔」とか「残酷な天使」とかはちょっと違うと思うけど。悪魔は表面上は優しいですし、天使はそもそも力の行使者ですから、残酷ですよ。
 あ、それこそ「義賊」が結構いけるかも! 英語では"chivalrous robber"か。んー、微妙かあ。あと、英語の辞書の例としてロビン・フッドが出てきて、また無性に腹が立った。
 
 でもって、矛盾を堅苦しくいう場合の「二律背反」から「二律」。きれいじゃないけど、まあ最初のころに思いついていた、「2Pじゃダメ」とか、「二●じゃダメ」(自主規制)とかの下ネタよりはぜんぜんいいだろう。
 でもでも。まさか合体するとは。そしてあんな美形になるとは! 
 たしかに、振り返れば「おかしい」と思わなければならない点は多々あった。
 二周目をプレイして、「あ、そういえば一番最初に、確かにちょうちょがとんでたなあ、どんだけさくっと記憶とばしてんねん」とか、自分を責めた。
 ふたりが同じ声優さんであることも、オチを知ってから「あっ!」と思って調べて知ったという体たらく。
 
 絡めていえば、「鼻」の声優さん。あれに騙されたあ。メタフィクション的に。
 あのお方、おなくなりになっちゃったじゃないですか? P4リリースのあとでしたね。合掌。P4G系は録音音源ですか。
 ごく普通の声優交代だと思っちゃったんだよなあ。しかしきたねえよなあ、声優さん逝去に伴う交代まで謎ときに使う手口が。エシカル(倫理)的にどうなんだ(負け惜しみ)。
 トリックスター的には、それこそが開発サイドの一番上出来な仕掛けだったんじゃないのか。お見事というしかない。
 
 さらにさらに。モルガナ(いや、それは別な記事「二色じゃダメ」にとっておこう)
 
 うーん。悔しい。でもラヴェンツァ登場してうれしい(笑)。カタカナで名前打つのがいちいち面倒だけど。
 これこそ「負けるが勝ち」、「うれしい悲鳴」、「損して得取れ」ってか。(最後のは、微妙にオクシモロンちゃいますけどねー)
 

二歩じゃダメなんですか?(P5アルティメット・キングダムなんとか編)

 ネタバレーっす。
 
 うーん。二周目にしてバッティングセンターに初挑戦したんすけど。入店二度目にしてホームラン+猛打賞とか・・・。トロフィー開いちまったじゃねえかっ! 釣り堀に比べてちょい安易じゃない?
 賞品もなんだかしょぼいし。ピッチングガンのスピードがあがるといいことあるんすかね? 
 
 でも、実質これでもう行く必要がない? いやそうじゃないんですよね・・・。一周目、すでに書いたとおり一度もあそこ行ってないのに、店の前に立ってたあんちゃんが「上達するには新宿で本買わなくちゃな!」とかつぶやいていた。バグ?かどうかしらんけど、読書の情報もうけ!
 
 さて、加藤さんじゃない一二三さんのお話ですが、加藤一二三九段(んーと数字が並んでいるけど、九段は段位ね)をご存じな方はどのくらいいらっしゃるんでしょうね? ゲーマーと将棋ファンってどんくらいかぶってるんだろう? 実際、あんまりかぶっていない気がします。
 東郷システムは、「藤井システム」(藤井猛九段考案の、四間飛車による穴熊つぶしの手口)のもじりってどのくらいの人がわかってるんだろう? わからんでも何も困りませんけどね。
 といっても、あたしだって穴熊全盛あたりまでの事情しか知らんもので、藤井システムについては職場の詳しい人たちから聞いただけ。
 
 表題は、「歩」(歩兵)という自分の手駒を、すでに自分の歩がある同じ筋(縦の列)に打つことができないという、将棋の代表的「禁じ手」。発見された時点で即反則負け。最近でもプロ棋士が、この二歩で反則負けしてましたが、ごくごく普通に、よくあるケースらしい。
 なんで禁止かというと、「飛車」という強力な駒の前に「歩」が二枚も守っていたら、強くなりすぎて面白くない、という理由だそうだ。あのいけ好かない野郎みたいに、回復するモブとか、盾代わりのモブとか引き連れている中ボスみたいなイメージです。しかも一回倒しても「成る」し。
 
 なんで将棋指しの居場所が神田の教会? 実在する「神田カトリック教会」がモデルと思われますが、その心は、カソリック教徒である加藤九段にちなんでいるんでしょうね。
 ゲーム設定的には、「法王」編でも場所を使いまわせるんで、開発負荷も下がってよござんすという感じでしょうか。
 
 なんでアルカナが「星」なのかっていうと、これはきっと簡単ですね、ひとつは棋士の「星取表」のことでしょう。もうひとつは「アイドル」、スターの意味もあるんだろう。本来のタロット(タロー)の意味的にも、「希望」、「ひらめき」、「かなう夢」などあるんで、まあまあぴったり。
 
 なんで「棋士」かっていうと、これはもう作中でも言っているように、物語自体が「謀略のチェスゲーム」ってことで、バトルもチェスよりは(ペルソナを奪って仲間に引き入れる)将棋のほうがぴったり。個人的には、島国ドメスティックなゲームがUS版でどう扱われているか、とっても楽しみ(笑)。
 
 「東郷システム」まで使っているので、作り手には将棋に詳しい方がいるんでしょうけど、最初の「駒さばき」から、コープスキルにはかなり期待したんですよね。でも「成り金」が残念すぎた。次にもらえる予定のスキルの説明読まない悪い癖で、なんかペルソナが「化ける」とか、スキルが「変わる」とか、そういうのかなあと勘違いしていたもんで。
 
 ちなみに、「王(玉)将」、「金将」、「飛車」、「角行」以外の駒は、敵陣(相手側が最初に駒を並べる端三段)まで到達すると、金将と同じ動きができる駒に「成る」ことができる(義務はないが、成らないとそれ以上動けなくなる場合には例外的に義務が生じる)。「成る」と宣言する際は駒を裏面にひっくり返す(裏には「金」と書いてある)。「成金」の語源。
 「飛車」、「角行」は金将以上に動きが強力な駒になることができる(こちらも義務はないが、動きは成る前の動きを包含しているので、成らずに敵将を詰むことができる(ゲームに勝って終了する)場合以外、成らない理由がない)。
 「歩」が成った場合は「と金」と呼ばれるが、「と金」と「歩」が同じ筋にあっても二歩にはならない。どうして「と金」と呼ぶのかは、P5内でも触れていたはず。授業ちゃんと聴いてた?
 
 よくよく考えたら、彼女のコープスキルはすべてバトル内のものでした。「投了」はEasyではほぼ不要で(ネズミになってたときは欲しかったけど!)、最後の「東郷システム」こそ、早く手に入れたかったと後悔しています。 
 
 美しすぎる将棋棋士って、誰がモデルか知らんけど、あたしらのようなおっさん連中ですと「今からトツゲキしまーす!」のネタしか思いつかんのですよ・・・。おこちゃまの時代から将棋ばっかやってたもんだから、世事には疎かったのかなあ。それともミドルエイジ・クライシスってやつだったのか。このネタ知ってる瞬間に、おっさんなんですけどね。
 
 とまあ、彼女の話がちょっと薄味なため、色々ごまかして膨らませて盛ってきましたが、他の記事より明らかに中身が薄い気がする。どうすっぺ。(手詰まりで投了とか言うな!)
 これって「娘のために手段を選ばない、強引なステージママもの」と考えれば、含意をどうとでもくっつけられるってことですが。うーん。宮沢りえさんしか思いつかない・・・。
 
 そういえば、これは一周目気がつかなかったんですが、彼女もおイナリと同窓なんで、ワイハーに来てたんですよね、十月。そこまでにロマンスって成立するのか?
 二周目でやってみましょうか。つっても今度のお相手は、真命でぶれないつもりなんですけどね。
 と書いたら、P5を垂れ流している横のディスプレイに真が(図書館以外で)初登場!
 ぶ、ぶれませんから!(まだ本人と名乗りあってもいないのに)
 あの修羅場での真はめちゃ怖かった。覚悟してました。
 「鉄拳制裁っ!」
 「骨身に染みたでしょっ!」
 「みんなで殴ればすぐに済むっ!」
 
 という風に、二周目はマダラメの前準備の段階まできました。
 んー、やっぱRPGはまったりプレイがいいですねえ・・・。プロ将棋指しのように、親の仇でも討つみたいに、命を懸けてやるもんじゃないですね。
 一周目、セリフも含めて、どれだけ中身を見落としていたかがはっきりわかります。
 

