フォト
無料ブログはココログ

« 【BG1.5】Green Dragon | トップページ | 【BG1.5】は一休み。みんエスのこと。 »

2016年5月 4日 (水)

【BG1.5】Ruined Temple of Bhaal

 ここ、 クリティカル・パスではありますが、さして面白くもないんで紙芝居は端折ります。

 ああ、前回のようにグリーン・ドラゴンを倒したのはこの寺院をクリアした「後」です。前後して申し訳ありません。
 かつ、バグベアの巣については、ここではスキップ、割愛させていただきます。
 いやだって、バグベアしか出てき―へんし、戦うだけやし。
 このダンジョンの構造は、①グリーン・ドラゴンのねぐら、②バグベアの巣、③バール神殿の遺跡、と三世代住宅になっている(そうは言わんだろう)。

 いきなり本題に進みます。
 バール神殿の遺跡。なんで、こんなところにやってきたかと言うと、途中で遭遇したジャヘイラから、「ワードストーン」なるアーティファクトを探すよう助言されたから。
 主人公たちが向かうボアレスキアー橋(Boareskyr Bridge)は、すでにクルセードの手中にある。橋のたもとに位置する城塞は、少数の守備隊と、ジャヘイラの旦那カリードのようにたまたま居合わせた冒険者・旅人たちの手によって辛うじて防衛されているが、クルセードの包囲のため籠城を余儀なくされ、いつ兵站が枯渇して陥落するかわからない。

 クルセードの包囲を突破することなく、この城塞へ進入する手段として魔法のテレポーション・ポータルがあるが、その起動に必要なアーティファクトであるワードストーンは、ここバール神殿の遺跡にいる何者かに持ち去られた。

 "the Lord of Murder"、「殺戮の王」バール(Bhaal)は、"the Time of Trouble"、ほぼすべての神々が追放され、地上で暮らすことを余儀なくされた混迷の時代に、当時未だモータルの盗賊であり、バール信奉者でもあったシリク(Cyric、シーリク)、のちの"三つの冠の王"、または"狂神"、または"偽りの王子"に、ゴッズベイン(Godsbane、神殺し)なる剣で殺害された。
 その殺害現場が、主人公たちが向かっている橋に他ならない。

 ところがバールは、自らがいずれ殺害されることを予知していたという。そのためモータルの多くの女性たちとなにして孕ませ、バールスポーンと呼ばれる「子孫」を多く残す戦術をとった。他の神々(例えば"the Lord of Bones"、骨の王である死者の神マーカル(Myrkul、ミルカル)であれば、密かにこしらえた「ご神体」を、誰も意図しない場所に秘匿しておく。自らに事あれば、従者、使徒などがその「ご神体」を用いて蘇生・復活できるように予め仕込んでおくのだ。

 バールにとってそれは自らの「眷属」たる「末裔」たちであった。またバールのエッセンスは消滅したのではなく、上述の橋の下を流れる河に溶け込み、拡散していったともいわれている。

 ちなみに、闇の王ベイン(Bane、"the Lord of Darkness")、殺戮の王バール、骨の王マーカルの三柱を、「死の三柱」、"Dead Three"、と呼び習わす。
 そして、ベイン自身はシリクに直接殺害されたわけではない(若き善神トーム(Torm)の手にかかったと言われている)が、バールとマーカルを殺害してそれらの力を得ていたシリクは、ベインが斃れたときにその力及び地位も一時的に獲得し、事実上の「三冠王」を達成したのだった。

 シリクは自らが神格(イモータリティ)を獲得していくにあたり、バールのみならず、当時世界を牛耳っていたフォーガトン・レルムズの神々を、軒並み片っ端から殺害していく。 その都度、殺害した相手の「力」、「称号」及び「地位」を盗み取っていくので、謂わば将棋や囲碁の世界のチャンプのように、「三冠王」とか「七冠達成」とか、そういうことになっていくのである。

 DAのトリックスター、「あの狼」には、少なくとも物語当初の「偽装」としての顔(神々を別次元に追放することで、事実上大量殺戮したという謂れ)には、この神殺しシリクのイメージが色濃く現れていると思います。そしてプレイヤーは、DAでいうミサール神を殺害したのもあの狼ではないのか、と思いこんでしまう。いや、そう思うでしょう、ふつう!

