フォト
無料ブログはココログ

« 【DAI】呪ってやる。 | トップページ | 【DAI】なぞは全部解けた? »

2015年9月14日 (月)

【DAI】Fashonably Late

 いや、三日とか遅れてしまったら、「ファッショナブル」じゃないでしょう!

 日本語がどうなっているのか知りませんが、"Fashionably Late"は、DAI本編ハラムシラル、ダンスのくだりにありました。一回目のベルで集合するのは「野暮」、二回目のベルで集合するのが「粋」なんですね。三回目は本当の「遅刻、遅参」なので許されないけど。

 "Trespasser"にも、この台詞が登場してきます。

 まあ今でもあちらでは、主催者が決めたパーティーの開始時刻からだいたい三十分くらいは遅れて到着するのが、お洒落とされているみたい。ジャスト(時刻どおり)はやっぱり野暮、いなかもん。

 さらに島国人にありがちなことで、避けなければならないのは、遅参を恐れて早めに到着してしまうこと。相手をしなければならない主催者側にとって大迷惑であるので、野暮以下。
 とはいえ、オフィシャルなセレモニー(ウエディングやらフューネラルを含む)では一分たりとも遅参が許されないのは、島国と一緒です。

"These orders are seven bloody hours old!" (The Hunt for Red October, 1990)

 7時間どころか、リリースから48時間くらい遅れてはじめました。

 ようやく終わりましたよ・・・。11時間。

 あの、ハーレクインども・・・。あれがなかったらもっと早く終わったのに。

 いや、最初はなんのことかさっぱりわからなかったもんで。

6442
 んー。

6443
 ?!

6444
 これで・・・。

6446
 逃がすか、普通?!

6447
 視界外からサクッと近づくんですね。

 コツがわかるまで随分かかりました。
 それ以上に出現位置を押さえて、巡回するのが大変!

6448
 ヴィヴィ、うしろ、うしろ!(笑)

 そして、もう次の出張準備をしなければならないんで、画像を切り貼りしてる暇はあまりない・・・。貧乏暇なし。

 ディヴァイン(この周回はキャス)もパーティーに参戦できるようなのですが、同時並行でオーレイやフェラルデンとの協議が行われてるんじゃないの?
 やっぱ違和感があるので、ウォーリアーはトム・レイニアで。
 ところで、いきなり「表示名」を変えられると、ピンとこないため装備画面でなかなか見つからず往生するんだけど。

6449
 しかも"The Descent"の兜なんで、見た目誰だかわからんし。

 メイジはドリではじめちゃったが、二周目を予定している長男のときのディヴァインがヴィヴィなので、猊下がコンバット参加は避けたい。途中で彼女に変更。
 三人目は悩んだが、なんとなくコール。これが(例のポンギの客引きの件もあり)意外に当たってた。

 時間もないので、簡単に感想。

 まず、ゲイダーさんが概ねここの最後まで書いてから、DAチームを去ったということがわかりました。エンディング・クレジットでも彼がリードと表示されている(ここは間違い。DLCのリードはパトリック。よって、上は私の感覚によるものです)。

 大変申し訳ないんだけど、やっぱここまでのDAストーリーにけりをつけるのは、ゲイダーさんでしょう。しかも、全体として引き締まったお話になっているうえに、コンパニオンの位置づけもDAぽい。あの、ヴィヴィがちゃんとした台詞言ってるし! 「二周目以降も別キャラ連れてこなきゃ!」と思わせるのが嬉しい。

 もちろんパーティーに参加しないキャラクターの台詞も、取って付けたようなものは少ない。(ポンギの客引きには台詞があまりなく、ちょっとどうかなと思ったんですよね)

6460
 まあ、こうだからでしょうね。

 ファン?には悪いが(悪いなんてちっとも思ってないが)、「そらそうだろ」と思いました。
 
 そうじゃなきゃ絶対おかしい。ポンギの客引きが善人なはずがないではないか。
 そういう、容赦ないところも(ベタだけど)好き。
 台詞から考えるに、これはDAOゼヴと一緒で、パーティーにいたらサクッと敵側に寝返って正味二人分差がつくパターンですよね。
 クナリ♀のときどうしよう(笑)! あ、でもあの周回はチャージャーズ救っちゃったか。 

6456
 逆に、これはちょっとどうなの?