2016年10月10日 (月)

二儀じゃダメなんですか?(P5十万円返せ編)

 ネタバレ、ネタバレ。
 一周目、なんとかクリアしました。プレイ時間はゲームの時計によれば130時間ちょい。おまけ部分をまるでやっていないので、トロフィーは60%台(笑)。今、まったりと二周目をプレイ中。
 
 悠々とした気分でスタートしたところ、いきなり「お寿司行きましょうよ~(黒はぁと)」みてえなセリフ吐く野郎が出てきやがって、とたんに殺意を覚えてしまった。
 冴さんの「回るやつね」を、ご唱和してしまったのは内緒。「えー」とか言いやがったんで「殺す」レヴェルもそうそうにマックスアウトですわ。
 
 クライマックス編に進む前に、今まで触れていない、ロマンス+マックスアウトした何人かについて、超苦しい表題とともにお届けする予定です。最近のゲームの「旬」は一か月くらいで終わってしまうから、あんまりのんびりもしていられない。
 
 まず、新宿の母編。でも調べたら、新宿の母って、手相占いとかなんですね。タロット(タロー)ではないだろうと思っていましたが、昔よく歌舞伎町あたりで見かけたのは易者。今はどうなんでしょうね。歌舞伎町自体が様変わりしてしまったし。
 雨の日は休業ってのも、現実にはどうだったんだろう。商売成り立たないんじゃ?と思いつつ、ぬれねずみで占いを聞く酔狂な客もいないのか。
 
 易者が占うのは八卦(はっけ)。そそそ、あたしの知る限り、ファミ通でずーーーっと占いのページを担当されている福田先生のご専門が易学(およびその亜種である風水学)ですね。
 ご承知の人もいるでしょうが、八卦とは、「太極」(混沌とした世界の一を意味する、太極拳のあれ)、「両儀」(陰陽、すなわち天地(乾坤)に分かれた世界の二を意味する)、「四象」(所説あるが、四季・四方を表す説が有名で、ご存じ青龍・朱雀・白虎・玄武の四神のこと。西側のあちらでいうエレメンタル)、そして「八卦」(運勢の吉凶を定める)と続く、宇宙創成の原理に基づくもので・・・、すなわち「八卦」は2の三乗、易経の「六十四卦」は2の六乗、とかいう堅苦しい説明が必要なのは、すべて表題のこじつけを言い訳するためですが・・・。
 その「両儀」が「二儀」ってことです。ちゃ、ちゃんと辞書にありますからねっ。麻雀だって「二」(アル)は「両」(リャン)と言い換えますからねっ。(ムキになるなよ、結局タロットと関係ねえし)
 
 あの占い師に関して言いたいことは、 いっこだけ。いろいろな事件があった記憶はありますが、あたしが気にしていたのは、「十万円いつ返してくれるんだ?」のみ。バイト学生にとっては大金でしょう。返してくれてもマイナス金利時代の影響か、利子分はちゃい。
 
 でも占いで五千円は安いんですよね。交流範囲の無意味に広いあたしの知り合いには、職業占い師の女性もおりましたが、見料って調子のってくると数万円ですよ(もちろんあたしは占いには払いませんよ)。芸能人で騙されて人格改造された人のゴシップ記事とかですと、もう桁がそこからひとつも二つも違うでしょうし。
 
 前にも書いたかもしれませんが、客商売のお店や、何かのイヴェントで、人集めの工夫がほしいという相談を受けると、必ず「占い」と答えていた。女子は占いに目がない。鉄板コンテンツ。さらにいえば、ちゃちゃっと手引書(タロットならおまけの取説)でも読めば素人でできてしまう。大した見料さえとらなければ、占い師ギルドが殴り込んでくることもない。
 
 そういう占い師のいかがわしさをマジメに追及した、あちら(UK)の数学者(心理学者)の書いた「コールド・リーディング」に関する本を読んだことがある。 "cold reading"の"cold"は、適当に電話かけてくる勧誘商売の"cold call"のやつと同じで、「飛び込み」、「だしぬけに」、「その場でいきなり」的な意味。"reading"は解釈、物の見方のことですから、「占い」そのもの。つまり、相手のことを調べるなどの特段の準備もせずに(潜在的な)客と相対する、応答するってことです。
 
 結局、占い師の使うような筮竹(八卦につかう竹の棒のセット)も、タロットカードも、手のひらですらも、ツール自体に意味はなく、ミスディレクション(めくらまし)的な効果と、こじつけた結果の「証拠」に見せかける効果をもたらすのみ。大事なのは、占いを始める前(あるいは占っている際中の)客との間の何気ない会話なんすね。
 そこに「心理学的」な(もっというと数学的(論理学的)または統計学的な)知見が活用されて、結局この客は、どのような答えを求めているのか最初からわかっちゃうんだそうだ。
 
 さらには、占い師が答えを決めつけるのではなく、むしろ質問を繰り返すことで、できるだけ相手に答えさせるのが重要。真意がどうとでもとれるような、ダブル・ミーニング的な質問をする話術も武器になる。そうなると精神分析医と何が違うんだっつう話ですけど、結局、手法は違わないんでしょうな。分析医のほうは、「無意識下の自分で気づかない、むしろ認めたくない心」を発見するのがお仕事ですが、占い師のほうはむしろ「意識下にある、早く認めたい、大声で叫びたい心」を言わせるのが手口ってところが違うでしょうけど。
 
 どだい、占いの語源こそ、「うら(心)の中」ですから、将来を占うというより、いま自分がどうしたいか(何を本当は望んでいるか)を「当てる」というのが王道で、儲かる占いってことでしょう。「お前はいついつ死ぬ、命数は数えられた、以上」ってやってちゃあ、占い師の命数が尽きてしまう。
 
 あの新宿のねえちゃんは、そんなロジックで占うのではなく、本当に相手の未来が予知できてしまう「ばけもの」、フォーチュンテラーなんでしょうけど。主人公とのロマンスを含め、自分の未来も予測できなかったというオチ。
 ま、オカルト、サイファイなどでは定番ですよね。プレコグ(予知者)は自分の運命はわからない。だって、わかったら不幸ですよ、自分の死ぬ瞬間が予知できるんだから。
 
 あと、あれは島国の南のほうのなのでしょうか、方言萌えを狙った「田舎者」属性とかも胡散臭いよね。かつて某アイドルグループにも、まんまいたんだけど、いまの若者言葉でいうと「あざとい」。(お前もファンだったんじゃねえのかい?!)
 
 オカルト・ビジネスについては、例外なく「ぱちもん」と思っているので、引っかかるほうが悪い(お前も十万円出したけどな)。
 ホーリー・ストーンとか嘘くさいのではなく、いっそ死者の霊魂を召喚して喋らせて、そのまま本にしてベストセラーを連発する幸ふ・・・、んー、太陽の科学の「巫女」とかだったら、面白かったんですけどねー。やっぱアトラスごときでは、巨大な勢力とは戦えないかあ。
 誰かのネタで読みましたけど、いかりやさんの霊魂を召喚して「ダメだこりゃ」と言わせてほしいですねー。

二院じゃダメなんですか?(P5池田さん編)

 ネタバレありまーす。
 
 ようやく、このくだりまでたどりついたわけですが、ブログでは。
 プレイのほうはクリスマス・イヴもおわり、いまは「セーヴなにそれ?」のシナリオ自動進行を、ただただ眺めているだけです。つか、なげえよ。
 
 まあ、今更っつう気もするんで気乗りしないけど、禿のパレスの話でも書きますかあ。省略するわけにもいかんだろうし。
 「船」はわかったんですけどね、演説で「船出」言ってますからね。一番最初に「舵取り」も言ってたらしいけど。国会議事堂なんだけど、船の上には参議院も衆議院もねえみてえなデザインだし。そのくせ中には(どっちかわかんないけど(注))議場がひとつだけあるんですよね。ここまで苦し紛れの表題の言い訳をしてるだけなんですけど。
 
(注)調べると、陛下の御座所(おましどころ、ござしょ)で見分けがつくようです。もとは貴族院だった参議院は議長のすぐ後ろ。平民の集まりだった衆議院は、議長の頭上から見下ろす場所で、敗戦によって陛下が「人間天皇」になられてからは使われていないようだ。パレスのやつはうろ覚えですが、記憶をたどるとやっぱ衆議院のほうだったかな?)
(ニ周目でわかりました。扉にRepresentatives Chamberとあるので衆議院(のつもり)ですね)
 
 禿(の認知)にとっては、議場なんて最初からいらねえんじゃねえのかな。速攻で独裁者になるっつう展開じゃないのか、と思ってたんですけどねえ。
 だって、船の周りは島国沈没っていうネタなんでしょ?
 