 また、DA2で描かれたミサールの「蘇生」も、たとえば上述のマーカルの復活劇によく似ている(DnDではこの種の神々のリザレクションは多数描かれているので、直接この神を引用したわけではないと思うけど)。さらに言えば、DAIエピローグで、「あの狼」がミサールのエッセンスを抜きとったような描写がある。カイメーラ(キメラ、キマイラ)伝説がそうであるように、勝者(生者)は、敗者(死者)の「称号」、「地位」のみならず、「固有の力」まで獲得するという謂れにちなんでいるのは言うまでもありません。

 もちろん、それはDnD世界やその元となっている神話世界などの「薀蓄」を有する者たちをひっかけるためのミスディレクションとして、敢えてぶちこんできやがったんでしょうけどね。やるな、ゲイダー、なのかジェームズ・オーレンなのか知らんけど。
(ちなみにBGのデザイナーはオーレン(と、あと創業者のムジカもクレジットされている)。どこかに書きましたが、DAシリーズの当初のデザイン責任者もオーレンで、ラフな設定はゲイダーさんがほぼひとりでまとめ上げたもの。またゲイダーさんがBioWareに中途採用されたのはBGリリース後。BG2からの参加であるので念のため)

 シリクはDnDの神々の世界にとってのトリックスター。DAのトリックスターと同様、欺瞞と陰謀を手段には用いるのですが、「あの狼」が敵勢力の排除にはもっぱら「知恵」(悪知恵?)を駆使するのに対して、シリクはとにかくやたらと殺害するのが違います。

 DnD世界での真の意味のトリックスターは、シリクがかつてそのアヴァターとして師事していたというマスク神(Mask)、「影の王」、"the Lord of Shadows"であると考えたほうが良いかもしれない。マスクは盗賊たちの敬う神として有名です。そして「極めて怜悧」という点で「あの狼」に似ている。
 なお、上述のゴッズベイン(神殺しの剣)は、混迷の時代を難なく過ごすための策謀として、他でもないマスク自身が姿を変えていたものである、という説まである。

 だがそのマスクでさえも、自らのアヴァター(すなわちゴッズベインの遣い手)であったシリクに、力の大部分を掠めとられてしまった。以来、シリク憎しの念は高まるばかりで、また従来は神々の社交界からも身を引き、ずっと隠遁していたのに対し、積極的に策謀を巡らすようになったという。

 さて、薀蓄だけで終わると、また楽をしていると思われるので、紙芝居も少しは進めることにする。

7400
 牢獄に閉じ込められているのは、三人のクルセーダーたち。

 うちひとりはクルセード軍の高官たちと馴染みの、結構由緒正しいドワ。ここから救い出せば、主人公たちをクルセードにリクルートしてやるという。

 パラディンは「正直」がモットー。といっても、ここでいきなり身分を暴露すると、ロープレやっちゃうと先に進めないかもしれない(笑)。答えはうやむやにして、とにかくこやつらの脱出に必要な鍵を探すことに。

7429
 面倒なのはこちらの女性司祭。

 すでに半狂乱だが、彼女はバール神の自称司祭。後から乗りこんできたシリク神の女司祭たちに寺院を乗っ取られ、自らも投獄された。

 話は支離滅裂だが、そのシリク神の司祭も、いずこかへ姿を消しているようだということがわかった。

7419
 寺院の中はシリク信奉者、カルティストたちがたむろしている。

7420
 突然、ハーフ・ドラゴン。

 ファンサイトによれば、下に棲むグリーン・ドラゴンと姉妹の関係だとか?(それはプレイ中にはわからなかったけど、先にドラを倒してから来ると、そういう台詞があるそうな)
 こやつが奥への鍵を手にしているので、倒すしかないんでしょうね。(バトルシーンははしょります)
 戦えば、これまで「ニュートラル」(中立状態)だった寺院中のカルティストどもが一斉に「ホスタイル」(敵対状態)となります。よって、片っ端から斬り倒して進まなければならない。(はしょります)

7421
 きもいの出た。

7422
 話もなにもできんので、戦わざるを得ない。

 きもいし、なんかイヤな予感もしてきた。
 これって、DnD名物の例のあれと似てませんかね・・・。

7423
 シリクの女司祭も、目が行っている。

 我を忘れているような状態。これは、もう間違いないね。 

7424
 いきなり刃向ってくるので、さくっと倒す。

7426
 ワードストーンは、この女が持っていた。

 さて、ハッキリ行って、ここで帰ってしまって構わない。メインプロットはサクサク進むはず。
 だが、不肖私、腐っても(誰がじゃ)ダンジョン・マニア。

7427
 この南のほうの影、まだ踏破していないところ気になりますよね!

 犬も歩けば棒にあたる。
 好奇心は猫をも殺す。
 雉も鳴かずば撃たれまい。(ん?)
 猿も木から落ちる(え?) 
 河童の川流れ(いやお前が流されてる)
 豚もお(もうええて) 

7428
 マインドフレイヤー、きた!(笑)

« 【BG1.5】Green Dragon | トップページ | 【BG1.5】は一休み。みんエスのこと。 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2179693/65298379

この記事へのトラックバック一覧です: 【BG1.5】Ruined Temple of Bhaal:

« 【BG1.5】Green Dragon | トップページ | 【BG1.5】は一休み。みんエスのこと。 »