 ここまで「はぁと」必要だったんだろうか。

6457
 Disapprove・・・。しょーもない甲斐性なしをまだ追いかける女に愛想を尽かす?

6459
 このシーンは、皆さんすでにご経験されたろうし。

 つか、これも漏斗選択肢、きっとどっちも結果は一緒なんでしょ? 

 あーだこーだ、ぐだぐだ引っ張らずにインクイジションの物語が(少なくとも一旦)バッサリ終わるのもファッショナブルで素敵ですねえ。 

6450
 文句なしに素晴らしいシーン。

 "Forever Marked"という(DLCクリア時の)アチーヴメントのタイトルが、また上手い!
 このシーンを一目見て、とっさにそう思いました。"Marked"はダブル・ワーディングだったんですねえ。 

6451
 ここも、ドラマツルギー的にはベタベタですが。

 200時間もプレイしてきた者にとっては、文字通り「圧巻」のシーンです。

6454
 欲を言えば、カットシーンのアタイアは、作中でプレイヤーが選んだもの(私の場合はこれの色違い)にして欲しかった。

6455
 野郎ども、認めよう。歴史は女が(略

 そして、「次回予告」がDAシリーズでもお約束になってきたのか。

6453
 ちゃんと予算つくかなあ・・・。

 それよりも、一体いつなのかなあ。

 正直時間に追われてプレイしたので、個々の台詞をじっくり味わっていないのも事実。
 当然、「裏側の台詞(あるいは別キャラの場合の台詞)はどうなってる?」という疑問も沢山湧きました。

 また次の週末から暇になったら、二周目と、自分なりの解釈のため、紙芝居をやっときたいとは思ってますけど・・・。

***

 (おまけ)

 さて、明日(つか今日か)に備えて、フロはいってから寝ようとして、湯船でしばらく考えてたら・・・。

6461
 小説家が都知事は、まずくね? 

 いや、札束をカバンに詰めこもうと必死に汗をかくのではなく、何でもかんでもギヴアウェイしちゃう気前良すぎのヴァイカウントになったらしいけどね。

6466
 ディヴァインに手渡しているのは、できたての新著?

 エンディング・ロールの途中で、読み出す彼女。

 タイトルは、"All This Shit is Weird."、「なにもかもめたくそ」?
 最低!

 ところが、インクイジションの他のメンバーが登場するのに、キャスだけ出ていない?!
 しっかり出ていたみたい。

6462
「『ヴァリック、私がすべて間違っていた!』 シーカーは涙ながらに許しを請うた」

6463
 あのドワ・・・! あいつ、あいつ・・・。

6464
 私を本に出した! 小説の登場人物になった!(歓喜)

6465 
 めたくそ読まなきゃ!

« 【DAI】呪ってやる。 | トップページ | 【DAI】なぞは全部解けた? »

Dragon Age Inquisition」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

お、V様終わらせたのですね!

こう・・・ここの皆様の感想を読むと、ほとんど好評のような〆DLCですが、私は(これもまた)がっかり砲でした。
いや、出来はいいとは思うんですよ・・・でもね、なにか違うんです。なんでだろう、とつらつら考えた結果「ゲーム中の選択肢が何一つストーリーにかかわってきてないから」だというという結論ですた!

メイジを選ぼうが、テンプラーを選ぼうが世界は何一つかわらない。ウォーデン追放してもしなくても。
結局一本道で、ほらあなたの選択でコンパニオンの態度がかわりますよ(´∀`)って子供だましか!

あと私の一周目はメイジ女子だったんですけど、これもまたがっかりで・・・なんでウイッチハントみたいにソラスと一緒に手に手をとってかけおちエンディングがないんだよ!
いいじゃんどーせ解散するなら連れて行ってやんなよ!

