フォト
無料ブログはココログ

« 【DAI】アチーヴメントなんて飾りです。(4) | トップページ | 【DAI】ワールド・ステイツは飾りではない。 »

2015年9月22日 (火)

【DAI】アチーヴメントなんて飾りです。(5)

 自慢じゃないが、和製ゲーでプラチナ・トロフィー(PSシリーズでいうアチーヴメント・コンプのご褒美)とったことなど一度もない。あるのはPS3のDA2一度きりだけだ。
 
 イーシャンテン、リーチくらいは何度かある。大抵最後の一、二個で「こんなのやらせて、ばかじゃねえの?!」とキレてやめる(理不尽ケース)。あるいは「気持ちはわかるよー、痛いほどわかるけど、おっさんそんな時間ないんだよねー」で終わる(荒修行ケース)。

 和製ゲーだって、基本はほぼJRPGしかやらない。
 個人的感覚で言うと、スクエニのは理不尽というより荒修行が多いかもしれない。やることはわかるし、どうやればいいかもわかるし、そしてどれだけ膨大な時間がかかるかも読める。アトラスもそっちかなあ。一方、ファルコムは理不尽なものが多い。攻略本がないとまず無理だし、あっても「そんなのできるか、バカ」というものがまざっていたりする。

 それでも、イーシャンテン、リーチまで寄りついたものは意外にもファルコム系が多い。最後の最後で、「そんな理不尽なのは無理!」というものが残る。代表例は、「敵の魔法を100回妨害する」など。まず魔法なんて使う敵がそもそも少ないし、大抵速攻倒せるし、強い奴は妨害なんて最初からさせない仕様だし、100回なんてカウントしてないし!

 同じ強敵とふつうに100回戦うのは、荒修行の部類だが、いつ出会うかわからない敵の、いつ使うかわからない魔法をじっと待ち続けて、その間ぼこぼこにやられ続けるのを100回やるのは、理不尽でしょう。わざわざゲームプレイの流れを止めないとできない。

 どんだけ暇人を相手にしてんだ、ということですが(そして、今見てみたらなぜか私は達成しているのだが。暇人か)。ただし、最近のリメイク(彼らはEvolutionなどと大仰な呼び方をしている)では、そこら辺も(内容は変えないものの)カウンターを用意するなど多少フレンドリーな仕様に改造されている。

 なお、トロフィー・アチーヴメントにまったく関係ない、女子キャラのパ●テラは、意地でも必死にコンプするのは言うまでもない。

 和製ゲーの場合は、伝統的に「やりこみ大将」系の苦行をよしとする風潮があるが、アチーヴメントがそもそも「意味不明」なものは、まずない。少なくとも私は寡聞にして知らない。

 文句たらたらのTresspaserアチーヴメント。

 Trial of Lovers、なぜこんなことをさせるのか、意味がまったくわかりませんでした。

 DAIのアチーヴメントで褒めるべきは、いかす「タイトル」が多いこと。日本語版はどうか知らないが、私にとっては英語版で遊ぶご褒美のひとつでもある。ここら辺が(DAに限らず様々なヴィデオ・ゲーム、あるいはポップ・カルチャーを含めた)、豊穣な文芸世界を背景にした英語圏の強みですねえ。ポップ・ミュージックのタイトルなんかも、結構唸らせるものが多い。言語体系がそもそも異なるので、和文では(頑張っているものもあるとはいえ)、エスプリ、ウィットをきかせた、洒落た感じを出すのはなかなか難しい。

 今や英語がグローバルなドメイン言語となったことから、聖書(英語版)から、シェークスピアから、ディケンズから、果てはハリウッド映画のシナリオから、世界中の人口に膾炙するフレーズが圧倒的に多いのも強みでしょうね。
 残念なことに「あおによし」も、「ちはやふる」も島国でしか通用しない。「智に働けば角が立つ情に掉させば流される」なんて意味勘違いしてる人たちまでいる。「大器晩成」、「臥薪嘗胆」言っても、いまや大陸国(の一部)と台湾としか共有できない。

 トライアル名は、"Fair-Weather Friends"。直訳は「晴天時だけの友達」で、意味は「いいときだけのおつきあい」だ。

 真っ先に、芥川龍之介の「杜子春」が思い浮かびます。あの主人公がすごいのは、祈り(呪い)で手に入れた財産の蕩尽・散財を、何度か繰り返しやるんですね。時代は唐代、彼はそもそも豪商の御曹司だったが、その財産も遊興で使い果たして乞食になる。謎の老人に出会い、また財産を手に入れるのだが、見ず知らずの者たちを含めた「お友達」が多数集まり、酒池肉林のどんちゃん騒ぎを繰り広げ、やがて金の切れ目が縁の切れ目で去っていく。これを何度も繰り返し、そのたびに財産を尽く(ことごとく)使い切る。

