フォト
無料ブログはココログ

« 目立ちすぎ | トップページ | 末は博士かスラッシュか »

2015年12月15日 (火)

目立ちすぎ(続き)

 まさか反応いただけるとは思わなかったので、図に乗って続編です。

Dai_bag_22_2
 これが現状です(笑)。

 ただ上から隠しているだけですので、成田のセキュリティー(エックス線透視装置)では、思いっきり露出してしまったわけです! 一番気にしていた場所なのに。一番避けたかった事態。
 それもこれも、係員の女性から、「(このバッグ)横にしてもいいですか」と言われたとき、「だめです!」といえなかったからなのだ・・・。No!と言えない島国人。

 なお、それだけ撮影するのも間抜けなので、最近の出張や旅行には欠かせない、ニーオン・オレンジのVitaと、KindleFire8.9HDXも並べてみました。
 ただし、このままアップしようとしたら、読者諸氏に必要以上に情報を与えてしまうことに気が付き、あわてて検閲(黒く塗りつぶす)をせざるをなくなったのである!

1.Kindleの画面には、ユーザーが指定したユーザー名が表示される。ここに本名の名字を用いてしまっている!

2.Kindleの時計は、自動で勝手にタイムゾーンを変更している。一方でVitaは島国標準時間のまま(手動で変更する必要がある)。
 その差から「時差」が特定され、どこのタイムゾーンにいたときの写真かがわかってしまう!
 おそろしいことに、Vita待ち受け画面には、二か所に時計が表示されている。危うく見落とすところであった。

3. さらに両者に表示されている日付・曜日から、それが「まだ到来していない」タイムゾーンが、犯人(誰がだ)のそのときの居場所から除外されてしまう! 

 バッグだけだと殺風景かなあ、と思って賑やかしのため配置したディヴァイス類、これだけの情報を垂れ流しているのかと、驚愕した。

 もちろん、意図的に時刻を修正してしまえば、太陽光の角度や明るさの感じから、嘘がばれてしまうにきまっているのでやめた。
 最初から画面を点灯させなければいいではないか? などと思う読者もいるであろう。その場合、鏡のような液晶パネルに部屋内の風景がきれいに映り込み、探偵に貴重な情報を与えてしまうことを、君たちは知らないのか?

 さくっと、次の画像にいくはずが、これだけの労力と、文字数を費やしてしまった。

Security_poach

 Amazonで見つけた、セキュリティー・ポーチ。サイズも薄さも、紐の長さまで完璧です。
 商品に「地球の歩き方」という名前がついているのが、あまりにダサいのでこの場では隠しておきます。旅慣れてません、言うてるようなもんや。
 サイズ等は下の写真でわかります。

Passport_case
 繰り返しますが、この使い方ほんとーーーーに危ないので、やめましょう。

 銭だけ取られて済むところを、首まで取られます。
 バタフライナイフで紐だけ切るつもりの相手が、誤って頸動脈まで切ったりします。

 まさか相手はそんな無茶しないだろうと勝手に思い込む、平和ボケ島国人丸出しの様子にしか見えません。
 上着の下に隠れているからいいだろう、ってなことは、ひったくりは百も承知なの!

 こんな中途半端なことやるなら、腹巻、ホルスター、そういったものをお買い求めください。

 というかそんな危ないところ、最初からわかっているなら旅行をお控えいただくほうがよいかもしれませんね。楽しい旅が、一生忌まわしい記憶として残ることになります。
 お仕事でどうしても、というなら仕方ないのですが。

« 目立ちすぎ | トップページ | 末は博士かスラッシュか »

Dragon Age Inquisition」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

なんか、お地蔵さんの前掛けみたいでかわいいと思ってしまった。
すみません、それだけです・・・。

よだれ掛け?ですか!
ふんどしの前よかましか。
今日から計画どおり完璧な偽装で通勤してます(笑)。
安心して下さい略

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2179693/62977469

この記事へのトラックバック一覧です: 目立ちすぎ(続き):

« 目立ちすぎ | トップページ | 末は博士かスラッシュか »