 ま、そんなことはほんとにどうでもよくて、禿の声が池田さんってのに、最初からとっても違和感を抱いておりました。
 池田さんがいいとか悪いとか、そういうのではないんだけど、声優さんにあまりに特徴がありすぎるってのはどうなんでしょう? それ言ったら杉田君のおイナリも、あたしにとっては銀さんでしかないんだけど。
 あちらのファンで、P5英語版は島国語・英語のツートラかと思ったら、英語版(吹き替え)しかないということを知り、怒りたくってる人がいるようです。竜司の声優さんのファンだとか。
 
 本作のパズルは、いくつかありますけど、難易度といい長さといい、どれも優れものと思っています。「キャサリン」はお試し版しかプレイしてませんが、あれが試作品みたいなもんだったらしいですね。
 ただし、ここのネズミのはちょっと長い感じ。面白いっちゃ面白いんだけど、仕掛けのヴァリエーションがそんなにないもんで、途中で飽きちゃった。
 
 モルガナがネズミになるつうネタで、繰り返しギャグでもあるのかな、と思ったけど、特になかった気がします。バトルでモルガナがネズミにされちゃったのって、ずっと最初のほうの一回か二回だけだったし。Easyでプレイしてるから、敵にあの技を使う機会を与えないで終わっちゃうからでしょうか。
 一遍だけ、移動にしくじって包囲されちゃって、「逃げろー」(まだ「投了」とかは知らない時代)って場面があったんですが、あそこは受けました(笑)。アップでよく見るとそれぞれのネズミが誰かわかるような顔してんすね。細かい。
 
 杏ちゃんたちの水着姿とか、女子連プラスおイナリそれぞれの活躍場面といい、色々と見どころは多いパレスですけど(よく考えたら、竜司にも最後の最後で見せ場ありました)、やっぱあのわけわからん踊り踊るピノッキオ野郎に触れないといけないのか。 あたしの激しい怒りについてはもう書いたし、やーさんとのバトルのあとでセーヴさせねえのがありえない、許せないっつう怒りはまるで収まってないんだけど、もういいや。
 
 和製RPGをプレイしていて、いつも思いますが、ゲームのラスボスならともかく、中ボスごときがバトルで一遍負けても死ななくて、「そろそろ本気出すか」ってなんか違うものに姿を変えるの、もうやめたらいかがでしょうか? やたら時間ばっかかかるし。
 最初から全力でこいや!
 
 んー、船の上では、あの野郎だけじゃなくて、禿のほうもそうだったからね。 
 なんだか、デザインがプアだってことを、見せびらかしてるだけのような気がするんですけど。それってすっげえ昔にFFかなんかが「発明」した手法のまんまで、もう30年近くやってるっちゅう話でしょ? 島国ゲー、そろそろ変わろうよ? ペルソナ・シリーズには限らないんですけどね。
 
 あと、ピノッキオにしろ、禿にしろ、もっと無様に負けて倒れないと、怪盗団のピカレスク(悪漢)RPGって感じしないと思いません?
 つうか、メインプロットのネタ、ゲームをほぼほぼエンディング近くまでプレイしてから書くもんじゃないですね。書いている自分が、完全に興ざめしてるわ。
 おおっと、ディスプレイでは、杏ちゃんとふたりっきりのあれがはじまりそう!
 
 こうしちゃいられん。すんません、こんな程度でサラダバー?(それってほんとに今はやってんの?)
 

2016年10月 9日 (日)

二浪じゃダメなんですか?(P5双葉編)

 いちいち断るのもなんですが、P5ネタバレ満載です。
 
 もはやほぼほぼ一直線のクライマックス突入してますんで、過去ゲームの例からすると、コープあげの機会ももう終わってるのかな。
 残ったのが、悪魔(9)、刑死者(8)、塔(6)で、他は自動進行であがるものを含めマックス。
 とにかく、パーティー・メンバー全員が滑り込みセーフできたのでよかった。あとは大宅もロマンスまではいけたから、これで「ヤマタ」になったのかな? (間違い。大宅は除きですでに八択。全部で九人もいたんですか・・・、杏ちゃん、真、春、双葉、一二三、闇医者、貞代、占い師、で八人か)
 冴さんはなさそうだから、あとエスカルゴさんはどうなんだ?って、考えたらわかるだろ! ロマンス関係にならないから! あのひとアケチ派だから!(いや、そういう意味じゃねえだろうよ!)
 杏ちゃん命は、まるで揺らいでませんけどねっ! 
 そういえば、杏ちゃんのライヴァルのミカ(もうやめい!)
 ベルベットルームの話はまた別途(伝統的に青い人たちにロマンスないでしょ・・・、って、あ、マリイ?!)
 
 そしてミッションが未達なのは「塔」のせいでしょうね。Easyでプレイしていると、ガンの有用性がいまいちわからんので、モデルガンショップのおっさんと、カリスマゲーマーが残っちゃったせいもある。「二挺じゃダメ」も、ネタとして弱いなあと思ってたのもある(笑)。大宅もネタには登場しないでしょうが「二言じゃダメ」は用意してたんですが。二言はないよ!と啖呵をきってたんで、「よし、もらい!」と思ったのですが、マックスアウトしてなきゃねえ。
 
 二周目はシリーズ恒例により、コープレヴェルはチャラポンから始まるんでしょうけど、これも恒例により人間パラメーターは保持でしょうしね。きっと全コープ・マックスアウトは過去作よりずっと余裕があって楽ちんな感じです。
 
 ちなみに人間パラメーターは、結構早めに全部マックスアウト。「優しさ」が一番遅れたのは、「塔」にかまってられなかったのと、「法王」もずいぶん後になってから進めたからでしょう。でも、いずれのパラメーターも、後半いただける♪をじゃらじゃらと無駄に垂れ流してしまった・・・。もったいない。「知識」に至っては、もう一周マックスできるくらい流れたんじゃないか。初期のころにテスト勉強しすぎです・・・。
 コープ関係にパラメーター・マックスを要求するものが多いので、のんびりもしてられないんですが、一周目はとにかく匙加減がわからんので、青汁もビッグバンバーガーも無理やり飲んで食ってました・・・。この苦労をしなくて済むのが、ペルソナ・シリーズ二周目の喜びなんですが。
 
 一方で、遊び関係で言えば、バッティングセンターはなんと未経験。夜に空き時間ができて出かけてみたらやっていない(笑)。えー。新宿のバッティングセンターなら、昔酔っぱらって夜中に行ってましたよー(へろへろでバット振り回すとケガするから、やめたほうがいいけど)。
 そのほかでは釣りを少々(釣り自体の出来栄えは過去作より、よそ様のよりずっといいですね)。テレビゲームはイヴェント以外経験ゼロ。書籍も図書館のもの以外はあまり読んでいません。
 別段トロフィーマニアでもなんでもないですが、すでに表示されているトロフィーくらいはなんとかしたいなあ。
(自販機制覇が一番簡単だったけど、世の中の人たちはあまりやってないのか、今のところあたしの最もレアなトロフィーだそうだ)
 
 双葉ネタのタイトルもだいぶ前に気が付いていたのですが、「高校いかない!」とかいうオチだったら恰好悪いんで、それを見届けるまで待ちました。
 でも設定があれだけど、本来は高校一年生の年齢なんでしたっけ? だとすると来春から通ったら「二浪」にはならないな。
 
 知り合いの若い女性の中にも、中卒・高校中退、大検受かって大学行っている人は結構いますよ。「いぢめ」理由が多いみたいね。「ゆとり」と言っても人それぞれなんすね。
 双葉だったら、大検とか余裕でぶっこぬきなのだろうけど、お話はそこじゃないですもんね。友達と一緒に通うというところがポイントなわけで。
 
 そうそう、双葉とのロマンスは、これって「ロリー?」かと逡巡したんですが、よく考えたら主人公とは歳はひとつ?しか離れてないんですかね。
 メガネっ娘、Aカップ未満、ため口の親父口調がお好きな人はたまらんのでしょうか。 あたしはどれもイミューン(完全耐性もち)なのですが、お話の流れ上、どんなこと語り合うのかしらと見ておきたかったんですよ・・・。
 
