フォト
無料ブログはココログ

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月

2016年9月29日 (木)

二種じゃダメなんですか?(P5モルガナカー編)

 夏休み後のネタバレあります。

 パーティーに参加する女子キャラについては、最低ひとつ、できればそれ以上の記事のテーマにするつもりですが、野郎と猫に興味なし。
 待ち合わせ時間の手慰みで、おイナリについてはちょろっと書きましたが、他どうすっぺ。内勤(笑)の三島にも触れてしまった以上、まったく書かないわけにもいかないだろうから、ちょっとだけやります。
 
 夏休み後半は仲間とのお勉強にいそしみ、夜はちょくちょく自由に外出することができていましたが、始業式とともにロマンス関係が立て続けに発生した。うかうかしているうちに修学旅行のシークエンスとなって、ワイハーから帰ってきてみれば、次の目標パレスが決まるとともに猫が蒸発。
 
 猫と竜司のくだらない喧嘩のくだりは、双葉登場によって、モナが竜司から「役立たず」呼ばわりされるのがきっかけで、心底しょうもないと腹をたててしまいました。売り言葉に買い言葉で、お互い引くに引けなくなるとか、やっぱ男子ってただのバカ。
 
 そこで思ったのは、モナが「メメントスの輸送車」として、十分「役立ってんじゃないのか?」ということ。あんなもん、まともに歩かされたらたまりません。あたしのポリシーとして、歩くのは最大十分まで。それ以上は車か交通機関を用いるし、走るのは運動場の中だけですから(ヴァン・ダインのミステリー小説に登場する独身貴族、名探偵ファイロ・ヴァンスの真似)。
 
 特に砂漠の下りでは、あれがなかったら全員干からびて、ミイラ取りがミイラになって確実に死んだでしょう。
 もちろん論点はそこではなく、メメントスの謎について、モナにはまったく手がかりがつかめないことを「役立たず」と言っていたわけですけどね。

 表題は、「島国の道路交通法では、車両を運転して旅客運送を行う際には二種免許がいる」という、まさに苦し紛れでひねり出したものです。
 でもメメントスでのあれは、旅客運送の定義に入らない「私的な運送」ですので、第一種免許で済みますし、あのモナ車はP5のパーティー全員が乗れる10名以下の定員でしょうから、中型免許(定員11名以上の車両運転に必要)もいらない。第一種普通自動車免許(いわゆる、普通免許)で運転できてしまいます。

 って、砂漠のアニメシーンでは「普通免許ならあるけど?」と言っていた真が運転していましたね。(主人公も運転したシーンがあった記憶もあるのですが、免許持ってるんだっけ? というか、通常も誰かステアリングを握っているんでしょうか?→二周目プレイでようやく思い出した。誰かがエンジンかけてステアリング握らないといけない)
 そんなこと気にするなら、すでに書いた通り、普通免許でモンスターバイクに乗ってる真のほうが問題ですけど(笑)。
 それ以前にメメントスに道路交通法もへちまもないだろう? そんな身もふたもない・・・。
 メメントス自体の設計も、出来栄えも、同じ自動生成ダンジョンである、P3タルタロスとかP4ダンジョンより優れてる気もします。その話はまた別な機会にできるでしょう。

 とにかく、猫がキレて蒸発すんなよ、つかふらりといなくなるのは、ふつーに猫そのものぢゃん! と、あたしはいらついてしまったわけです。だって、また強制進行がしばらく続くわけじゃないですか。

 ただし、いずれ触れるでしょうが、そのおかげでというか、新キャラのイントロダクションが、とても優れもののシナリオになっていますね。
 久しぶりに観たアニメ「P4」(古い方)のりさちー登場回(#9)のイントロ、あまりのクオリティの高さと、手間暇のかけ方に腰を抜かしたと書きましたが、あれはあくまでアニメ作家のほうの才能でした。今回はゲーム開発者側でも、相当気合が入ってることがわかります。
 双葉(アリババ)登場の際も意表を突く展開で、「やるな」と思ったのですが、次の「お嬢」(というか「姫」か)の登場も、凝りに凝っていて素敵でした。P3、P4の新キャラ登場シーンはほぼルーチン、ストレイトフォワードだったのに対し、今回は多彩な変化球を織り交ぜてきている感じでしょうか。

 その「姫」のネタ、モナとふたりで主人公たちとは別行動をとるところから、いっそ「二組じゃダメ」でもよかったんだけど、もっといいものを見つけたので、それはボツった。ふふふ。記事書くまで教えない(笑)。

 結局再合流するときの、猫と竜司の謝罪の態度も、観ているこっちが「かーっ」となりそうな、中途半端なもんだったし。喧嘩両成敗という言葉は嫌いだが、こういう、犬どころか猫どころか、ネズミも食わないだろうしょうもない内輪もめは、ちょっと許せませんねえ。強制進行が長いのが許せないだけ、ともいいますけど。

二股じゃダメなんですか?(P5修羅場編)

 P5のセーヴファイル枠って、16個?しかないんですかね。HDD500GBモデルなんだから、もうちょい多くてもいいと思うのですが・・・。
 ちょっとした広さのパレスで、セーフルームごとに次々セーヴしているとあっという間に埋まってしまって、上書きぐるぐる。すべてのファイルのカレンダー日付が同じとなり、気を付けないと最新ファイルがどれかわからなくなってしまう(笑)。

 クラウド?に一個だけセーヴできるのですが、それは「海の家」水着シーンの直前で使ってしまった(笑)。
 ぼったくりの「プラス」には加入していないし、他にも残しておきたいファイルができたらどうしよう。ドラゴンズ・ドグマ(スタンドアロン版)のため買って、ちょこっと使って以来放置したままのUSBメモリを探し出して、そちらに格納することにした。

 そっこーで役立ったのが、「二股問題」のときでした。
 杏ちゃんロマンス成就までの間、全コース「追い越し禁止」のイエロー・フラッグが振られ、セーフティー・カ―も導入中だったのですが、無事ハグ・キスして、それらもすべて解除。各車一斉に猛ダッシュを再開したのですが。

 イーシャンテン(コープレヴェル8)まで行っていた闇医者と貞代のうち、先にリーチ(レヴェル9)かかりそうになったのが前者。
 レヴェル9はロマンス分岐のポイントでしょうから、ここでセーヴでしょう。USBにもしっかり保存。
 今回は診療所から出て、いきなり井の頭公園。やばい。杏ちゃんとのデートも、プレゼントを渡したのもそこだった。はちあわせとかあるのかと思った(笑)。
 案の定、やばげな会話が続きます。さらにご丁寧にも「『特別な関係』の人は他にいる」という警告が出る。

 ここでしばし思案タイム。記憶を手繰り寄せて、P3もP4もこの段階では対象女子みんなと「特別な関係」になれたよなと思い出した。杏ちゃんロマンスが消えることはないだろうと踏んで、破滅コースだった場合はセーヴファイルから戻る覚悟で、告白モードを選びます。
 特になんのメッセージもないので、どうやらセーフみたい?
(後にワイハーで、杏ちゃんからプレゼントもいただけたんで事なきを得たのでしょう)
 
 そうなると、今度は対象となりそうな女性全部に興味がわく(笑)。
 ここで、賢明なる読者諸氏は「あほやな、おいしい『二股ネタ』なんだから、ここは120ぱー『べっきぃ』一択だったんじゃないのか!」とお考えかもしれないし、まったくおっしゃるとおりです。そんなこたあ、わしゃ、ずーーーーっと前からわかっとったんじゃよ!
 その心は、べっきぃには「二槽じゃダメ」を思いついたが、闇医者のほうに「二番じゃダメ」ネタを思いつけなかったんだよね。苦渋の決断であったのだ。

 一着ゴールイン・マックスアウトの「太陽」のおっさんにはロマンスがなかった(絵づら的に想像すること自体、遠慮します)。女性キャラ相手のみなんでしょう。
 ただしこの後、貞代、真ときて、あたしの進行度から見ると他が辛そうなんだよね・・・。双葉もそうなのか? 加藤さんじゃない一二三とか、ぱちもん(販売)占い師とかも対象なんだろうか。まさか、はぐれジャーナリストもか?
 パーティー参入キャラを優先し、闇医者、貞代に集中していたので、他の女子はほとんど進行していない。ぱちもん(販売)占い師は10万円返してくれるんだろうな?
 「太陽」なんかやってる場合じゃなかったのか。

 USBメモリについては、結局使わずに済んだわけで、いらんじゃんと思ったのですが、直後にワイハー編がはじまることが判明し、しっかり役立たせていただきました(笑)。

2016年9月28日 (水)

二人じゃダメなんですか?(P5杏ちゃん編)

 ついに表題の「ニ」も、訓読みになってしまいましたが、よく考えたら「二葉」もそうだったかも。これから「二股」も後に続きます(予定)。(と下書きには書いてあったのに、仕上げる暇もないうちに、いただいたコメントで先を越されてしまいました(笑)。底が浅い! つうか、仕事が憎い! 一日48時間ほしい!(リアル+P5内で)

 あと、夏休み後のネタバレあります。

 リアルの遅い夏休み終了と、P5の夏休み終了が見事にリンクしてしまいました・・・。
 まあ、高校生と違って、フレンチ、ロシアンなどとも違って、島国のさらりまんに一か月以上も休みあるわけないんですけどね。
 「だりー、かったりー」ってのは竜司と一緒ですが、宿題がないだけ高校生よりましかもね。 

 杏ちゃんとの関係、できれば夏休み中に決めてしまいたい、と思っていたのですが、残念ながら始業式がはじまってしまった。でも直後にロマンス成就。
 シチュエーション的には相手の親友が去ったすぐ後、まるで心にぽっかり穴が開いて、落ち込んでいるタイミングを利用しているようで、ちょっとどうなんだろう。と思ったけど、そういうシナリオなんで仕方がないですね。

 闇医者とか貞代は、その直前でストップかけてました。
 それよりも、修学旅行があるなら先に言えよ、と思いました。そして学年違いどころか、学校違いまで一か所に集めるこの荒業。一方で、学校行ってない娘はいいとして、猫も呼ばれないんだね。いっそヒコーキとかに変形できないのだろうか(リアルでは無理)。

 ワイキキでは、杏ちゃんロマンスを成就させていた「ご褒美」がいただけました。これ、もちろん知らなかったんですが、恋人になったのが修学旅行前でほんとによかったー。
 あたしの大好きな、ストレートフォワードなラヴロマンスぽいので、のちに二股にするときに、心底躊躇したものです。

 ただし、それを除けば、ワイハー編の盛り上がりは、ちょっとどうなんでしょう。
 いまいちなんすけど。

 たしかに、次の攻略パレス決定の伏線に利用している面もありますけど、せっかくのリゾートもホテルと海岸しか見せないなんて。

 そしてそれ以外は、三島のへたれぶりの「独壇場」。
 彼については、きっと独立した記事を書くことがないだろうから、ここで書いちゃおう。

 ハワイ来てんのに、ずーっとスマホ見てるんじゃないよ!
 と言われて、たまに外に出るときは、いっつも竜司とペア。
 この先、このペアが固定になるのかなあと嘆いているが、答は「もちろんそうよ!」ですねえ。あげく、極めつけは外地の生水飲んで腹下し(笑)。

 そこで思ったのは、出ると知らされた瞬間にそっこー予約して、来年のヴァレンタイン後に届くというP5英語版。
 ガイジンとか、ワイハーのくだりって、そのまま変更せずにやるんだろうか。
 さらに、インクルーシヴィティへの配慮はほぼゼロと言っても過言ではないシナリオ。
 歌舞伎町のあの胸毛とか鼻毛のコンビはともかく(笑えるのか?)、ロマンス相手もきっと女性だけなんでしょうし。

 ところが、神だの悪魔だのなんだの大丈夫なのかなあ、と心配していた「女神4F」(3DS版)は、やっぱあちらでもめちゃくちゃ評判がよいとのこと(GameSpotのレヴューなど)。それだけクリスチャニティに対する思い入れは薄くなっていて、一部の濃い連中は最初からゲームなんてプレイしないってことかしら。
 でも、バカひとりでもいたら、騒ぎはすぐにおこりますからねえ・・・。

 「怪チャン」の炎上騒ぎは、みなで犯罪者扱いしていた怪盗団が、あっという間に社会正義の具現者に持ち上げられ、次には「ワタみ」の会長をどうして放置するのか、早く始末しろと、いら立つユーザーの怒りの声があがるという展開(あたしが観たのは、今のところここまで)。プレイヤーが眉をしかめるように、惨たらしく感じるように、わざわざ仕込んでいるんですけど、実際、あちらでも島国でも、そんなのふつーのことなんですよね。