とあのハゲ野郎に怒鳴ってやりたいです・・・。
でも、今日のV様の記事を読んでちょっとクナリ女子をはやくディセント終わらせて2周目やってみようって気になりました(笑
私のクナリ女子ブルロマンス、チャージャーズ死亡コースなのでブルの態度が楽しみでございます。

それと、エルフ女子は面倒だったんでブラックウォールのクエほっといたら2年後の世界にはいませんでした・・・(笑

 おかげさまで、一周はなんとか。アチーブメントは取りこぼしてるぽいですが。

>ゲーム中の選択肢が何一つストーリーにかかわってきてないから
 
 んー。こちらもしばし沈思黙考してみましたが、なぜ自分の腹が立たないかと言えば、それはもう諦めてしまっているという結論でした。
 思い返せばDA2からそう、下手するとDAOも(DAOAに多少は反映されている程度で)だったんですよね。
 まじめにやると、膨大な場合わけになって、ただでさえバグぽいゲームがさらにメッシーになるでしょうし。DAKのつくりを見ると、少なくとも色々反映させたかったようではありますけど(今やDAKが一番メッシー)。

 私のエルフギャルの場合、ソラスを追いかける選択肢があってもきっと追いかけないなーとか、「ソラス殺す」のほうがリアルだったのかなあー、とか色々思いますけど、どれを選んでも結局同じ、漏斗選択肢だべと、すでに諦めちゃってんですよ。

 たしかに言われてみれば、個別のコンパニ(チャージャーズ含む)を拾う拾わない(捨てる捨てない)の他の「重要な分岐」は、ディヴァイン選び(本物は誰だ?!)、皇帝選び、ホーク・ウォーデン選択(死ぬのはどっちだ?!)、といったもので、テキストと台詞でごまかせるものばかりですね。
 私の場合、インクイジションは「解散」しましたが、これだって結局、●ー娘。の「ドリームモ●娘。」のようにいずれ再結成するわけでしょ。不倫したり犯罪者になったり家族に犯罪者が出たりしない限り、ってそれでも出てくるけど。
 逆に完全燃焼してしまったGLAYのほうが、再結成は難しいんですよ。(いや、別れてないし! 解散してないよ?!)

 解放したレッドクリフ、リダウトに再訪できる。あるいはヘイヴンに本当に再訪できる。私の場合、それだけでも結構盛り上がるのですが、ウォーテーブル・ネタにされちゃった。「リターン・トゥ・オステガー」(RtO)ですでにやったから? 何度も言いますが、歌舞伎や落語の十八番のように「なんだ、またやってるよ」でぜんぜんオッケーだと思うんです。外連味(けれんみ)ってそうやって生まれるものだから。そしてRtOはやっぱ上出来だった。
 
 フロストバイト・エンジンのおかげか、Trespasserの最後のほうのコンバットは、まじめな3DキャラでDiabloIIIをプレイしているかのようで異常に愉しかった。画面上はしっちゃかめっちゃかで、何が起きているかリアルタイムではぜんぜんわからないけど(笑)。

 半面、開発コスト(=納期)がかかりすぎるようになって、「分岐した場合の2パターン、3パターン」を台詞以外のヴィジュアルで示すのが大変面倒になってしまったんですね。プレイヤーの大多数が見もしないシーンには、残念ながらお金(予算)はかけないのです。

 後知恵で言えば、三作目がここまででかいつくりになるとわかっているなら、ホップ(DAO)、ステップ(DA2)で選択結果の幅を徐々に拡散させていき、最後にDAIで「どの選択肢でも全部まとめて綺麗に完結させます!」という(漏斗をさかさまにした)ピラミッド構造だと素敵だった。ところがBioWareは、「ダメならいつでも打ち切るよん」という少年ジャ●プではなくEA傘下なもんで、将来も予算がつくかどうかまったくわからない。物語を拡散させないように、一回づつ選択の帰結を締め付けていたら、三段締めの構造になっちゃった。
 
 もちろん言われるとおり、モリガンをしつこくストーカーするウォーデンは「みすみすどこかに行かせるくらいなら、いっそ刺して心中してやる!」というのもすごくわかります(言ってねえし!)

