フォト
無料ブログはココログ

« 【DAI】オカルト・アドヴァイザー | トップページ | 【DAI】もうひとつのケース・スタディ »

2015年10月15日 (木)

【DAI】週二、フェイド。

 コメントいただいた、ウォーデン・ラヴのレリアナ編。
 話を知ると、これは自分でどうしても観たくなる、DAバカ一代。

 実プレイでは、レリアナ・ラヴのウォーデンはDAOで殉死している。律儀にそのシナリオをDAKに入力してインポートしたプレイでは、すでに記事にしたとおり、レリアナが亡きウォーデンを悼み、恋しがるシーンがある。

 レリアナ・ラヴのウォーデンが生存しているシナリオかあ・・・。
 ふっふっふっ。
 あるんですよ。つくったんですよ!
 実は、長々とディセントのプレイスルーを記事にしたドワローグがそうなのだ!

 こいつはさくっと実現しそうだぜ!

 さっそく、呼び戻すことにする。どこにいたっけ?

6700
 おお、そうだそうだ、ヒッシング・ウエイスツでドワ伝説集め中であった。

 ただちにスカイホールドに帰還せよ!

 ん? 今、嫌なクエスト名が表示されていた気がするが・・・。 

6701
 あー、やっぱり。

 こちらも、フェイド編を終えてからってことか・・・。

 それは、ぐったりだなあ。クナリ♀でつい先日フェイド編を終えたばかりなのだ。
 不肖私、フェイド嫌いは半端ありません。一週間以内に二度も突入とかありえない。
 だが、レリアナの台詞、どうしても観たいなあ。今やらないといつになるかわからんなあ。

6702
 フェイド編をどのくらいきらっているかというと。

 なんと、このシーンすら済ませていなかったのだ!
 ちなみに、ウォーデンはアリスターだ。

6703
 ホークはメイジのはずだったのに、何かの手違いでウォーリアーだ。

 ま、これはオカルト現象ではなく、私のうっかりミスか。

6704
 アーティフィサーが楽しくてたまらない。

 おかげで、途中で眠気も催さずにフェイドを脱出できた。

6705
 今回は、アリスター居残り。

 残りの周回、アリスターは何度も登場するので。

 レリアナと、ディヴァインについての会話をひととおり済ます。
 ここで、ご指摘の会話がキックする条件が整う。

6706
 中身は、モリガンのときとすっかり対になってますね。

6707
 ①彼は、コーリングを食い止める方法を探しているわ。

 だがコリの脅威が続く限り、マイ・ラヴにも危険があるという。

6708
 ②今彼は、遥か西に旅している。

 まだブライトに襲われたことのない土地だそうだ。一体、どこなんだ。

6709
 ③コリの件が片付いたら、再び一緒に暮らすの、それからずっと。

 コーリングを「チャイ」にする方法、本当に見つかりまっかいな?

6710
 ④フィオナの例も、ウォーデン・アヴェナスの例もあるわ。手がかりにはなるはずよ。

 幸せそうだね。

6711
 私たちふたりの幸せを阻むのは、コーリングだけ。彼のクエストは、あたしのためでもある。

 ウォーデン再登場、本決まり・・・。
 同時に、将来のゲームでも、DAKを使い続けることも決まったのか。

(このシナリオのプレイスルーがないプレイヤーに「再登場を見せない」とかなったら、DAチームはME3エンディング以上のごうごうたる非難に曝されるだろう。MLはきっとファンに迎合する)

 DAOでひねくれたプレイばかりしていたから、純愛路線+ハッピー・エンディングのプレイスルーってのは盲点だったなあ。
 ま、でも虫の報せか、単なる偶然か、この主人公でレリアナ・ラヴ+ウォーデン健在のワールド・ステイトを用意していたのは僥倖でありました。
 そうでなければ、また一からやり直しであったわけだから。

 (つっても、プレイを終え、記事書き終えたら日付け変わってますけど・・・)

 この後、レリアナがウォーデンへ連絡を取るウォーテーブル・オペを言い出しますよね。それは完了まで13時間もかかりやがるので、結果は明日以降。

 気になるのは・・・。このワールド・ステイト、闇の儀式でのモリガンのお相手は、ウォーデンなんだよね。
 本人不在での修羅場?  
 (まさか、そこまでDAIで精緻にフォローしていることはないとは思うのだけど?)