 主題歌にもあるように(敢えてそうは訳しませんでしたが)、このゲームの隠しキーワードは「大衆」(the mass)なんでしょうね。三島=「月」がその代表、大衆心理の具現者という仕掛け。

 ニーチェの、「ルサンチマン」(オリジナルはキルケゴール)に代表される「大衆」批判の本質は、強者(優越者)を引きずりおろし、弱者(劣等者)を持ち上げることで影響力の拡大を図る、当時のクリスチャニティへの批判だったんですが、宗教の影響が減っても世の中は何も変わらない。むしろ変わらないそっちが生の「大衆」の姿で、当時のカソリック教会は(というか、クリスチャニティの実質創始者のパウロ(セント・ポール)までさかのぼる?)それを巧妙に利用してきたんですね。
 弱者は、(定義上)「力」(power)はないですから、嫉妬や反感に対して、強者のように現実的に対抗することがかなわず、空想的に復讐を夢想するしかない。
 「ペルソナ」は(テーマ難易度は低いが「メガテン」も)、そういった難解な話題を平気でぶちこんできやがるので、なかなか侮れませんぜ。

 最後は杏ちゃんネタじゃなくなっちゃいましたが、彼女については後からいくらでも書けるでしょう。半分が三島ネタになっちゃった(今回でおしまいでしょうけど)。

2016年9月26日 (月)

二枚じゃダメなんですか?(P5ダメ寅編)

 ネタバレありまーす。
 
 ロマンスが排他だったかどうか、P3とかP4はどうだったかよく覚えていないが、リスクを冒すのはやめようと、杏ちゃん一点狙いで爆走してきましたが。 
 やっぱメインのメンツは後半になってなかなかコープあげがきつくなっていく感じ。
 
 反面、それ以外のメンツは、開放ルールこそきっついのがいるが、その後はガンガンランクアップしていく気もします。
(例外として、あのマスターだけは、なんであんなにつっけんどんなの? ひとつあげるのに何晩かかるんだ。あ! 「二晩じゃダメなんですか?」のネタ確保! でもなんであんなに苦労せなあかんのだろうか。元々ちょっと苦手、あまり好きなキャラじゃないんで別にいいんだけど)
 
 そのため、あたしの場合は闇医者、貞代のふたりがものすごい勢いであがっていきました。後半になるときついハードルも出てきますが、それさえクリアできそうで、このままあっという間にゴールインしそうな勢いだった。
 やべえなあ、ふたりともぜんぜん嫌いじゃねえけど、やっぱ一周目は「恋愛」アルカナで決めるのがいいなあ、と思って多少はスロウダウンしようと思ったのです。ところが、コメントいただいたとおり、プレイが進むにつれて、コープスキルはめちゃくちゃそそるものであるのがわかってくる。既報の闇医者のSP回復アクセは驚くべき有用性で、EASY(そうだよ、こう見えておっさんだからね)でプレイしている限り、通常時、他のものはもう必要ないのではないか、という感じもします。また深夜の洗濯も、ちょっとあり得ない便利さ。
 
 それよりも何よりも、ふたりともシナリオが「浪花節」じゃないですか!(それ言ったら、そうじゃないコープって少なくね?)
 浪花節はずるいよ。そらあ、ほっとけなくなりますよ。闇医者の(今の)患者たちが診療所に集まってくるくだりでは、不覚にもあたしも鼻水が止まらなくなりましたし!
 
 そんなこんなで杏ちゃん恋人化計画も、危機を迎えそうになってきたのですが、意外にもコープ・マックスアウトに最初にゴールインしたのは、じゃじゃーん?! (って、表題でネタバレしてるし)
 ダメ寅でした・・・。
 
 理由は自分でも、よくわかんない。
 まず、開放するまでがけっこう面倒くさいですよね。「太陽」のペルソナなんて、いまだスザク一体のみだし(使い勝手いいけど)、「魅力」パラメータは、他にあげる手段が結構あったはずだし。キャラは加齢臭漂うぽいおっさんだし、街頭演説とか汗臭いし、じっとりねっとりの料亭政治家だし。なにより、シナリオは泥臭い派閥政治の世界で、(あたしの定義からすると)「浪花節」でもなんでもないし。
(ただし、BGMだけは、あの「♪ちゃららら~~♪」という、お涙頂戴、演歌調のやつがかかるのですが、あの曲は、アニヴァーサリ版のCDにはいっていないの)
 たぶん、チャットをしてくるタイミングが他とあまり被らないのが、ちょうどよかったのかもしれない。
 
 それとも、冒頭で公安とか、検察とか、島国の「悪」そのものの連中を見せられたので、政治家が重要な役割なのかな、と思ったからかもしれない(といっても毎回落選の万年代議士で、コープ以外に絡むこともなさそうですけど)。
 P5のコープ・シナリオの中でも、「なんでこれいれたのかな?」と思ってしまう代表格ですねえ。アルカナ「太陽」というのが、きっと「洒落」なんでしょうね。
 トップでゴールインは自分でも意外でした。
 
 あ、表題の「二枚」は、「二枚舌」じゃないの意味です。ライヴァル候補が「二世議員」だったらそっちでスマートに決めることができたのに、「三世」とかめちゃ惜しい。
 結果、かなり苦し紛れになっちゃいましたね・・・。

二手じゃダメなんですか?(P5バトルテーマ編)【改訂版】

【コメントありがとうございます。指摘いただいたところ見直していたら、参照していたいくつかのネイティヴのページの歌詞もだいぶ変わってます。変だなあ、というところはまともになってる。一方、変になってる気がする(意味は通じてる)ところもある(You're smilingとか)。原詩は一番もっともらしいものに変え、訳もつじつま合わせました。もー、早くオフィシャル歌詞付きのCD出してよ! あー、他のも見直さなきゃ。

 なお、歌詞らしくするため、あえて直訳はしていないところ多いのでご了承ください。嘘だと思ったらいっぺん直訳してみてもらえばわかります。どれだけしょぼくれたことになるか。例えば、その"You're smiling."ですけど。
 "You're smiling, but that meant you didn't catch in time."

 笑ってられるってことは、つまり、もうすでに自分が終わってしまってるってことに、気がついていない(大事な瞬間を見逃してしまっている、事態についていけてなかった)ってことなんだよね。英語ってコンパクトにできるときは、とことんコンパクトになるんすねえ】  

 P5テーマ曲、第三弾になります。"Last Surprise"。
 まだちょっとラフな感じですが、とりあえずアップしておき、あとからぼちぼち「剪定」します。【つうか一部丸ごと植え替えました】

 バトルテーマに(歌詞に意味がある)フル・ヴォーカルが入るってのはかなりの荒業だそうで。ペルソナ(目黒氏)以外には、危なっかしすぎてむやみにできないようです。
 P3やP4にもスキャット(およびラップ)入りのバトルテーマはあった気がするけど、フルコーラス歌詞あり、ここまでやるのは初でしょうか。

 三曲お聴きになればおわかりのとおり、どれもスリリングなストリングス(のシンセ音源かな)を、バリバリに前面に押し出したサウンドとなっている。
 個人的にはオルガン曲大好きなので、OP曲とそのアンサーソングがお気に入りです。三曲とも翻訳で百回、通勤でさらに百回聴いているところです。この曲はバトルテーマなんで、プレイでもさらに何十回も聴いてるはず。

 今回も歌詞はオフィシャルではありません。これまでの二曲同様に、一部「ん?」というところありますが、あたしが百回聴いても別なことは思いつかないので、とりあえずこれで正しい前提。オフィシャルCD発売時に、きっと歌詞が示されると信じております。
(欲を言えば、歌い手の滑舌がもうちょいネイティヴよりなら、歌詞も聴き取りやすいんじゃないかと思いますが)

 今回特に、英語的に難しいところはあまりなく、いつもどおり島国語にするのが難しい。怪盗ぽい会話調、啖呵きってる感じにしなくちゃいけないんですよね・・・。

 "to a T"は「正確に、ドンピシャで」という意味で、元は"to a tittle"(ちいさなところまで)。Tittleは小さい点の意味だそうですから、「画竜点睛」を欠かさないという意味ですね。
 "dot the(またはyour) i's and cross the(またはyour) t's"で、iの点もtの横棒も抜かさない、「細かいところまで気を配る」という意味なのは、知ってる人も多いのではないでしょうか。

 最近島国の漢字は、またしても国語審議会の「国賊」どもが「読めればいい」とかやってるらしく、でたらめな書き方が横行しつつあるようですが、あちらでも「筆記体」で書ける人はほぼほぼ絶滅。必要に迫られれば活字体で書いちゃうんだけど、スマホ全盛の時代、日ごろ慣れていないから汚くて読めないんですよね。あーでも、あたしの漢字も一緒か(笑)。
 先日もP5をプレイしつつ、「八つの大罪」をメモしておこうとしたら「憂鬱」が書けなくて往生しました(笑)。なんで木の間に「缶」がはさまってんでしたっけ?

 "blue sky"は、最初のコーラスの"cloud"と形上ひっかけているだけ【ではなく、今度は普通の意味で通じます。「晴天の霹靂」ですね。】

 最近気が付きましたが、このアトラスの作詞者、ITやデジタルの用語をぶちこむ習性だけじゃなくて、あちらの最新のミュージック・シーンにちなんだ音楽用語、バンド名、楽曲名などをときどき忍び込ませているみたいです。"No more art"、"Now depart"【heart to heartなら、これはわかる】 は、その類なのか意味わからん。それやられると辛いんだけど!

***

悪あがきはよしな あきらめろ
考え直せ どうなるかわかってる?
気づいているんでしょう 悲惨な結末
わからないの もはや手詰まり(ほんとの話)

地平線を見れば 雲はなく 嵐の訪れが
いずこからともなく忍び寄る
見渡す景色は お前が言っていたものとまるで違う

気配すら感じさせない
心の動きは目にも止まらない
観念するがいい
お見舞いしてあげる とっておきのサプライズ

作戦は 上出来だと思ってる?
完璧な仕上がり いつも二手先を行くつもりだね
じゃあ ここに来て 戦うがいい 
そこは罠 もう一歩進めば そこでお陀仏 (そこでお陀仏)

一兆分の一秒前は曇りない晴天 でも今 霹靂がお前の決意を打ち砕く
ただの不運じゃない 力尽きたお前の悲鳴に 誰も気がつかないのは

気配すら感じさせない
心の動きは目にも止まらない
観念するがいい
お見舞いしてあげる とっておきのサプライズ

いただきに参上 お前の心
手際はいつも とびきり素早く 鮮やか
笑っているがいい
その頃には もはや手遅れ

もういっぺん考え直したらどうなの
次の一手は 本当にそれでいいの?
何度も何度も 裏をかかれることはないの ねえ?

気配すら感じさせない
心の動きは目にも止まらない
観念するがいい
お見舞いしてあげる とっておきのサプライズ

いただきに参上 お前の心
手際はいつも とびきり素早く 鮮やか
笑っているがいい
その頃には もはや手遅れ

***

You tried to run me through, hold on
Think again, don't you know what you're starting?
But I'm sure we got a clue, how bad this will go
Don't you know, no more art (heart to heart)

And as you look to the horizon, not a cloud,
but the stormy wind that's going to come
Seems like it crept up out of nowhere 
All from there, view was not quite what you foretold

You'll never see it coming
You see that my mind is too fast for eyes
You're done in
By that time it's hit you, your last surprise

Think you've got your game planned out?
To a T, get 'em two steps ahead, yeah
So, step into my way, stand out
It's a trap, one more step and you're dead (and you're dead)

Why just a picosecond ago, clear blue sky
But now lightening strikes your last resolve
It's not an accident that no one hears your cries as your last strength seems to dissolve

You'll never see it coming
You see that my mind is too fast for eyes
You're dune in
By the time it's hit you, your last surprise

I'm coming for you!
My game's always, so fast, so fine
You're smiling
But that meant you didn't catch it in time

Better think about your game
Are you sure your next move's the right one for you?
Are you sure you won't get outmaneuvered again and again, my friend?