 ・・・ん? いや、これ鼻水じゃない、違うっしょ!(認めなさいよ!)
 鼻水は、最後近くのベルベット・ルームまで、とっときましょうよ。(あそこもハンカチかティッシュか必要になるよねえ)
 

二物じゃダメなんですか?(P5ピノッキオ編)

 ようやく、なんとか総選挙後まできました。ダメ寅(笑)。
 今、クリスマスイヴ。
 
 今回はかなり核心的なネタバレあります。ご注意。
 
 出張から帰ってきたら、特段時差ぼけでもないはずなのに、あまりに眠かったんで、しばらく出張中の空き時間にやってた「ゼノブレイド」で慣らし運転してから(素直に寝ろよ!)、夕刻になってようやくPS4を起動しました。
 
 画面には、またペルソナ5のDLCが怒涛のように襲ってきている。自分がどこまで買ったか、すぐにはわからないくらい。
 しかも高いなあ。800円は高いよ。アイドルなんとかのコスチュームDLC販売みたいな、ぼったくり商売じゃん。
 
 計算してみると、アニヴァーサリー版(P3/P4のコスチュームセットDLCなどはもともと付属)を買ったあたしでさえ、壁紙セット2つ(200円*2)、ペルソナDL3種(300円*3)、コスチュームセット2種(800円*2)、すでに三千円弱いかれてもうてます。
 並んでいるものを全部買おうとすると、さらに3000円以上かかる。DLC支払い分だけで優にもう一こゲーム買えちゃいますね。
 
 やっぱ、販売数55万本くらいじゃあ、開発費賄えないんかなあ。結構長い間開発してたしなあ。プロダクションI.Gはほぼアニメ作品一本分作ったいってたしなあ。とはいえ、「ペルソナ20周年記念」だから、何か大盤振る舞いでもしてくれるのかと思っていたんですけどね。なんのことはない、記念行事開催資金を捻出するため、卒業生からめっちゃ募金かき集めてるってことじゃん。どこの高校だよ!(うちの母校もやってたよ、一口いくら、二口以上とか意味不明なの・・・)
 
 んー、コスチュームも魅力的なんですが(女性用のみ興味対象)、プレイしていないゲームもあるし。PS2時代にぱっくり空白があるあたしのゲーム歴。「デビルサマナー」でプレイしたことがあるのは3DS「ソウルハッカーズ」のみですね。それからP4で言えば、「ダンス」はやったが、「アルティメット」とか格ゲーはしない。
 杏ちゃんのスパッツとか、真のタイツとかやめてくれれば、全部買うんだけど・・・。(いやアトラスにパン●ラないから)
 
 これ、今後もまだ出そうな予感がするし(デビルサバイバーは?)、口半開きでPSNの「購入」をクリックし続けたら、いずれ一万円超えんじゃないのかな・・・。
 あたし、英語版も予約してるんで、勘弁してもらえないかな?
 そのうちPS4スリム、即金で買える額になるでしょ。しゃれになりましぇん。
 
 つってもなあ、ペルソナ5で資金繰り失敗、シリーズ打ち止めとかかわいそうだし、自分もまだシリーズに続きがあるならお付き合いしたいから、P6は採算ベースを考えて開発したらめっちゃ中身が劣化しましたあ、とかやだし。お布施払う価値がどうかつうことですよね。うーん。
 
 さて、いつも温厚で、仏のようなあたしですが、今回は少し怒らせていただこう。(毎回何かに腹を立ててる気がするが) 
 
 「性格のいいイケメンなんて、チートだな」みたいなセリフがまたしても双葉からありました。
 「天は二物を与えず」という、ほとんど信憑のない格言は、いったいどこのどいつが考えたのでしょう。世の中のいけてる成分の配分、めっちゃ偏ってる気がしませんか?
 まあでも、P5もやっぱ天は二物は与えても、それ以上は与えない。むしろ「天網恢恢疎にして漏らさず」が当たっている、というお話になるわけですけど。
 
 なにやら、明智の壁紙等が出ることになって、「ネタバレ」だとか騒いでいるバカがいるようですが、バカはゲームするな。
 すでにいろいろな壁紙に登場してんだよ。あたしのPS4のテーマだって壁紙だって、他のメンツと揃っていきなり出てるぜ。
 カジノ編は、読み筋だったというご意見がありましたが、あたしは意外でしたね。だって普通に考えたら、とてつもなくリスキーなはずですから(むしろ「監獄やぶり」編は考えてました)。
 もちろんプレイされた方なら、どういう経緯で、どういう理由でそういうことになったかすでにご存じなわけですが。
 
 冒頭の脱出シーンのシークエンス。「裏切者がいる」という情報は、まったく余計だった。そんなん、誰がそうなのか、すぐわかってしまうじゃないですか。
 実際、そんなこたあ、あたしゃ、ずーーーっと前から、わかっとったんじゃよ!(ディクスン・カーが、カーター・ディクスン名義で残したミステリーに登場する、高慢かつ高名な名探偵、H.M.こと、ヘンリー・メリーヴェル卿の真似)
 「明智しね」は、夏休み前に書いていましたからね。
 
 もー、最初から裏切るのわかってんのに、パーティーに勝手に入ってきやがって、わけわかんないピノッキオみたいな間抜けなお面つけやがって、コールサインは「カラス」とか自分でネタバレしやがって、総攻撃完了時には、わけのわかんねえアホみたいな踊り踊りやがって、正式な作戦参謀の真には上から目線でものをいい、冴のことは「あのひとへの勝ち方は知っている」なーんて、小ばかにし続ける。
 よくもまあ、竜司が我慢してたって話ですよ。あいつ黙っていたって、絶対顔に出してばれるはずだよな。双葉がなにか操作したんじゃないの?
 
 敵の罠を逆に罠に使う「パックマン攻撃」は、なかなか面白かったとはいえ、やっぱ、カジュアル向けなのか、謎解きの説明が相当長かったですよね。過去三つのパレスで、一応仕込みは成立しているはず。
 以下の条件が揃ってればいいのですよね?
 
 ①別口から侵入しても中で合流可(換言すれば中の「インスタンス」はひとつだけ常設)
 ②本人無関心のコンテンツ部分は、侵入者が見ても現実との見分けがつかない
  (リアルさは本人の「注意力」に左右される、という条件はちょっと余計でしたね)
 ③オタカラを奪取するとパレスは消滅する(逆にオタカラが残る限りパレスは保持される)
 ④侵入者が中で死んだら、その時点で現実でも死ぬ
 
 だから、あんなにくどくど説明いるのかなと思ったんです。ところが逆に、あの野郎が「冴のパレス内で冴の認知する『自分』に出くわした場合」、計画がその場で破綻する云々のくだりは、説明で済ませるところじゃないなあ。あらかじめ探し出して、「真が鉄拳をお見舞いして眠らせた」っつうなら、そこ観たかったじゃないですか!
 プロダクションI.Gの出番じゃなかったの?!(ネタの外部流出を恐れた?)
 もしかして、真が作中で言うように、開発サイドもほんとに開発終盤に気がついたから、凝った演出は手直しが間に合わなかった?(笑)
 
 お話自体は、古来よくある非嫡出子もので、それにはとやかく言いませんけど、あの最期(かどうか知らねえけど、最後までプレイしてねえから)もどうなんだろう。主人公か誰かのセリフにもあったと思うけど、本当に復讐の向け先が違います。
 それと、「改心」させるとか、やり直すとか、なんかそんな雰囲気になりそうで、ちょっと驚いた。何言ってんだろうって感じ。こいつこれまで何人殺してきたと思ってるんだろう。主人公だって殺されかけたし、パーティーの仲間にだって身内殺されたのも(殺されかけたのも)いるわけでしょ? 死刑廃止論者ですか?
 
