フォト
無料ブログはココログ

« 【DAI】アチーヴメントなんて飾りです。(5) | トップページ | わたくしの今の悩み事でございます。 »

2015年9月23日 (水)

【DAI】ワールド・ステイツは飾りではない。

 トライアル・アチーブメントはすでに書いた通り、Towerを残すのみ。プレイスルー側で取り損なっていたものも回収したので、これがオーラスですが、びびってやってません。

 ちうか、連休と言えばきまって最後の日に、軽い気持ちで「もう少しやっとくか」とプレイしてしまい、なぜか大変な災難(トラブル)に見舞われ、(プロット含む)修復のため徹夜に近い作業(プレイ)を強いられるのがジンクスと化しているので、週末まで遠慮しておきます。週末に時間があるかどうかも不明ですが。

 すでに(またも)一周観てしまった「化物語」及び続編のうち、お気に入りをピックアップしてもう一度観るか(笑)。

 DAKがアップデートされ、Trespasserのタイルが増えたという公式ツイート。

 どうせまた、バグだろうと期待もせずに覗いてみると、やはり追加された三枚中、一枚目が開いていない。しかも本編以外は、「全部見せます曝します」("show")モードが付いていない。だからDAKではどうやっても確認できない。
 内容はきっとあれだろうとフォーラムを検索するとそのとおりだったが、それならば(一枚目の分岐のうち片方は)開いていなければおかしい。

 本編ですらDAKはまともに動作していないのだから、諦めて「全部見せます」モードを最初から実装すればいいだけなのだ。なにを今更メンツにこだわる?

 細部のバグ、グリッチ、不具合などを差し引いても、DAK方式はセーヴファイルの移行方法としてまことに失敗であったと言わざるを得ない。
 (いつになるか知らないが)DA4?に繋がる部分、セーヴファイルでのトランスファーなら内容については自己責任で諦めもつく。コンソールも世代が限定されるのだから、ぜひ復活させて欲しいものだ。(まさかその頃、PS5とか、XTwoなどが出ていることはないと思いますので!)

 また、調子にのってMEAにもMEKならぬ「MEなんとか」を導入するのはよくよく考えて欲しいところだ。いっそ、シェパードのあれと今回の物語は一切関係ありません、とバッサリやっちゃうのも手ではないかと思う。
 MEギャラクシー(つうか次回は別銀河なので、ユニヴァースと呼ぶべきか)を規定しているのは、コマンダー・シェパード個人ではなく、ゲーム・デザインとあの「円弧」であるのだから。

 だがここにきて、カプサイシンじゃない、ドリュー・カーピシン(Drew Karpyshyn、読み方は例によって不確か)がBioWareライターとして復帰するそうだ。
 噂の新IPに投入されるのか、それとも(彼が責任の多くを負っていた)シリーズの新作MEAを手掛けるのかと思いきや、(これも彼がライター陣の中心的存在であった)SWTORに特化するとかしないとか。
 Star Wars映画新シリーズも年末公開されるので、BioWare/EAは、ルーカスとディズニーからツー・プラトンで喝を入れられているのかもしれない。まあ、EAに限れば、DICEのSWBFで儲ければいいんだけどね。

http://www.pcgamer.com/mass-effect-lead-writer-drew-karpyshyn-returns-to-bioware/

 カナダであっても、どこであっても、外で自力で食っていくのは大変なんだよね!

 でも、MEAの現リード・ライターであるマック・ウォルタースとの間で、クォーター・バック・コントラバーシーならぬ、リード・ライター・コントラバーシー(注)が起きなくてよかったかもしれない。

 (注)ようするに、「ひとつの劇団にプリマ・バレリーナは二人要らない、いるとパドメ・アミダラが"Black Swan"(2010)になってしまう」という意味。なお、「プリマ・ドンナ」はオペラの主役のことで、バレエでは言わないんだってさ。

 噂の新IPはゲイダーさんツイートしかソースがないし、ゆえに(セミ(セマイ)イコール)ほとんどソースがない。ただその呟きからすると、何かが発表できるようになるのはまだ先になりそうだ。

« 【DAI】アチーヴメントなんて飾りです。(5) | トップページ | わたくしの今の悩み事でございます。 »

Dragon Age Inquisition」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

MEK断固反対~!嘆願しましょう(笑)

KarpyshynさんとWaltersさんってME2でco-leadだったと認識しているんですけど、そこらへんに多少なりとも因縁があったりするんでしょうか…

ゲイダーさんIPはときどき妄想するんですが、背筋が凍るような本気で恐ろしい現代もののホラーなんかやってみたいなあなどと思ったりするんですけど、無理ですかね!

PCを買い替えたのですが、クラウドデータがあるから大丈夫だろっておもってDAIのセーブデータ退避しておかなかったのです。

さ、再インストールして起動!って・・・セーブデータがない!?
えっク・・クラウドは・・・・ONになっていませんでした!(^^)!
Orz いや前のPCまだあるから、モニタにつないで外付けHDDにセーブデータ移して・・・・めんどくさあああい( ;∀;)

という悲しい出来事がありました・・・。

ところでドリュー氏はSWTORでどのあたりを担当していたのかが気になります・・・。

>Elleさま

ドリューさんは小説でRevanとAnnihilationというのを書いておるので、KOTORから持ってきた設定以外はほぼ全部なんじゃないですかね?
もちろん今回のKotFEは担当していないと思いますけど。

小説はどちらも未読なので、そのうち読みたいですね~

お侍様

 超くだらない話していいですか?