You'll never see it coming
You see that my mind is too fast for eyes
You're done in
By the time It's hit you, your last surprise

I'm coming for you!
My game's always, so fast, so fine
You're smiling
But that meant you didn't catch it in time

2016年9月24日 (土)

二葉じゃダメなんですか?(P5アリババ編)

 「二番じゃダメなんですか?」表題シリーズも、相当苦しくなってきているのが如実にお分かりだと思います・・・。ふつうに「双葉」でいいんですけど。
 軽いネタバレありまーす。
 
 一葉、二葉ははがきや写真の数え方。検索すると、今話題の「君の名は。」にも関係しているそうな。あ、あとアニメ「三者三葉」もか。
 では封筒(手紙)は? A:一通、B:一封、C:一枚
 シチュエーションで違うんですね。手紙の入った封筒はA。封をしたままの姿はB(金一封など)。からっぽの封筒はC。
 あ、これ試験に出まーす。
 
 あたしのPS4の画面テーマは、当然のように杏ちゃんですが、さっき見たら真のも出ていた。
 んー。コルト・シングル・アクション・アーミー・シリーズ、「ピースメーカー」。つかロングバレルが「キャヴァルリー」にも見えるけど、デフォルメかな、じゃなくて真の顔がちっちゃいのか!
 「平和の守り手」、真にぴったりのネーミング。確か彼女が用いる銃(モデルガン)にもあった。
 悪党どもから西部の集落を守る、「保安官」のイメージなんでしょうかね。
 
 でもねえ。個人的にはカラテの型をとってるほうが好みですねえ。特に総攻撃完了時の、「押忍!」のアニメーションはカンペキですし。
 って、ケチつけながら、そっこー買ってるし!
 これで杏ちゃんと二種類になった(野郎と猫には興味なし)。そんないくつもあったって仕方ないんで、たぶん他の女子のも買わないでしょうけど。
 
 打ち上げで寿司をごちになるため、みんなで銀座の「九兵衛」(そこまで言ってない)に行くというのですが、闇医者から貴重なSP回復アクセ買ってすっからかんになって、電車賃さえも持っていなかった(笑)。さすが貧乏のことがよくわかっているアトラス、そこらはちゃんとうやむやにしてくれた(笑)。
 あのアクセ、ひどいんですよ。存在を知ったとき「小」を買ったらありえないくらい便利なんで、なけなしのお金で「大」を買いました。めちゃ高かった。
 
 そしたら、次のコープ更新で、お値段半額にっ?! 最初十万円だった気がするので、五万円オフ?!
 樋口一葉のあのPS4スリムの五千円オフのCFを思い出して、また腹が立った。
 
 んー、寿司屋のあと、真の推理が冴えわたるなあ(♪♪、惚れてまうかも)。冴と言えばおねえちゃんだけど、ちょっとキライ。
 そのあとで、さらにかなりグラっときた(笑)。
 
 「つかまってていい?」(♪)、「腰抜けた」(♪♪)、「あーーーーっ!」(♪♪)。「ごめんなさいごめんなさいお姉ちゃん助けて!」(♪♪♪) 「つきあってんの?」、「と、とと、友達です」(♪)
 
 まあ、あたしはメガネっ娘にはイミューン(完全耐性もち)だし、ひきこもり天才ハッカーは「東京(略ザナドゥ(略」や「なんちゃらの軌跡」シリーズとかぶってるし、どうせ穴倉から引きづり出すの超面倒くせえはずだし、シナリオ的には意表をついていてかなり上出来だけど、めっちゃ平常心で臨んでますね。
 
 あと、明智しね。すぐしね。夏休み中にしね。

二曲じゃダメなんですか?(P5テーマ曲Life Will Change編)【改訂版】

【こちらも、一部歌詞が?なところ、ネイティヴがアップデートしています。楽曲を繰り返し聴き返しながら、意味が通じそうなら書き換えておきましょう。まだちょっと怪しいところがあるけどね】
 
 こちらの歌詞はだいぶ聴き取りやすいようで、ネイティヴ衆にも食い違いはほとんどない。【みな一斉に間違ってた?(笑)】
 ところが、逆に今度は翻訳が難しい・・・。
 意味がうまく通じないところは、そもそも歌詞が違ってるのかもしれない・・・。正解は、CD発売を待ちましょう。
 (やっぱいろいろ違うみたいなんで、都度修正してます)
 
 オープニング曲へのアンサーソング、「本歌どり」になってますね。
 
 まじめな話をすると、いつも簡単な単語でうんうんうなることになる。"home"なんて特にやばい。今回は"life"。これもしんどいですね。
 オープニング曲では、しがらみから抜け出そうとする人たちのことを念頭に、「人生」とやりましたが、こちらの曲ではもう「世の中」の話になっている。
 ただ瓦礫の中から生まれ変わるのは、やっぱ「人生」かなあ。"falling out in the debris"、"fallout"と一語なら、ご存知、「核汚染」のこと。"debris"は「瓦礫」(の山)。なにしろ、あの大震災をモチーフにしていますから、個人の変化、社会の変化、どっちでもあるようだし・・・。うーん。「生まれ変われる」でごまかしちゃった(笑)。

***

これはゲームじゃない わたしはロボットじゃない お前に挑戦してやる 
気力満々 立ち向かってやる 戦い抜いてやる 
 
お前の目の前で
わたしたちが増え続けるのを 見るがいい
自由を取り戻すんだ 今そのとき
力を蓄えて 偽りのショウをやめさせろ
人生はやってみていくら いま終わらせるとき
 
見てごらん わたしたちが自由に飛び回り
できたての嘘を 叩き潰す姿を
派手にやるなら タダじゃすまない
黙ってなんかいられない 世の中これでいいわけない
 
そしてわたしたちの声が鳴り響く
仮面は捨てた 自由になるため
いっぺん瓦礫に埋もれても
もう一度 生まれ変われるんだ
 
ぶれたりしない お前の病んだ 老いた心の虚構なんかじゃない
恐れ知らずで 無鉄砲 お前もすぐに思い知るだろう
 
償いをなせ
闘え 悔いを残さず
闘え お前の頭の中で 心の中で
大物ぶるなら 無駄に抗うがいい もうじきお前は崩れ落ちる
 
そして見るがいい わたしたちが自由に飛び回り
できたての嘘を 叩き潰した姿を
勝利をその手に掴むのを
黙ってなんかいられない 世の中これでいいわけない
 
そしてわたしたちの声が鳴り響く
仮面は捨てた 自由になるため
いっぺん瓦礫に埋もれても
もう一度 生まれ変われるんだ
 
***
 
It's not a game, I'm not a robot and I'm challenging you
I'm never better, I'm in your face, I'm here to see it through

Right before your eyes
Watch us multiply
Come to claim our rights, it's time
As the power grows, trying to stop a show
Life is worth a try, stop time

So you know that we're out there
Swatting lies in the making
Can't move fast without breaking
Can't hold on or life won't change
 
And our voices ring out there
Took our masks off to be free
Falling out in the debris
Now we know that life will change

I never strayed, I'm not a figment of your ill and old mind
I'm just as fearless, I'm just as dangerous as you soon know you'll find
 
Making your amends
Fight and never regret
Fight inside your head, your heart
And now's your play for great, try to fight in vein
You're about to fall apart

And you know we were out there
Swatting lies in the making
Going far for the taking
Can't hold on or life won't change
 
And our voices ring out here
Took our masks off to be free
Falling out in the debris
Now we know that life will change

二輪じゃダメなんですか?(P5クイーン編)

 ほぼキャラ紹介ですが、それさえもネタバレ呼ばわりするなら、最初からこんな場末のスナックみてえなブログ読みにくるなよ。お前知ってんのか、検索エンジンのキーワードに「P5」入れるだけで、強烈なネタバレ単語が「ぞろぞろ」(落語ネタはもういいっつの!)
 
 個人的に杏ちゃんの女王の座は決して揺るがないと思っていまして、バトルシーンでは、なんとか彼女に総攻撃の打順を回すように画策し、うまくいけば、もともと小顔なのがさらに小さく見えるピースサインのポーズが見れて、毎回うっとりメロメロ、もう身体が溶けてしまいそうになります(笑)。「美しいバラにはとげがあるの!」(うんうん)
 
 パレス探索のとき、主人公が壁の角っこにへばりついて、先の様子をうかがうじゃないですか。すでにパンサーがいるその同じ地点を選んだとき、彼女は(他キャラもそうだろうが、野郎とか猫とか興味ない)主人公に場所を譲ってどけるんじゃなくて、床に寝そべって下のほうから覗いてますよね!
 もー、あのポーズ一生見ていたい! モブがいなければずっと放置してじっくり鑑賞し続けたい。この際、パレス探索なんてどうでもよくなってしまいます(そりゃあだめでしょ)。
 
 事実女王の座を交代していないのですが(貞代の話はやめて)、本物の「クイーン」である真がツボ。どストライク。
 DnDパラディン命のあたしにとって、ローフル・グッド(秩序にして善)キャラはやばい。かつ生徒会長。かつ秀才。かつ美形。かつ細身。かつAカップ。おまけで姉も美形。
 
 そしてあの鉄仮面的なマスクと、オートバイ・ライダーの雄姿(メスだけど)は、バットガール(バットマン&ロビン版)を彷彿とさせますね。アリシア(シルバーストーン)ちゃん、大好きでした! 元祖アヒル口。演技? かわいけりゃなんでも許す、バットマン映画に演技なんていらん、どうでもいいんだよ! スタント以外の殺陣シーンが最悪? バットマン映画に殺陣を求めるほうがどうかしてんだよ!
 真と違って、ハイスクールの成績は下から数えて何番で、もっといえば学校行ってそうにないけど。
 
 そういえばボツった「二人じゃダメなんですか?」ネタのひとつですが、ブラピとアンジーの破局ってなんなんですかね。どんだけ子供作った(かつ養子も何人かいたはず)後だよ、大概にしろよ、ブログのネタにも使えねえじゃねえか、あんなに子供「ぞろぞろ」(もうええっつうの!(VOパンサー))
 
 真が初めてペルソナを召喚したとき、「免許持ってんのか?!」の突っ込みに「普通免許ならあるけど」とか、いやいや。
 あたしも普通免許しか持ってませんので、二輪は原付のみ、アニメ「ばくおん!」で見知った知識が精いっぱいで、まったく事情に疎いけど、普通免許であんなモンスター・バイク乗れるようになったのか、島国?
 
 ま、これも作り手の小粋な洒落なんでしょう。世界の二輪製造・販売のダントツトップを走るのは、ご存じ島国メーカーたち。某国では「ホンダ」と「バイク」は同義語です(本当)。
 モーターレースでも、たいてい上位独占。それなのに、高校生は(免許は取れるのに?)バイク乗っちゃいけないとか、やっぱバカだろ、文科省も日教組も。そんなに危ないものなんだったら、世界に売りつけるのやめさせろよ、教育委員会のクソどもが。
 
 という、バイク好きのみんなの怒りを受けて、なんと優等生の生徒会長をバイク通学させる(いや、させてない)、モンスター・バイクに乗せるというどんでん返し。素敵です。大好きです。
 
 できれば、特典DLCのP3/P4高校制服セットを着せて乗ったときに、お尻でいいからパン●ラがあればもっと素敵です(ファルコムじゃないんだから、アトラスはそれはしない)。
 (あれを主人公に着せると、バトルテーマの曲がP3/P4に代わるのが楽しいが、他にあんまりご利益はない。猫に着せると、アイギス/クマぽくなるのでちょっとだけ受けたがすぐ飽きる) 
 真の、超細身Aカップ(そこ関係ない)の身体では、愛車ヨハンナが倒れたら自力で起こせない気がしますが、そこは美しすぎる生徒会長、きっちりアクセルターンで復帰するんでしょう。んー、見てみたい!
 
