フォト
無料ブログはココログ

« 【BG1.5】Phylactery | トップページ | 【DAX】DAT?? »

2016年4月27日 (水)

【DAX】キツネ顔?!

 お侍様ツイッターで知りましたけど、なんすかね、これ?

 一応、DAIに続くDA4作目の関係かなあってことならDA4。でも表題はわからないからDAXってことにしときます。

 このゲームインフォーマーのリンク

 うまく見れないなら、このMDのツイッター

Live_at_budokan_2
 んー。あ、似てるから間違えた・・・。

Dax_2
 こっちでっせ、お客さん。

 なんかのブックレットみたいで、上のリンクの短い動画では、開くとあの栄えあるUSワースト企業EAのロゴと、「社内限り」の警告・・・。

 あれかなあ、BioWare/EAの「早期退職者向けプラン」かなあ。赤だけに?(それはピンクスリップ(pink slip)、解雇通知。もらうのUSの退職者だけでしょ。カナダ関係ないやん?)

 でも、MDとかMLって、役員待遇だろうしなあ。あっ、開発スタジオのリストラかな?

 なわけないんで、このロゴ?的なものが何か、お前たち勝手に予想しろという、ジョーク・センスが不思議過ぎてよくわからないMDのフォロワー向けジョークなんでしょう・・・。

 ま、城塞的なもの(チェスでいうとルーク?)はきっと「城塞」でいいとして、上のほうのは何?

 じーーーーーーーーっと見ていると(ロールシャッハ・テストか)

 キ、キツネ?!

 それで、上のCDジャケに繋が(繋がらんわい!)

« 【BG1.5】Phylactery | トップページ | 【DAX】DAT?? »

Dragon Age Inquisition」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

うみゅ?何ですか?このチラ見せはw。
MDも、お人が悪い。(笑)
キツネっぽいですけど、DAI続編に関するものならば例のオオカミに見えなくもないですねぇ。


DAI発売前のウォーテーブルの画像、Vaniさんとでダヴィンチの「最後の晩餐」を連想するよねと話しましたが、あれは当たってましたね。
なぜなら、「最後の晩餐」のユダの位置に、あのハゲがいましたから。

MLがプロモーションで来日した時、ゲームサイトの方がインタヴューで同じことを聞いたところ、
「それを聞いたら、アート部門の連中は喜ぶよ~」とかわされちゃいましたが。(笑)

やっぱり次のDAはあのハゲを倒す話なんですかねえ(´・ω・`)。というか殺らせろwwwww(^^)お願いだから!石化能力ずるいけど、結局エルフの神というのは力の強いメイジというだけでエネルギーには限りがあるはずなのでなんとかなるはず!!!
などというハゲへの憎しみはおいといて、あんまり風呂敷を広げすぎないでほしいです。選択させといて、何選んでも実は一緒なの!という展開はもう簡便してほしい。「あそこの選択でこんな取返しのつかないこが・・・!」という驚きがないとつまんないです(´・ω・`)と、ただの赤い表紙だけで色々と考えたり(笑
まあでもどうせ次回作がでるとしてもたぶん早くて2年後か3年後なんでしょうけどねー

DAX、カッコいい…

そう言えば、ME:Aの主人公ってpathfinderでしたっけ?いかにも厨二っぽいですよね。好きだけど。DAXの主人公はどんな名前にになるんでしょうねえ(妄想

チェスの駒…あの狼ですら盤上のチェスの駒でしかないという隠喩なのでしょうか。ついに盤を俯瞰するあの方が降臨してしまったらどうしよう。思わせぶりなチラ見せ反対〜

 B様
 「最後の晩餐」のリサーチに時間を食ってしまいました。
 ほんまや、主要な説の座席位置と一致してますね。
 つか、だとすると(一説によればジーザスが愛したとされる)マグダラのマリアの位置にキャス・・・。
 デフォルトLIなのか?
 アドヴァイザーを入れて従者(弟子)12人(コールもカウント)。たしかに数はあってる。
 でも一人足りない。中途採用のモリガン。彼女はオカルト・アドヴァイザー。インナーサークル扱いじゃないのか?
 こうやって(人数など)揺らぐと、解釈が広がっておいしいんですよね!
 (映画「七人の侍」の侍は7人じゃないし、映画"The Hateful Eight"も集まるのは8人ではないし、ワイルド7も7人の時代は短いし)
 ML自身は(創業者たちと異なり)JRPGに対する忌避感はないんですよね。よくプレイしているようだし。そこは許す。

 あ、そうか、オオカミか!(今頃かい!)

 E様
 ハゲ逃げた、あたしロマンスできねー、日本死ね。
 エリアを広くすると、メインストーリーが一本道。
 メインストーリーを分岐など複雑にすると、エリアがせばまる。
 両方満たそうとすると開発負荷が手におえない。ジレンマすよね。

 でも、に、二、三年後ですか?! 明日をも知れぬ私たちレ(やめい)
 現行コンソールの時代のうちに出してもらわないと、PCさえも買い替えなければならなくなるおそれ。
 ま、TW3がギリギリ最低でしか稼働しないスペックだったんでマイリグ、そろそろ買い替えなのかな?
 Fallout4ならぶいんぶいん動くのですが。

お侍様
 チラ見せ、ダメ、ゼッタイ。(パン●ラ以外)って、我ながらCDジャケネタにこだわりすぎ・・・。

 MEAでは"Pathfinder"。あ、それは初耳! いつも貴重な情報ありがとうございます。
 でも、語感そう感じますか。
 実はあちらではわりとカルトな人気のTRPGのタイトルなんすよね。一言でいうと、DnD3.5のホームブリュー(自家醸造)版。島国ではホビジャが翻訳出してたような違うような。

 それと、映画"The Martian"に同名のマシンが登場したのはご承知のとおりですが、話題の(笑)映画"The Revenant"の主人公がもろそうなんですよ。開拓民尖兵である「パイオニア」(映画では、"hunters and trappers"でした)のそのまた先頭を進み、道なき道を切り開くのがパスファインダー。ちなみにアメリカンの「工兵」は"Engineers"なのに欧州ではしばしば"Pioneers"。ジャーマンも"Pionier"。昔は砲兵隊の陣地を掘っていたからなんですけど、やがて敵陣要塞に道を切り拓く突撃工兵部隊となった。
 WWIIではパラボーン(空挺)作戦の前に、朝鮮・ベトナム戦争以降ではヘリボーン作戦の前に、着陸地点を確保する役割が「パスファインダー」。

 パイオニアとかパスファインダーとかいうと、(特に)アメリカンのあんちゃん(中二かあれかどうか問わず)が「かっけー、やりてー」と萌え萌えに大騒ぎするはずのキーワードなんですよ。

 あーでも、じゃあMEA主人公は固有名詞じゃないんですね?!(気づくの今頃かよ) 今までずっとシェパだったけど。
 ヒューマン縛りは変わらないのかな?
 つうかそちらも2年後、3年後ですか?!、明日をも知れぬレ(やめい、つうか2017年に出せ)

Trailblazerも似たような意味でしたよね>Pathfinder
厨二に感じちゃうのは何でしょうね、日本語に変換しちゃうからでしょうか。「道を探求する者」とか浮かんじゃうからな気がします。何というかコテコテで若干クサいというか(もはや無関係な話題…

 trailblazerというと、なぜか語感がぐっとファンタジー寄りになりますね。アメリカン的にはシェヴィーのSUVでしょうけど。

 「ヘンゼルとグレーテル」で、魔法使いのばあさんのお菓子の家までの道を忘れないように、チョコとか砂糖菓子とか目印のため道においていたら、カラスかなんかが食べちゃった(あれ、違うか?)、そんなのりで、主に深い森林地帯で拓いた道に目印をつけていくイメージを抱いちゃうんですけどね。
 "blaze"は炎そのものではなくて「目印」、比喩ですけど(炎は消えちゃうし、そうじゃなきゃ山火事になるし)。

  ところが調べてみると、こちらのほうがpathfinderよりずっと新しい言葉みたいです。不思議です。
 しかもpathfinderは主に見つける「人」ですけど、trailblazerは「人」でもあるけど、もっぱら見つけるため置かれた「目印」。もはやなんの話か不明。道を見失いまし(うまいこといってんじゃねえ)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2179693/65197696

この記事へのトラックバック一覧です: 【DAX】キツネ顔?!:

« 【BG1.5】Phylactery | トップページ | 【DAX】DAT?? »