 立件しようにも、殺しの手段は論証不可能でしょ。万が一自白が成立したとして、獄中スマホ禁止したって、なんとかして看守を操作して抜け出しちゃうでしょ。
 もちろん予定調和でいいんだけど、なんで最期に恰好よく死んでるんだつう話ですわ。
 と、怒りに任せて書いてみたものの、「まだ生きとんねん!」ネタも怖いんで、とりあえず選挙後まで進めてからアップすることにしたわけです。この後に復活してくるなんて、それは禁じ手でしょうけど・・・。
 
 あたしは、野郎がなにかするたび、真がいちいち「いらっ」とするシーンがお気に入りでした(笑)。告白すると、真が物語に登場してからしばらく、彼女が「正義」だと勘違いしてたんですね。
 
 野郎がそうなのだとしたら、逆位置になっちゃうのですが、もっとも、「正義」と「復讐」は表裏一体、「"justice"と"vengeance"は、よく似た双子」というのなら、それはそれで間違いではないですね。「正義」と島国語になっちゃうから、もともとある「当然の報い」(報復)の意味が剥落してしまっていることまで考えてるなら、それはそれで素晴らしい。
 

2016年10月 6日 (木)

二女じゃダメなんですか?(P5新島姉編)

 出発前に、水着DLCとキャサリンDLCが出ていることに気がついて、あわててダウンロード。キャサリンDLCに至っては、10月10日までは無料だが、それ以降は金とるぞちう、阿漕な期間限定無料配布。出張から帰ってきて、ぼーっとして忘れたら大変!

 で、ダウンロードはできたようなんですが、旅立ちの前に杏ちゃんたちの水着姿を拝んでおこうと、よせばいいのにP5を起動・・・。
 最初のロード時間、結構長いっすよね。ようやくセーヴファイルをロードしてみたら・・・。メメントスの中。
 水着を受け取るには、自室の段ボール箱を開ける必要があります。 

 つうか、セーヴファイルは全部メメントス。いま最奥部に差し掛かりつつあるので、(またデッドリー・コンボをくらってもいいように)慎重を期して、チャンスがあるたびセーヴしているせい。クラウドのやつはワイハー編前だし(メンツが揃っていない)。

 メメントス脱出して、自室に戻って、さくっと着替えさせればって・・・。いやいや。
 またメメントス潜らないかんでしょ。実際のお姿を拝見するには!

 もう時間がないんで、過去ファイルをUSBから呼び戻すとか、ちょっとでもややこしいことやろうとすると、大変なディザスターが起こりそうな気がする。いや、間違いなく起こる。
 これは長いおっさん人生で学んだ知恵である。

 「間違う可能性のあることは、間違う」(マーフィーの法則)
 「出張前で時間がないのに、目の保養を求めてはならない」(法則になってねえし)

 よって、せっかくの眼福も確認できぬまま、機上の人となったわけである。さらりまんはつらい(関係ないし)。

 (以下、ルーレット・スロットマシン関係が出てきます。意味のわからない人には「ネタバレあり」です)

 新島冴さん。前に「ちょっと苦手」と書きました。ヒラリーではないが「ガラスの天井」、野郎文化の中で、女性が出世するのは大変なのはわかります。USだって表面上は「機会平等」といっているけど、「オールドボーイズ」のコミュの輪に入れるかどうかで大きく違う。それは東部エスタブリッシュメント、あくまで白人のおっさんの集まりですから、オバマだって入れてはいない。例の「白人が多すぎる」オスカー受賞の話だって、アカデミーにはほとんど白人のおっさんしかいないのが問題の根にあるわけですし。

 一方で島国の場合は、今でも家父長制文化から本当には抜けきれていないのは間違いない。女性が何かの職業や地位にはじめて就くと、大々的なニュースになるのがその証拠。
 大変なのはわかるけど、作中の彼女は極端だよなあ。おだてられて、舞い上がって、後がないと追い詰められて、必死になってとか。あたしに知る由もありませんが、ほんとにそんなに、命がけでやらねばならないほど大変なんだろうか。

 そんなことを思っていたら、なんと次の予告状は彼女宛。ここはさすがに「やられた」と思いました。そうくるのか!
 最初の三つはふつうのストレート、直球が続いた。その次に変化球がふたつ(双葉と春)。そろそろストレートに戻るのかと思いきや、フォークボール級の変化球だった。
 今回のシナリオは特に気合入ってますね・・・。

 パレス自体の設定は「カジノ」で、特に変哲もない感じですが、プロット的にはいろいろな仕掛けの用意がされていて超重要。それについては別の野郎編で書くでしょうから、ここでは触れず。

 今回言いたいことは、ひとつだけ。カジノ編とそれに続くごたごたがあって、その次のパレス攻略の段階でしたっけ、冴さんが公安などのごろつきから、「何が起きているか知っているはずだ」と責め立てられますよね。

 そこでなんと彼女が、めちゃくちゃバカなふりしますよね!
 「なんにも覚えてません、わかりましぇ~ん」的に。
 やばい。可愛い! めっちゃかわいい! 
 女だからと舐めきってた公安のごろつき野郎どもを、か弱い女性のふりをして逆に煙にまくという大技。

 ほんとにバカな子でも別にいいんですけど、本当はずば抜けて賢いのに、バカな女の振りをするのは反則ですよねえ。騙されない野郎はいないですよ。
 妹にも惚れてるっちゅうに、危うく長女に惚れそうになってしまいました・・・。
 残念ながら、彼女のアルカナは自動進行組なんで、ロマンスはないんですよね(最後までプレイしてないから知らんけど、ないでしょうね)

 あ、やっぱ本命が真のロマンスもやってみないといけないのかも。お姉ちゃん、絡んでくるのかも。
 少なくとも、冴さんの水着とか出ないのかなあ。(お前が手のひら返しすぎだろ!)

2016年10月 5日 (水)

二島じゃダメなんですか?(P5モブキャラ編)

 週末まで海外出張。なんとかメメントスのミッションだけでも終わらせてしまいたいと潜っていたら、急激に眠気が・・・。「あした出張だろう? 今夜はやめとけ、もう寝なよ」と、モナの声が聞こえてきてそのまま寝落ち・・・。
 はっと気づいたら、PS4の電源は「待機」になっていて、「やべえ、またしても膨大な時間が無駄に!」とびびったのですが、スリープ中もゲームプレイをそのまま保持してんのね。優れものだな。
 
 なので、プレイは実質一歩も進まず。週末土曜日までお預けだあ。
 プレイを進めなければ(物語のオチを知らずに)書けないネタが多く、貯めていたネタもほぼほぼ枯渇してしまっています。クオリティも心配、ネタ自体も本当はボツになりそうなものですが、仕方なく書いてしまう。
 ありえないことに、三島が二回目の登場・・・。
 「二島」は、双葉が作中でそう呼んでいましたからねっ! 苦し紛れじゃないですからねっ!(いや、カンペキ苦肉の策だろう)。
 
 さらに双葉は、彼を「モブキャラ」扱いしていましたが、この物語の本質をさらっとギャグにしてるってことですよね。ちょっと高度な楽屋落ち。
 彼こそが「大衆」代表。もちろん、怪チャンを読んで好き勝手言っているのが大衆ですが、三島は、その(一部の)具現化した姿。大衆を価値中立的な意味で呼ぶ場合は「マス」(the mass, the masses)ですが、どーしようもない烏合の衆、群衆、暴徒を言いたいときは「モブ」(mob)。"the Mob"だとこれはマフィア。
 そして、彼のアルカナは「月」。
 
 ご承知のとおり、タロット(タロー)のカードの意味なんて、手引書が違えば違うし、それこそ占い師の数くらいある。意味が固定されていないから、後づけでどんな意味にも解釈できる。
 とはいえ、アルカナカードに限らずすべてのカードに、絵柄を含めたそのイメージから「定番」の解釈がある、というのもお詳しい方ご承知のとおりである。
 
 ちなみにあたしは、世の中の占いの類は「良い運勢なら気にする」程度ですが、タロットに関してはちょっと違う。その解釈の広がり具合から運勢をどうとでも解釈できるということは、意外に自分の内面を見つめるのに役立つと思っている。自分自身についている「嘘」を思い返すことができる。なぜなら真っ先に思い浮かぶのは、そういった自分へのごまかし、都合のいい言い訳、嘘、周囲への疑いなんですよね。
 
 知り合いの女性が興味があるというのでタロットをプレゼントした。少し慣れたあたりで占ってもらうことになった。上述のとおり自己欺瞞が暴かれるのが怖いので、占ってもらうこと自体やめようと思っていたんですが、周囲にも人がいたので、結局話の流れ上、断れなくなってしまった。「へたれ」と思われるよりは、「不運」に直面したほうがまし。三島と一緒で、あたしもバカな男です(この場合、「バカな」は冗長です)。
 
 以前通っていたあるお店のマスターが、タロット協会の偉い人だというので、知り合いの女性が何人か占ってもらったことがある。そのうちひとりは、今の仕事を辞めて別の仕事をしようかどうか悩んでいたというのですが(それは占う人に伝える)、占いの結果、一番大事なカードは正位置の「悪魔」(笑)。
 ある意味、引きが強いんで本当に驚きました!
 