 クイーンの二輪に対して、モナの四輪が嫉妬するくだりは、あまりのくだらなさに爆笑してしまいました。まあ、二輪じゃせいぜい二人乗りしかできないし、ヨハンナの仕様ではそれも無理臭いから、たしかに輸送力ではモナが勝っていますね。フォックスは、言葉の節々にありがたがっていなさが爆発してますけど・・・。
 それとスカルが、「いいなあ、俺もバイクほしいなあ」とかいうと、フォックスが「お前(キッド)だって船にのってるだろうが」と突っ込むところも最高。フォックスの中の人(杉田君)の、銀ちゃん(いや銀子じゃねえよ)のキャラみたいなくだらないつっこみがバッチリはまってました。
 メンツが増えると、バンターもどんどん充実していく感じでいいですね。
 
 そうそう、「ワガハイは猫じゃねえよ!」は、メメントスでしっかり言ってますね!(笑)。
 東京タワー特番動画で、モナ(の中の人)がアドリブで言ったのかと思って、感動してましたが、そんなおいしいネタ、シナリオライターが見逃すはずがないし、そもそも「ワガハイ」にした時点で使いどころを考えていたんでしょう。さらにうれしいことに、メメントスのバンターですから、延々聞いていれば、何度だって耳にすることができますしね。
 
 ところで、高校野球に巣食う、半日新聞どもや体罰・丸刈り大好き、戦争大好きの軍国主義者どもの集まり、高野連の「改心」は何個目にやってくれるのだろうか?(バレー部とかぶるからやらないでしょ。せいぜいメメントスの小ネタ)
 
 

2016年9月23日 (金)

二足じゃダメなんですか?(P5フォックス編)

 ええと、いくつかネタバレあります。いつもどおり小ネタ。強烈なのはないと思いますが、プレイまだの方はご注意。
 
  今週ずっと休みを取って、P5しかやってない形になってますけど、本日夜はコミュじゃなくてコープを稼ぐため、酒飲みに行ってきますって、渋谷ぢゃねえよ、結界張ってあって入れねえいってんだろ。
 
 その待ち合わせの時間つぶしに、これ書いてますのでクオリティはいつもより低いかも(いつもどおりとか?)
 
 ようやく序盤を終えたあたりですが、一番最初のパレスをみて、実はこれって、あれじゃないの?と思っていたことに確証が得られた。色欲、虚飾、暴食・・・、なんすね。つうと次はきっとあれかな? ああ、「セヴン」じゃなくて、きっと八つなんですかね。トロフィーの空欄を数えると?
 
 今回、悪党を担当されている声優さんたち、ずいぶんと声の変わった方々のような気がしてました。最初はちょっと違和感があって、エキセントリック感をカモシダすためかなあ、とか思ってましたが、プレイを進めると、そこもなかなか味わいがあるように感じてきました。
 よくよく考えたら、過去作品ではエキセントリックなのは高校教師たちだったんですね。今回は、一部強烈なのがいるから、他のメンツはちょっと抑え目気味。

 教師をはじめとして、主人公と絡む人たち(特にコープ関係者)は、いずれもふたつの顔をもつ「二重生活」者。これも、過去作のヴァリエーションでしょうが、今回はことさら強調している気がする。
 
  「二番じゃダメなんですか?」シリーズの延命を図るべく、プレイ中も、そのネタばっか考えています。むしろ、その路線に乗らないネタは片っ端からボツ。
 
 ただ、これも苦しいなあ。「二足の草鞋」。作中で絵描きのお弟子さんが、自分の境遇についてつぶやくセリフ。高校生と画家のことをいわんとしているのでしょうが、実は怪盗団もあるから、三足、三重(さんじゅう)なんすよね。
 純和風の彼なので、草鞋ネタということなんでしょうけど、草鞋といえば「ぞろぞろ」(もう落語ネタはいらんぞ)。
 いかん、時間だ。なんかあったら書き足します(ゼッタイしないでしょ)。
 
 書き足します(笑)。
 そうか、二日酔いでぼーっとしてたら、気がついた。キツネの面は、石川五右衛門と関係あるんだっけ、BABYMETALのパクリじゃねえかとか思ってましたが、そうではなくて、「化ける」、「化かす」の意味だったんですね。
 
 島国人はなぜ「キツネにだまされなくなったか」 という本を、だいぶ以前に読みました。キツネに限らず、島国にかつて百万頭以上いたといわれる馬(軍馬含む)に関する「異界」伝承などもとても面白く、いまでも覚えてるものがあるくらいです。ところが、その本によると、島国人がキツネに騙されなくなったのは、1965年。
 いきなり言い切ってしまうところも胡散臭いし、そう言い切るだけの根拠もなんだかはっきり示されず、よくわからず、キツネにつままれたような読後感でした(笑)。
 
 自然と人間(島国人)の関係が変わったということなんでしょうが、それって高校生でも思いつく理由だし、著者が「哲学者」を名乗ってる以上、もうちょいロジカルな説明がいるんじゃないか、と思った次第です。
 きっと「哲学者」は自称で、マルクス系「思想家」の一味なんでしょうね。「思想」にはロジカルな説明いらない(できない)からね。苦しくなると「その説明は後ほど」で、番組終了まで粘るのがリベラル系ジャーナリストの常套手段だし。
 

2016年9月22日 (木)

二段じゃダメなんですか?(P5アンタッチャブル編)

 この記事にもP5のごく軽いネタバレがひとつだけあります。読者諸君、警告はなされた。
 
 いやあ、超久しぶりに、高橋名人(元)の「ゲームは一日一時間!」を守ってますよ。
 そそ、ゲーム休憩は一日一時間。今朝なんかは、ついに日の出までプレイしてしまいました。ずーっと昔にやってた徹マン以来。
 ブログ書いてる暇もないはずなんですが、プレイ中にネタが次々浮かぶので、書いとかないと忘れてしまいそう。
 
 P5は、初週売り上げ30万本を突破したようです。おめでとうございます、なのかなあ。
 まあでも、昔から100万本を突破している島国ゲーなんて、ほんとに数えるほどしかないんですよね。DQやらFFがバカ勝ちしてる時代の記憶に引きずられて錯覚しているんです。ファミコン・スーファミ全盛期にはちらほらありましたが、あとは競馬ゲー、野球ゲー、スポーツゲーの一部。
 
 ウィキにある島国ゲーの「ミリオンセラー」リストをご覧ください。悲しいくらい数が少なく、かつ偏っています。
 そこにはワールドワイドのリスト(そちらはファイヴ・ミリオンズ以上)も載っていますのでご参考までに。ただしそっちの売り上げ数値は、網羅的でもなく、信憑も薄い気がします。
 
 島国では、ミリオン確保が間違いないマリオ系、女子が好きな癒し系どうぶつ系、妖怪ウォッチ、を除くと、だいぶ昔から初週10万本で勝利宣言らしい・・・。
 東京(略ザナドゥ(略のPS4版は、初週10万も達成しておりません。まあ・・・、Vita版の移植ですから開発費あまりかかってないとはいってもねえ。
 
 リリース直後に島国ゲーをプレイするときはいつも、ファミ通、電撃の特集号だけ買って、それ以外の情報には触れないようにするんですが、P5についてネットで不用意に検索したりすると、知らんでいい単語まで「最頻ワード」で表示されてしまうので、ネタバレされてしまうこともありますね。今回も一発、てひどいのを食らいました(笑)。
 
 世の中には、右も左もわからず手探りでプレイするのが楽しいゲームと、そんなことしたら何がなんだかわからなくなる(作り手もよくわかってない)クソゲーと、二種類あるのですが、P5は完全に前者ですね。
 プロット進行はシナリオに委ねられているので自由はないですが、コープ(前作までのコミュ的な、関係者との人間関係)を深めることや、主人公パラメータ(人間力?)を鍛えることは、プレイヤーにわりと裁量が任される。
 さらに今回は、悪魔合体の宿題ですら、序盤は自力でなんとかなってしまう。
 
 人間力?については、前作まで同様、頑張ってんのになかなかあがらんなあ、いつ次の段階にあがるのかなあ、とじりじりさせられます。そのうち「知識」は、「勉強しないとどうなっても知らないよ」とけっこう脅かされるので、試験が近づいてくると、やっぱファミレスなどに長居して勉強せざるをえなくなる。
 
 そうこうしているうちに、渋谷の薄暗い裏通りのモデルガン・ショップ(アンタッチャブル)で、なにやら怪しげな包みを受け取ります。サツのガサ入れかなんかが入りそうなときに、問答無用で店主から押しつけられた。
 本物のガン!なわけないんで(GTAじゃないんだから)、高級モデルガンらしい。高級さはシャドウとの闘いでは強力さと同義になる。
 
 こいつを譲ってもらおうぜ! とモナがいうのですが、最初は「度胸」が足りなくて、店主に話を持ち掛けられない。試験前には「知識」アップを優先させていたのですが、同時に「度胸」も頑張って鍛え続けた。
 DVD観たり、なんか臭い汁飲んだり、怪しい医者に付き合ったりして、ようやく晴れて「度胸」がニ段階アップ、第三段階まで達しました。いさんでショップの店主のところに駆けつけたのですが・・・。

 二段階ではまだ足りないらしい。(ここがネタバレ)
 
 次の段階まで待てということかしら?(人間力は全部で五段階)
 ねえ、それなら、どうしてこんなに早く、ネタふりするんでしょうか?
 預かりもののモデルガンを(なんでしょうね、まだわからんけど)、ずーーーと持ち歩いているってことですよね?
 すべての自由時間を「度胸」アップに費やしても、大して状況は変わらない気もするのですが・・・。なにか見落としたのかな?
 
 ま、こうやって悩みながら右往左往しながらプレイしてますので、様々なフィーチャーのコンプは、前作までと同様、きっと二周目以降になるのでしょうねって、それは「二周じゃダメなんですか?」で使おうと思っているネタ(笑)。
 
 実はあたしも、高貴な身分を隠して島国某所に潜んでいた幼少の時分、モデルガン・ショップで、主人公と似たような経験をした。高校にもまだ入ってなかった頃、マセガキの友達と一緒に、44マグナムかなんかを買いに行ったことがあります(ダーティー・ハリーかぶれ)。
 
 無口な店主から、「こんなところにガキが来るじゃねえ」という無言の圧力をばりばりに受けました。っても「だって売ってるのモデルガン(おもちゃ)だろう?」と思ったんですけどね。
 結局44マグナムは、人気商品でもあってお値段が高すぎて、あたしはコルト・ローマンの六連発しか買えなかった。
 
 ハンターが象にとどめを刺すときにも使えるという、ストッピング・パワー最強のガンを買うつもりだったのが、潜入捜査の刑事がジャンパーのポケットに隠す、護身用の小さなハンドガンで我慢せざるを得なかった。
 ハリー・キャラハンから一気に「刑事ベレッタ」までグレードダウンしてしまったのです(笑)。
 
(なお、S&Wの44マグナム(ロングバレル)は友達が買ってしまったので、その後あたしはお金を貯めて357マグナムのコルト・トルーパーを買った。ようやくハイウェイ・ステイト・ポリス(「スタスキー&ハッチ」)まで格上げになった(笑)。・・・なぬ、スタハチのハッチのは、357マグナムは一緒でもコルト・パイソンだろう? お客さん詳しいねえ。そうなのよ、パイソン買った友達もいたから、棲み分けました)
 
(余談)
 P5は、ダンジョン・マップも丁寧な造りで、そのマッピングの表示も非常に良い出来栄えだと思います。意味不明のマップによって翻弄されることがない。
 ファミコン、スーファミ時代の大昔は、こつこつプレイしながら、方眼紙に自分で地図やメモを書いていったんですよね。 あたしの場合、さすがにモブ・リストまで作ることは膨大な時間がかかるのでやめましたが、言ってみれば、ゲーム雑誌の記者が攻略記事を書くためプレイする、その真似事をやっていました。
 
 オートマッピングなるものがコンソール機に実装されたときは、あまりの便利さにちびりそうになりましたもの。どのタイトルが嚆矢(はじめ)だったか忘れちゃったけど。「ディープ・ダンジョン」じゃないよねえ。
 
***
 
 以下、亡き山田康雄さんを偲んで、できればあにきの声を脳内で再現しつつお読みください。
 知らん方は映像がないと意味わからんでしょう。YouTubeリンクは→ここ。 
 
 
「おおっと、何を考えてるかわかってるぜ。『こいつは六発撃ったか、それともまだ五発か?』。
 実を言うと、俺もつい夢中になっちまって、よく覚えちゃいねえ。だが、こいつは44マグナム、一番強力なハンドガンで、お前のどたまなんかきれいに吹き飛んじまう。だからよく考えろ。『今日のツキはどうかな?』。さあ、どうする、チンピラ?」
 
***
 
Uh uh. I know what you're thinking. "Did he fire six shots or only five?" Well to tell you the truth in all this excitement I kinda lost track myself. But being this is a .44 Magnum, the most powerful handgun in the world and would blow your head clean off, you've gotta ask yourself one question: "Do I feel lucky?" Well, do ya, punk?
 