 とても間が悪いことに、カプ氏がMEチームを抜けてから、あのME3エンディング騒動が起きたのです。
 原因は(いつものMSではないだろうが)どこかのリークのせいなんですが、かなり重大だったらしくエンディングが全面書き直しとなった。(ここらへんの顛末は、"The Final Hours of Mass Effect 3"のケーシー・インタビューにさわりだけ載ってます)
 結局時間もない中でアカ、アオ、ミドリのエンディングが実装されたわけですが、リリース当時の非難囂々は皆様ご承知のとおり。
 結局ディレクターズ・カットの無料提供を余儀なくされた。そして、それだけの理由ではないが(むしろSWTORのローンチ失速のほうの理由が大きいようですが)、創業者ドクターふたりがBioWareを去ることになった。さらに、やがてケーシーまでもが、去ることになりました。

 それらの責任を、リード・ライターであったウォルタースに着せようという輩が多いのです。カプ氏ラヴが高じたあげくの憎しみとも言えるかもしれない。
 自分が情報不足のくせに、見たまんまでキレまくるという最悪の絵面なんですが、デマも百回唱えれば(略
 
 BioWareライター衆は一部からスタア扱いされる反面、(だからこそ)嫉妬による揚げ足とりの炎上・被弾率も高いんですね。
 個人的にも、カプ氏は当面SWTORにフォーカスした方が良いと思います。
 
 ME3なら、ウォルタース、それから当時MEチームだったパトリック(現DAリード)のふたりの合作ともいえる、モルディン(ME2を生き延びていなければプレイスホルダーが登場)の最期。
 あのチューチャンカ・タワーのシーンで力量は証明されていると思いますけどね。(もっとも、MEWikiによれば、あのシーンのモルディンは、必ず鼻歌まじりでキュア放出の操作をするわけでもないようだし、必ず犠牲になるわけですらないらしいのですが)

 ME2では、やはりミランダのエピソードは素晴らしかったなあ。あれは誰が書いたのかなあ。

E様
 
 I feel your pain!
 でも、いいではないですか、まだデーターが残ってはいるのでしょう?
 あたしのTW2のデーターなんか、綺麗さっぱりどこかに吹き飛びましたよ。TW1のデーターは無駄に何カ所にも同じファイルが残っているのに。
 DAIについては、Originのクラウドすら信用せず、MSのクラウドにまで保存してます。さすがに手動アップデートですけど。それからブログ用の画像も。しょうもないことでクラウド空間を占有している(笑)。

お侍様
 
 カプ氏の小説。Mass Effectものは、もちろん三冊(かな)ともペーパーバックで買ってます!
 のべ十ページくらいしか読んでいませんが・・・。老後の愉しみかなあ。
 個人的にプリクエルはあまり気乗りしないんですよね。アンダーソンの若かりし頃とか・・・。うう(笑)。 

 追加。ME3の開発前にBioWareを去ったカプ氏が、後に「当初計画されていたエンディング構想」について触れているのですね。
 
 ここで、「ダーク・エナジー」がプロットに大きく関与しているのは、自慢じゃないが、自慢しているが、ME2で(例えばタリ救出のエピソードなどで)しつこく触れていたことから予想していました。過去記事にもそう書いていました。
 みんな、私を褒めなさい!(ミランダか)
 
 http://www.gamewatcher.com/news/2012-15-03-mass-effect-writer-drew-karpyshyn-reveals-original-mass-effect-3-endings

 これがリークされた内容かどうか定かではないが、「リーパーズこそ、銀河どころか全宇宙の消滅を回避する崇高な使命を帯びていた」というのは、確かに物語的には大どんでん返し。
 さらに(ME2で登場する)ヒューマン・リーパーとは、絶望的になったリーパーズが放とうとした最後の矢、カプ氏曰くの「セーヴィング・スロー」であった。
 そのまま実装されたなら、かなりのインパクトだったでしょうね。

何と、そんな没ストーリーがあったとは!むむ、形を変えてMEAにねじ込んでくるかもしれんですねえ

ME3はエンディングはもちろんですけど、レネゲシェパが単なる腐れ外道なのが許せんという声もよく上がりましたよなあ。しかし、かといってカプさんがいたら炎上していなかったかどうかなんて分からん訳で、今や三色エンディングもコンソールまであと一歩で息絶えるモーディン先生も全て受け入れるBioWare亡者となったので、何も問題はありませ…(泣

まあ、とりあえず今は有能な人材の帰還に乾杯しましょう!

 乾杯。いや健康診断行くのでお酒はちょっと(そこだけまぢ?!)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2179693/61738855

この記事へのトラックバック一覧です: 【DAI】ワールド・ステイツは飾りではない。:

« 【DAI】アチーヴメントなんて飾りです。(5) | トップページ | わたくしの今の悩み事でございます。 »