« 【DAI】オカルト・アドヴァイザー | トップページ | 【DAI】もうひとつのケース・スタディ »

Dragon Age Inquisition」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

私の主人公は全員女性なので、彼女に関してはウォー・テーブルのクエストのみでした。モリガンがちょこっと話題にしたかどうか、くらいかな?
レリアナにはほぼスルーされていた気がいたします。

フェレルデンの王妃(アリスターが王様)であってもゼブランとラブラブでも手紙の内容がちょっと違うくらいだったので、男主人公だけ会話でその後があってずるいです(笑

ただまあ最後のDLCでも出てこなかったし、継続感をもたせるなら出すしかないのかもですねえー。

でもまたどっかにつっこんで、ウォーデンか次作登場人物どっちか選びましょうとかにするなら出さないでいいです・・・。

あとあのハゲ野郎は「絶対殺す」選択肢がほしいです(^^)/

お疲れ様です(笑)。

DAIのフェイド編は確かに妙な疲労感めいた物を感じますからね。ある意味フェイド編の元凶のオーレイ帝国のウォーデン提督は、フェレルデン王国のティーガン伯爵に意味が良く分からない手紙を送っていますし。(フェレルデン王国の人達が、第5次ブライトでフェレルデンの救世主に救われた後も。ソルジャーズ・ピークのソフィア・ドライデンが引き起こした反乱を、いまだに気にしていると思い込んでいるみたいですし)。

DAOで。ソルジャーズ・ピークのウォーデン・アヴァナスを殺す選択をしていても。ソルジャーズ・ピークで発見されたアヴァナスの資料を元に、フェレルデンの救世主やワイスハウプト要塞のグレイ・ウォーデンの本部が研究を引き継いだという形には出来るかも知れませんね。

ただ、やはりDAOのウォーデンが死亡していたらどうするのか分からないですね?。

一番話が繋がらないのは。ウォーデン・アヴァナス死亡。ウォーデン・アリスター処刑。フェレルデンの救世主殉職のパターンでしょうか?。

この選択だと。誰も研究の引き継ぎをしなくなりますから。アリスターがフェレルデン王国の国王に即位していれば。フェレルデンの救世主が殉職していても。自分自身の延命の為の研究をする動機が生まれますけれど。

E様
 んー、それは・・・。
 記事書いている途中に気が付いちゃったんですね。言ってしまうとやらなきゃならなくなりそうで黙っていた。
 実は「アリスター・ラヴの場合」って確認してないんですよね。
 (生身(つうか3Dモデル)で登場していないゼヴラヴは除外していいかと)
 今更、新しいワールドステイト作ってキックオフする勇気も元気もやる気もないんですよ。
 しかもDAKのボケが10人以上のワールドステイトをハンドリングできるかどうかわからず、ダメだったときデーターが消えるのが怖い。
 詳しくは、記事一個もうけということで、次に書きます。
 
 しかし、DA2とDAIの間で3年以上? 次回作まで3年以上インターヴァルがあるとして、ウォーデン再登場があるとして「次回にまわす」ってどうなんだろう。果たしてDAOから10年以内、東京(この字は、いやこの字はこのままでいい)オリンピックまでに間に合うんだろうか?
 「ハリポタ」だったら髭はえて、のど仏出て、声変わりして、ハーマイオニーの胸が(略)
 「アヴェンジャーズ」だったら、ダウニーJr.がへそ曲げるか、またなんかやらかして代役必要になるとか。
 マコーレだったら(その話はやめろ)
 
 ハゲ、もとい、禿への殺意。I feel your pain !
いや実は、次のストーリー・アーク(三部作)の裏主役だったりして?
 完結するのはローマ(決まってない、パリかもしれない)オリンピックのあたりか(笑)

クリス様
 あなたが言ったから!(笑)
 いやでも感謝します。結構楽に確認できてよかったです。
 DAIフェイド編は、やればやるほど嫌いになります。
 毎回早く抜けたい一心のため、先日の周回では黒ひげのアミュレット拾い損ねていたことに気が付いた・・・。くそっ。クラレルの手紙の近くにあったんですね。

 プレイ中は事務作業感爆発で進んでいくのですが、今回唯一「くすり」となったのは、アリスターに対するナイトメアの粘着嫌がらせ発言攻撃に、彼が「モリガンの辛辣さに比べたらなんでもない」と返すところ。アリスターは二回目なんで実は前回も同じセリフ出たのかなあ。それも覚えていないくらい、毎度早く出たくてしょうがないんです。
(録画はきっとあるはずなんで、あとで見てみよう)

 DA4でコーリングを「チャイ」にする発見があるのなら、「ウォーデン生きている場合」に限定せず、ME3のようにプレイスホルダー(代役)を用意するかもしれませんね。アヴァナスは生かしてる場合のほうが少ないでしょ?(私は後への影響見たさに、ソフィア(ディザイア)まで生かすパターンもやってしまったが、DA2への影響はしょぼかった・・・)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2179693/62051060

この記事へのトラックバック一覧です: 【DAI】週二、フェイド。:

« 【DAI】オカルト・アドヴァイザー | トップページ | 【DAI】もうひとつのケース・スタディ »