Dirty Harry (1971)

2016年9月20日 (火)

二倍じゃダメなんですか?(P5スカーレット編)

【以下、P5のごくごく軽いネタバレがひとつあります。気になる方はこの記事はスルーで】
 
 P5、しょっぱなから相当のめりこんでおります。もー毎日が48時間あればいいのに!(いや、リアルのほうでもゲーム内でも)。 
 リアルでは結界が張られているため、侵入することを避けている渋谷界隈も、ゲーム内であれば気にはならない。
 過去作のシステム的な伝統?はほぼ踏襲しつつ、また一段と新機軸を盛り込んでいる。
 毎晩どこでやめようかと悩む始末。寝落ちしそうな直前で泣く泣くストップすることに。
 というか、これをプレイしていると、BioWareのDAシリーズのダメなところがよくわかる。なんつうか、P5はやっぱ造りが丁寧。デザインはスタイリッシュでファッショナブル。無駄に会話が長くなることもない。なんだかバグてんこ盛りで、なにがしたいのかわからない部分も多々あるあちらとは大きな差がある。ま、でも、そんないつもの愚痴はおいておいて。
 
 序盤で気になるところは、過去作でも若干ありましたが、イヴェントの強制進行です。いや、本来は他になにもできないから、思考停止しながら進めることができる楽ちんなパートなのですが。
 
 例の主人公の知性とか魅力とか、そういう数値(人間力と呼ぶらしい)をアップさせる方法がいくつかあるのですが、そのうちの一つとして、渋谷のレンタルショップ「スカーレット」に行けば、映画DVDを370円で借りることができます。これを鑑賞することで、人間力になんらかのご利益がある。
 ただし、レンタル期間である一週間以内に返却しなければ、当然のように延滞料がかかる。
 鑑賞し終えるには、自由時間が二回(二日以上?)必要。
 
 イヴェント強制進行が入れば、貴重な夜の自由時間も無慈悲に奪われていき、鑑賞するチャンスも減っていきます。レンタルした一発目の作品は不注意もあって、返却を一日延滞してしまいました。
 延滞料は一日300円也。延滞初回なので、店員のおねえさんから見逃してもらいました。「次はないよ」とのこと。
 
 とはいえ、夜、他になにもすることがないときに、手元にDVDがないのは痛い。そう思って、すぐに次の作品をレンタルしたのですが・・・。
 あれがあったり、これがあったり、テストがあったり、一晩だけチャンスがあって、半分は観たのですが、続きを鑑賞するチャンスがなかなか訪れません。そうこうしているうちに、返却期限が過ぎてしまいました。
 ようやくテストも終わった日、さっさとうち帰って、残った一回分を観て、そっこー返しに行こう、と思っていたのですが・・・。
 強制進行イヴェントが発生。

 しゃあない、一日、二日くらいの延滞料は涙をのもうと覚悟していたのですが、このイヴェント、ものすごく長い間、何日もかけて強制進行が続きます。
 もう、キャラクターのセリフも、プロット進行も、はっきりいって上の空。DVD返さなかん。延滞料なんぼやねん。
 珍しく、夜自室に戻れたときでも、知り合いから立て続けにスマホのチャット着信があっ。
 もー、DVD観なかんねん、チャットしてくんなや!

 そういう日はたいていモナから、「疲れてるから今日はやめとけ」とDVD鑑賞も阻止されて、ただベッドに横になって寝るだけしか許されない。 
 
 はよ返さなかん。はよ返さなかん。
 そればっか気になって、プロットの中身に対する興味がほぼゼロに近づいてきた頃、よーやく、渋谷で強制進行から解放されました・・・。
 よかった、やっと返せる。でも、延滞料なんぼやろ。
 おそるおそるスカーレット店内に入り、「まだ半分しか観ていないのでは?」と指摘するモナも無視して、返却すると・・・。
 延滞料1500円となります。

 「あちゃー」
 レンタル料370円のDVD。1500円いかれてもーた。 
 
 そんなあ。二倍じゃダメなんですか? 延滞料ってふつうレンタル料の二倍くらいじゃないんですか? レンタル期間一週間なんだから、毎日300円てのは酷じゃねえの? だってこれ「旧作」だろ? 一週間もレンタルできてんだからよ。せいぜい370円の二倍、追加で370円払って許してもらうのが相場じゃないんかい! 怪チャンに晒すぞ、こらあ!(misdirected anger、逆切れ)
 でもお店も忙しいんで、馬鹿にかまっていられないらしく、店員のお姉さんから今回も「ちゃい」にしてもらっちゃいました。でも「次はないよ」とのこと。
 
 「あ、いくら遅れても、最初から延滞料なんてとられないんだ」(ここがネタバレ)、とこのときはじめてわかりました。実は三回目から取るなんて、そんな面倒なスクリプト書くわけがありませんもの。
 まあ、これで安心して一か月以上借りっぱなしとか、やっても何の得にもなりませんけどね・・・。
 あー、びっくりした。
 実は、上述の自由時間になったとき、コントローラー操作をしくじって、うっかりパレスに突入してしまい、いっぺんリロードして、かなり前のセーヴファイルから泣く泣くやり直す羽目になったことは秘密。 
 もー、勘弁してよお。
 
(お断り)
 自分自身、レンタル・ヴィデオなんて、もう相当長い間借りてませんし、過去延滞料を払った記憶も一、二回くらいしかなく、それも「げO」とか、「TSUたYA」とか、大チェーン店網なんて、島国のどこにもなかった時代の話なので、「延滞料ルールは二倍」なんてのがあったかどうかも定かではありません。単に「二番はダメ?」ネタを継続したかっただけのことでした。悪しからず。
 

2016年9月19日 (月)

ニ役じゃダメなんですか?(万事屋篇)

 なんだよ、結局ジャ★ーズ出んのかよ。
 空知の予想どおり、コケるの確定じゃない?
 環奈ちゃんとか、奈々緒とか出るのに、それはあまりにもったいなさすぎるよ。
 
http://news.yahoo.co.jp/pickup/6214908
 
 んまあ、ジャ★ーズかなんとか48出しときゃ、コケたときの広告代理店の言い訳も簡単だし、どーせ、他のアニメ実写版と同じで、ちゃちゃっとやっつけ仕事、片手間で撮ってるんだろうし。
 
【お詫びと訂正】 ご、ごめんなさい、あの知る人ぞ知る傑作「女子ーズ」の監督だったとはつゆ知らず、た、大変な失礼を申し上げましたあっ! それはもう、とっても期待してますよ! ちゃちゃっと早く、もう撮っちゃったらしいですけど、やっつけじゃないですよね! 片手間じゃないですよね! てなりで撮っちゃうんですよね! あと、あんときの主題歌は、やっぱ広告代理店からザ●ル系のを押し込まれただけですよね! だから、浪川君のやつのほうじゃねえよ。
 でも、ならいっそ高杉も女子にしちゃえばよかったのに。【お詫びと訂正終わり】
 
 ジャ★ーズなんかやめて、藤原君出せよ(いや、ギャラもブッキングの苦労も半端ないっしょ。あと敵役それだと、ライヴァル作品(笑)の「るろう」実写版と思いっきりかぶるし)。
 
 もうこの際、主役が二役で、銀ちゃんと高杉やればいいんじゃねえの? 空知の描き分けいまいちだから、着物ないと見分けつかねえし。このジャ★ーズ、チビすぎて殺陣が大変だったとか抜かしてるし、小栗がふたり分やればよくねえ?
 
 しかも高杉が出てくるとか、るろうじゃねえや、銀魂で一番つまらんパートじゃん。宇宙えいりあん篇じゃないのかよお、(#42みみずにおしっこ(略。) えいりあん出ないのかよお。
 はげちらかしてる神楽パパと松平のとっつぁん出せよお、警察艦隊出せよお、キャバクラ同伴の待ち合わせ時間気にして、究極兵器ぶっ放してほしいよお。(失礼、娘が彼氏とお泊りするの阻止するためだった)
 
 結局一番おもしろかったのは、映画公式ページの空知本人の放言だった、とかなりそう・・・。
(すみません、あたしアニメ版しか知りません・・・)

2016年9月18日 (日)

二案じゃダメなんですか?(P5 オープニング曲歌詞)

Wake Up, Get Up, Get Out There
 
 P5のオープニング曲。またしても、ネイティヴたちが聴き取ってさえ、意見が割れている。オフィシャルの歌詞は、おおかたサントラCD発売時に開示する段取りになっているでしょうから、今のところこれが精一杯。
 いくらなんでも二案並べてちゃダメだよねえ。

 あたしのつたない聴き取りも交えて、もっとも確からしいものを選び、そいつに島国訳をつけるという、毎度のことですが、二重三重に面倒な作業です。まあ、百回は聴いて、話はそれからってことですが、目黒氏いわくの「アシッド・ジャズ/ロック」風味は嫌いじゃないんで苦にはなりませんけど。
 
 例によって、島国訳はちょくちょく修正していきますので、常時最新版扱いということで。
(原歌詞でネイティヴにも不明らしいのは、特に*のところ。「炎の赤」が物語全体のモチーフらしいんで、やっぱここは「炎」なのかな。当初のメンツ四人・・・、つか三人とモルガナのうち、モナ以外は、本人のコスチューム(表・裏)も、ペルソナも、どこかに「赤」を用いてる。実はゾロにも赤い部分があるんで、モナだけが仲間はずれ・・・。何か意味あるのかな?)
 
***
 
Who am I?
Am I not unique?
Maybe I'm not here at all

Look, the fakers
Binding us with lies
They'll break us all of the soul

Oh, it's useless!
(Do you know what to do, huh?)
What could it mean that we're here?
(What does it all mean?)
Can we make a difference?
(Can we really make a big difference?)
If we don't break out of here?

Wake up, get up, get out there!
Raise your voice high just like us
Feel your anger like fire*
Why does nobody want change?

Just imagine you're out there
Swatting lies in the making
Can't move fast without breaking
If you hold on life won't change
 
***
 
わたしは誰?
誰だとしても一緒?
ここになんて最初からいないのかも
 
気をつけて ぺてん師どもに
嘘で塗り固められ
みな魂をずたずたにされてしまう
 
ああ、でも無理!
(どうすればいいっていうの、ねえ?)
ここにいて それが何だというの?
(どんな意味があるの?)
何ができるっていうの?
(どでかい一発でもぶちかませるの?)
ここから抜け出さないのなら
 
目を醒まして 立ち上がって そこから出なくちゃ!
精一杯声を振り絞って わたしたちのように
怒りをかきたてるの 炎のように
どうして誰もただそうとしないの?
 
思い描いて 自分が自由に飛び回り
できかけの嘘を 叩き潰してる姿を
派手にやるなら ただじゃ済まない 
我慢するなら 人生はただそれっきり
 

二発じゃダメなんですか?(砲手編)

 「いいえ、一発でいいはずです」

 立川シネマ、「ガルパン」極上爆音上映まだやっとんのかいっ!(ええ、まだ連日満員のようです・・・)

 すごいな、もうすぐ公開一年になっちゃうんじゃないの。

 思い起こせば去る6月。間もなく上映終了すると思って、苦労してお休み取って、夜中必死にネット予約して、愛車に乗って中央道とばして、高い駐車場代払って、仕事サボって(お前もだろう)きている多数のはげ、もとい年配のファン(全員野郎)と一緒に、涙ぐみながら観たのはなんだったんだろう・・・。(いや、今でも満員だから待っても一緒)

 「ガルパン」最終章制作決定。

 https://www.youtube.com/watch?v=E0rnWgwUcs4

 んー、大洗女子を揺るがす「一大騒動」?!

 また廃校の危機とか?(さすがに、もうその手はダメでしょ)
 なんだろう、ふるさと納税が大盤振る舞い過ぎて町の財政がピンチとか?(ちがうちがう)
 わかった、学園艦の地下に無駄な空洞があることが発覚した?(いやいや、最初から空母型だから空洞あるから、無駄じゃないけど。汚水溜まってないし、盛り土いらんし) 

 まあ・・・。本場USにでも出張稽古とか試合とか? それとも、ゴリアテぽいのが走ってるのはベルリンで、ワールドグランプリでしょうか・・・。

 えーっ、「新生徒会」って何。かいちょーはー?! かいちょーのオヤジのノリがいいのにー!

 「あとはまかせたよ!」なのかな?