 ところが台詞だけでもOKなときもある。本当にさじ加減ですよねえ。そこの部分は、「ゲーム」は「アート」と認めたい。

V様のコメントを読んで、そうか、私はまだDAIに期待してたんだ、と気がつかされました。あきらめ悪いな、自分・・・。

そんな大層なことは期待してなかったんですけどねえ・・。
ゲーム中の行動(リフトをどれくらい閉じたか、とか細かいクエストをどれだけやったかetc)で査問会そのまま維持ってパターンあってもいいじゃん、とかアリスターが王様だったらフェレルデンの態度がもうちょっとかわる(あれじゃティーガンどうてみもただの悪役)とか、その程度のことでよかったんですけどね。

せめてあそこでアリスター(アノーラ)とセリーン(かヒゲオヤジか)出てきてくれて会議で話すとか・・・。

でもV様の言われる通り、予算と期間とバグの関係上難しいんでしょうねえ、もう。

あと、ソラスに関しては現状の2択に加えて
1)ソラスと一緒にいっちゃう
2)許さんとその場で刺す(ウィッチ・ハントと同じじゃん!!)
くらいあってもいいと思うんです・・・(笑

あと生きていた場合ホークがどうなったかが知りたかった・・・。

 いや、諦めたらそこで(略

 ティーガン(完璧別人だけど)、まずレッドクリフで「出てこいや!」でしょう。
 確かに、今までのプレイは何も関係ない(むしろ関係すると開発コストがかさむのを異常に恐れている)つくりですね。そんな大人の事情ばかり言ってちゃしょうがないけど。
 
 むしろMLの魂胆は、話をうまいこと先へつなげようという、さもしく卑しい根性だと思いますよ(笑)。
 
 だって、すっかりモリガンがスルーされてますけど(笑)、DA4?に繋がるメンツはモリガンとソラスになったって話でしょう。

 つまり、DA4はカンペキにマジック!のお話ってことで。ドリアン、ヴィヴィは雇わないケースがあるから(あるよね?)、いたらいたとき二、三行喋るって話でしょうか。
 (元または現)インクイジターが泉(井戸)でミサールの声を得た場合でも、DA4の中心はさくっとモリガンになっちゃうでしょうね(笑)。だって開発コストが(もういい
 
 その他重要そうなのは、ホークまたはウォーデンの生き残っているほう。あと、ヴァリック。さらにアンダース生き残ってる場合。このボックス買いですねえ。
 前提はDAIのすぐ後からDA4?の物語がはじまるということ(それは(元または現)インクイジターの最後の台詞から期待できそう)。そうでない場合は穴狙いかな。

 その他は、カレン亡き後(いや死んではいない)、シリーズの顔となってしまいそうなレリアナ(またはキャス、ディヴァインではないほう)。 

 なんだかんだで、DAIのコンパ二は相当サヴァイヴァビリティ高いです。DAOやDA2のように皆殺しのブルースとはいかない。そこはちょっと、お約束が過ぎるかなあ、と思います。
 
 「あの人は今」、ホークもそうですが、私の場合一番見捨てられるケースの多いストラウドもなんとか、ぜひ!

次作予想大会解禁だー!(笑)

ワシはコミックのMagekillerがクロスオーバーしてくるのではないかと。メイジテンプラの関係性にも影響力を及ぼしそうな存在?