 この主人公の、冷めた、ニヒルな感じが芥川の視点であることは言うまでもない。主人公は世間を観察してるんですね。昆虫観察、実験なんです。なるほど、何度やっても、世間という代物は「いいときだけのお付き合い」なんだなと達観するんです。仏様の視点になっている。いや、くだんの謎の老人は実は峨眉山の仙人であったので、仙人の心境に到達したというほうが正しいか。
 とうとう杜子春は、またしても財産を与えようとする老人の申し出を断り、仙人になりたいと言い出す。 

「何、贅沢に飽きたのじゃありません。人間というものに愛想(あいそ)がつきたのです」

 それはともかく。芥川とBioWareを比べちゃ可哀想だ。もちろん後者のほうが。

 また、アチーヴメント設定はシナリオ・ライターの職分ではありません。ゲームプレイ担当と(SonyとMSとの接点が必要であるので)マーケの責任であるはずだし、「タイトル」についても、(確証はないが)エディター(校正・編集担当)衆の仕事でしょう。

 そうであっても、これはちょっと。

 フィオナのばばあのせい(実はそうでもないが)で、レッドクリフで"Magician"アチーヴメントを取りっぱぐれた末弟エルフ。この"Lovers"を外すわけにはいかない。後がない。
 「後がない」って、いや、どうやればしくじることになるんだろう? しくじることは可能なのか?

6525
 コンパニオンが集合していれば、確かにここは地雷原候補だが・・・。

6526
 オリジナル・メンバー以外ではドリしかいない。何の問題もない。

6528
 というか、自分は単純バカな男の子なので、

6527
 このシーンは何度観てもかまわない(笑)。

 ちうか、ここでキャスは(インクイジターを代弁して)、将軍であるコマンダー・カレンに、 「軍は従うか?」と尋ねてますよね。以前も書いたかもですが、当たり前のように見えて、ここすごい大事。

 国家で最大最強の「暴力」を有している軍隊の行動は、軍自らの「忠誠」でしか掣肘できない。警察権力(宮廷衛兵)ではまるでお話にならない、実力で阻止できないのです。ゆえに軍と国民の間の相互信頼がなによりも不可欠となる。その関係のある軍隊を「国軍」と呼び、独裁者の私兵、共産党の軍隊とは一線を画す。こうした関係は憲法以前になければならない。とても法律なんかでは縛れない。
 安保がどうした安倍がこうした言う前に、国民はこういう大事なところ理解してんのかね? 

 ちなみに、インクイジションの軍隊は「神の軍隊」、「僧兵」の変形。後に、オーレイ、フェラルデン両国家と確執が生まれるのは、避けられなかった。
 国家は暴力を独占する。国家以外(他国を含む)が有する暴力にとてつもなく嫉妬します。とはいえ「国軍」の戦車は、国会前でデモする群衆を片っ端から轢き殺したりはしない。2011年、エジプト・カイロのタハリール広場に集合した国民は、配備された戦車に蹴散らされなかったどころか、手持無沙汰にしている戦車長をよそに、エイブラムス戦車のエンジン部の上で車座になっていた。エジプト軍は「国軍」だからです。血腥い事件を起こしたのは特殊警察、支配者の私兵たちだった。

6529
 これで何人目のホークだろうか。 

 回数を重ねるにつれて、どんどん造形が雑になっていく・・・。
 もっとも、これ、アチーヴメント上のクリティカル・パスではないですね。損も得もしないので、早いところ顔だけつくっとこと思っただけです。

6530
 これも、やる必要なしどころか、ご覧のとおり有害なのだが、某政権当時のように刑の執行をいつまでも引きのばすのは、島国では刑事訴訟法違反(罰則がないのが難点)。
 なによりも、宙ぶらりんで放置するのは、あまりに無慈悲であろう。

 もっとも、好感度を考えるなら、ホークの一件があるのでキャスとは一切口をきいてはダメ。
 コンパニオンは新しく雇わない、いる連中とも口をきかない、目さえあわせない。なにが面白いのかわかりませんが、とにかくハラムシラルに向かうためにはPower30も必要だ。(厳密には、ブルをリクルートするため、さらに4ポイント)

 ここで、またキレさせていただこう。

 実はヘイヴンで最初に得たリクイジション。テンプラーの落とすジェム(Decorative Gems)が必要なものであった。
 ところが、Foolのトライアルが進行中の間、XPを無駄に獲得するのを回避したかったヒンターランドでは、テンプラーとも叛乱メイジとも極力戦っていなかったのである。
 よって、リクイジションでせこくPowerを稼ぐことができなかったのだ! 