 「最終章」は悲しいけど、「最終章その2」とかあんのかしら。
 きっとその後にも「さらばガルパン 愛の戦士たち」、「ガルパン 新たなる旅立ち」、「ガルパンよ永遠に」とか、「ガルパン 完結編」とか、「ガルパン 復活編」で、ついでに「ファイナル・ガルパン」とかあるのかなあ。

 やべえ、TV版、OVA版、映画版、全部観直さなくちゃ!(え、P5は?)  
 観るとまた涙ぐんじゃうけど・・・。

 あと、ダージリング様(昨日がお誕生日。おめでとうございます)のコスプレとか、クオリティ未達のやつゼッタイ禁止。(できればモノホンのパツキンの方で)

二杯じゃダメなんですか?(パーティー編)

 タイトル依存記事。

 ひと月ほど前、知り合いのお店の開店何周年かのパーティーが、ポンギの某有名セレモニー・ホールで開催されました。それに出席した際のお話。

 開始時間よりちょっと遅れて(ファショナブリー・レイト)、連れと一緒に到着すると、友人が座っているテーブルを指定されたのですが、会場はもともと100人程度が定員のところ、それ以上に座席を詰め込んでおり、しかも空席はほぼありません。
 バフェエ(ビュッフェ)の料理は、予算の都合上定員分しか用意していなかったのか(笑)、あらかたなくなってしまった後だった。残りものを少しだけ戴いたあとは、ひたすら飲むしかありませんでした。

 切れ目なく届けられるビールばかり飲んでいても、おなかが膨れるだけになってしまうので、年配のウエイトレスにウイスキーの水割りを注文しました。ところが、一体どこまで取りに行っているのだろう、スコットランドかい、と疑ってしまうくらい、長い間なかなか持って来ない。とはいえ、テーブルと座席でびっしり埋まったフロアを自力で行き来するのも気が引けます。 ステージではお祝いの演目が披露されているので、ウエイトレス・ウエイター以外に歩いている者もおりません。

 ようやく届けてもらった水割りは、まるで水のように薄かった。薄すぎて、水のように一気に呑み干せてしまいます。もう一度お願いした二杯目も、届くまで同じだけ時間がかかり、同じだけ薄く、同じように一気に飲めてしまう。

 これじゃあ、立て続けにお冷を飲んでいるのと変わらず、そのうちお手洗いに行きたくなるのは間違いない。会場は禁煙なので、スモーカーのための中休みがあるとは聞いていましたが、それまでには、まだだいぶ時間がありそうです。

 連れと友人にひとしきり愚痴り、次はさすがに作戦を変えようということになりました。まず、これまでの年配の女性ウエイトレスではなく、学生のアルバイトでしょうか、二十歳なりたてくらいの若い男性のウエイターに声をかけました。
 そして今度は、「水割りダブル」を届けてもらうようにお願いしました。ダブルなら、最悪でもきっと、ウイスキーの味がするくらいの濃さにはなるでしょうと期待して。

 今度は、これまで二回よりも随分と早く届きました。ウエイターの若い子が盆を掲げて近づいてくる間、あたしたち三人は作戦の成功を喜んでいたのですが・・・。

 眼の前に置かれたのは、水のように薄いウィスキーの水割り、二杯。

 驚く、怒る、呆れる、を通り越して、思わず「かわいい!」と口に出してしまった。
 確かに「ダブル」には違いない。違いないんだけど、方向が違う。
 (英語的に「ダブル二杯」は"two double whiskeys"、あちらでは「ダブル水割り」は言わない、つうか水で割るくらいなら最初からダブルにしないのですね・・・)

 小声とはいえ三人でつっこみまくり、「かわいい、かわいい」と受けまくっていると、まだ近くにいたくだんの男の子は、顔をくしゃくしゃにしているあたしたちの方を、ちょっとむっとしたような、とまどうような顔つきで見ています。
 でも教えない。だって、もったいないもの! 

 ゆとり世代恐るべし。島国の未来は、世界がうらやむ。君たちが担ってくれれば大丈夫。 

2016年9月17日 (土)

二重じゃダメなんですか?(P5生活編)

 そそ、P5のことね。二重生活。

 なに、PS4新型との二重価格問題? 「たけくらべ」? 比べてんじゃねえよ。
 それ、まぢ気分悪くなるからやめてくれる?

 と言っても、あたしは帰国した本日、ようやくブツを開封いたしやした。
 何日遅れたのかな。丸二日ですか。まあ、期待の新作のリリースのときは、島国もの、洋もの問わず、いつものことなんですが。
 Amazonさんには、アニヴァーサリ版PS4版が発売日に届かないとの声がちらほら寄せられている(笑)。 お気の毒。

 開梱したのはいいけど、いつもどおり、内容物が何が何やらパッと見ではわからない。いぱーい入っている円盤は全部楽曲CDなのか。あれ、特典DLCコードが入っていない!とか狼狽えていたら、しっかりと封蝋のついたおてまみが入っていた。最初はおてまみにはまるで見えなかったが。

 そのDLCゲットにまたいつもどおり手間取り、そうこうしているうちに、Amazonの特典てのもあったよなあ、と思いメーラーを調べてみるとこれもDLCコード入力が必要で、もう一度同じようにもたもた手間取る。毎回毎回、この手間はなんとかならんのでしょうか?

 PS3版とどう違うのか、もちろんわかりませんが、「旧型」PS4の稼働率がようやく向上しはじめたあたしにとっては、何を見せられても綺麗に見えます(笑)。

 ただストーリーは・・。ネタバレはやめときますが、冒頭でプロットがだいたいわかる。そうなっちゃうのかなあ・・・。おっさん的にはちょいと不満です。 

 まあでも、明日からようやく夏休み。すでに「夏」じゃない説もあるけど、二重生活、どっぷりつかってみます。(武士の情け、他の仕掛中のゲームのことは触れてくれるな!)

 で、まず気分を盛り上げるために、GyaO!の「ペルソナ4」アニメーション(Goldenじゃなく、古い方のやつ)を観直してるんですが。エピソード9のオープニング(りせちオンステージのモチーフ)。なんすかね、この完成度? なくても構わないのに、わざわざ特別映像・楽曲をぶちこんじゃうこの姿勢。制作2011年。島国アニメはずーーーっと前から、無敵だったんだなあ。
 ヴィデオゲームも無敵にならないかなあ。

(P5初期売り上げ予想は20万から30万本・・・。そんなところですよねえ。もうワンミリオンいかんのですよね、妖怪ウォッチとかあっち系でないと)

2016年9月13日 (火)

二重じゃダメなんですか?

 あー、悔しい。出張さえしていなければ、そっこーでこの記事かけたのに!
 つか、タイトルだけ、出オチですが。

 「この命令は、七時間も前のものじゃないか!」

 "These orders are seven bloody hours old!"
 ------ The Hunt for Red October (1990)

 ネットニュース掲載はだいたい4,5時間前。
 もういたるところでネタに使われてるんだろうなあ。悔しいなあ。
 ネトウヨ大喜びだろうなあ。

 いや、二重(ふたえ)じゃないよ。だったら一般に島国では、二重まぶたのほうが好まれてるでしょ。

 まあでもね、有名な話でしょうけど、島国にも「重婚」ってあるけど、違法状態は違法状態ですけど、「悪意」がなかった(相手に配偶者がいることを知らなかった)ことが証明できるなら、それ自体別に罪じゃないのよ。解消することが求められるけど。

 二重国籍どころか、世の中には政治家になる場合でも国籍不問の国だってあるわけだし、それ自体どうこう言っても不毛だと思うけど。だって帰化(国籍取得)すれば100%おっけーなんでしょ? この村田さんなんかくらべものにならないくらい、あきらかに「草」なやつがずっといっぱいいると思うよ。だって見分けつかんのだから。

 問題は、これまでそれ(エキゾチックさ、字義通りのね)を「売り」にしてきたのに、突然考えを改めたようにふるまっていることでしょう。

 いくらでも戦い方、身のかわし方はあったはずですが、「二番じゃダメなんですか?」発言もあって、どうもあんまりおつむの良い人でもなさげだし、まわりに味方も少ないから、賢い人が助言してくれることもないんでしょうね。

 政治家として、そっちのほうが大問題だと思いますけどね。
 まわりに言うこと聞く賢い奴そろえとけば、アベちゃんでも総理つとまんのよ(「賢さ」のアトリビュートでは、村田さんとタイだとおもう。ふたりとも「カリスマ」一点振りですね)。

 北朝が核戦争(というか、むしろ自爆テロ)の準備してるというのに、のんきなこったな、この絶東の島国は。

2016年9月11日 (日)

【ME:A】千早振る(解題)

 もちろん95%は「あちらの一家」オチ一発狙いですが、5%については「ME:Aどういうプロットになるんだろう」とまぢめに考えてたわけでして。

 一番最初に考えたのは、やっぱ出発の経緯ですよね。
 そこで、ふたつのことを考えなければならなかった。
 なお前提は、「ME3エンディングからずっと後の話」というところのみ。

 (1)純粋にサイファイのプロットとしての「らしさ」
 (2)ヴィデオ・ゲーム劈頭の「つかみ」

 (1)については、
    ①もうマス・リレーには頼れないのか(この銀河の外ではFTL航行依存か)
    ②N7のおとっつあんの登場が鍵なのか(開拓計画は世代をまたぐのか)

 というあたりが気になるところ。

 ただし、直感的には(2)のほうが先に浮かびました。MEトリロジーは、まず物語劈頭で度肝を抜いて、プレイヤーをがっちりつかむ、「ベストセラーのお約束」を徹底してましたね。
 過去作品をおさらいしてみると。

 ① MEオリジナル: 先任スペクターであるはずのサレンの裏切り

 後の作品に比べると(ME自体誰も知らない時代なので紹介すべきことが多いため当然ですが)多少のんびりまったりとはいえ、やっぱサレンがいきなり裏切るあたり。
 ジェンキンス戦死やアッシュ合流については、個別のインパクトは弱くて、サレンのくだりへの前奏曲扱いでしょう。それからビーコン発見までがプロローグでした。

 ② ME2: ノルマンディー号轟沈

 ここは文句なし。プレイ開始早々に衝撃のシーンが訪れます。前作のプレイ経験が必須ではないとはいえ、まあ前提としているのでしょう。
 ブリッジからコクピットに至る艦の中心部が吹き飛ばされ、完全に真空に露出していることがわかるシーンでは、ひねくれたサイファイ・ファンのあたしですら、「やられた」と思いましたもの。その後もほぼ澱みなく進む物語の、素晴らしいテンポがこの時点で保証されていたということです。

 ③ ME3: ヴァンクーヴァー崩壊

 どうしてアライアンス司令部がヴァンクーヴァーにあるのか、手前味噌じゃないのか、という突っ込み以外、ここもほぼ文句なしの進行ですね。
 ME2と異なるのは、サッカーパンチ(突然の理不尽な不意打ち)ではなく、「いつ来るか、いつ来るか」とわかっていながら訪れる崩壊シーン。前作までのプレイ、あるいはME2との繋ぎであった「アライヴァル」をプレイしているかどうかで、多少味わいが変わるかもしれません。

 DAシリーズはチームが異なるので、必ずしも傍証にはならないかもしれませんが、(オリジンを除けば)オステガー砦の戦いと王の死(DAO)、ロザリング炎上に伴う荒野への脱出とフレメスとの出会い(DA2)、フェイドらしき場所におけるディヴァインらしき人物(存在)との逃避行(DAI)というふうに、「ベストセラーの鉄則」は守っています。

(余談)MEも、DAOも、そこに至るまでまったりもっさりしているのは、いずれも初作品だから(設定とプレイの紹介に手間がかかる)という言い訳もあるでしょうが、「時代」がそうだった、という答えのほうが正しいでしょう。昔はまったりもっさりが許された。
 ところが、AAAタイトル花盛りとなってからは、いわゆる稼ぎ頭のFPSやアクションを中心としたメインストリーム(主流)の開発スタジオでは「予算は冒頭シーンに惜しみなく注ぎ込め、あとに残すな、クライマックスまで温存などもっての他」というのが主たる空気(ノーム)となっていきます。

 その心は、大多数のプレイヤーはゲームを最後までプレイしないから。Steamのグローバル・アチーヴメント比較などでわかりますが、冒頭シーンはほぼ100%のプレイヤーが目にする。ところがクライマックスまで辿りつく人は、ゲームによって10%とか20%とか、激減するんですね。途中でカジュアルが落ちていく。あと、あたしみたいに時間のないおっさんが落ちていく。
 AAAタイトルでは、「誰も観ていないところに予算を使うな」というのが鉄則になりつつあり、だからBioWareのやっているような「複雑な分岐と選択」は余計なものとして嫌われる。つまらん時代になったもんですが、コストばかりかかって売れなければ開発者が路頭に迷うので致し方なしでしょうか。(余談終わり)