やはりドワ専門官としましては、魔法耐性のあるアングラドワーフの出番を期待したいねえ。ヴァリックにはもう隠居して頂いて、ドワらしい豪快で大酒のみで口が悪く不器用だが心優しいドワをだね…

あ、コレ予想でも何でもねえ

おつ~です。って、また出張ですかぁ。
気をつけて行ってらっしゃい。

Trespasser終わって、「ほ~らBioもYDKじゃん!」と思ったら…。
ふ~む、ゲイダーさん絡みなら、納得でしょうね。

>ハーレクイン
うん、あれは慣れるのに時間かかりますねぇ。
トライするなら、前半の昼間の明るい方がやりやすいような気がします。
5回成功すると、いいものもらえます。


コメントより
>膨大な場合わけ
私もこれはネックだと思ってました。ネズミ算式でテキスト量だって増える一方だろうし。
選択肢それぞれに同じ重さの展開を用意する必要があるんだろうか?
単にアタリかハズレか、のようなものを混ぜてどこが悪いのか?
コンパニオンなどNPCを勢揃いさせても、その言動に説得力をもたせることも難しくなってますし、バッサリ切るとこは切ってもいいんじゃないか?
と私は思うようになってます。
そういう意味でも、今回のブルとかはアリじゃないかと。

>ティーガン
そうそう、レッドクリフ占領された時、デネリムに尻尾まいて逃げちゃったでしょうに。
ん~、老害?年は取りたくないですねぇ。(笑)
てか、そもそも国王がダメでしょうに、アリスターかアノーラか知らんけど政治手腕は疑わしい。

お侍さま
 いやいや。十分予想になってるかと。
 たった一回、しかも時間に追われてろくすっぽCODEXも読んでいないんで、間違っていたらすみません。
 
 Magekiller、読んでみないとわからないけど、コミック大家の作品なんで、「うーん、やっちゃった」かもしれないリスクはありますけどね。

 次回テヴィンター舞台なら、マーチズは絶対からんできますよ。
 ヴァリック=カークウォール、あれ=スタークヘイヴン、さらに周辺国ではジョジー=アンティヴァ。
 もしかして帝国の南方外交担当はドリかもしれない。あー、あとクナリはアリショク(DAO時代のあのステン)。
 そんでもって、今まで存在薄めのワイコムとかオストウィッチ(だっけヒューマン・インクイジターの出身)とかマーチズの主要都市国家も、新キャラが出てくんですよ。

 この机の下での蹴りあい、ナイフ刺し合いの汚らしい大人の世界の外交戦は、「お前の車にあたった! 損害賠償しろ!」という当たり屋しか芸のない東エイジアでは、とんとお目にかかれない高度な策謀と合従連衡に満ち満ちていそうで、DAワールドにぴったりです!
 絶対、そういう配置ですって。
 
 残念なのは、The Descentのタイタンの謎解きも、Trespasserに出てくるCODEXのテキスト一発ですまされちまったのではないか、と危惧されるところ。サンダルもテキストでは一応出てきましたが、あいかわらずドワの扱いが悪いですねえ。
 その穴を埋めるために、もしかしてジョジーの後釜はハーディング?

 この全部が、DA4の物語はDAIの直後(すなわちTrespasserの直後)にはじまるという前提ですけどね。

B様
 「やればできる子」は、関西人おかんの発明ですが、ぶっちゃけできない子のことでしょうけどね。関西人のはげ(百田?)が言ってるので間違いないかと。
 すっきりきれいなプロットはゲイダーさん色でしょう。最後あっけなくバッサリ終わるのも彼の持ち味。映画的味わいがあってとても素敵です。

 一方でパトリックは細部に凝りまくるので、テヴィンターがらみの生き馬の目を抜く外交戦には期待してます。Trespasserのぐっちゃらぐっちゃらした、フェラルデンとオーレイのインクイジションに対する難癖つけまくりとか、意外によかったし。

 あれって西郷南洲(隆盛)ですよねえ。むしろラスト・サムライ(The Last Samurai, 2003)。最後に主人公が隻腕で登場するシーンは、あの映画で生き残ったトムが不具になって現れるシーンを想起しました。つか、あちらの英雄譚のお約束なんだけど、やっぱ素敵。