 いろいろな意味がありますが、関係する解釈は、束縛、悪循環、恨み、破滅、あたりなんでしょうか。この占いの結果で踏ん切りがついたらしく、彼女はさくっと仕事を辞めて、うまいこと転職できたようです。もちろん、あたしはオカルトは信じませんので、占いが当たったのではなく、決心がつかない(まだなんとかなるのではと、自分をだましている、あるいは怠惰さのために惰性から逃れられない)ときに背中を押したということですね。うまい具合に解釈ができたということ。
 
 そういう経験もあったので、あたしの場合、もう心臓バクバクでしたが・・・。
 「悪魔」は勘弁、この際、「愚者」出ろ、と念じていたら・・・。
 一番大事なカードを最後にめくるとほんとに「愚者」(まぢ)。やった、念が通じた!ナンバーゼロ、ペルソナ・シリーズの中心的アルカナ、かっけー!と思ったのですが、ちょっとまて。逆位置かよ!
 
 「愚者」の正位置の意味(一般的なもの、以下同じ)
 自由、型にはまらない、無邪気、純粋、天真爛漫、可能性、発想力、天才。
 
 「愚者」の逆位置の意味
 軽率、わがまま、落ちこぼれ、ネガティブ、イライラ、焦り、意気消沈、注意欠陥多動性。
 
 180度ターンですか・・・。なんすかこの壮絶な落差。今からなんとか「正位置」にならんのですか。
 
 でもね、このことで(さらには、周辺に出たアルカナ以外のカードの解釈も含めて)、自分のその時までの気分がどうだったか、はっきりわかったんですね。当たっているかもしれないと。
 自分では「正位置」のように、天真爛漫に自由気ままに生活していると「嘘」をついていた。ところが、実際には、イライラしながらわがままに暮らしていただけでしかなかったんです・・・。なぜ、そう言えるかというと、もっと言えば、なぜここに書いて人目に晒すことができるかというと、その「愚者」のおかげで自分を見つめなおすことができたから。
 だから数ある占いのうちでもタロットだけは、解釈する人と自分の関係も重要ですが、「占い」というよりは「自己反省」として役に立つと思っているんですね。
 
 そういえば、DAIタロットカード、早くバラ売りしろよ!
 
 さて、P5に話を戻しますと。
 
 「月」の正位置の意味
 
 不安定、幻惑、現実逃避、潜在する危険、欺瞞、幻滅、猶予ない選択、踏んだり蹴ったり、洗脳、トラウマ、フラッシュバック。
 
 「月」の逆位置の意味
 
失敗にならない過ち、過去からの脱却、徐々に好転、(漠然とした)未来への希望、優れた直感
 
 三島がどうして「月」なのか、なんとなーく伝わる感じではないですか?
 
 怪チャンを通じて、怪盗団のことを「正義だ!」、「救いだ!」、「英雄だ!」と褒めたたえた同じ「大衆」が、あっという間に「犯罪者だ!」、「テロリストだ!」、「死刑だ!」 と手のひら返しする。ま、物事の解釈なんつうものは、タロットと一緒で、正位置か逆位置かで180度違う。
 
 三島自身は怪盗団の「シンパ」の役割ですが、「世直し」を怪盗団に委ねるだけでは飽き足らず、そのうち自らの「憂さ晴らし」のための依頼を始めます。「リア充イケメンは死ね」とか「金持ち芸能人は悪」とか、大衆の「ルサンチマン」そのものの解消を「正義」と偽りはじめるんですね。しかも「弱者」の自分には直接叩く力はないから、天誅は「怪盗団」にお願いするという情けないくらいの安直さ。
 
 怪チャン運営してます!って威張ってるのも、申し訳ないけど、ちょっと悲しいんですよね。双葉がホワイトナイトとしてプロテクトしてるから、ハッキングされなくなったわけだし。そうでないとあっつうまに改竄されちゃうわけですし、ようするにアマチュア。
 
 モブキャラならではの立ち回りで、お話の仕掛けとしては「うめえなあ」と思いました。最後まで怪盗団の「シンパ」を貫く愚直さは、あれはもうカンペキに「美徳」ですしね。鼻水出るとしたら、そこかな(いや、出てませんし!)。
 
 最後あたりの「へたれ」脱却のエピソードはしょぼかったけど、ほんとの高校生もプレイしてるんでしょうし、あんなもんかなあ。

2016年10月 4日 (火)

二晩じゃダメなんですか?(P5そうじろう編)

 
 とりあえず、メイン・ストーリーのパレスはひととおり攻略済みで、「改心」待ち。
 たまったミッションをクリアしておこうと、メメントスで調子ぶっこいていたら、本作のプレイで二度目のゲーム・オーヴァーくらってしまった・・・。
 
 思い起こせば一度目は、双葉のパレスで、ラミアでしたっけ、「絶望」投げてくるやつ。こっちもマニュアル読まない悪い癖があるんだけど、四、五匹まとまって出てきて、味方が絶望くらいはじめても、まー、どうせすぐに解けるんでしょ、なんとかなるじゃんとか油断してた。
 そのうち全員がそうなると、もうどうしようもないんすね(笑)。なかなか解けないでいるうちに、主人公がノックアウトくらってジ・エンド(主人公が倒れたら、その時点でもう終わり。それもそのとき初めて知った)。
 
 今回は、あの豹みたいなの(オセかな)と馬みたいなの(クヴァンダであってる?)。馬が宣戦布告で、主人公が「激怒」。そのままいきなり豹に殴りかかって、ヘビーカウンターでもらったダメージ500超(笑)。ジ・エンド。
 このデッドリー・コンビネーション。作り手狙ってんでしょーね、あれ。 
 
 SP管理がやたら面倒なこのゲーム。SP回復アクセがあまりに便利なもんで、最近はそれ以外のアクセつけてない。たまたま着ていた鎧も「恐怖」耐性だったかな。「激怒」には無防備でした・・・。
 そういう時に限って、直前のポイントではちゃんとセーヴしてないんすね。むー、貴重な時間を費やしてプレイした分が水泡に帰した。たかだか小一時間ですが、あたしにとっては膨大な時間。「ジャイガンティック・アマウント・オヴ・タイム」だわ。
(F1レースのピット・ストップで、タイヤ交換など数秒で済ませて送り出さなきゃならないのに、ピットクルーがもたもたして作業に数分以上かかったとき、あちらのアナウンサーが"They're losing a gigantic amount of time!"と叫んでいたのが妙に印象に残っている(笑)。言っても六十倍ですから、なんて大げさな)
 
 法王編、これ百ぱー、レ・ミゼラブルです。なんとエンディングまで教会です。
 かつ、マスターなんて、最後には主人公と双葉の将来の関係(希望的観測)までほのめかしている・・・。レ・ミゼをそこまでリファーしている。
 その場でそうじろうが大往生ってことは、さすがにないけど。
 んー。でもやっぱ不覚にも鼻水が・・・。
 
 世の中のおっさんにとって、レ・ミゼのジャン・ヴァルジャンとコゼットとの関係は、究極の(理想的な)男女関係。そういう話をする人って多い。血のつながりのない、でも父と娘ほど歳の離れた疑似親子関係。ある意味、最強のプラトニックな関係。男ってバカだからねえ。
 
 それにしても、マスターのコープは、最初は本気でやるのあきらめようかと思ったくらい、あがりが遅かった。二晩続けて付き合っても、あがらないことがあった気がする。
 法王に限らず、コープ活動のときは、必ず対応するペルソナくっつけてるようにしてたんですよ。どんなに面倒でも、合体で消えちゃったのを呼び戻すためにお金がかかってもやった。おかげで金欠になって、武装がプアなままで戦うことになってもやった。
 二、三回ポカミスはやったかもしれないけど、法王については外してない。それなのに、ほんとうに最初は全く上がる気配がなかった。
 信じられないことに、マックスアウトしてしまった。
 
 あのおっさん、とにかく一切愛想がないし、女の電話番号しか登録してねえとか恰好つけるし(たしかに嘘ではない)、なんか古臭くてうるさいし、小言とか説教とか垂れるし、店にはコーヒーとカレーしかないし、ただの昭和のサテンの親父じゃん!とか、ふつう反感を抱きますよね。
 
 シナリオの書き手の手口が汚いよね。結局中身はレ・ミゼだから、マスター自身も(自分が犯罪者ではないとしても)、世間から身分を隠し通しているってことだし、(コゼットもある意味そうだったけど)引き取った娘は引きこもりになっちゃったし。だいいち、じゃあどうして保護観察下の主人公を引き取るのかってところが、まるで説明されていない。そんなことしても一銭もお金もらえないって言ってましたし。
 
 という仕掛けがあっての、中心プロットとも密接に関係する双葉編との絡みがあっての、最後には主人公も巻き込んで親権問題の騒ぎがあっての。決めうちは、初めて娘から「そうじろう」以外の呼び名で呼ばれるという、ベタベタなお話。

 まあ、レ・ミゼ自体が、おフランス風の「浪花節」ですけどね・・・。
 おっさんは、引き取った娘の亡き母を慕っていたってところまでもが、ジャン・ヴァルジャンなんだよね。やっぱ物語原型かなあ。
 
 双葉のコープもマックスアウトしたいんだけど、どうなるかなあ。
 (つってもあたしは、ふたりの苗字が同じことを、不覚にも言われるまで気が付かなかったという体たらく・・・。双葉のほうは、事前PRでフルネーム出てたんですよね?)

2016年10月 3日 (月)

二号じゃダメなんですか?(P5ワタみフーズ編)

 そろそろ、書いてる方があんましネタばれ気にしなくなっていく気もするので、ワタみフーズ編前の方はご注意。意味が分からない場合は「ネタバレ」ありとお考えください。

 今週、修学旅行ならぬ、海外出張がまた入った・・・。
 それまでに、なんとか一周クリアしたい。したいけど貧乏性なせいもあって、コープを適当にやるわけにもいかん。
 現在のMAXは恋愛、女教皇、太陽、死神、節制、剛毅、そしてなんと月!(まぢか!)

 自動進行でMAX行くものもあるでしょうけど、コンプリートには程遠い。リーチかかってるのが皇帝、戦車も頑張ればなんとか。隠者と女帝はネタに使いたいんだけど、遠いなあ。ダメぽいナンバーワンは塔で、次が法王と刑死者。星、運命、悪魔もこのままではやばい。あとなんか忘れてるっけ?
 Vitaなら出張の空き時間にしこしこいけたのに、PS4じゃあどもこもならん。

 PS3/PS4版でリリース二週間55万本達成。それがニュースになるくらい他のノン任天堂タイトルって売れてないんだよね。これは口コミで徐々に売れていくってタイトルでもないだろうし。過去作と比べてもかなりの出来栄えと思っているのですが、島国のミリオンははるかに遠い世界になってしまった。

 双葉についてもおいしい表題を思いついてますけど、なにしろコープがマックスアウトしてないから(予想通りの物語になるかどうか現時点で言えないので)使えない。

 春については、モナと別行動取っていたから「二組じゃダメ」もあったし、ワタみフーズの労働強化を見て、強烈休みなしシフト制の「二班じゃダメ」とかもあるし、生徒会長がそうなのはわかるけど、なんで上級生(三年生)なんだっけ、そうか婚約問題があるからかで「二年じゃダメ」もあったけど、本記事のタイトルを思いついた瞬間にすべて吹き飛びました。
 
 パレスについては、いわゆるシーフもの、ステルスものの物語や映画などから「なるほど」というものが選ばれてますよね。中世風城塞(財宝)、美術館(絵画)、銀行(金塊など)、王家の墳墓(埋葬品)ときて、大企業及び本社工場(産業スパイのイメージ)。その後に続くものも、まあまあわかる感じ。ただし、あたしは「大罪」については(数を)勘違いをしていて「憂鬱」とかはなさげのよう。
 
 もちろん標題はあのゲス野郎に絡んだ話ですが、これも東京(略ザナドゥ(略ともろかぶりのネタ。現代トウキョウを舞台にすると、どうしてもネタかぶりは避けられないんでしょうか。
 
 作中でもワタみフーズ(それは言ってない)がブラック企業だと騒がれていますが、あんなもん(リアルのほう)、正真正銘のブラック企業勤めが長いあたしからしたらまだヌルい。ブラックなんてもんじゃなくて、ピッチ・ブラック。深夜から飯食って酒飲んで、二時くらいに上司が「さあ帰るぜ」と言うのでほっとしてると、そのままオフィスに帰る。それが毎日。つうか昭和の時代から平成になったあたりにかけて、(今でいう)ブラックじゃない企業なんて、島国のどこかにあったのか? 

 タイムカード、36協定なにそれ、ただの24時間365日営業という「労働強化」だけじゃなく、今のブラック企業では「とにかく給料を払わない方針」とのデッドリー・コンボになってるってことなんでしょうね。少なくともあたしは給料はもらえてたし、酒代会社もち(でも残業代はむにゃむにゃ・・・)。

 ワタみの社長が(だから言ってないから)、強制労働で儲けた資金を発射台にして政治家目指すとか、シナリオがベタすぎるのが悲しいですが、アトラスにそれ以上期待しても仕方ない。
 いっそ、リベラル気取りのジャーナリストが、女子大生を別荘に連れ込んで関係を迫るというほうがあたしの好みだったんですが、「色欲」はすでに終っちゃったし。
 ダンジョン・マップ(レヴェル)でいえば、宇宙遊泳のパズルは、お気に入りでした。逆にプレス機の間をダッシュするのは、あんまし・・・。

 すでに書いたとおり、このパレスについては、猫と春の出会いからはじまる主人公たちとの別行動のプロットが秀逸ですね。双葉のくだりから二発続けて変化球(ほんとはその次のもそうだけど)。そのことは物語全体のプロットでも重要な部分を担っている。
 猫の無意味な意地っぱりと、春の深窓の令嬢ぶり(世間知らずぶり)もいっぺんに示すというおいしさで、いっそしばらく合流しないほうが、面白かったかもしれない(笑)。
 
 悔しいのは、登場が遅いせいでコープMAXアウトがきついこと。彼女だけかまってようやく、手づくりお野菜の意味が生まれる感じですかねえ。経験値欲しさで、三島なんかにかまってしまったしなあ・・・。よく考えたら、一周目で経験値ためても仕方ないのかも(結局、モブのコンプにしても二周目だろうし)。
 だからあのタコ野郎の末路を見て「ザマアミロ」と喜べるのも、二周目までお預けになっちゃうんでしょうね・・・。
 ん、「ザマアミロ」となぜわかる? もちろん、そんなん知らんけど、それが予定調和でしょ? 「タイタニック」シンドロームってやつよ。
 
 杏ちゃんと真の魅力があまりに強力すぎるのであたしはいっぱいいっぱい。春までなかなか気が回らないんですが・・・。杏ちゃんのDカップより、どーみてもさらに上のサイズぽいってのは、隠し設定なんでしょうか? わざとルーズな衣装来てるのもそのせいだろうか(水着シーンでも、なんかそんな感じだった気が)。

二金じゃダメなんですか?(P5魔性の男編)

 ようやくクライマックスに突入中なので、まぢでブログ書いている場合じゃないんです。昨晩、日曜夜にキリのよいところまで進めてセーヴしておこうと思ったら、出ました、得意の「セーヴさせない」攻撃。「長い時間がかかるシークエンスは、プレイヤーに時間がないときに起きる」。マーフィーの法則ではないが、こういう手口を使われる場面に出くわすのは、なぜかいつも連休の最終日の深夜。さらりまんのおっさんにとっては、体に毒以外の何物でもない。

 いいえ、標題は「加藤じゃない一二三さん」つながりではありません。彼女だったら「二歩じゃダメ」にするでしょう。記事を書くかどうかはわかりませんが。
 そろそろ表題ネタも厳しくなってきたので、「二」で始まる二字単語を検索してみた。
 「二金」。「にかね」と読むそうですが、これは知りませんでした。

 「一暇、二金、三男(おとこ)」、または「一押し、二金、三男」。
 「野郎が女性を口説く要諦のこと」だそうです。「押しが強い(または/かつ暇がある)」、「金がある」、そして「男前」。
 あたしが言い換えるとすれば、「押しの強さ」と「暇」は一個にまとめて、「一まめ、二金、三男」にするでしょう。とかく「まめ」な奴が好かれるのは、ユニヴァーサル・セオリーだと思う。