 さて、ME:Aもこうした「つかみ」を用意するんでしょうけど、それって、かなり難しいんじゃないの?というのが、発想のきっかけ。
 別銀河にフロンティア、植民地を求めます、クルーは家族関係です、となったら、まんまロビンソン一家なわけでして(ここが「家族」じゃなくて「海軍」なら、あちらのほうですよね)。

 地球(かどこかの出発点)から、予定どおり宇宙に出て、無事目的地点に到着しましたあでは、つかみもへったくれもない。現に "Lost in Space"(1999)自体が、というかそのオリジナルが、それをきらった設定となっており、冒頭にテロリストのサボタージュが発生して、一家は宇宙の時空を彷徨うことになるのでした。
 つまり、その線はもう使えない。出発時点でのサボタージュには手垢が付いている。

(もっとも、テロリストのサボタージュが度を越していて、地球の軌道エレベーター(宇宙船にとっては、重力圏脱出エナジーが節約できる発射台にあたります)の爆発崩壊シーンなんかと絡めて、主人公は間一髪脱出した、なんてやると絵的には成立するかもしれない)

  それも"Lost in Space"に似すぎているのでダメとなると、物語は太陽系(でもどこでも出発点)からアンドロメダまでの航行についてはバサッと省略し、コールドスリープから覚醒した直後にはじまる、ということが考えられる(マス・リレーには頼れない、つうかマス・リレー網建造が旅の目的のひとつ)。あのトレイラーの女性ライダー覚醒シーンですね。

 これも、ここからつかみを用意するのはかなり難しい。 まったりもったり系では、"Alien"(1979)的によそから脅威が持ち込まれる展開、いきなりびっくり系では"2001: A Space Odyssey"(1968)のように、"Alien^3"(1992)のように、クルーみんなコールドスリープのまま死んじゃう(殺される)。二番煎じですよね。
 で、ここまで考えても無理だよねえ、ぴんとこないよねえ、となって、仕方ねえから「とっつあん」でも出すか、となったんじゃないでしょうか。

 つまり、チュートリアル的な部分(とっつあん)と本編(せがれか娘)は時間軸が完全に分れている。同時に、つかみの部分はとっつあんがひとりで受け持つ。
 トレイラーでは、N7の人はえらい苦労して無人の(んー、文明の痕跡のない)茫漠たる荒野などを駆けずり回っている。そちらが正真正銘のパスファインダー。というかエクスプロウラーですか。
 そうなると、プロローグ劈頭のつかみ(びっくり)は、これはもう選り取り見取り。シナリオライターの好みでなんでもできますね。逆に予想不能です(する意味さえない)。

 とっつあんは、なんらかの情報、あるいは後続の航行に役立つ施設(それこそビーコン的な?)を残してくれる。ここで、ついでにマス・リレー作っちゃいまっしたあ、だとちょっと興ざめ。せがれや娘がコールドスリープで向かう意味がなくなってしまうかもしれない。

 せがれと娘は、どちらを選んでも他方は同じ時間軸のどこかに生きていると説明されていました。せがれ(娘)の時間軸に、とっつあんが生存しているのかどうか、それはわからない。(今回も「ウラシマ効果」は無視すんでしょうかね?)

 最新のトレイラー(4kのやつ)は、すでにせがれがアンドロメダに到着した後の話でしょうか、各星域の情報がわかるヴォールトが、ご丁寧に星雲のそこここに点在していることが示される。ゲームプレイ的には楽ちんなわけで、むやみにオープンワールドになることも防いでいる。
 それは誰が残したんだ、というとこれはご都合主義的に、エインシェントな高度文明つうことになるのか。ちょいと陳腐ですが、現住種族としか遭遇しないと、それこそ"Avatar"(2009)的なとっても単調なお話になってしまうので、やっぱクリンゴン的な、クリエイター的なのが出てくるのでしょうね。

 サーベラスは、この時点ではすでに解散してしまっているのではないか、と思われますが、まあ、ここもネオジオン的、チターンズ的に「やっぱ残党がいました」とかやる手はありますな。
 とっつあんの収拾した情報の通信などを傍受して、正規の開拓者部隊に「ただ乗り」し、結局いがみあい、競い合うなあんてどうですか。昔ならロシア対アメリカの宇宙開拓競争的なサイファイが結構ありました。特にワイドスクリーン・バロック系ってやつに。見事にすたれましたが。

 ロビンソン一家(the Robinsons)ならぬ「ライダー一家」(the Ryders)だけに、フリーライダー(ただ乗り、free riders)には気をつけよう。

 おあとがよろしいようで。
(もう落語はええちゅうねん!)

2016年9月10日 (土)

【ME:A】千早振る(下の句)

「む、お前もいちいち細かいところばかりつつくやつだね。とにかく、家督と娘は血の繋がっていない兄妹なんだから。いまどきらぶろまんす抜きのびでおげーむなんざ、はやらせんでしょう」
「無理にその二人くっつけなくてもいいと思いやすが、へいへい、よござんしょ。そんで、その宇宙船とやらには、他にも乗組員がいるわけですね」
「もちろんだね。『あるかでぃあ号』みたいに、たった三人で飛ばせんこともないだろうが、絵的にあんまり寂しかろうね」
「そうこなくちゃ。んじゃあ、くるーめんばーがいるわけですね。どんな奴らなんで?」
「医者がおるな。医学博士の」
「おお、あの『とりろじー』にも登場した、のんべのおばはん軍医みたいなお方ですね? あっしのお気に入りでして」
「じじいだな」
「あら残念」
「しかも裏切り者だ」
「えっ?」

「まあ、宇宙船と言えば、だいたい裏切り者が乗っておる。『えいりあん』にしろ、『えいりあんず』にしろ、『まとりっくす』にしてもそうだろう」
「なるほど、そいつは確かに」
「その医者はな、主人公たちの宇宙開拓計画を妨害し、植民星活動を我が物にしようとする『てろりすと』集団の内通者だった」
「先生、その時分、あの『さーべらす』は、首領『いるーしぶまん』もいなくなって、もうとっくに破綻してんじゃ?」
「新らたな敵というやつだね。しぇぱ・とりろじーの設定は引き継がない。おんなじような設定を使い回すと、きゃらくたーぐっずの売り上げに響くからな」
「はなから、さーべらすのぐっず欲しがる奴は、あんましいねえと思いますが。で、その裏切り者は何をしでかすんでい?」
「宇宙船の『なびげーしょん・しすてむ』を破壊するんだな」
「はん・そろ船長じゃねえけど、だんだん、『いやな予感』がしてめえりやしたが、とりあえずうかがっときやしょう。だいたい、自分の乗ることになる宇宙船の航行しすてむを破壊するばかがいますかね?」

「もともと乗り組む予定はなかったのだね。ところが、証拠・証人隠滅を目論むてろりすと集団から最後には裏切られ、宇宙船と運命を共にすることになってしまう」
「もしかして、その船には『ろぼっと』なんぞも乗ってるんじゃ?」
「乗ってる。そのろぼっとが、さぼたーじゅ活動をぷろぐらみんぐされてたんだね」
「やっぱ、EDIみたいなAIですかい?」
「いや、見た目はむしろ、『あるかでぃあ号』のわーわー号とか、『やまと』のあならいざー号に似ておるようだ」
「先生、あっしにもわかってめえりやしたよ」
「これ、ネタバレはまだ早いぞ」
「いやあ、もう間違いねえでしょう。『さぼたーじゅ』された宇宙船は、当初の軌道から外れて宇宙を彷徨うことになるんすね?」
「ん、まあそんなところだ」
「娘が『こーるどすりーぷ』から目覚めるとれいらーがありやしたが、あれはいつの時点ですかね?」

「ん。んー、あれはだねえ・・・」
「そもそも、あちらの一家のなびげーしょん・しすてむが破壊されるのは、確か太陽系を飛び立つ寸前だったはずですよね。期せずして巻きぞい喰っちまった裏切り者の医者が、自分が助かりたい一心で、全乗組員をこーるどすりーぷから叩き起こすんでしょ?」
「おいおい、『あちらの一家』ってのはなんだい、人聞きが悪い」
「だって、それ『ろびんそん一家』の話でしょ?」
「ばかなことを言うんじゃないよ。だいいち、天下のばいおうえあが、よりによってあの、続編も作れなくなってしまった『ろすと・いん・すぺーす』をぱくるわけがないと思わないのかい? 縁起でもない」
「むしろ、ぱくってんのは先生の方じゃねえんですかい?」
「まあ、だからだね、物語原型と言ってだね、世の中の物語つうものは、どこかしら昔のものに似てくるという」
「どこかしらも何も、まんまそのままじゃねえですかい。はいはい、わかりやした。聴いて損した。あの若造をぎゃふんと言わせることもできやしねえ。仕方がねえから、まだ七つ下がり(今でいう午後四時過ぎ)、ちょっと日もたけえが、あっしはこれから酒屋に行って『ぎむれっと』でも一杯ひっかけて、そのままうちけえってふて寝しますわ。なんだい、結局、霜月七日(しもつきなのか)、なの字七組の日にばいおうえあが新ネタ出すまで、先生にもからきしわかりゃしねえってことですね!」

「まあ、待ちなさい。その霜月七日にしても、無事に済むとは思えんからね」
「なんです、今度もまたあのとりろじーのえんでぃんぐの大騒ぎみてえなことが、起きるかもしれねえってことですかい?」
「そんなところだね」
「いってえぜんてえ、どうしてそんなことが?」 
「宇宙船が『てんぺすと』だけに、『あらし』の予感がします」

2016年9月 9日 (金)

【ME:A】千早振る(上の句)

「こんちわ、先生! いるかい! 先生大変だ、おい」
「なんだなんだ、大声で。おまえかい。こっち来なさい」
「ああ、いたいた。よかった。いえ、あっしはここで」
「一体何があったんだい」
「実はね、あすこの角に茶屋があるじゃないですかい」
「茶屋があるね」
「ちょいと太目の看板娘がいる」
「ちょいと、じゃないな、ありゃ。看板にしても大きすぎて、前に突っ立たれると店に入るのも一苦労だ。先日なんか、どんな祝いかしらないが振袖なんて着込んで立ってるもんだから、なんの『こすぷれ』かと思ったよ。
「てえと、例のあちらの『なぐ・ほおく』みたいな?」
「あれなんか、はっきり言っちまえば『ぶるーどまざあ』に近いね。近頃の『こすぷれいやー』にも最低限の矜持ってものを持ってもらわなくちゃならん」
「それ言ったら先生、島国にだって、『月にかわってお仕置きよ!』したくなる月詠(ツクヨミ)ってのいましたからね」
「ありゃひどかったね、方形堂(スクウェア)から告訴されてもしかたなかった」
「ポンギの『はろいん』(ハロウィン)ですかい、年々腕前あがってるちゅう話ですけど、中にはとんでもねえのがいますしね」
「昨年だったか、頭の先からつま先まで蝙蝠俠(バットマン)の衣裳で夕方日比谷線に乗ってるのがいたね。外套まで本物どおりなのはいいんだが、恵比寿からポンギの駅までつり革につかまって始終うつむいてやがる。照れるくらいなら初めからやるないと思っちまったね」

「まあでも一応身体は鍛錬してます的な野郎でしょ? あちらじゃ、普通にヘソ出し蝙蝠男やりかねないすから。それはそうと先生、『ういっちゃあ其の参』はどうでした?」
「あれは、なんだ、なかなか良かった」
「どの辺が良かったんでしょう?」
「うーん、あの鳥みたいなのが」
「それ、ずいぶんとはじめのほうのやつじゃないんですかい?」
「それとあの馬がいいね」
「馬もはなから出てきますね。まあいいや、書き手もよくわかってねえから、これ以上つっこめねえし」
「それより、お前何しに来たの?」

「あ、そうそう、あすこの茶屋で、顔見知りの若旦那からバカにされて、あんまり悔しかったんで、ここは物知りの先生に知恵を借りて、ぎゃふんといわそうと」
「ぎゃふんとって、あいつをかね? まあ、面白そうだ。あたしはああいう手合いをぎゃふんといわせるのが一番好きなんだ。さっさと話をしなさい」