 ヒンターランド以外のマップは、ヴァル・ロヨーとブラック・エンポ以外開けていない(だって無駄にPowerがかかるから!)。リクイジションはたったひとつ、しかもスカイホールド到着まで達成不可が確定していたわけだ。

6532
 よりによって、初パイでこれ自模るか・・・。

 そして、そう、ヘイヴン時代にテンプラーの拠点を制圧しなくとも、叛乱メイジの拠点を襲撃しなくとも、スカイホールド到着後にヒンターランドを訪れると、もはやテンプラーも叛乱メイジもおらず、あたりはレッド・テンプラーが闊歩している。

 リクイジションのレシピは捨てられないのか?! リクイジション・オフィサーに返上できないのか?!

 その忌まわしいジェムは、ブラックウォールのリクルートの際に戦う夜盗連中も落す。またはレッドクリフに向かう道中にいるクエストがらみのテンプラーたちからも入手できる(このテンプラーたちはなぜかクエストをコンプするまでそこに居残っている)。
 それらを倒して、ようやく達成できたのだった。

 ブラックウォールもハラムシラル突入直前までリクルートしないつもりだったが、リクイジションなしでPower30達成はきつい。泣く泣く、採用(●テレの元キャバ嬢アナ問題みたい(笑))。

 さあ、これで晴れてお役御免。リクイジションでPower30、もりもり稼ぐぜー。

6531
 おま、まぢでクビにすんぞ?

 いや、実はこの前に、もう一度上述のジェムが必要なレシピを差し出されたのだ。事実上達成不可じゃねえか!(エグザルテド・プレインズでも拾えるらしいが、いつの話だ)
 怒りに任せて速攻リロード。

 それで自模ったのが上。

 Fereldan Lockですか。叛乱メイジが落としますね。
 もういないんですね。ヒンターランドにも、どこにも。

 DAの神様(いや、メイカーではなくて)の悪意をひしひしと感じながら、再度リロード。
 断っておくが、今までのプレイでリクイジションのレシピを嫌ったことなど一度たりともない。そんな必要はなかったからだ。

6533
 これもなんだかわからんが、まあ大丈夫だろう。
 (結局、lambswoolはブラック・エンポで入手する他はほとんど手に入らない(と今調べて知った)ので、リクイジションでPowerを稼ぐことはできなかったのですが・・・。

 でも、ご覧ください、血と汗と鼻水を流して走り回った甲斐があって、Power28 まで寄りつきました!

 最後の2ポイントは。

6534
 とても気の毒だが、「待ち人来たらず」、恋人が敢え無く死んでしまった彼氏をエージェントに雇って達成だった。

6535
 他人の不幸で目標達成は忍びないが、これでハラムシラルの門が開いた!

 慌ててはいけない!

 まだ雇ってないコンパニオンがいる。(ブルは、ストーム・コーストを開けてすでに雇っている。コールは・・・、あれ、いつ雇ったんだろう?)

6536
 ピーポー・ピーポーの彼女。

6537
 全部の台詞をスキップしまくりで、この人も。

 整いました!

6538
 ゴー、ゴー! ムーヴ、ムーヴ!

6539
 ダン、アンド、ダン!

 Loversのアチーヴメント達成。

6540
 コール・オフ! コール・オフ!

 撤収―っ! てっしゅうーーーっ!

 大公殿下の禿げ後頭部を見て、プレイ中止っ!

 一応ドリラヴ狙いの主人公なんで、このプレイスルーはこのまま捨てます。
 ハラムシラル突入直前のセーヴからやり直せば、まだなんとかなるっしょ。
 ドリラヴ、本当にやるかどうか自信はまだないが。

 これは、なんだったんでしょうね?

 好感度の下方変動が倍になる?

 話をしなきゃいいじゃん。変なクエストやらなきゃいいじゃん。
 それよりもなによりも。好感度が最悪になると、なにか弊害あるの?
 DAIのコンパニオンたちは、主人公に愛想を尽かしていなくなったりしないと思いますけど。

 ドワ女のときは、好感度下がりまくりになった飲んだくれキャスが見れて面白かったけど。

6541
 この嘘つき、ヘビ! おまんは誰の味方じゃ?!

6542
 言いすぎだ、キャスらしくもない。

 ドワだからドワの肩を持ったわけじゃないんですが。

6544
 私はヴァリックを信じすぎた。もっと慎重に、賢くならなきゃ。

6543
 しくじるのはもう御免だからね。 

 ダメ押し。

6546
 ぐでんぐでんです。

6547
 べろんべろんです。

 あとにも先にも、アンフレンドリーなコンパニオンのシーンを見たのはこれだけ。

 もしかして、このLoversのトライアルは、誰も見ようとしない、コンパニオンたちの裏面(アンフレンドリーな姿)を見せようという魂胆だったのか?

 そうでないなら、まるで意味がわからないんですよね。

(追加)どうやら、一部のコンパニオンは、好感度が落ちまくるとインクイジションを去ってしまうのだそうだ。これは失礼しました。

 ところがそうであっても、全コンパニオンを最速でリクルートでもしない限り、このトライアルをしくじるのはかなり難しいと思う。誰かひとりを狙いうちしてやれば別でしょうけど。
 いっそ、「インクイジションから離脱する可能性のあるコンパニオンを全員離脱させる」ってのはどうなんでしょう? 結局それこそ捨てプレイスルーになっちゃうからダメかな?(追加終わり)

 トライアルで残すところは、Tower、もう一頭のドラゴン退治。
 これはさすがにてこづりそうな予感。いつかできたら記事にします・・・。

« 【DAI】アチーヴメントなんて飾りです。(4) | トップページ | 【DAI】ワールド・ステイツは飾りではない。 »

Dragon Age Inquisition」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

>ダン、アンド、ダン!
ブラックウォールのダミ声がこだまするw。

>Lovers
おっしゃるように特殊な進行やロールプレイでもしない限り、これ単体で見ると失敗する方が難しいような気がしますね。
ソラスやセラ、コールあたりが、へそ曲がりっぽい仕掛けになってますけど、ソラスはまず離脱しないだろうし。
他に何か面白い要素があるんだろうか?なぞw。
酔っ払いカサンドラは面白い。(笑)

この追加アチーヴをスリリングに楽しめるのって、これから初めてプレイする、もしくは改めてキャラを作って遊ぶ人なのかなぁ。
Walk Softlyのみオンにして改めて遊んでみると、けっこう骨のある面白さにはなりますが。
(今、ヘイヴン到着で放置してたアーチャーをお試し中)

>リクイジション
あまり深く考えずにレシピを多く用意しすぎた感じはしますね。(ちゃんと考えてよw
一部バグでエンドレスになるものもありましたし、繰り返し受注する方がコワイ。

前記事
>熊の話なのに、ストレス溜まった
フィオナおばさんのトバッチリかw。
でも、そんなVaniさんの心境を予想したかのような場所もあります。
熊の頭がズラッと岩の壁に杭で打ち込まれてますw。

>ダン、アンド、ダン!

 あ、そうか。叫んでましたね。彼ですと"One less to worry about !"ばかりが耳に残っていた。これはMEのギャレス兄貴の口癖でもありましたね。

 "Done and done !"のほうは、実は"Neverwinter Nights"の女子キャラ、特に美形バードのシャーウィン(Sharwyn)あたりの声で私の脳内で鳴り響いてます。いやBGの妹エン(Imoen)かな、ってあの子「妹」ちゃうらしいですけど。俺の妹があんなにブ(略

>Lovers
 
 知らなかったんですが、いたいけなカジュアルが初見でトライアル・オンしちゃったりすると、オリジナル・メンバー以外のコンパニオンは(愛想尽かして)結構いなくなっちゃうケースあるらしいですよ。
 ただ私のプレイでは誰も離脱してないんで、トライアルを使わなければ、かなりやばいプレイでない限り発現しないと思うんですが。そういうプレイをやる趣味もありませんし。

 個人的には、アチーヴメント関係ない場合は、Even Groundあたりを常時オンして、熊方面ではあれをオンして、たまにWalk Softlyオンですかね。
 でも、ご褒美で入手できるという「スペシャル・シップメント」、今のところはしょぼいものばかりです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2179693/61721106

この記事へのトラックバック一覧です: 【DAI】アチーヴメントなんて飾りです。(5):

« 【DAI】アチーヴメントなんて飾りです。(4) | トップページ | 【DAI】ワールド・ステイツは飾りではない。 »