 真のコープがさくさく進むのでいい気になっていると、「魅力」チェックで壁にぶち当たりますよね。
 つか、彼女の場合は「知識」の縛りもあったはずなんで、普通に入口のハードルが高い。さらに段違い平行棒。

 普通にプレイしていて、あそこで「魅力」が満足できるわけないし、お肌がつやつやどころか、ふにゃふにゃになるくらい薬湯通いを続ける羽目になるわけです。
 けがの功名というか、ダメ寅と付き合ってたおかげでだいぶ早く達成することはできたのですが、その分、他の(特に夜コースのコープは)いずれも先に進みづらいという結果になりました。

 で、お話が進行してみると、主人公には「魔性の男」を要求しておきながら、相手はカリスマでもへちまでもなんでもない、ただのザコい野郎が出てきやがって、あたしは本当に腹を立てました。

 シナリオにケチをつけるのは、個人的意見でなんぼでもできるから不毛。それはやめときます。さらに言えば、お金でも男前でもなく、上述の「まめさ」が最重要パラメーターであることは、リアル・ワールドと矛盾してないしね。女子の側には「知識」がまるでなく、逆に鋼のような「度胸」だけはある、ってことなんでしょうけど。

 ゲームシステム的には文句言いたい。例のモデルガンショップの親父のときもそうだったけど、今回のコープ進行に関する人間パラメーターの縛りがちょっと「変」な気がします。
 プレイしている途中で気がついたのは、過去作もそうでしたが、結局コープは「二周目」が本番という設計なんですかね。そう思えば、つじつまが合う。

 今回は一周目で(初見で)コープ全部いけるんじゃないか、と甘い期待をしていたのですが、やっぱ「悪」のアトラスは許さなかったぽい。淡い期待となって消えそうです。

 つうか、コンテンツ全部見るために二周以上必要だっていう昨今の風潮はどうなんだよ。なんだよ、"New Game +"って(アニメじゃないよ)。そんなの、誰がはじめやがったんだよ。
 P5はふつうに一周100時間かかるでしょ。「カジュアルはゲームをするな」と言ったのはコジマ監督だが(個人的には賛成だが)、さらりまんのおっさんもゲームをするなっつうことかね? アニヴァーサリー版とかたっかい金とっといて、全部は見せないってことなのかね? 有料DLCも片っ端から全部買う勢いでもダメですか?
 廃人化計画の餌食になっていないのに、進んでハイジンやってるやつしか良い思いしないってことなのかね。(ここでもやっぱ「まめ」は「金」に勝つってことだね)
 二周目をプレイする時間があるかどうかわからない自分にとって、この趣向は、ほんま勘弁してほしいわあ、と思うことしきりなんだけど。
 
 真とのロマンスについて言えば、最初から最後まで杏ちゃん命を貫くつもりで、常時マカラカーン張りまくってたはずのあたしの主人公でさえ、ぐらぐら心が揺らぎました(笑)。
 やっぱ知らないことを知らないと言えることが、知性なんすよねえ・・・。最初から「知識」満点の子が、「知恵」(世間知)まで身に着けちゃったら最強じゃないですか。
 「お父さんの後を継ぐ」のくだりも、冷静に考えればベタベタな話ですけど、DnDパラディン命、ローフル・グッド(秩序にして善)キャラ萌えのあたしのパレスは最奥まで侵入を許してしまい、鼻水がとまらなかった。でもちょっとだけ(うそをつけ!)。

 やっぱ、二周目の本命は真かなあ。(結局やるんかい!)

2016年10月 1日 (土)

二槽じゃダメなんですか?(P5べっきぃ編)

 さらりまんのおっさんにとっては、どうにも週末にコミュつかコープが発生しやすく、本日からようやく爆走再開。
 そういえば、カレンダーは10月。P5の中では、リアルのカレンダーを追い越しちゃいました(笑)。
 
 VRに興味はゼロですが、P5対策としてファミ通、電撃を購入して読んでいると、どんなソフトウェアが用意されるかいやでもわかってしまいます。
 予想どおり、下半身系のオンパレード。
 土台、科学技術なんて、軍事(ミリタリー)のために開発され、エッチ(ポルノグラフィー)のおかげで普及してきたんです。それがユニヴァーサル・セオリー(普遍)、ジェネリック・セオリー(例外なし)。人類は、しょせん闘争と生殖再生産のための生き物。
 はあ? 嘘だと思ったら、インターネットそのものを見よ!
 
 べっきぃ編は、もろAV系のネタになってしまう際どさをはらんでいましたが(個人的にはわくわくしていた)、避けて通るにはコープスキルがあまりにおいしすぎます。
 もちろん、トロフィー集めにとっては、ゲームシステムを破壊してしまう的な、最後のコープスキルが最重要なんでしょうけど、個人的には、深夜の洗濯が優れもの。
 一番初めに汚れたなんとかを言われるまま洗濯したとき、なんで、洗濯ごときで貴重な自由時間を奪われるのよ、だいいち、待ってる間ふつう読書でもするじゃん!と腹を立ててしまった。
 
 なにしろコインランドリーつうものを使ったのは、人生で一、二回だけ。それも場所はUS。連れにお付き合いして、見よう見真似でやったくらい。
 そのときから思ってたのは、どうして洗濯機と乾燥機が別々なんだろうということです。乾燥までやりたいときは、必ずひと手間かかってしまう。
 調べると、乾燥機能つきが普及し始めたのは、島国でも2000年代前半というので、単純にマシンがなかったのかな。
 それと、定義上はやはり貧乏な人、家事にお金をかけたくない人が使うものでしょうから、「ほっとけば乾く。余分なお金を払いたくない」というニーズがあったんでしょうか。 
 現在の島国のコインランドリーがどうなっているか、残念ながら覗いてみたことがないのでわかりません。P5の三茶(じゃないか四茶)のコインランドリーを見ると、洗濯機と乾燥機が別、USと同じ方式のようなんで、あれが標準なのかしら。
 
 いわゆる「二槽式」とは、洗濯・すすぎの槽と、脱水のための槽(後期型は乾燥機能も追加)が別にある洗濯機のこと。昭和の時代にはふつうだったのですが、やがてひとつの槽で全部やってしまう全自動洗濯機が普及し、後には乾燥まで全自動で終わらせるものが登場し、島国ではそれが主流とのこと。
 
 当然、マシンの価格(初期コスト)も、水と電気の使用料(ランニングコスト)も、機能が増えるに従って高くなっていくはず(マシンの省エネ効果も向上しているので、ランニングコストについては、一概には言えないかもしれない)。それでもかまわないという人が多数になった。
 洗濯に手間と時間をかけるくらいなら、お金をかけてでも他のことをやる。よその国がどうなってるかまでは分かりませんが、島国では、人々のオポチュニティ・コスト(時間のコスト。ある選択を行うことにより、別の選択によってかなうはずの利益(利得)が実現できなくなる場合の、その逸失利益、機会費用、機会損失)が向上してるんでしょうね。「洗濯」を「選択」したことによって逸失された機会利益とか、おやじギャグみたいになってますが。
 今では新築マンションの水回りの設計は、かさばる二槽式が置けない仕様になっているそうです。
 
 ともかく、メイド服見たさでは決してないと、繰り返して言っておきますが、貞代のお金稼ぎに協力するためもあり、汚れたなんとかがたまるたびに、呼び出してはメイド服の胸のあたりをじっくり・・・、って違う!
 そうしはじめてから、モデルガンショップの鎧関係はほとんど買わなくて済むようになっちゃった。
 逆に、ピック作成は一本しかしてくれないから、あんまし役立ってる感がない。SP回復は全員にアクセつけて済ませちゃってるし。
 
 物語的には「浪花節」系。でもあたしが流した鼻水の量でいえば、闇医者のやつがダントツトップなので、それに比べるとやや弱いかな。
 あと、これもゲームシステム破壊系技のひとつ、他の教師の授業を妨害するってのにも驚きました。教師が生徒のサボタージュに加担していいのか?と思っちゃいますが、それよりなにより、教師がメイド服着てもぐり家政婦やっていいのか、ってつっこむべきなんでしょうね。いや、デリヘル、マンヘルじゃないといっても、そりゃあ確実に疑われるでしょ。 
 
 ああ、いま気が付いた。「貞代」という名前は、「節制」に通じているんですね。貞淑、貞節、貞操ってことかあ。ペルソナ、侮れねえなあ・・・。
 

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

ウェブページ

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31