「ようやく発表された『ますえふぇくと・あんどろめだ』の筋書のことなんすけど」
「近所の酒屋も言っていたな」
「宣伝にちらと出ていた『なの字七組』の鎧姿の男性が一家のおとっつあんで、その家督と娘がちょうど今回の主役にあたる役割なんだとか」
「ほう」
「例の若旦那と、顔見知りのお侍が、茶屋でああでもねえこうでもねえと筋書きをあてっこしてるのを横で聞いていたんですがね。どうにも腑に落ちねえところがあったもんで、あっしがちょいと口出ししたんですよ。そしたら、あの若造がえらい剣幕でつっかかってきて、あげく無学(かじゅある)ほど悲しいものはない、なんてさげずまれて。お侍がとりなしてくれたんですが、あんまり悔しかったんで、一発お返ししてやろうと、きっと先生ならおわかりになるんじゃねえかと、教えを乞いに来たって次第で」

「なんだい、そんなことかい。筋書きはもう決まったようなもんじゃないか」
「さすが『先生』だ。たったそれぽちのネタ出しで、ひととおり遊ぶには優にひと月はかかるっちゅう大作の筋書がおわかりになる。来たかいがあった。待ってろよ、白うねり!」
「まあ、落ち着きなさい。物語なんつうものはな、物語原型つうものがあってだね、古今東西、どんな話でも、だいたいいくつかの型にはまるって寸法なんだね」
「型にはまる寸法ね。寸法っつのは型のことじゃねえんですかね」
「とどのつまり、世の古典にどれだけ明るいかちう話になるな」
「先生、なんでもいいけど、花魁とか力士が出てくる話は勘弁して下せえよ」
「そいつは聞き捨てならないね。いいかい、けがの功名と言ってだね、あのおかげで最近じゃあ、広瀬すずちゃん主演の映画がふたつもできた」
「ちょいと違うような気がしますけど、まあいいや、『あんどろ』の筋書ってのはどんななんですかい?」
「あまり妙なところで省略するんじゃないよ。『めだ』が泣いちまう。『めだ』ちうのはね」
「はいはい、『とわ』が本名なんすよね。そのオチ、あれ以来高座で何度聞かされたことか」
「いちいちつっかかるね。いいから黙って聞きなさい。あれはだな、父親が高名な博士なんだね」

「なの字七組はだいたい兵隊の集まりじゃあ」
「いや兵隊でもあるが、博士でもある。武芸もつきつめると、あれは学問みたいなもんだ。昔から言うじゃあないか、『武士は喰わねど高学歴』。」
「へえ、初めて聞きやした。で、どんな分野の博士なんで?」
「まあ、えすえふ言うくらいだから、天文学だろうね。あとは物理学とか、化学とか、数学とか、植物学、動物学、博学全般」
「先生、全部言えばどれか当たると思っていやせんか。それに博学言ったらだいたい入る」
「いやいや、この時代の『博学』は今の物知りという意味の『博学』とは違う。哲学、心理学、文学、音楽、建築学からはじまり、動物学、植物学、地理地学、物理、化学などを究めたれっきとした学者のことだね」
「そんなもんですかねえ。あっしには物知りとの区別がつかねえが。おとっつあんは博士だとして、家督と娘はどんな感じですかね」
「娘も博士だな」
「なるほど、父親の血を継いだと。やっぱ博学者ですかね?」
「植物学だな」

「今度はずいぶんと絞ってきましたね。なんすか、どこかの遊星に一人取り残されても、イモでも作って何百日も生きていけるとか、なんとか」
「これ、先回りするもんじゃない。ばいおうえあの物語に出てくる別嬪学者は、大抵植物学者と決まっている」
「別嬪なんすね」
「別嬪じゃない理由がない。別嬪過ぎる植物学者というやつだ」
「おかっつあんはいるんですかね」
「これはいない」
「どうしてまた」
「ばいおうえあ贔屓なら知らない者のない、かーす・おなし症候群というやつでな。重要な登場人物は大抵伴侶や一生を誓い合ったはずの相手を亡くしておるのだ。その面影を忘れることができず、いつまでも思い悩むという、一種の『くりしえ』だな」
「なるほど。うぢうぢくよくよした人物がずいぶんと多いってことですかい。じゃあ、そんなおとっつあんの家督はどんな学問を究めた野郎で」
「兵隊だな」

「肩すかしですかい」
「しかも宇宙船の操縦士だ」
「海兵出身てことですかい」
「ちなみにイケメンだ」
「もうつっこみませんよ」
「別嬪の植物学者が惚れてる」
「ちょっと待ってくだせえ。植物学者は、家督の姉か妹じゃないんですかい? そいつはまずくないですかい?」
「えげれすや、めりけんでは、兄弟はぶらざー、姉妹はしすたーと言ってな、島国みたいに長幼の区別はつけないし、こだわらないんだよ」
「いや、そこじゃないでしょ。家族でそれは、まずいでしょ」
「ばいおうえあだから、いんくるーしびていは、だいたいおっけー」
「島国もだし、くりすちゃにていのお国じゃあ、厳にご法度じゃないんですかい」
「実は、妹は妹なんだが、血はつながってない。家督の母親だった妻が亡くなった後、父親が再婚した相手の連れ子だったんだな」
「どこの『らのべ』ですかい!」

長くなったので次回。

2016年9月 8日 (木)

【ME:A】プレアルファはだいたいいいんだよ。

 いつものことだけど。
 プレ・アルファ版とかは、まあいけてんのよ。

 http://www.gamespot.com/videos/mass-effect-andromeda-ps4-pro-gameplay-trailer-wit/2300-6434399/

 でも、ME2のあそことか、ME3のあれとかに似てると言われて、またやり直しちゃうんじゃないの? DAIみたいに、テストデモ版が最高だったんじゃないかとか、わけわかんないことにならないといいんだけど。

 ひとつだけ、ぜひ直していただきたいところがある。

Meaasari
 この人、じゃない、アサリの顔。

 最初からシリアスさを拒否しているかのような。

 アサリは普通に美形でいいんじゃないんでしょうか?
 こういうのも、あのデブバービーの影響なんでしょうか?

 アメリカはくるってるんだから、真似しなくていいのに。
 ってカナダも結構いってるようだけど。

 テン・ミリオン・クラブ入り、最初から諦めているのか?

 ツイッターで送られてくるBioWare関連のコスプレにしたって、殺意覚えるようなの多いし。
 せめてゲームだけでもファンタジーの世界に浸らせて!

 てことで、カワイイを求めて、あたくしの初PS4(失敗投資)ゲーム、東京(略ザナドゥ(略でも、ちょこっと覗いてみましょうかね、毛唐に頼らず。 

やられました。

 先日のAmazon Prime Dayで品薄になっていたと勘違いし、焦ってSony Storeから買ってしまったPS4が失敗投資となってしまった。
 まさかまさか、Slimがこんなに早く島国にくるとは・・・。まさかProが年内島国発売とは・・・。
 US先行、EU次、ずっと後回しと思っていたのですが、どうして今回は同時?(むしろ島国先行?)
 発売日に届いた東京(略ザナドゥ(略は、開封すらする時間がなく、まだ中身を見ていません。

 購入以来、PS4がまともに稼働したのは「ガルパン」TVシリーズなどの輸入BDをいくつか鑑賞したときくらいで、ずーっとスリープ状態。プレイしたゲームはゼロ。Vitaとの連動すら試しておりません。
 
 現行機を買った分はサンクコストと割り切って、Proを買う? つっても別にホストクラブにあんまし興味ないしねえ。

 あれかな、TW3とか真面目に対応するのかな? だったらPC版プレイもほとんど進んでいないので、いっそPS4でプレイして(あまり不用意に言わんほうが。
 
 ま、どうせME:Aだって2017年12月とか言っているので(それ以上は延びていませんよね)、その前にトリロジーのHDリメイクあるかもしれ(え、ないの?! ムーアがないって断言したの?!
 
 SlimとProの発表に、正直かなりうろたえてしまったが、要するにProを購入してもプレイするゲームは取り敢えず「ない」のであった。
 
(仮にあってもプレイする時間がなかなか見つからないけど)

2016年9月 1日 (木)

悪の伯爵、言い訳する。

 この記事、お侍様ツイートで知りました。ありがとうございます(笑)。

http://www.gamespot.com/articles/ea-exec-responds-to-worst-company-in-america-contr/1100-6443178/

 EAのCOO、悪の伯爵ムーアが「全米最悪企業」の栄冠について言い訳しています。
 最近、ふたたび翻訳道に目覚めたのだが、なかなか面白いテキストがない。ようやく手に入れました(笑)。

 もちろん、(元ネタのIGNも)GameSpotもEAも、業界の中心的存在、一蓮托生。具合の悪いことは書きませんよね。偽善に偽善を重ねると何ができあがるのか、嘘の上から嘘を塗ると何色になるのか、そういう興味もありますよね。

「そう、あれ(全米最悪企業に選ばれたこと)はバカげていた。もっと言えば、サブプライム・モーゲイジ危機(島国語でいう「リーマン・ショック」)の時期だったんだよ。その時分、いくつもの銀行が何十万もの人々を路頭に迷わせていた。だから、自分たちがこんな汚名を浴びるのはアホみたいだ、バカげてる。そう言って、自分の身を守ってみたくもなる。それから、こう考え直す。「もしかして、真実の核心は潜んでいるんじゃないか」。踏みとどまり、鏡を覗き込んで、自分を見つめ直すときかもしれない。自分たちが回りからどう見えているのか、それについて何をすべきなのか、考えるときなのかもしれない。
 どう見られているかは現実なのだから、自分たちがプレイヤーたちを第一に考える企業とみなされていないのなら、変えるためにどうすればいいのか?」

 ムーアは、EA内部に委員会を設け、自分たちが巷で(RedditやNeoGAFなどで)どう思われているのか調べることにした。
「ある部分において、自分たちに罪はあった」(どういった分野であるかといった詳細は示されなかった)
 それから、プレイヤー第一の企業になるための取組みの一部として、似たような境遇に置かれていた他企業のいくつかと話をしたし、マーケティング会社とも話した。その過程でEAは自社について、また自社が世の中からどう見られているかについて「多くのことを学んだ」。
 
 それから熟慮を重ねた。「さて、ここからどう進めていこうか?」その結果、思い至ったのが、このプレイヤー第一というマントラだ。以来今日にいたるまで、実際今朝だってそうだが、会議ではいつも問い続けている。「今何をしなければならないか? いつ出荷するのか? どのような体験をもたらすゲームであるべきか? そのとき誰かが言うんだ、でもそれは本当にプレイヤー第一なのか?」

「そこで皆立ち止まって考え直す。売り上げの話じゃない。EAの収益の話でもない。
 そうではなくて、EAのあらゆる活動の中心にプレイヤーを位置づけるには、どうすればいいかという話だ」
 EAが、このプレイヤー第一の取組みを導入してから、実際ずいぶん以前から話題にはしてきたのだが、株価は劇的に改善され、昨年の夏には過去最高の値をつけた。経営陣は、同社が業界全体の発展にどうやって貢献していくかについても議論してきている。
 
 プレイヤー第一の新しい野心的な取組みには、次のようなものがある。開発の早い段階でプレイヤーにゲーム内容を披露すること、プレイヤーがゲームを実際に試すことができるよう、より多くのベータを提供すること、そして品質を確保する必要があるなら、ゲームのリリースを遅らせること。

***

 最後の最後にだけ、真実が含まれているのかもしれない(笑)。ME:Aが開発の早い段階で何かを見せてくれたことって、MAKOくらいしか思いつかんのですしね。

 この「安全第一」、「品質第一」、「顧客第一」みたいなスローガン。まるっきり手垢まみれだという悪口もあるでしょうが、言うは易く(誰でも言っている)、行うには血の滲むような努力が必要な取り組みであることは、誰も否定できないでしょう。特にEAのような大企業においてをや。

 株価については、新CEO就任後、US株式市場全体がコンスタントに上げ潮基調であったことに加え、業界全体ではデジタル販売が好調なこともありますね。EAの特記としては当時Star Warsの映画リリース時期を迎えることもあり、Battlefrontへの期待が大きかったということのようです。「プレイヤー第一に取り組んだからあがった」という説明はごく少ない部分にしか通用しないと思います。

 記事中の過去記事へのリンクをなぞっていくと、実際には、新任CEOが「君ら、今までなにしてきたん?!」と経営陣に喝を入れた、というのが真相のようです。「全米最悪企業」、バッドアスみたいで恰好いいじゃん、馬耳東風と聞き流していたそれまでの態度が変わった、それだけでも歓迎すべきことなんでしょうか。「あたしたちプレイヤーも、今後の成り行きを、しっかり注視していかなければなりませんね」(笑)。 

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »