フォト
無料ブログはココログ

« ザツゼン | トップページ | The Monuments Men »

2016年2月28日 (日)

Dragon Age Magekiller #3

 帰国後爆睡。あと買い溜めた「現代地政学」関係の書籍群を渉猟、暇があれば真4Fを少し。ネタもないので表題のDAコミックでも。

 ブラックホース・コミックスから表題の作品をデジタル購入しようとして、ふとDAKはどうなったのかと気になり、埃まみれ黴だらけの表紙(比喩です)をひっくり返して見た。
 なんと「自分のタペストリーが美麗印刷でお手元に届きます!」とかいう有料サーヴィスが。

 「ふっ」と、鼻で笑って終わりましたが、一体全体、今頃何やってんすかね? 
 自分たちは息の長い作品だとか思ってるんだろうが、1000時間プレイヤーの私でも、今更そんなもの興味なし。邪魔なチュートリアルしか見ていないので、いくらかかるのかも知らない。
 結局DAKは、最後まで「まともには」動かなかった。そっちのほうが大問題だ。

 と、ひとしきり愚痴を言ってから、コミックスのタグを見てみると、ようやくブラックホース・コミックスで購入済みの作品が「リンク」できるようになっていた。表題の作品をそこから購入して(ええ、ええ、そこもバグっているとおいしいネタになると思ったわけですが、大丈夫でした)読みました。

 アメコミ・リテラシーが若干欠けている私ですが、各巻毎月発刊のシリーズだと、「前回までのあらすじ」が必要になるしきたりなんですかね。しかもかなり長く。

 かつて島国の少年誌・少女誌でも、月刊誌では普通に「これまでのあらすじ」がでかいスペースを取って掲載されていた。
 しかしこのシリーズは一巻あたり20ページ強(しかも#3から、3.99USD、400円強と結構なお値段になった)なんで、実にもったいない気がするのです。もっとも「リキャップ」(あらすじ)はあくまでテキストだけであり、ヴィジュアルは新しい場面が描かれる。

 今回(#3)は、しかもさらに、DAI本編についての記述(テキスト)も長い。なんだろう。#2までの内容が(#2のラスト近くを除外して)ほぼ関連しなかったのは「計画どおりだった」のか、それとも売れ行き(決して良いはずはないと予想される)を見つつ、作家に内容修正を要求する「少年ジャ●プ」システムなのだろうか。

 島国漫画の(少なくともかつての)冷酷無比な編集者絶対専制主義(嘘だと思ったら、漫画家先生本人の名エッセイ、「荒木飛呂彦の漫画術」でもお読みください)と異なり、アメコミ(それからフレンチBD)の世界では、早い段階から結末までの内容が決定されているような気がする(島国漫画の世界では、結末を考えずに取り敢えずはじめてしまう、というか読者反応を見て判断するため「敢えて決めない」ケースが多いようだ)。
 「形式」的にも、ルーズ極まりない島国のマンガと異なり、かなり厳密に決められているようだから、連載途中の進路変更なんて通用するのかどうかもわからない。私個人のリテラシーが低いのは、そういった内部事情を詳しく知らないことも関連しているのだろう。

 だが、仮にこのプロットが連載当初からの目論見どおりだったとしたら、あまりに「のんびり」し過ぎてるなあ、という気がしますけどねえ。私が島国漫画の「毒」にどっぷり首まで浸かっている(比喩です)からですかね?

Magekiller3
 そしてこのシーン。
 
 お気づきのとおり、構図がDAI冒頭シーンそっくりである。

 そして、個人的にはそれは決して悪いことではない。DAシリーズと言いながら、DAIとも(他の本編とも)まるで関わりのない、しかも「異郷」テヴィンター帝国が舞台の「外伝」を読まされるのは正直乗り気がしない。ここまで、ほぼ「義務感」のみで読んでいたのは否めない。

 ネタバレを避けるため、詳しく述べることはしませんが、ようやく次号を「心待ち」にするようになりました・・・。いや別に首を長くしてる(比喩です)わけでも、喉から手が出るわけでも(やめーい!)

« ザツゼン | トップページ | The Monuments Men »

Dragon Age Inquisition」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

ワシも独立したテヴィンターのお話だと思っていたので、いささか驚きました。やはり最初から狙っておったのですね。どこに着地するのか、楽しみでございます。

DAIの発売前に、過去作をリプレイしていなかったので、そのうちやらねばと思いつつ早ウン年(?)。一作プレイするごとにタペストリーをいじって真っ向から付き合わねばなあ。恥ずかしながら、DAKを見ても思い出せないエピソードが結構あるので…。BioWareからの無言の圧力にしか感じません(圧死

  DAO、オリジンストーリーのみは全部やりましたが、一度もクリアしていないオリジンあります。かつて一体何プレイパターンあるか調べようとしましたが、主要な選択だけでも2の何乗にもなってしまって途中で計算を放棄しました。実際自分の目で見ていない「台詞」は山ほどあるでしょう。無駄にヒューマン主人公で三周もやるんじゃなかった・・・。
 ロマンスはオプションとか言いながら、「LI全員ロマンス一回ずつ観たらもういいや」で満足していることは否めません。

 ただし、MEシリーズならまだなんとかなりますけど、DAOのグラとか操作系はさすがに今となってはちょっときついかも・・・。まだたかだか6年くらい前なんですけどねえ。
 うかうかしていると、DA4がきちゃいますしね(そない早くきーへんて)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2179693/64189806

この記事へのトラックバック一覧です: Dragon Age Magekiller #3:

« ザツゼン | トップページ | The Monuments Men »