 漏斗型選択肢は、フロストバイトとか用いてる時点で避けられない。もう仕方ないですって。オールドスクールの連中には、Obsidianとか、Orisinal Sinとか、Divinityとかもてはやされるけど、だってあっちってぶっちゃけプログラマーひとり(休暇もとらないといけないので、せいぜいふたり)ですよ?
 DAにも真の意味のプログラマーは数人いますけど、実態は数十人単位の開発チームの複数編成ですから。分岐がひとつ増えたら、「はい、ワード・バジェット数十万増えた」、「はい、アート担当とレヴェル担当のリソース圧迫した」とかなる。プロデューサーが四人も必要なのって、もはやハリウッド映画の世界です。とはいえ、BioWareなんだから、そこはうまくやれよ、という期待は全部捨てているわけではないけど。
 
 ブルのくだりは、ああでなければならないですね。"Nothing personal.(悪く思うな)"ネタは個人的に大好きです。逆に違ったら「少年ジャ●プ、JRPGかよ!」と突っ込むべきところ。
 残念なのはDAOゼヴの裏切り(の可能性)、あるいはDA2イザベラとんずらの意外性が、あまりに鮮やかだったのに対し「ああ、やっぱりな」なところ。どうせそうなら、もっと事前に満面の笑みで「俺は最後まで仲間だぜ!」と嘘こいときゃいいのに!(つっても分岐もある(のかな?)から難しいのかな)

 レッドクリフにコナーは登場するのに、ティーガンが不在なのは声優の都合かと思っていたんですが、結局出るんかい!
 政治家が全部ダメは、王道路線なんで私は違和感ないですけどね。
 ただこれも、(結局誰も聞いちゃいない)DAOランズミートのローゲインの大演説(というか叫び)、DA2ヴァイカウントのどうしようもない暗愚さ加減(とそのあっけない死)とか比べると、力落ちたなあ、という感は拭えませんけど。セリーンにしろ、大公殿下にしろ、往生際の悪さはもっとあってよかったね。

>「やればできる子」は、関西人おかんの発明ですが

え~っ!そうなんですか?初めて知りました。(笑)
でも「関西人(特に大阪)のおかん」とことわる時点で、「他の一般のお母さんとはちょっとノリが違う」というニュアンスが含まれること多いですからねぇ。
まぁ、もとは激励や慰めの便利な軽口だったんでしょう。同時に真に受けないのも、関西ではお約束かと。

私の場合、やれた・できた実績があることで成立するものと思ってましたよw。
でも最近は、やってない・できてないのに自信をつけさせるために、親が真顔で子供に言い聞かせるようなイメージがありますね。

使うタイミングでも意味合いは変わってくるかなぁ。
親の「可能性を信じる」願望はしょうもないけど、果たして子供はどう受けとめ解釈してるのか…。
百田氏が、突っ込むとするとそのへんかなぁ、と思ったりして。
黙ったら負け、早口の関西弁でまくしたて、陽気に息を吐くように毒を吐くのが彼の持ち味だし。(笑)

 間違いなく関西、しかも大阪です。(きっぱり)
 あとはこんなセリフはアメリカ人しか言いません(You can do it !)
 そして、大抵できない人に向けた言葉です。
 だって、できる人にいう必要がないから。
 
 あれです、「俺はまだ本気出していない」(そんなのがラノベにありましたよね?) と一緒です。
 本気出してる人は、自分が本気かどうか言いません。
 勉強したら●大受かったなあ、頑張れば●紅入ってたなあ、実はジャ●プで新人賞とれるネタ温めてんにや。
 そんなこと言ってる暇あったら、やれや、ですよね。

 百田氏が「できた」かどうか。まあ、売れれば勝ちならそうでしょうね。
 結局、できた結果で勝負するというこの世の中でメンヘラーにならないための処世術ですかね。
 大阪人ではない身から言わせれば「おまえら(成功者)自慢が過ぎんねん!」 ということの反動かな。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2179693/61588897

この記事へのトラックバック一覧です: 【DAI】Fashonably Late:

« 【DAI】呪ってやる。 | トップページ | 【DAI】なぞは全部解けた? »